5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

STAP細胞の懐疑点PART976 [無断転載禁止]©2ch.net

341 :名無しゲノムのクローンさん:2016/04/30(土) 13:46:15.19 ID:guSpuXHp0
7 of 8 (つづき)

それは現実の人間社会に生起する様々な事象の因果を、ほぼ“自然科学”的だと見做せるレベルで判然と把握できる者が、
人類集団の中にはこれまで現れなかったからである。より正確に言い直すならば、「人間社会の中で生起する社会的事象」というものを完全に対象化
(自然科学における対象物に対するのと同様の視点を持って客観視すること)したと概ね見做せるレベル(※注)で、
その現象や歴史的推移を研究するという方向性を発展させるための先鞭をつけられる者が、人類史の現時点までにおいてはまだ現れて居ないために、
そもそも「真の合理的思考者集団としてのエリート階層」などを構築しようがないのである。
(※注 一例を挙げるならば、オレが再三言及している“頭の悪い”という事象一つにしても、「それ(頭の悪いということ)は一体何なのか?」
ということを、その因果を含めて判然と示すことができなければ自然科学的とは言えない。もちろんオレは「市民層 概論」の中で、
こうした人間社会の様々な事柄を一つ一つ自然科学的に判然化していく。)

オレは概論の第五回でK.マンハイムの名を挙げたが、実は彼が満足に成し得たこととは、「人間の思想/イデオロギーそのものを科学するような
学問を樹立する必要がある。」と、提唱したということだけに留まるのであり、そもそもそのような学究を為せるだけの、科学、ひいては“人間”という
存在全般にわたる視野の広い認識、教養/『メタ認知系能力(※注)』などの基礎となる能力は、残念ながら彼には備わっていなかったと思われる。
だから「フランクフルト学派」などという凡庸者集団に徹底的に叩かれて葬られざるを得なかったのだろう。
(※注 これについては、次回の市民層 概論において詳説する。)

しかるにオレは、思想/イデオロギーなどを含む人間界に生起する多様な事象の因果を、
概ね自然科学的判然性を伴って解明できるレベルに到達しようと鋭意努力している。
ついては当論におけるオレの立場は、概論第五回で述べた社会心理経済モデルの樹立をしようとするものだが、ここでその核心について触れておく。

生物学(自然科学)と人類学(社会科学)の本質的違いとは、これまで数多の学者たちの考察の跡を敢えて辿るまでもなく判然としており、
(つづく)

425 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)