5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

統計学Part16

1 :132人目の素数さん:2014/09/09(火) 20:44:58.70
前スレ
統計学Part15
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/math/1365172541/

統計学なんでもスレッド14
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/math/1326471964/

79 :132人目の素数さん:2014/10/05(日) 10:40:00.48
ANOVAか?

80 :132人目の素数さん:2014/10/05(日) 15:02:12.37
>>77
測定できるのは現金の実際額とレジの記録との差額だからこれを目的変数にするのかも

81 :132人目の素数さん:2014/10/06(月) 01:01:59.55
>>75ですが違算のデータが無いのでアレですが参考になりました。

82 :132人目の素数さん:2014/10/07(火) 00:07:06.91
GJ = 1.4 HP + TMP + .72 AGR + .43 (TMP) (AGR)
HP = HR^+ + LDGBR + LBI - HPM
TMP = 3.6 EJG + 4.7 √PT + KR - TMPavg
AGR = 1.5√T^2 + CP + 1.3HBP + 2.2TOSEB

薬物使用の証拠を示す方程式・・・
使われてる統計手法はアレです 

83 :132人目の素数さん:2014/10/11(土) 01:24:13.89
今更だけど、>>75は単位時間1レジを1標本として、
レジ違算〜会計回数+勤務従業員+会計回数:勤務従業員、で推定できそうだな

万人共通の偶発ミスなら会計回数が、ミスしやすいアホがいるなら交互作用が、
盗まれているなら勤務従業員が反応するはず

84 :132人目の素数さん:2014/10/17(金) 19:34:46.15
クラスタリング(?)の方法について教えてください。

標本サイズ100のデータが50種類あるとします。そして、この50種類のデータは10グループ、
各グループ5種類に分類されており、グループ内の相関はあるが、グループ間の相関はないと仮定します。
ここで、各データがどのグループに所属するかが未知であるときに、50種類のデータを正しくグルーピング
するアルゴリズムはあるでしょうか?もしあった場合、何種類くらいまで実際に計算できるでしょうか?

85 :132人目の素数さん:2014/10/20(月) 01:17:55.14
ニック・マークスとかいう統計学者の唱える「地球幸福度指数」で
みると、世界一幸せな国はコスタリカ、日本は何と75位らしいね。
スーパープレゼンテーション 「統計学者が語る 世界一幸せな国とは?」
NHK-Eテレ  2014.10.15
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/backnumber/141015.html

86 :132人目の素数さん:2014/10/20(月) 12:46:08.45
例えば「植物の成長期した長さや花の大きさと日照時間の相関関係」を調べたいときはどのような検定方法を使えばよいでしょうか
たとえば日照時間をなし、二時間、四時間、六時間…と多条件を立てた場合です

87 :132人目の素数さん:2014/10/20(月) 14:15:28.12
すみませんこれだと相関分析ができてしまいますね
では「花の長さや大きさに影響を与えるのは葉緑体の数の増減ではないか」と考えたとします
日照時間によって葉緑体の数が変わり、結果として成長に影響を与えたということです
日照時間の違いとそれによる葉緑体数の変化、その結果生じる植物の長さと花の大きさの違いの相関を見るにはどうしたらよいでしょうか

88 :132人目の素数さん:2014/10/21(火) 10:11:08.87
背景がわけわかめ

日照時間長い>葉緑体密度があがる>光合成効率が増える>たくさん成長する、ってこと?
どっちかというと、日照時間長いとたくさん成長して葉緑体数が増える、んじゃない??

というか葉緑体数は推定値があるの?

89 :132人目の素数さん:2014/10/21(火) 12:57:23.10
>>88
すみません、例を挙げたまでなので意味が分かりませんね…

日照時間が長いほど成長が良いという事実が得られたとして、では成長の要因はなんだ?となったときに、葉緑体数と成長に相関関係があるのか検定するにはどうしたらよいでしょうか

90 :132人目の素数さん:2014/10/21(火) 13:30:04.26
>>89
>>83みたいな交互作用を考慮した重回帰分析とか
葉緑体のレベル毎に成長を測定して分散分析とか
なのかな?
単純な相関関係なら相関係数とか回帰分析のR^2でいいような気もする
ただ相関関係が有っても因果関係の向きや直接なのか、外や間に何かあるのかは判らないのでは?

91 :132人目の素数さん:2014/10/21(火) 13:39:13.50
相関関係と因果関係は別物だぞ?

手持ちのコマが日照時間と最終状態(長さ、花サイズ)しかないんだったら、因果関係の検証なんぞムリ
つか何が聞きたいの?例えが酷すぎる、実験系に問題あり、で終わり

92 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 12:43:37.09
知恵袋の質問ですまんが、これわかる人いる?
2chだと画像の貼り方がわからん。
結構困ってるので誰か助けてくれ...

93 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 13:11:12.21
>>92
アンタある意味すげえな

94 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 13:37:52.50
絶対、分からんわな

95 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 13:40:58.40
やっぱりそうか

96 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 13:57:39.61
>>92
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13137246523
すまん貼り忘れてた

97 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 14:08:28.71
2chに知恵袋のリンク貼って大丈夫かビクビクしてる

98 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 15:39:00.13
おめでとう、やっぱりだめだよ

99 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 16:10:08.74
>>96
まったく意味不明の所を見ると
これ以前に前提となる情報があるんだろう

100 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 17:03:38.64
>>99
前提となる条件って言ってもモーメントの定義式くらいしか…
質問の意味はわかりますか…?

101 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 17:05:57.35
>>99
前提となる条件って言ってもモーメントの定義式くらいしか…
質問の意味はわかりますか…?

102 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 19:23:42.74
物理板で聞いた方がよくね?

103 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 20:06:08.51
本当に正しいのこれ

104 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 23:19:30.85
統計はまったく知らない人なんですけど、教えてください

番組A 視聴率 11.8%
番組B 視聴率 10.0%

俺「番組Aに比べて番組Bは視聴率が落ちた」

友人「そうとはいえない。標本数600で調べた視聴率だから、標本誤差というのが2%超えるくらい出る。
    だから意味のある差があるとはいえない」

俺「番組Bだけ誤差が発生したなんて考えられない。番組Aもその誤差が発生したとすれば結果としてでてる数字は
  確かな物になるし何も変わらないじゃん」

友人「お前は馬鹿だ。さっぱりわかっていない。」


と、こんなやり取りだったんですが、俺どこかまちがってますか?
両方に誤差があるなら、結果としては同じことだと思うんですけど。
何がまちがってますか?
初心者なんで、わかりやすく説ほしいです。お願いします

105 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 23:25:44.94
物理より数学に近いと思って...
>>103
多分正しいとは思うんだけど、自分で考えて計算すると最初の2項目までしかでてこない...
Σijのijに1,1を入れるとμ_2ー(μ_1)^2になってこれは標準誤差の考え方と同じで分散の定義そのもの
がでてくるんだけど、やっぱり3項目以降がなんであるのかわからん。
普通モーメントってどの次数も独立だよな...?

106 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 23:32:20.58
>>104
標本数が少ないとゆらぎが大きくなる。だからその揺らぎ2%だったとして、ABの差がその揺らぎ以上
の開きがないと本当にAの視聴率のほうがいいとは言えない。例えばABと名前のついた二つのサイコロ
があったとして、5回サイコロをふった時の出た目の平均がA:3.5、B:2.9だったとする。そこから「Bのサイコロより
Aのサイコロの方が大きい目の出やすいサイコロだ」という結論を出してしまうのは間違ってるのは明らかだよね?

107 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 23:51:38.32
>>104
誤差があるので、データ通りにA>Bの大小関係があるとはいえない

例えば、目測で木の高さを測るとしよう
2本の木を同時に視界に入れて測るのではなく、1本目を単独で測った後、別の場所にある2本目の木を測る
1本目は12メートル、2本目は11メートルとなったが、目測には誤差があると考えられるので、
確実に1本目>2本目である、とは言えない

108 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 23:54:37.45
やっぱりわかるひといませんか(;;)

109 :132人目の素数さん:2014/10/23(木) 23:58:38.75
というか、モーメントって統計学のジャンルであってるよね??

110 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 00:25:59.56
合ってるよ

111 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 02:30:42.29
>>104
Aが高い誤差の値、Bが低い誤差の値
かもしれないからAの視聴率がBより高いとは言えない

全世帯調べる事が出来ないからサンプルを600とって調べるけど600の選び方によって視聴率の調査値は変わる
別のサンプルではB>Aの値になるかも

112 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 02:40:18.45
>>96
分散共分散行列って2次モーメントの行列じゃね?
n次モーメントの分散ってなってるから
物理のモーメントって回転とかのヤツでは?

113 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 04:16:18.82
>>112
そうそう、対角要素がそれぞれの次数のモーメントの分散(二次のモーメント)になってる。紛らわしいが。それで、普通に計算するとたとえば3次のモーメントの分散だとE[(x^3-μ_3)^2]でしょ?
これを計算するとμ_6-(μ_3)^2になって二項目までしか出てこないんだわ。
参考までによく出てくる算術平均の分散(一次のモーメントの分散)はE[(x-μ_1)^2]で、これを計算するとよく知られた式
μ_2-(μ_1)^2が出てくる。みなれた形で書くならE[x^2]-E[x]^2。

114 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 04:16:56.01
>>112
そうそう、対角要素がそれぞれの次数のモーメントの分散(二次のモーメント)になってる。紛らわしいが。それで、普通に計算するとたとえば3次のモーメントの分散だとE[(x^3-μ_3)^2]でしょ?
これを計算するとμ_6-(μ_3)^2になって二項目までしか出てこないんだわ。
参考までによく出てくる算術平均の分散(一次のモーメントの分散)はE[(x-μ_1)^2]で、これを計算するとよく知られた式
μ_2-(μ_1)^2が出てくる。みなれた形で書くならE[x^2]-E[x]^2。

115 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 04:17:35.49
間違って連投してしまったごめんなさい

116 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 06:04:50.96
というかi,j=1,1のときどうすんだこれ

117 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 08:48:56.50
>>104
どんなに誤差があろうと0.1%でも視聴率が高いほうが、
実際の視聴率も高い可能性が高い。

118 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 10:56:20.04
>>116
i,jに1,1と入れると>>114の最後で言った式がでてくるよ。μ_0=0だからこの場合は
3項目以降は消える。3項目以降がでしゃばってくるのは高次の時

119 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 12:07:52.41
>>118
Sigma_{1,1}=μ_2μ_1^2
にならないか?

120 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 12:09:57.70
今μ_nはn時の中心モーメントを表しているので、

ああ、そういうことね

121 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 13:04:42.73
>>117
バカは黙ってろ

122 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 18:08:31.43
>>117
そう考える理由は?

123 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 18:21:49.04
>>117
そのとおり。

124 :132人目の素数さん:2014/10/24(金) 20:50:57.20
>>119
あってるよー

125 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 08:23:07.28
>>123
重ねて言う

バカは書き込むな

126 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 08:49:48.89
>>125
何か勘違いしてるよー

127 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 09:12:30.21
測定誤差は正規分布するから。

128 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 10:46:55.88
プロスペクト理論ではパチンコ依存を説明できない

129 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 14:57:12.95
>>127
A, Bを比較するんじゃねーの?
あと測定誤差が正規分布するとしてそのパラメータは同じなのか?

130 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 18:05:19.24
Aの視聴率>Bの視聴率 という結論を出せるかどうか

Aの視聴率>Bの視聴率となる確率が、Aの視聴率<Bの視聴率となる確率より高い、という結論を出せるかどうか

この二つを混同している人がいるのかもしれません
>>104の「友人」が前者を問題にしているのは明らかですが

131 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 18:24:48.98
>>130
AとBの視聴率を区間推定したら

132 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 18:36:57.26
>>131
え?なに?

133 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 18:48:16.49
>>132
誤差は視聴率の値と標本数によるから
一般的には調査値がA>Bだから
真の視聴率も同様とは言えなくね?
どんな組合せでも言える?

134 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 18:51:00.00
>>133
ごめん、その若者言葉みたいなのやめて
文意が曖昧になってしまうから
そして、何故任意の組合せの可能性を持ち出したの?

135 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 19:04:12.43
>>134
上の具体的な値も計算してみないと判らないのでは?
任意の値でA>Bなら計算しなくても良いけどな

136 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 19:28:46.71
「任意の値」と「任意のデータ」は大違い

137 :132人目の素数さん:2014/10/25(土) 19:48:04.50
視聴率に限定すれば
見た or 見てない の2値?
あと時間も関係するか
毎分とか毎時間とか

138 :132人目の素数さん:2014/10/26(日) 12:39:07.72
>>130
その友人は屁理屈しか言ってないですよね。
体重計でも温度計でも測定誤差はありますが、
測定誤差±0.2度の温度計が22.1度から22.2度に上がったら、
上がってはいない、誤差の範囲だ、意味がないと言うつもりなのでしょうか。

139 :132人目の素数さん:2014/10/26(日) 13:51:51.43
>>138
マジレスすると
その測定誤差±0.2度というのは、温度計自分自身との誤差ではなく、(理論的に定まっていると考えられる)真の気温との誤差のこと
…流石に釣りで冗談言っただけだよね?

140 :132人目の素数さん:2014/10/26(日) 15:19:42.11
>>139
大きな釣り針だなぁ。

基準電圧ひとつとっても揺れてるのに、計測回路はアナログ要素だらけで
真の気温とやらが一定でも計測するたびに結果も揺れるよ。

141 :132人目の素数さん:2014/10/26(日) 15:30:55.38
>>140
>>138に教えてあげたら?
答えはyesだと

142 :132人目の素数さん:2014/10/26(日) 15:37:16.91
>>138
答えはYesらしいので、その人とは友達止めるべきです。

143 :132人目の素数さん:2014/10/26(日) 16:15:32.54
温度計がふらふらするところを見た事ないなー

144 :132人目の素数さん:2014/10/26(日) 16:22:17.90
ここまで無知で調べる気すらないとさすがにもう相手にしてられないな。

ググレカス。

145 :12:2014/10/26(日) 18:10:40.29
>>144
そんな事言わずに楽しくやろうぜ

146 :132人目の素数さん:2014/10/26(日) 23:36:55.54
相関のあるAのデータとBのデータがあり
Bが0の時のAの推定値を求めるのに
散布図を作り線形近似曲線から切片を出そうとした場合

・AのデータをXに、BのデータをYにした時のX切片
・BのデータをXに、AのデータをYにした時のY切片

この2パターンがAの推定値となるのですがこの2つの値は異なる値となります。
相関係数が高ければ高いほどこの2つの値の差は小さくなり相関係数=1で差=0になるため
この2つの値の差は誤差のようなものと考えていいものなのでしょうか?
それとも「Bが0の時のAの推定値」を求めるにはXとYは必ず固定されなければならないのでしょうか?

147 :132人目の素数さん:2014/10/27(月) 00:00:59.56
解が異なるのは回帰直線を求める際の
最小二乗法をyで取るか、xで取るかの違いと同じ

148 :132人目の素数さん:2014/10/27(月) 00:09:16.25
>>146
相関があると分かったら何をしたいのか?
ただ相関があると知りたいだけなのか?

149 :132人目の素数さん:2014/10/27(月) 00:46:14.91
気になっただけだよな?
その手の解析の切片の数値なんゼロかゼロ以外か程度にしか気にするもんじゃないと思う

150 :132人目の素数さん:2014/10/30(木) 23:21:00.08
>>138
それは、完全に同じ条件で温度測定できてないと成りたたないですね。
測定誤差±0.2度の温度計が22.1度から22.2度に上がったとしても、
たとえば日光が温度計に直接当たって気温よりも温度計の温度が上がった、
温度計を持つ手の体温が伝わった、などの要因が発生していれば、
それは気温の上昇を示す変化ではないと思います。
いわば温度を計測したときの条件が変わっているわけですから。
視聴率もそれと同じで、標本となる世帯がつねに入れ替わっているし、
番組Aの時には残業で帰れなくて視聴できなかったが、番組Bは残業がない日
だったので家でゆっくり見られた、というふうに視聴の条件が常に変化しています。
このように番組Aのときと番組Bのときの標本の条件は同じではないので、
別の機械で計ってるようなもの。
同じモデルの温度計を2つ用意して、片方が22.1度、もう片方が22.2度だった
という例えのほうが近いのでは?

151 :132人目の素数さん:2014/10/31(金) 13:18:16.95
そういうの含めて正規分布するのですよ。
みな全く異なる環境で育ってるのに身長が正規分布するようにね。

152 :132人目の素数さん:2014/10/31(金) 14:39:53.85
米国・SAT(大学進学適性試験)で中韓の学生の成績が正規分布から大きく外れていたそうなw

153 :132人目の素数さん:2014/10/31(金) 16:47:48.51
パチンコ台みたいな釘が多段に打ってある板を斜めにして
上の中央からパチンコ玉を落とすと
最初の釘によって左右にほぼ同確率で分かれる
次の段でも同様に左右にほぼ同確率で分かれる
その分布がガウス分布

154 :132人目の素数さん:2014/11/01(土) 00:00:43.08
>>153
間違っちゃいないんだが・・・
二項分布に中心極限定理を用いて正規分布を説明するのはなんか違わないか?

155 :132人目の素数さん:2014/11/04(火) 15:29:56.37
こちらで聞いていいのか分からないのですが・・・

二つのデータ群があってその二つの関係性(AがBにどう影響を与えているか)を分析したいとき
分散分析と正準相関分析のどちらが適しているのでしょうか?
正準相関分析は二つの相関を調べるので影響を与えているかを考えるときは分散分析の方が適しているのでしょうか?

つまらない質問だとは思いますがどうかご教授お願いします。

156 :132人目の素数さん:2014/11/06(木) 00:15:05.07
どんな解析やろうが因果関係なんてわからない
2群比較だけで因果関係があるといえるほど強い関係性があるのなら、どんな解析でも明白な結果がでる

2データ群の因果関係が言いたいのに手持ちがそれしかないのは実験計画の段階でミスってる

157 :132人目の素数さん:2014/11/06(木) 11:47:49.08
偏相関係数?

158 :132人目の素数さん:2014/11/06(木) 12:00:29.43
>>156
>>155が研究デザインを明示しない状況でそんなことは断言できないのでは。
観察研究か実験研究かも分からないし。
例えば、AとBとが昨日と今日の気温データだったら、
自己相関としての因果関係はある程度存在すると思うぞ。

159 :132人目の素数さん:2014/11/06(木) 12:41:54.99
>>155程度の情報では>>156みたいな返事が関の山ということ
的を得た助言を求めるにしては>>155は情報量が少なすぎる

160 :nontan67:2014/11/08(土) 13:07:19.51
ある雑誌に投稿したらreviewerから
“no real comparison between the different derived parameters
for sensitivity orspecificity (ROC curve or random effects analysis)
or Moment analysis.”のようなコメントを頂きました。
研究内容は、生体のある状態を知るために色々なパラメターを時間に沿って
測定したものです。生体のある状態は、動物実験では測定が出来るものですが、
生体では測定できません。
コメントにある、ROCは判るのですが、
random effect analysis, Moment analysisは判りません。
どなたか教えて頂ければ幸です

161 :132人目の素数さん:2014/11/08(土) 13:45:05.83
いやだね

162 :132人目の素数さん:2014/11/08(土) 14:06:48.54
>>117
分散はでかくてもいいけど不偏性の条件が必要だよー!

163 :132人目の素数さん:2014/11/08(土) 21:31:22.37
        ,.-─ ─-、─-、
      , イ)ィ -─ ──- 、ミヽ
      ノ /,.-‐'"´ `ヾj ii /  Λ
    ,イ// ^ヽj(二フ'"´ ̄`ヾ、ノイ{
   ノ/,/ミ三ニヲ´        ゙、ノi!
  {V /ミ三二,イ , -─        Yソ
  レ'/三二彡イ  .:ィこラ   ;:こラ  j{
  V;;;::. ;ヲヾ!V    ー '′ i ー ' ソ
   Vニミ( 入 、      r  j  ,′
   ヾミ、`ゝ  ` ー--‐'ゞニ<‐-イ
     ヽ ヽ     -''ニニ‐  /
        |  `、     ⌒  ,/
       |    > ---- r‐'´
      ヽ_         |
         ヽ _ _ 」

     ググレカス [ guglecus ]
   (生没年不明)

164 :132人目の素数さん:2014/11/08(土) 21:45:46.64
誰だ、美術室から持ち出した奴は?

165 :132人目の素数さん:2014/11/19(水) 06:46:21.04
統計検定の受検表は届きましたか?

166 :132人目の素数さん:2014/11/19(水) 07:10:56.87
はい
今さら受けるのめんどくなってきた

167 :132人目の素数さん:2014/11/19(水) 19:49:49.52
会場は大学

168 :132人目の素数さん:2014/11/19(水) 22:42:38.15
この資格取ると何か良いことあるの?

169 :132人目の素数さん:2014/11/19(水) 23:46:33.55
良いことを求めて受けるわけじゃないから
いいことがあるかどうかは知らん。

170 :132人目の素数さん:2014/11/20(木) 07:08:01.51
ホームページによれば来年の6月試験から準1級試験を開始するらしい。

171 :132人目の素数さん:2014/11/21(金) 13:45:15.25
ちょっと解いてくれ

非負実数値をとる確率変数X,Yが互いに独立であるとする。それぞれの分布関数をFX(x),FY(x) (x≧0)とするとき、X-Yの分布関数P(X-Y≦x) (-∞≦x≦∞)を求めよ

東大の友達に聞いてもわからんとよ

172 :132人目の素数さん:2014/11/21(金) 19:12:41.98
http://ja.wikipedia.org/wiki/%e7%95%b3%e3%81%bf%e8%be%bc%e3%81%bf#.E7.A2.BA.E7.8E.87.E6.B8.AC.E5.BA.A6.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E7.95.B3.E3.81.BF.E8.BE.BC.E3.81.BF

173 :132人目の素数さん:2014/11/22(土) 16:52:00.73
それでよし

174 :132人目の素数さん:2014/11/23(日) 20:56:44.89
2要因混合計画の交互作用ってなんで被験者内要因として扱われるの?
S×A×BじゃなくてS×Bの自由度使うのが良く分からない

誰か詳しい人教えちくり

175 :132人目の素数さん:2014/11/23(日) 22:18:42.81
なんか色々心配になってくる質問だな

ググったら出てきたサイト
http://mcn-www.jwu.ac.jp/~kuto/kogo_lab/psi-home/stat2000/DATA/08/09.HTM
その三というのが2要因混合計画にあたるんだが(次のページでもう少し詳しく説明されてる)、
一人あたりの条件Aと条件Bの全組み合わせデータが得られていないので、S×A×Bは見れない

その一その二その三と例を眺めればなにか気づくんじゃないかな

176 :132人目の素数さん:2014/11/23(日) 22:47:19.23
>>175
一人あたりの条件Aと条件Bの組み合わせ とは
理解力なくてすまぬ

177 :pH7.74:2014/11/24(月) 00:10:29.02
自分の書き方が悪かった、すまん

>>175のリンク先の人名が載ってる表を見て欲しいんだけど、
その二では佐伯さん等について6通りの組み合わせすべてのデータが得られているのに対し、
その三(混合計画)では村山さん等について3通りしかデータが得られていない
つまりS(個人差)×A×Bは該当するデータが無いので解析できない、ということ

178 :132人目の素数さん:2014/11/24(月) 00:40:39.36
>>177

いや答えてくれるだけ感謝や

その一も一人における全通り分は得られてないけど?

209 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★