5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大映監督・三隅研次

1 :この子の名無しのお祝いに:04/05/15 12:32 ID:2L+NHov7
この人が撮った映画は観るものをひきつけます。

2 :ミナツキ サヤ ◆SAYAC2HJWE :04/05/15 14:54 ID:eunixQQY
2ゲッツー

3 :この子の名無しのお祝いに:04/05/15 20:20 ID:WT9XLw+1
「剣」は深刻なだけでつまらんかったなぁ

4 :この子の名無しのお祝いに:04/05/15 20:30 ID:7+Hb8BLj
私は「子連れ狼」シリーズの、若山富三郎先生による大殺戮シーンでひきつけを起こしそうに
なりました。

5 :この子の名無しのお祝いに:04/05/15 21:07 ID:37gutQWQ
>>4
「KILL BILL Vol。」のチャンバラシーン見た時「おおっ、子連れ狼やん!」と
嬉しくなりました。

6 :この子の名無しのお祝いに:04/05/15 21:11 ID:nWbxjtf6
大映で良かったなと。
東映だったら・・・

7 :この子の名無しのお祝いに:04/05/16 05:28 ID:H83APW23
天知茂が大のお気に入りだったとか…

8 :この子の名無しのお祝いに:04/05/16 09:03 ID:C1sSqJhf
やっぱ「斬る」でしょ

キューブリックに匹敵する映像感覚を持った監督が
日本にもいたのかと感動した

9 :この子の名無しのお祝いに:04/05/16 14:10 ID:2XVVqLtp
鈴木清順が木村威夫と組んだ時のように、三隅研次は内藤昭と組んだ時に
その美しさが全開になりますな。

10 :あのさ:04/05/16 20:19 ID:ENhO3d5L
険鬼! 泣いたあ。
フォレストガンプなんて鼻クソまるめてピンだ。

11 :雪城忠太郎:04/05/17 02:09 ID:RzkM0Qng
長谷川一夫主演の「四谷怪談」が、同時に公開された中川信夫の「東海道四谷怪談」
に完敗したので、晩年、ATGで「四谷怪談」のリメイクを考えていたとか。
(大映版四谷怪談がつまらなかったのは、監督や役者の力量以外のところに原因があった)
それはそれとして、わたしは、藤村志保主演の「なみだ川」が一番好きだな。

12 :この子の名無しのお祝いに:04/05/17 05:04 ID:0FYcteBM
>11
「なみだ川」って安っぽい時代劇にしか思えない

13 :この子の名無しのお祝いに:04/05/17 16:00 ID:3Mz6HaJ+
「新選組始末記」の天知土方は栗塚旭を超えてると思う。

14 :この子の名無しのお祝いに:04/05/17 18:13 ID:5mfAgDW8
ガメラ3を超える特撮モノは後にも先にもありません
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1076416799/898

898 名無しより愛をこめて sage 04/02/16 21:54 ID:eaxEL49O
いや一般人は作品なんか見なくてジャンルだけで判断」しちゃうから関係ないっしょ。
俺も明日、釈迦は見てみます。まあG3よりショボイに決まってるけど。
三隅研次?そんなおっさん名前も聞いたことねえな。どうせ三流監督だろ。



15 :この子の名無しのお祝いに:04/05/17 18:58 ID:3n0daTMw
>>13
同意。
粟塚しか知らない人には是非見てもらいたい。
若富の近藤も豪快で好き。


16 :この子の名無しのお祝いに:04/05/23 10:58 ID:kKHW3hSO
けど
沖田総司を演じた俳優は
この有名人役を演じるには力量不足だったな


17 :この子の名無しのお祝いに:04/05/24 01:40 ID:ZH0WS2rz
>>16
もし力量不足でなければ、主役の雷蔵がかすんでしまったではないか!

18 :この子の名無しのお祝いに:04/06/26 23:07 ID:GkMgBUG9
「眠狂四郎・無頼剣」がよかった。天知茂の代表作だと思ってる。
駄作も多い監督だが、「斬る」「剣鬼」の2本だけでも映画史にその名が残ると思う。
「斬る」の斬首シーンは、これ以上ないほど美しい!

19 :この子の名無しのお祝いに:04/06/26 23:37 ID:m/b0YWbs
>>13
池田屋に駆けつけて、
羽織をバッと脱ぎ捨てる場面が滅茶苦茶カッコイイわけよ。


20 :この子の名無しのお祝いに:04/06/27 12:10 ID:mj7WVXEn
雷蔵と勝新、それぞれの代表作に数えられる作品を撮っているが
個人的には雷蔵作品のほうが「三隅らしさ」が出ていると思う
あと、三隅といえば名コンビ・内藤昭美術監督

21 :この子の名無しのお祝いに:04/06/27 12:11 ID:Up9xGarY
>>20
というか、監督・三隅研次、撮影・牧浦地志、美術・内藤昭のトリオが最強で最高。

22 :この子の名無しのお祝いに:04/06/29 10:54 ID:7fMxVYrt
「剣」「斬る」「剣鬼」3部作どれも傑作!

23 :この子の名無しのお祝いに:04/06/29 20:47 ID:4ywY0JYQ
「剣鬼」の戸浦六宏はよかった。狂気の中にある孤独と哀しみを強く感じさせてくれた。
内田朝雄は信じられないくらいいい役。

24 :この子の名無しのお祝いに:04/07/03 23:23 ID:eEWBx0s7
今月、三隅版「丹下左膳/こけ猿の壷」がCSで放送される。
長いこと見たかった(のに見れなかった)ので、もー嬉しくてもー

25 :この子の名無しのお祝いに:04/07/04 09:45 ID:Bt95niSm
>>24
マキノ雅弘の戦後大映版「丹下左膳」シリーズの続編とも申すべく、過度の期待は禁物!
後年の三隅監督のよさの萌芽を探す気持ちで見ると、意外な拾い物という性格の作品。
いやね、駄作ではないんだよ。だけど、スタッフ名で期待しすぎると裏切られるんだよ。


26 :この子の名無しのお祝いに:04/07/04 13:30 ID:uCmneYhk
 『桜の代紋』好きな人いませんか?

27 :この子の名無しのお祝いに:04/07/04 16:49 ID:YxXL71H2
>>22
その傑作3部作のDVDが発売されるね。
http://shopping.yahoo.co.jp/dvd/japanese/drama/

28 :この子の名無しのお祝いに:04/07/04 22:18 ID:WhSs5PaK
>>26
最愛の妻を取り返すために
893達にボコボコにされる若山トミー
ハードボイルドだね

29 :この子の名無しのお祝いに:04/07/05 01:24 ID:0bsRBRa6
明らかにジジイ共が集まるスレだなw
そんな漏れも36になっちまったorz

30 :この子の名無しのお祝いに:04/07/05 07:51 ID:yHeIhZle
>>29
このスレじゃまだ青二才だな

31 :この子の名無しのお祝いに:04/07/05 12:20 ID:id5Jsrau
山崎豊子特集で「女系家族」みたけど、もう最高に面白かった。

32 :この子の名無しのお祝いに:04/07/07 16:01 ID:ejfCa/jg
三隅は牧浦とのコンビが有名だが
俺的には本田省三とのコンビ作が最高

33 :この子の名無しのお祝いに:04/07/07 20:13 ID:jkmXruzq
新撰組・幕末ネタなら『狼よ落日を斬れ』もいいな。
藤岡重慶、まっぷたつー!


34 :この子の名無しのお祝いに:04/07/14 04:43 ID:tCKcNMAn
>>33
全盛期の三隅さんに比べると、なんだか痛々しい出来だったね…
不振の邦画界で孤軍奮闘していた三隅さんの怨念のようなものを感じるわ…

35 :この子の名無しのお祝いに:04/09/03 22:07 ID:ZjXemYLb
『桜の代紋』って面白いのかな?
「俺の捜査にゃ手錠(ワッパ)はいらねえ。全員射殺だ!」
なぜかこのコピー覚えてる。

36 :この子の名無しのお祝いに:04/09/04 00:23 ID:TR0rtkPU
「新選組始末記」池田屋シーン。雷蔵に斬りつける浪士のもつ真剣
(本身)が、廊下箪笥の角をスパッと斬りとるさりげない演出に
痺れますた。最高ですた。

37 :この子の名無しのお祝いに:04/09/16 22:38:06 ID:JI10oip7
大映時代と勝プロ作品でかなり違うね。
俺は大映時代の方が好き。

38 :この子の名無しのお祝いに:04/09/22 11:36:13 ID:TmFxp3CO
すまねぇ・・・「とむらい師たち」好きなんだ。
現代劇だけど。

39 :この子の名無しのお祝いに:04/09/24 20:43:39 ID:2xwkrWMm
「剣」三部作発売記念あげ

40 :この子の名無しのお祝いに:04/09/24 23:50:51 ID:9kQdOzPq
今日は三隅監督のお亡くなりになられた日だったんですね。
おもいっきりテレビの「今日は何の日」が三隅監督でした

41 :この子の名無しのお祝いに:04/09/24 23:53:55 ID:s54wuEkQ
狼よ落日を斬れ DVDでるね

42 :この子の名無しのお祝いに:04/09/26 16:08:47 ID:khEEpih3
10月8日にBS2で放送する<狼よ

43 :この子の名無しのお祝いに:04/10/01 10:37:36 ID:E/Mt5egl
角川で撮るはずだった「オイディプスの刃」は観てみたかったな

44 :この子の名無しのお祝いに:04/10/01 15:23:13 ID:krdzCUs/
>>43
角川映画が発足する前のATG企画だから、完成しても角川映画作品にはならなかったはず

45 :この子の名無しのお祝いに:04/10/01 17:17:07 ID:E/Mt5egl
>>44
調べてみたらATGの企画でしたわ。
成島東一郎のがあったから、角川だと思い込んでた。
御指摘サンクス。

46 :この子の名無しのお祝いに:04/10/01 23:48:52 ID:b97oX1dK
「新選組始末記」の拷問されながら新撰組を騙す侍が良かった。
画面にはほとんど出さずに描き出す力量は神業。

47 :この子の名無しのお祝いに:04/10/02 00:17:25 ID:Q/dYY1Mm
>>43-45
ATG企画の「オイディプスの刃」はその後、角川に拾われ、
ATG=角川春樹事務所の提携という形で製作される予定だった。
市川崑「犬神家の一族」、深作欣二「いつかぎらぎらする日」と並んで
角川春樹事務所創立時のラインナップに加えられたが、監督はいつの間にか村川透になっていた。
村川版もフランスロケを慣行しながら、結局は製作中止に。

48 :この子の名無しのお祝いに:04/10/07 22:17:00 ID:FJUIwYxR
いよいよ明日BSで「狼よ落日を斬れ」放映。159分もある大作。自分はこれは観たことがない。
慣れない大船での撮影で、大変な思いをしたらしいですね。結局、劇場用ではこれが遺作になっちゃった。

三隅さんは映画にTVに、外れが無い監督ですね(もちろん、未見作品に駄作も多い
であろうことは承知してますw) あの集中力は凄い。

三隅さんは集中し過ぎて命を縮めたのでしょうね。森・田中・池広・安田、みんな、明らか
に場合によっては手を抜いてるのに。
とくに田中なんかTVでは妥協しまくってたのに。池広なんかいまだに妥協の塊みたいな
土ワイを撮ってるのに。どんな条件下で撮っても自分の色が抜けない、作品に何かが残ってし
まうという点では、三隅さんと工藤さんが双璧だな。

49 :この子の名無しのお祝いに:04/10/07 22:22:13 ID:Krj5Omzj
>>48
俺、見たけど、かなりの傑作だったよ。
苦労しただけのことはあった、なかなか凄い成果。
それはそうと池広のってこのあいだの双子の奴?

50 :48:04/10/07 23:10:43 ID:GRJM3Yjo
>>49
先週のは観ていないけど、まあいつもw 池広さんはお呼びが掛かるうちは撮る
つもりなんでしょうね。映画監督なんか老後の蓄えも無いだろうし。

さすがに気が咎めるのか、一時期、「TVの時代劇はダメですね」と言って時代劇だけ
はやめていたけど、結局はまた「遠山の金さんVS女ねずみ」とか撮っていた。
松方と親しそうだから断らなかったのだろうな。

スレ違いだけど、このデータは面白いよ。各監督が手掛けた作品名を眺めているだけで、
TVも徐々に条件が悪くなってロクな企画が撮れなくなっていく様子がうかがえる。
三隅さんが生きていても辛かったかもしれないね・・・。
ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood/7675/tv.html

51 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 00:02:38 ID:XyBpwMj9
誰も池広監督が財産持ちだということを知らんのか・・・。
しかも多作監督は最近軒並み印税収入ガボガボ。
池広監督なんか割合自分の色を出している監督だと思うけどな。
例えば数年前の年末の土ワイの冒頭で、いじめられっ子が自殺する
シーンがあったが、座頭市千両首の冒頭シーン同様にキレの
ある演出だった。

52 :(´,_ゝ`)プッ :04/10/08 00:19:03 ID:qLojcoK7
>>48は井上某のトンデモ本を鵜呑みにしていそうな
典型的な三隅信者か必殺オタ

53 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 01:27:44 ID:1jwXkU/o
典型的って言葉が使われるほどファンいるの?
信者っていうのも黒沢、溝口、成瀬、小津クラスぐらいにしかいないと思ってた・・・

54 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 08:09:17 ID:hxiQu2nl
成瀬スレにさ、アラシがよく来て嫌な雰囲気にしてるんだよん、ここは
大丈夫かな?どの監督ファンか知らんが駄作とか面白くないとかそんな
の好みだからねームカつきますよん、ご免ぐちって。
三隅監督の映画はあんまり知らんが「座頭市あばれ火祭り」は良かった
勝新ファンではない自分も面白かったです。信者じゃないけど成瀬ファン
でした。

55 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 08:11:45 ID:Eu05h028
>>52じゃないが、確かに三隅信者っているのはいるな。
三隅は不思議な監督だな。いいのも取るかと思えば、凡作も…
人がいいんだろうな。

56 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 09:27:34 ID:fMxc7XvH
>>55
プログラム・ピクチャーの監督さんは、会社の言うとおりにジャカスカ
撮らなきゃいけないから、中には凡作・駄作が混じるのは
仕方ないと思う。今でいえば三池崇史がそんな存在かな。

てか、「殺し屋1」は絶対「子連れ狼」を意識してるよね。

57 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 11:26:05 ID:8wpaxAHS
>>56
確かに企業内監督なんだから、自分の撮りたいもの
だけをとっている監督とは事情が違うよね。しかし48
のあげた監督さんたちに、これ!といえる代表作があ
るのも事実。森監督「薄桜記」・田中監督「悪名」・池広
監督「ひとり狼」・安田監督「大魔神」。三隅信者≒必
殺オタという印象を受ける。だから後期必殺を撮りまく
った田中監督を批判する。

58 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 12:11:58 ID:RZyyPPTU
安田監督「大魔神」..........?プッ

59 :48:04/10/08 14:07:41 ID:uqLVgaAP
>>51
それは存じ上げませんでした。申し訳ない。

>>57
>だから後期必殺を撮りまくった田中監督を批判する。

批判はしてないよ。田中さんも条件が悪くなるなかで時代に流されちゃったんだなあ、という話
ですよ。三隅さんだって流されたかもしれないわけだから。森さんなどもいい監督だと思いますよ。
渡辺護いわく、「森一生の映画を見ていると、時々分かるんだ。ああ、このシーンは夕方にな
って、そろそろ酒が呑みたくなってるときに撮ってるなって」ということらしいがw
ttp://www.nona.dti.ne.jp/~aaa/watanabe/interview/interview3.html

60 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 16:48:47 ID:gKcUI8Nq
>>58
あれって絵コンテ重視の安田氏だから一作目があったようなもの。
特技監督の黒田監督も認めている。代表作といってもいいと思うよ。

61 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 17:09:10 ID:RZyyPPTU
>>60
代表作の一本だって言う言い方ならわかるけど安田氏は他にも色々
あるだろ。

62 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 17:14:32 ID:jqjSh45U
>59
渡辺も口だけ(ry
そのサイトで三隅監督の無頼剣について書いているね。
あれの三隅監督はよかったわ。
渡辺監督は『薄桜記』の森監督を批判しているけど、
当時の伊藤監督が撮るよりも森監督で正解じゃないかな。
むしろその当時の伊藤監督は『弁天小僧』とかの大芝居向き。



63 :OG:04/10/08 19:18:46 ID:wxiT5CTC
>>61
>>57にも代表作と書いてあるが。
ちょっとスレ違いな話題になってきたかな。

64 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 00:02:37 ID:tUs5v/QV
「大菩薩峠」は香港映画を先取りしていると思う。
クレーンをつかった殺陣がすごい。

65 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 00:10:55 ID:gmFpcMLM
「斬る」は最後があっけなくて、いささか物足りない感じ。
結構、波乱万丈な話なのに、凄く淡々としている。
名作らしいが、全然面白くなかった。
ちなみに私は三隅を三流監督だと思ってます。


66 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 00:39:46 ID:V3jNxWHZ
>>65
新たな釣り師登場w よろしければ、どのあたりが三流だと思う? ハッタリばかりの監督だから?

吹き替えも使っている可能性はあるが、「狼よ落日を斬れ」において、田村・高橋・近藤・緒形・西郷ら
の動きがいいので驚いた。普段からあんなに良かったかな? それとも気合いを入れて稽古したか?

「大作」ではあるが、いささかスケール感と艶に掛けるね。重要でない場面とはいえ、合戦
の部分は適当に誤魔化してるし。エキストラの数も足りない。
そろそろ邦画に奥行きが無くなっていた頃ですね。松坂慶子はこの頃、本当に綺麗だったな。

明治維新後の東京の姿が出てくるのが面白いね。昔、知人が、本作とセルジオ・レオーネ
「ウエスタン」やサム・ペキンパー「ワイルドバンチ」「ケーブルホーグのバラード」を対照さ
せて感想を述べていたっけ。たしかにいずれも時代に取り残されていく男たちの話だが、似てるかな?

67 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 01:07:39 ID:epz6IqNI
>>66
そんなマトモに対応する必要はないよ。

979 名前:この子の名無しのお祝いに :04/10/09 00:34:06 ID:gmFpcMLM

全体的に何か安っぽい映画なんだよな。
あれだけ武装出来ていれば、すぐ攻略出来るだろうに・・。

67 名前:この子の名無しのお祝いに :04/10/09 00:27:08 ID:gmFpcMLM
>>64

何の才能もないおまえが死んどけ!

223 :この子の名無しのお祝いに :04/10/09 00:47:42 ID:gmFpcMLM
「喜びも悲しみも幾歳月」は演出に冴えが無い。
駄作とは言わないが冗長すぎて嫌になる。

毎日この調子のルサンチマン君さ。

68 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 01:51:35 ID:gmFpcMLM
映画通なら誰でも三隅を三流監督と判断できるけどな。
三隅厨は鈍感が多いの?

69 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 02:04:03 ID:Jc524VSw
48ってイタイな(´,_ゝ`)プッ 町場のおピンク映画監督のサイトを引いてくるなんて。
大映京都撮影所が誇る三隅監督スレには相応しくない!!
中身はピンク初監督作品の製作主任がマキノ雅弘『丹下左膳』(56)のチーフだとか
カメラマンは森一生のデビュー作撮った人とか撮影所コンプレックス丸出し。
さすがは町場の監督だ。
>>66
煽れば喜ぶんだから、レスしないほうがいいですよ。
「狼よ落日を斬れ」はよくも悪くも松竹の映画という感じがした。

70 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 02:12:07 ID:gmFpcMLM



  三流研次





71 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 10:39:32 ID:0FPZ/ORl
「剣」とか観るとモチーフに対して少しも疑わずに取り組む(良い意味でも悪い意味でも)
人だと判るな。

とりあえず、原作にないあのラストは蛇足杉

72 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 13:08:23 ID:P/4JC3tI
三流研次の映画は三流

三流研次の映画は三流

三流研次の映画は三流

三流研次の映画は三流

三流研次の映画は三流

三流研次の映画は三流

三流研次の映画は三流

三流研次の映画は三流

73 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 13:09:50 ID:49U4e0H3
>>69
未だに映像京都の方々は高いプライドをもって仕事を
されているので、マチバのスタッフには冷たいとか聞き
ますね。

74 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 14:38:31 ID:OynCwFC4
三流研次は大魔神怒るなんて幼児向け特撮映画撮ってるからなゲラ。

75 :48 :04/10/09 19:09:01 ID:+gXAAzQd
>>69
もちろん渡辺さんがホラ吹きで、ピンク界にうさんくさい人が多いのはそれなりに
知ってるさ。だが「おんな地獄唄 尺八弁天」と「(秘)湯の町 夜のひとで」の
2本だけで吹いてもいい人だよ。お近づきにはなりたくないけど。

>>73
映像京都系の人はプライドが高そうだね。同じ京都でも、松竹京都映画系や東映京都系の人
なんかバカにしてそう。あれだけの仕事をしているのだから高くて当然ですが。
それだけに、つまらないフジのVTR時代劇(「怪談百物語」や「大奥」など)に西岡さんの名前
があったりすると哀しくなる。NHKのオードリーもひど過ぎる内容だった。

76 :この子の名無しのお祝いに:04/10/09 22:59:21 ID:xCD3232y
>>75
松竹京都映画は映像京都がはいってから技術力があがったし、
映像京都も京都映画ないと困るから馬鹿にはしていないと思う。
まあ東映はアレですがな。

77 :この子の名無しのお祝いに:04/10/10 00:02:05 ID:aKM4sJB0
東映は誰が相手でも「なんぼのもんじゃい!」

78 :この子の名無しのお祝いに:04/10/10 11:06:47 ID:k6D/Dv+H
脚本が3流でも作品がどうしてああ1流になってしまうのか謎だ。

79 :この子の名無しのお祝いに:04/10/10 15:00:42 ID:F1LpQ2fK
               _,......,,,_
               ,、:'":::::::::::::::::``:...、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            !::::::::::::::::::::::;‐、:::::::::_::::::_::::';
         |::::::::::::::::::::::|  :: ̄      ``!  なんかもう必死でしょう
         r''ヾ'::::::::::/  ::          |   三流厨
         l r‐、\::/  _,,、ii_;;_、    _,,,l、    
         ヽヾ〈    ::= -r:;;j_;、`/ :;'ィ;7
          !:!_,、    :: ` ー  : |: `´/
         ,./ヽ |  、_  ::  ,: 'r' :i |:  /
       ,../ `ヽ;_  i | '"、_:::__`:'‐'. /
        / ``'ー 、_\  ! `::` ̄''`チ`シ
    /ー 、_    `\:、_ :: ` ̄/
   /     ``ヽ、   ヽ`'7‐--'゛
  /          `ヽ、 `/

80 :この子の名無しのお祝いに:04/10/18 03:44:15 ID:Wj412zFx
三隅監督は日本には珍しいビジュアル至上主義の監督だと思う
えもいえない色気と緊張感が漂う画面づくり
だから狂四郎は三隅監督作品が一番クールでかっこいい
「炎情剣」でカラスの群が描かれた襖をバックに中村玉緒を手ゴメにする場面なんて
シリーズ中でサイコーにニヒルでエロい濡れ場シーンだったよ

81 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 23:08:41 ID:YdOfHm/k
今日、剣鬼のDVD観た。
凄く悲惨なストーリーじゃないですか。
しっかし画はやっぱり綺麗だなぁ…

82 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 23:12:29 ID:ha4zBWvx
大映時代の時代劇と勝プロ作品の『子連れ狼』『御用牙』との違いをどう解釈しますか。

83 :(´,_ゝ`)プッ :04/10/25 23:12:23 ID:iaXp1+UU
>>58
(´,_ゝ`)プッ

84 :この子の名無しのお祝いに:04/10/27 01:32:46 ID:WiQKkkzR
脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

85 :この子の名無しのお祝いに:04/10/28 21:13:11 ID:VqDbe4sV
sageて荒らし、か。
あんた、淋しいんだね。

86 :この子の名無しのお祝いに:04/10/28 23:27:07 ID:1Bx0Pk6g
脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

脚本書けない三流研次は五流ww

87 :この子の名無しのお祝いに:04/10/29 00:55:29 ID:tHvwbjzQ
どこにも居場所がないんだね?

88 :この子の名無しのお祝いに:04/10/29 01:41:00 ID:SirYymhn
明日は「鬼の棲む館」だ、楽しみだ。

89 :この子の名無しのお祝いに:04/12/20 21:27:02 ID:KWoRAwlW
>>88
アラタマ三千代のヌード、吹き替えで残念

90 :この子の名無しのお祝いに:05/02/14 04:46:00 ID:6yYyKKD2
>>40

マジで!?
「今日は何の日」で取り上げられるほど
知名度がある映画監督だったのか?

俺にとっては邦画監督ベスト1の監督だけどさ

91 :この子の名無しのお祝いに:05/02/17 01:25:38 ID:Q7wtHITe
監督は乗ると冴えまくり、乗らないと凡庸
結局、ムラがあるのだが、それは天才だからかな

92 :この子の名無しのお祝いに:05/02/17 01:42:05 ID:CUt74WOU
三流研次は五流でも、三隅研次は超一流!

93 :この子の名無しのお祝いに:05/02/20 23:07:16 ID:aTZjFV5j
yappari,sonokininareba,
tensai,nisannsei


94 :この子の名無しのお祝いに:05/02/28 15:31:01 ID:HMod+TVg
顔のアップが多いのが安っぽい感じ。

95 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/01(日) 22:11:54 ID:yBAWaQfz
映画館のスクリーンで観ると
顔や手のアップが
大変に効果的なのだよ

96 :not 94:2005/05/06(金) 09:06:25 ID:pSbsGzjd
いや、正直スクリーンで見ても疑問
なんちゅうか、全体とのバランスが悪い

97 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/11(水) 22:54:32 ID:pp6qe7D6
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1115022463/131

98 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/25(水) 11:55:57 ID:Xy/G3YTv
>>96
(´-ω-`)あれが気持ちよかったりもするんだけどね。
所詮、オタク好みなのかなぁ…

99 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/26(木) 02:03:51 ID:FUcfqAKk
「斬る」をはじめて見たんだけど、すごく面白かったので、DVD買って良かった。

100 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/12(日) 17:36:49 ID:f0ZEl/5R
『尻くらえ孫市』は大映最期の大作時代劇かな?
錦之助、勝新の顔合わせで、大量の騎馬隊が出演。
錦之助の生き生きした姿がいいね。以後、深刻で陰の深い役が増えた。
佳作だと思うけれど、あまり触れられない。
ファンの皆さんはどうですか?

101 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/15(月) 20:37:39 ID:NQZxxzJv
保守

102 :この子の名無しのお祝いに:2005/11/11(金) 18:51:01 ID:Zyh3Mrwu
>>99
「斬る」の」雷蔵は、映画館で観たけど、しびれたね。藤村志保も可愛かった。

103 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/30(金) 01:15:10 ID:RcXkBSOd
斬るはたしかに最高。

104 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/01(日) 16:41:11 ID:FthBZb+X
世界の作家が三隅を尊敬する日がくる。
黒澤、小津と同列に語れる日がくる。

105 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/03(火) 12:44:55 ID:MrGd0F4Q
>>104
くるかな〜。
来てほしいけど

タランティーノのとか
一部の劇画マニアには「子連れ狼」時代の作品は
受けているみたいだけど。
俺的には、「斬る」とか「眠狂四郎」とかの時代を
もっと評価してほすい。

106 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/05(木) 16:05:39 ID:4mHCHzaV
    |┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <   三隅研次はシベリア送りだ!
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \ 
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ


107 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/05(木) 18:12:50 ID:/+DVrBnR
大映ってシベリア体験者が多いんだよね。
だからあんな陰影に富んだ作品が多いんだと思う。
三隅さんの映像、どのカットをとっても
彼のだってわかる強烈なオリジナリティがある。
もっと評価されていい・・・けどされてほしくないなあ。

108 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/05(木) 19:30:13 ID:qWFS/5Ht
『釈迦』も結構いい映画だったと思う。
勝新のダイバ・ダッタが新しいイメージを
与えてくれた。

109 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/05(木) 21:19:35 ID:QQH4U0PG
勝新ちょっと苦手なんだが、
『釈迦』とか『鯨神』(これは徳三)の勝新はいいわ。

110 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/06(金) 01:48:32 ID:Ny8DUtda
「斬る」が良かったんで「新選組始末記 」も買いました。
これも面白かったです。

111 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 01:28:08 ID:BPcdJVz2
「釈迦」特別版のLDは6chステレオマスターから
ドルビーサラウンドに起こしていたはずだが。
ありゃ幻だったのか?

112 :この子の名無しのお祝いに:2006/02/22(水) 15:07:26 ID:Z25Q7maE
LD買っといてよかった

113 :111:2006/03/03(金) 15:35:43 ID:RcXU3sRp
すまん、4chマスターだった。
しかし5.1chリミックスする余裕が無いんなら、4.0chぐらい入れておいてもバチゃ当たらんだろ。
おまけに英語吹き替え音声その他もろもろも入ってないし。特別版を作ったスタッフをバカにしてんのか?

114 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/30(木) 03:06:04 ID:nfh/iYyE
この人の映画、無意味に裸の姉ちゃんが出てくること多くないか?
「眠狂四郎 勝負」の冒頭に出てくる裸の姉ちゃんは一体何だったの。

115 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/30(木) 11:04:22 ID:QztAsVAW
スリ

ってか眠狂四郎の他のシリーズ観た事ある?
まさに無意味に裸つかってるよ

116 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/30(木) 11:42:14 ID:ouKHI3VG
エロに集客を頼る状態になりつつあるわけでしょう。
他の監督、役者の「卍」や「盲獣」や「刺青」もそういう企画でしょ?

117 :114:2006/04/08(土) 19:50:58 ID:bF+h+ZLj
>>115
あの人、スリだったんだ!教えてくれてアンガト。
もちろん他の眠狂四郎も見たことあるよ。市川雷蔵のは全部見てる。
池広一夫も裸大好きだよね。
だけど、池広一夫は映画自体が下世話な感じだから無意味な裸が
しっくりくるのだけど、三隅はなんか浮くから気になる。
裸の使い方が強引というか豪快だし。

>>116
「卍」「盲獣」「刺青」はもともとそういう映画だから裸あるのは当然として、
例えば「斬る」でどうしてあそこで裸ばば〜んになる必要があるのかと。
敵を驚かすためとはいうものの、どう考えても不自然だもん…

118 :この子の名無しのお祝いに:2006/04/08(土) 20:10:28 ID:n2tzpq+b
>>117
当時の事情を知らないのであくまで想像だけど、
眠狂四郎はお色気シーンが売りなシリーズでもあるし
要らんと思ってても会社の要請で入れざるを得ないのでは>浮いてる裸

「座頭市血煙街道」で突然中尾ミエが歌いだすのと同じでw

119 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/06(土) 12:34:07 ID:0Bmewc7B
新撰組始末記には裸ある?

120 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/07(日) 21:54:02 ID:LN3YMqc+
すんません、『斬る』で万里タンの裸ばば〜んに鼻血ぶ〜したくて観に行ったんですが
非常に高潔な映像で、胸なんか鎖骨ぐらいまでしか映ってませんでした。

121 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/10(水) 21:12:40 ID:YjstqpBj
三隅監督は掴みの天才ですね、出だしからグイッと引っつかんで
グイグイと引きずり込んで行きます。「斬る」はその典型ですね。

この映画は斎藤一郎さんの音楽も良いですね、映像の邪魔をせず
映像を引き立て、寄り添うような感じです。
もちろん、内藤昭さんの美術は言わずもがなです。

122 :この子の名無しのお祝いに:2006/06/27(火) 19:01:12 ID:eJIYhIUr

7月の猫ちゃん、三隅の銭形平次が2本あるので思わず契約しちまった。

123 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/18(火) 21:05:29 ID:SAo5Kymg
>>94,96
顔のアップが多いのは当時の流行では?
マカロニ・ウエスタンの影響かな
どっちが先か知りませんが
だけど漫画っぽいよね

124 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/24(月) 17:34:39 ID:H7rNeb9r
勝プロ制作「座頭市物語」(TVシリーズ)
三隅作品は2本だけだがTV映画のフォーマットを無視して、完全に本編のノリで撮っている
(CM入りの場面が不明確)。最終回で三隅最後の座頭市「ひとり旅」(脚本=直居欣哉)は
ちょっとだけ初期シリーズの雰囲気を感じさせてくれる1本。



125 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/09(水) 11:03:09 ID:R4MQ9V8h
「斬る」もいいけどおいらは「剣鬼」の方が死ぬほど好きですよおまいらw。
「斑平さぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!」


126 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/18(金) 21:15:58 ID:Ln0YCWg2
『剣 三隅研次の華麗なる映像美』より

“狼よ落日を斬れ”の撮影中 太地喜和子に
「あんな、ねえちゃん。そんなヘタな芝居したら、あきまへんがな・・」
濡れ場の撮影で緊張感ただようスタジオでねえちゃん呼ばわりされた挙句、
演技までけなされた太地喜和子は、顔を真っ赤。スタッフは唖然。

『必殺仕置人』はじめての中村主水。
藤田まことはかって経験したことがない緊張感と意気込み。
はじめのワンシーンで
「あんな、おっさん。そんな芝居は東映でやってんか」
(かっての東映時代劇は、スター役者に見得を切らせ、それをクローズ・アップ
で撮るという、およそ無意味と思われるカットがしばしば。)
しかし、番組が終わる頃になると
「おっさん、これな、きっと続き物になるで。あと半年やったら、中村主水が
あんたのからだに入って、これは一生もんやで。ま、しっかりやるこっちゃ」
のちの藤田をして「三隅監督の言うとおりだった」と言わしめる。



127 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/19(土) 08:49:38 ID:/g4CZ361
『剣 三隅研次の華麗なる映像美』×
『剣 三隅研次の妖艶なる映像美』○

128 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 15:37:39 ID:lMzxxfxD
>>123
あれはドヴジェンコの影響。映画史の常識。

129 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/05(火) 15:52:46 ID:Zspga7FB
>>126
少し調べると分かるが、三隅は中村主水をたった5本しか撮っていない。
にも関わらず、いまだに藤田は三隅の話ばかりする。いかに印象が大きかったかということである。

73 必殺仕置人「人間のクズやお払い」 
74 助け人走る「同心大疑惑」(主水がゲスト出演)
74 暗闇仕留人「仕上げて候」「仏に替りて候」
75 必殺仕置屋稼業「一筆啓上過去が見えた」

130 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/06(水) 23:12:17 ID:akNWRvOH
>>129
印象に残った監督って言うと、三隅か松野を挙げるね
松野は逆に本数も多かったし、三隅と対極にある印象かな

131 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/15(金) 12:49:35 ID:CyNg4YZD
hoshu

132 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/15(金) 13:05:40 ID:EREW4vMd
「ヨーイ、キャイッ!」

133 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/16(土) 14:03:06 ID:dLuY8gDa
高橋英樹の仲人?

134 :名無しさん:2006/10/08(日) 14:20:51 ID:+v8FKSKi
 発売されている「釈迦」のDVDって音声、やっぱモノラルなのですか?

 前のLDのときは確かステレオだったような。

135 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/09(月) 13:27:24 ID:iUA4Ybwn
>>117-118


裸で蒲団にくるまった藤村志保を挟んで
雷蔵と天知の睨み合いは凄い見ごたえあった

あれは意味ある裸だったねw

136 :この子の名無しのお祝いに:2007/01/06(土) 02:55:52 ID:BeOWlxid
巨星落つ・・・。

即席ラーメンの父・安藤百福さん死去、96歳
http://food7.2ch.net/test/read.cgi/nissin/1168011988/


   _,. -==- 、
   ,':.'´     ヽ
   l:' ,__、 __i!
  fi`l:,:=_ノ^l_=、}^!
  し,`~,ィ'_ _)、~´il
   ,、i{ '=ニァリノ'′
  _ノ:ト'ミ、.二ノイ、
'´:::::::::l ヾ_)ノ l:::``丶
::::::::::::::l /⌒ヽl::::::::::::
:::::::::::::::V ヽ_」 l:::::::::::::
::::::::::::::::ヽ / ll::::::::::::::
ラーメン王 安藤百福
(明治43年〜平成19年)


137 :この子の名無しのお祝いに:2007/02/13(火) 13:39:11 ID:VapyatNx
百福さんもだけど内藤昭さんも。合掌。

138 :この子の名無しのお祝いに:2007/04/19(木) 15:05:26 ID:lVt2KBEs
初めてスクリーンで観た大映映画が「斬る」だった。
(ただ単に、天知茂が見たくて行った)
最初の数分でもう釘付け。
えらい世界を知ってしまったと思ったものです。
また映画館で見たいなあ…

139 :この子の名無しのお祝いに:2007/04/21(土) 05:10:07 ID:zvSPOAMq
>>138
ヒント:プロジェクターを買う

140 :この子の名無しのお祝いに:2007/04/23(月) 11:28:40 ID:ZBgGXpTT
部屋が狭いのさ

141 :この子の名無しのお祝いに:2007/05/03(木) 10:28:44 ID:TEJ8Dmvq
>>121
>三隅監督は掴みの天才ですね、

まさにそう。脚本とか読みながら、ここを引き立たせようと
考えるのだろうね。

142 :この子の名無しのお祝いに:2007/05/10(木) 16:39:10 ID:TvvX/UkW
狂四郎勝負を見た
こないだのBSでの特集では、珍妙な第一作じゃなく、事実上の第一作のこれを放送すべきだったwww
陰影が強くて、奥行き方向に深い、立体的な画面構成が、いつもびしっと決まってる
横の広がりは映画館のスクリーンの大きさで、そして奥へと引き込む、というのが基本的な見せ方かね?
そして、格調高く緊張感があるけど、あくまでツボを押さえた娯楽作に徹してくれてるから、とても見やすい
特に風情があるのが食べ物屋で、何かこだわりがあるんだろうか

143 :この子の名無しのお祝いに:2007/05/10(木) 16:45:39 ID:TvvX/UkW
連投すまないが・・・
霧の中で、五人の刺客と会話する場面の最後、
狂四郎が逃げ去った後に、白っぽい樹木を一本映すのは、
ありゃ何なんでしょうか?
禅問答みたいな・・・と言うほどのことでもないのか・・・
でも無意味なこととは思えない、三隅監督に限って

144 :この子の名無しのお祝いに:2007/05/10(木) 21:48:35 ID:eLPiNI27
明日BSでやる「尻啖え孫市」は錦之助・賀津雄の中村兄弟唯一の大映出演作。

145 :この子の名無しのお祝いに:2007/05/10(木) 23:03:19 ID:prCGTZN8
死んだ雷蔵の代役なんだよなぁ・・・<孫市
雷蔵と錦ちゃんの共演見たかったなぁ・・・


146 :この子の名無しのお祝いに:2007/05/11(金) 13:12:34 ID:6avxgnoU
国会中継のばーかーやーろーーーーー!!!

147 :この子の名無しのお祝いに:2007/05/12(土) 00:39:17 ID:by42Kb5H
>>138
天地茂は「君は海を見たか」(井上芳夫監督 大映東京)の父親役も良かったよ。

148 :この子の名無しのお祝いに:2007/06/30(土) 00:16:28 ID:sW0HeLv5
「剣」というのは何ざんす?
武士道が現代に存在しうるとしたら、
観念的なものがかろうじて流通する空間である大学の中で、
ある種特殊な資質を持った青年において顕現するしかない。
そんで、清澄なというより奇怪な運命をもたらすしかない。
というようなものなのか。後味はホントに悪いよ。

149 :この子の名無しのお祝いに:2007/07/21(土) 20:07:51 ID:rrgpebC7
桃井かおりが、三隅の演技指導にキレ、衣裳のままスタジオ
から飛び出した作品って、何だろう?

150 :この子の名無しのお祝いに:2007/09/14(金) 21:10:35 ID:W2M4hy/O
プログラムピクチャ時代の職人監督ですよね。いい作品悪い作品、色々有るよね。
ただこの人はどの作品も画造りの名人、どの画面も1級の画づくりをしている。
脚本に恵まれた時この人の作品は最高!

151 :この子の名無しのお祝いに:2007/09/27(木) 17:15:52 ID:s29hYk3B
鼠小僧次郎吉(脚本・新藤兼人)
三隅監督のオープニングはどの作品も見ごたえが有ります。
これから何が始まるのか、ウキウキとした期待感を持たせます。
内容がギュッと詰まった76分の作品で面白かったです。

この映画で一番驚いたのは見事な貧民屈のセットです。
貧乏長屋ではなく、まさに貧民街です。
この素晴らしい街を造った内藤昭さんと、大映の匠達に敬意を表します。


152 :この子の名無しのお祝いに:2007/10/09(火) 22:19:51 ID:SHSGg4dR
今は亡き三隅研次監督の助監督を務めた近藤明男氏の監督作品、
映画『ふみ子の海』が10月13日(土)東京・銀座シネ・スイッチにて
公開!映画のロケ地になった新潟県上越地区では全国よりも一週間早く
一般公開され、作品を見た観客は涙・涙の大感動!!
Yahoo!の映画投票でも第二位の『サズティック・ミカ・バンド』
に1200票差をつける3100票でダントツトップ!
10月12日(金)のテレ朝『やじうまワイド』でも紹介されるのは確実!!
天国の三隅監督も喜んでいるでしょう・・・。

153 :この子の名無しのお祝いに:2007/10/28(日) 23:51:20 ID:Ls/pUnd7
釈迦見たけどすごいやんこれ
悟り開いてからシャカを直接うつる描写がない演出もユニークだとおもったw
なんでこんなに知名度低いの?ただ俺が無知だっただけ?

154 :この子の名無しのお祝いに:2007/10/29(月) 06:06:44 ID:xnwZ7gOn
たしか、佐藤慶とも馬が合わなかったらしいね

役者の芝居よりも、画面構成を重視しすぎる
とか苦言を呈していたとか

155 :釈迦厨:2007/10/29(月) 09:19:30 ID:/YdhECGW
>>153
無知だっただけでつw。

156 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/07(水) 16:59:03 ID:0+Svt6yL
>>画面構成を重視しすぎる。

その画面構成が、今も見る人を魅了するのです。

157 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/20(木) 18:36:11 ID:uwC7iJxC
保守しとこう

158 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/22(土) 20:57:25 ID:frHnDGdv
宮川一夫が、監督は三隅で、狂四郎を常照皇寺の数時間しか日の差さない桜の
木を背景に撮りたかった、と語っていたという。
激しく見たかった。

159 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/02(金) 20:58:07 ID:KkECbgka
新撰組始末記、いい作品ですね。
これを見ていると当時の映画造りの素晴らしさが分かります。

色彩が良いです、映画の雰囲気に合わせたのか
暖簾、隊服、着物、壁、建物、全てを茶色の濃淡で統一しています。
遊女の着物、髪形も素晴らしい。遊女の階段落ち、ナイスふぁいと。

写真を写す場面では、あぁ〜そいえば近藤勇の写真があったなぁーと
思い出しました。
星川清司さんの脚本ではこれが一番良いのではないでしょうか。
狂四郎人肌蜘蛛も良いですけど。

160 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 00:46:34 ID:6ph0bE+O
今月のNECOでデビュー作のこけ猿の壺放映age

161 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 01:13:20 ID:caUSSXlJ
>>159
あと真剣の使い方がうまい。池田屋だったか浪士が真剣で斬りかかって柱を
斬り削ぐシーン。リアルに斬ってる。真剣のカットを随所に入れて殺陣に重みを
もたせているし、何よりも真剣自体の鋼の光沢が美しい。同時に、斬られて
アイタタ!感も良く出ている。

162 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/07(水) 18:22:15 ID:Zo2Ecyp+
>柱を切り削ぐシーン

雷蔵が、水屋のような家具の角を削ぐシーンでしょうか。
何度も再生して見つけました。柱は分かりませんでした。

今回スローで見て解ったのは、斬り遇いの場面では役者の形相が
凄いと言う事です。雷蔵も相手の丹波又三郎も物凄い顔でした。
今度ゆっくりと池田屋の場面を全部スローで見るつもりです。

この映画でチョット残念なのは、須賀不二男さんが出て来てすぐに切腹
させられたことです。好きな役者さんなので長く出ていて欲しかったです。


163 :ミッキー・蛇山:2008/05/18(日) 14:03:13 ID:rAGKXJtQ
三隅監督を高く評価した人は、ライミやタランティーノばかりではないよ。
東映出身の故・工藤栄一監督や池田敏春監督、緒形拳などがね。晩年の「必殺必中仕事屋稼業」の「売られて勝負」は最高傑作だよ。


164 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/18(日) 18:30:06 ID:hfxuGB+m
新撰組始末期

藤村志保が雷蔵に抱きつくシーン
志保の帯にライティングを浴びせる絵柄なんて
三隅ならでは、と感心させられた

165 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 19:00:58 ID:OupP2hvV
新撰組始末記は…
元は小林勝彦主演で白黒作品だったのが、雷蔵が企画部で偶然台本を見つけ気に入り永田社長に直接談判。
自分の言い分を無理やり通してしてしまった。しかもカラーで正月映画になった。



166 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/21(水) 02:17:50 ID:U62mNLL3
雷蔵って意外に脚本読む力あるよね?
彼がやりたいと推薦した作品って結構渋かったりする。
スターっぽい華やかな感じのはあまり取り上げないね。

167 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/21(水) 19:48:26 ID:mS6dOV3l
スターが主役をやって当たり前。それでは面白くない。
雷蔵が脇役の役をやると、その物語が違う角度から見れて面白い。
他のスターがやらないような役をやったり、色んな役をやったから今でも支持されてるんだと思う。


168 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/26(月) 23:39:53 ID:VpDCX8zs
神保町シアターにて『なみだ川』。土曜日15時半の回はほぼ満席に近い入り。イーストマンコダッ
クカラー大映スコープ、序盤の縦一本筋キズが気になるが、発色よく全体としてはたいへん良好。
昨年の湯布院で上映されて、好評だった作品らしい。
おバカキャラがピタリとハマって、いい味出しまくりの藤村志保が、観客にどんどん愛されてゆく
過程が、その反応からビンビン伝わる。 山本周五郎原作、依田義賢脚本のお話しが、手堅い三隅
演出にコンパクト(79分)に乗った感。大映作品にしては珍しくやたら明るい照明ながら、日本橋、
目黒不動尊あたりの情緒はしっかり出てたと思うが、どうか。 細川俊之もう一つを感じつつ、不良
兄貴の戸浦六宏はラストで突出し、スクリーンの陽光のなかで、観客を幸福な鑑賞感に誘う。

169 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/27(火) 23:41:55 ID:bl1F2eZV
続いて『舞妓と暗殺者』、本日16時半の回は入り3割程度。モノクロ大映スコープ、ほぼニュー
プリント。 女がらみサークル崩壊の王道ストーリーか。新藤兼人のオリジナル脚本だと思うが、
津川(キッタハッタを生き抜くものの、全然強そうに見えない)はもとより、倒幕派の連中がと
にかく青臭く感じられてしまい、何だか。敵役の山本耕一の現実主義なピカレスクが真っ当にみ
える。 演技的にはヘタクソながら、高田美和のお嬢様女優ぶりを堪能。大映作品が不振になっ
てきた時期で、高田の相手役として津川は松竹から連れてこられたのかな(翌年あたりに退社)。
序盤のチャンバラ、ラストの一騎打ちのボルテージの高さなんかは非常に良かった。チラシにあ
る「確かな仕事」とは、ふたりが逢瀬を重ねる石段に振る雪、桜吹雪なんかが筆頭か。

170 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/31(土) 23:00:41 ID:Xk/tqIUu
神保町シアターにて『女系家族』、金曜日12時の回も入り8割強、カラー大映スコープ、ほぼニュー
プリント。 最後の最後まで若尾が逆襲せず受けの演技で、少々不満が溜る。三姉妹も、長女の京マチ
子が圧倒的で、二女、三女(高田美和)は、いかにも弱い。 序盤は鴈治郎、中盤は京がいつものごと
くブイブイで引っぱるものの、田宮二郎も生彩欠くような。浪花千栄子もいつもの軽みがなくって、若
尾文子恥辱の内診プレイのあたりをはじめ、単にえげつないババアにしか見えない。もっと喜劇的な味
付けを濃くすべきところを、妙に生真面目に撮ってしまっているのかな。

171 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/24(火) 23:48:05 ID:7OtugVpH
文芸座にて、『かげろう笠』。イーストマンコダックカラー大映スコープ16ミリプリントの状態は良好。
木全公彦曰く“股旅版「ローマの休日」”だが、多くが指摘するように、+『ライムライト』。
妄想のミュージカル(レビュー)シーンも含めたお約束てんこ盛りの、超娯楽時代劇。
身なりの汚いお人好しの渡世人役にしては風格あり過ぎな、この時期の長谷川一夫ながら、まあ余裕を持っ
て役柄をこなしている。役得とはいえ、一方的に惚れてアレコレ世話やきつつ言い寄る新珠が素晴らしい。
ラストの情感とかもっと求めたい気分があるのだが、観てて幸せになれるプログラムピクチュアの一作。

172 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/25(水) 21:05:41 ID:QRmKSomr
168/169/170/171/
評論家きどりのアンタ何者。

173 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/25(水) 21:21:07 ID:JIbJePLz
この人はよく、新文芸坐スレなど(古くは浅草東宝スレでもよく見かけた)
特集上映があるたびに感想を書き込んでいる人だよ。
ブログでもやればいいと思うが、なぜか2chでリポートを書く。
まあ別にいいけど。

174 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/25(水) 21:43:14 ID:QRmKSomr
>>173
特集上映があるたびに

と言うことは、三隅監督の特集をやっているって事ですか。
いいなぁ〜、近くでもやって欲しいよ。

175 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/25(水) 21:43:42 ID:pV7kQooJ
小学校の時の夏休みの宿題(本を読んでの感想文)は、
作者のあとがき(感想?)をよくパクったもんだ。


176 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/25(水) 22:09:31 ID:wHY57hAi
>>171

>役得とはいえ、一方的に惚れてアレコレ世話やきつつ言い寄る新珠が素晴らしい。
>ラストの情感とかもっと求めたい気分があるのだが、観てて幸せになれるプログラムピクチュアの一作。

同感です。

『かげろう笠』と似た映画で。
大川橋蔵で「花の折鶴笠」(河野寿一監督)
こちらも、面白かった、ですね。

177 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/25(水) 22:28:11 ID:QRmKSomr
171と176は同一人物なのか。

178 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/26(木) 15:36:17 ID:uj/G/0EU
>>174
>と言うことは、三隅監督の特集をやっているって事ですか。

違うよ。この人は三隅研次に限らず、特集上映で見た映画の感想を書き込むんだよ。

179 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/26(木) 18:32:45 ID:ZpUC6Dis
>>178
>特集上映で見た映画の感想を書き込むんだよ

そうなんですか、するとあらゆる所に出没しているんですね。
黒澤、小津、溝口、成瀬、雷蔵、勝新等々忙しい人だな。
映画が好きなら好きで、ここが好きなんだとか、ここが素晴らしいんだとか
言うのなら好感がもてるのだが、必ず嫌味な批判を加えるのがイヤラシイ。

180 :この子の名無しのお祝いに:2008/06/26(木) 18:51:07 ID:lKo/171h
>171と176は同一人物なのか。

違う、ちゅうねん

181 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/15(火) 00:37:47 ID:yWPEefb9
「木全公彦曰く」とか書き込んでるが文体から察するに
その木全本人ぽい。

182 :この子の名無しのお祝いに:2008/07/29(火) 23:39:21 ID:TdTA//hE
ラピュタにて、アートンで上映できなかった『処女が見た』。モノクロシネスコ、ニュープリント。
安田道代大映入社第一作で、キャスト名脇に「新スタァ」の表示が。すぐ更正する貞操は固い不良少女役で、
それに伴って序盤出てくる若者風俗(エレキバンド)が煩わしい。 三隅演出はこの作品タイトル同様極め
てシンプルなストーリー展開をメリハリつけて退屈させずに観せる。しかし、キワ物期待の観客の扇情をア
オる気はさらさらないのか、エロ描写は粘りなくアッサリ君。これだけで本作を観る価値ある、若尾の道を
外した庵主さんコスプレの延長に期待したい、煩悶する肢体から立ちのぼってもよかろう淫靡な臭気が全く
感じられないのは、あまりにも分かりやすい若山富三郎のせいばかりでもなかろう。


183 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/23(土) 21:16:51 ID:aOsBTcMe
「古都憂愁 姉いもうと」素晴らしかった。傑作。



184 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/23(土) 21:58:23 ID:CVdqpILw
剣はよかった

185 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/25(月) 23:30:13 ID:nuvkgucj
神保町で見逃した『古都憂愁 姉いもうと』をラピュタにて。カラー大映スコープ、若干の雨降り、キズも
たいへん良好なプリント。 舌は驕れども据え膳は喰わぬ船越英二は京都幻想増幅工房。『なみだ川』とは
またキャラ違うが、藤村志保は本作でもしっかり者ながら一本抜けたアタリがハマっている。
序盤は、とってつけたような戦時下描写、やや絵葉書的に感じられた京風景・風俗が気になりつつ、物語が
予測に反したなかなかえげつない方向に走り出すと、映画世界に集中させられる。 終盤、妙に美味しんぼ
風、姉妹の和解もチト強引な感があり出てくる料理同様もう少し深みを求めたくなるが(脚本・依田義賢)、
これも観ている人を幸福に誘うプログラムピクチュア。八千草リアル36歳ながら今の時代では求められない
最上の熟れ具合。藤岡も喰い物が絡むとついつい「サッポロ一番!」と声をかけたくなるが、まだ若いハズ
なのに、なかなかシブい。

186 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/26(火) 21:45:35 ID:nD8MqxYR
>>168-169-170-171-182-185

気分良くレスしているところ申し訳ないが、
プリント状態から色彩、スクリーン・サイズ、客の入りまで、こと細かく書いているのは勝手だが、
現在の上映プリントではイーストマン・コダック等は、まったく意味がないのはご存知か?
イーストマン、アグファ等は、製作当時のことであって、
現在のプリントにその当時の現像処理がなされているわけではない。
ましてや「かげろう笠」は16o上映。
いくら良好な状態でも、色調どころかスコープ画面の比率も違う。
どうせなら、スタッフ・キャストから現像所、WESTREXサウンドまで総て書いてはいかが?
後の記録(にちゃんで記録になるかは、また別の話だが)にもなることだし。

あと、改行と推敲、と云う言葉はご存知か?

187 :185:2008/08/28(木) 00:00:33 ID:bs0eB+5K
>>186
ご教示ありがとうございます。感情的な煽りレスに普段曝されながら、時に本質的にこちらの無知を
指摘して下さるレスがあるので、(ご迷惑でしょうが)書き込みを止められないでおります。
ここに書く価値があるのは、当日上映されたプリントの状態、客の入りと反応、わたしの感想までで
すかね。その上映されたプリントの由来まで記したいところですが。意味がないというのは、公開当
時のポジはイーストマンでも、今日焼くニュープリントはその色調を必ずしも複製していないという
意味ですか? いろいろ探していたら、三百人劇場の紹介サイトに辿り着いて、「第一世代と呼ばれ
るプリントは傷だらけであるにもかかわらず画面の抜けは素晴らしく、ニュープリント版が再現でき
ない明るさやピンの光り方が素晴らしい」という記述にブチ当って、ニュープリント至上主義に修正
を加えねば、とさらなる研究の旅に出る必要性を痛感。

188 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/28(木) 13:38:32 ID:HuEBA2AV
↑旅に出て、二度と帰って来ないでね。

189 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/28(木) 17:15:05 ID:TSAMeQqH
>ご教示ありがとうございます。感情的な煽りレスに普段曝されながら、時に本質的にこちらの無知を
指摘して下さるレスがあるので


爆笑!

190 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/30(土) 01:57:00 ID:9CDpNnaN
横スレで申し訳ないが、

>現在の上映プリントではイーストマン・コダック等は、まったく意味がないのはご存知か?
>イーストマン、アグファ等は、製作当時のことであって、
>現在のプリントにその当時の現像処理がなされているわけではない。

そんなことはない。
プリントは撮影ネガからタイミングをとって焼くが、発色を決定するのは
あくまで撮影ネガだから、小津のカラー作品ならやっぱアグファの発色である
わけだ。フジカラーでプリントしようともね。
そもそも小津の時代であっても、撮影ネガがアグファであっても、全国一斉に
封切られた上映プリントのすべてがアグファでなく、廉価なフジでプリントされ
た可能性も高いわけだ。
また、テクニカラーの3本マトリックスネガからフジやコダックでプリントを
作成しても、当初のテクニカラーの発色とは異なるとしても、やはりテクニカ
ラーの発色以外なにものでもない。
したがって、サイズやカラーを記しているのは、正しいと思う。

またスコープ等のサイズについても、誤差は許容範囲。当時でも上映館すべてで
本来のサイズ比が厳守されたわけではない。トーキー初期のサイズ、磁気録音時代
のスコープのサイズなど、厳守しているのは特殊な機関での上映や特殊なDVDに
限定されているのをご存知か?



191 :この子の名無しのお祝いに:2008/08/30(土) 11:32:27 ID:M4BqwIF+
今どきのニュープリントは、いわゆる「棒焼き」だろう。
当時のプリントの画調がどこまで再現してるのか、疑問に思うときがあるな。
特に東映の60〜70年代作品のニュープリントとか見ると、発色とか非常に不安定。
ただ、個人的には今まで見られなかった作品がニュープリントで見られることはありがたい。
結局、あんまり細かいことは気にならない。

192 :西岡徳馬書店:2008/08/31(日) 10:37:02 ID:tPNdDVo/
東映京都出身の映画監督が、「この人には勝てない」と言わしめたそうだ。
確か、ある本で故・工藤栄一監督が「私が今まで会った人の中で、師匠と呼べる人だった」と書いてあったよ。
中島貞夫監督は「大映は倒産したけど、三隅さんの映画作りは天下一品だった」と言ってたよね。

193 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/01(月) 01:43:16 ID:HBqlLflR
他社の監督で三隅のこと評価してるのって東映の連中だけか。

194 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/01(月) 02:03:00 ID:6Ov1o1Uk
基本、京都の人だから仕方ないんじゃないですか。


195 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/05(金) 23:34:38 ID:tOHPHf5i


196 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/06(土) 00:06:24 ID:m93IxZmT
剣鬼を雷蔵映画祭で見たなぁ。
とても厳しくて凛として研ぎ澄まされた映画だった。
ヒロインが主人公を探し求めるラストが悲痛で…

この映画も確か時間が短かったような気がするけど、
ダラダラ長い今の映画より、この時代の映画の長さがとてもいい。(1時間半くらい?)

197 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/11(木) 12:45:33 ID:Fzyd4V5A
いつものヒト、ここでいわれたせいか、新文芸坐スレの感想、
カラーやサイズなどの情報やめたしまったね。

198 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/22(月) 21:16:51 ID:oesFhn82
三隅監督・世界的代表作の
若山版子連れ狼DVDが12月に発売記念age

199 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/30(火) 12:37:57 ID:5iSRNfxd
>>198
マヂっすか?
ヤッター!

200 :この子の名無しのお祝いに:2008/11/17(月) 04:42:38 ID:rGfBJERp
「斑平さぁ〜〜〜〜ん!」

201 :この子の名無しのお祝いに:2009/01/15(木) 23:45:47 ID:eKQMtgCO
フィルムセンターにて、『大魔神怒る』上映age

202 :この子の名無しのお祝いに:2009/04/06(月) 23:55:18 ID:HADXA5PU
藤村志保に、もっと三隅監督の話しを聞いておいたほうが、いいのかな。
すでに、京都方面の方々が、やっていますか?

203 :この子の名無しのお祝いに:2009/07/23(木) 23:19:54 ID:t1EPzDaw
>>186
シッタカ晒しage

204 :この子の名無しのお祝いに:2009/07/24(金) 10:37:45 ID:oN6yNZoN
↑粘着質

205 :この子の名無しのお祝いに:2009/08/23(日) 21:56:44 ID:z8jhwkv6
カット割がマンガみたいで面白いね

206 :この子の名無しのお祝いに:2009/08/30(日) 22:17:01 ID:8LApXnon
>>149
遅レスですが・・・たぶん
最後に手掛けたTVドラマ
「痛快 河内山宗俊」での出来事でしょう

このドラマ演出が遺作でもあるんですね

207 :この子の名無しのお祝いに:2009/11/12(木) 16:36:02 ID:MNCG6VQT
剣三部作

208 :この子の名無しのお祝いに:2009/11/12(木) 17:01:00 ID:tMtUixyb
てすと

209 :この子の名無しのお祝いに:2009/11/12(木) 20:49:01 ID:PiOHyJqh
だいぶ前だが
映画としては遺作の
「狼よ落日を斬れ」DVD化されたね
松竹に感謝!

「処女が見た」が見たいんだが
大映(現・角川?)、DVD化してくんないかぁ・・・

210 :この子の名無しのお祝いに:2010/01/15(金) 05:25:04 ID:yU1fcp8O
斑平さぁ〜〜〜〜〜ん!

211 :この子の名無しのお祝いに:2010/02/04(木) 20:06:13 ID:dZa0uOO+
オレは必殺シリーズしか知らんのだが、
この人、必殺シリーズでは明らかに工藤栄一や貞永方久、松本明、蔵原惟繕などに比べると劣っている。
手を抜いてたの?

212 :この子の名無しのお祝いに:2010/03/14(日) 14:16:48 ID:YvlQzVQv
生前、「TVを月2本やらないと食べていけない」と言っていたそうだが、
いったいどんな生活をしていたんだ?

213 :この子の名無しのお祝いに:2010/04/13(火) 00:16:49 ID:bUyoLC18
『勝負』と『炎情剣』を見たのだが、同じ三隅監督なのに『勝負』の方がお金かかっている気がした。
全21作で最高傑作はどれなのか教えて!

214 :この子の名無しのお祝いに:2010/04/16(金) 23:53:59 ID:rHarMgA2
神保町シアターGW興行、時代劇特集にて、マキノと抱き合わせ
小特集age

215 :この子の名無しのお祝いに:2010/04/17(土) 01:10:02 ID:rhXKSxQL
蛇女優、毛利郁子の『執念の蛇』も監督してるんだよな。

216 :この子の名無しのお祝いに:2010/04/27(火) 23:58:46 ID:DN2/ITNB
神保町シアターにて『千姫御殿』。カラーシネスコ、ほぼニュープリント。
富士子はむしろ前半の毒婦描写のほうがやばいくらいにハマりまくっていたので、ラ
ストまでこれで通したほうがよかったかも。山田五十鈴、貫禄の能面演技、鴈治郎の
老家康も嬉しい。本郷功次郎も期待以上によかったが、悲劇の段になると、ついつい
あの人が脳裏に浮かぶ。テンポよく進み、伏線も次々明らかでお腹いっぱい。その点、
終盤はちとダレたか。雷浴びる2頭のお馬さんの前後運動が、非常に分かりやすい間
接描写でステキ。

217 :この子の名無しのお祝いに:2010/04/28(水) 22:40:34 ID:5WxNUi/W
続いて『銭形平次捕物控 美人鮫』。カラーシネスコ、キズ少々あり。
長谷川平次最終作、手堅いが手だれ感もあり。八五郎役の船越英二は、オイシい。
長崎の異国情緒が売りになっている? 寸前で導線を切るシーンにドキドキ。
女優陣が、美人揃いながらもう一つだったか。黒幕が次々と明らかになる終盤は、
それなりに見応えはあったと思うが。


218 :この子の名無しのお祝いに:2010/07/22(木) 01:07:52 ID:guacp5Bp
座頭市血煙り街道のラストがすごかったな

219 :この子の名無しのお祝いに:2010/07/25(日) 06:07:33 ID:TQOt1Yez
チャンバラは三隅研次で終わった、と押井守が最新の著作でいっておりますな。

220 :この子の名無しのお祝いに:2010/08/18(水) 23:46:58 ID:R0li8GgQ
野沢一馬・著『剣−三隅研次の妖艶なる映像美』、古本GET。

221 :この子の名無しのお祝いに:2010/08/19(木) 16:55:30 ID:CjZmDD9e
おおーGETしましたか、うらやましい。
数年前に紀伊国屋で、在庫有りと出ていたので注文したのですが
結局「スイマセン、ありませんでした」と言われて買う事が出来ませんでした。
この本は図書館にも無くて、気になる一冊です。

222 :この子の名無しのお祝いに:2010/08/20(金) 19:57:31 ID:tMfCis7x
>>221
東京に来なされ。

http://metro.tokyo.opac.jp/

ヒント 著者名で検索

223 :この子の名無しのお祝いに:2010/08/21(土) 15:26:29 ID:rc4RZTrO
何という事でしょう。
東京の図書館には、あっちにも、こっちにも、有るんですね。
ほんまに、東京はパラダイスじゃあ。

224 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/24(金) 00:16:04 ID:aHpritXE
命日、か 南無南無・・・

225 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/22(金) 22:35:37 ID:bvy+8QcO
神保町シアターにて『雪の喪章』。かなり退色の進んだカラーシネスコ、
「雪」の白と対比されただろう色彩演出が伝わらない状況が、残念無念。
妻妾同宮、時に鬼気迫りヒロイン食う玉緒、池野成サウンドなどなど、
性急さが極めて昼ドラちっくながら、監督特有の、生きている人間が、
ただそこに居るだけで不気味っぽい画づくりは、よく伝わる。
天知後半失速も、若尾年齢なりの色気。期待したチラシアオリの「雪のな
か一面に金粉が舞うラスト」は、なかった? 火曜日夜の回、満席。


226 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/24(日) 12:02:34 ID:yA/mOcMh
文芸座にて『婦系図』。カラーシネスコ、ニュープリント。
モテモテ君も納得の31歳雷蔵の男っぷり、白梅ほころぶ境内での別れの
シーン、たっぷり、じっくり。伝説になった役者と薄幸のヒロイン、伊
福部サウンドも炸裂。後半、小暮実千代思いがけない実娘との再会シー
ンにまた泣く。ここらへんも正攻法でグイグイ。依田義賢脚本。
船越英二はもちろんよかったが、珍しく千田是也もよい。
真砂町、飯田橋、八丁堀。

227 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/04(土) 23:31:24 ID:eWF08fir
新春文芸座雷蔵祭PART2にて、『新撰組始末記』、『桃太郎侍』、
(PART1に引き続き)『眠狂四郎無頼剣』上映age

228 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/05(日) 11:22:32 ID:yGSk82fa
>226

万里昌代、三條魔子の新東宝ヒロイン女優の魅力と、木暮実千代と水戸光子らの松竹出身の非大映系のベテラン達が上手いですよね。

229 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/21(金) 16:24:01 ID:XQRGixHg
やっぱりこの監督が一番だな

230 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/30(日) 10:56:27 ID:ADCroIee
市川雷蔵と相通ずるものがあった。

231 :この子の名無しのお祝いに:2011/02/15(火) 23:36:08 ID:m0u6Bo2U
神保町シアター、女優モード特集にて『女系家族』上映age

232 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/09(水) 23:40:02.77 ID:VNPW/GPh
ラピュタモーニング、藤村志保特集にて『古都憂愁 姉いもうと』&
『なみだ川』傑作上映age


233 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/05(火) 14:06:39.90 ID:cQ5mmtZh
最近NECOでこの監督の作品よく出てるね
座頭市や子連れ狼など

234 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/17(日) 23:47:53.28 ID:BpA3yuFZ
>>193
舛田利雄が評価している

画面の構成に重点を置き、だらけたシーンを入れないと云うことでは同ジャンルの監督だな


235 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/18(月) 13:37:52.61 ID:hFsGYodV
微妙同士じゃん



236 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/21(木) 19:42:05.81 ID:BAGo3mrG
必殺シリーズでもこの監督だと引き締まって見える

237 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/22(金) 08:29:16.12 ID:+HXQQAR/
文芸座にて『鬼の棲む館』上映age

238 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/27(金) 17:52:21.58 ID:NAVAWvcx
剣三部作が最高に良い
三隅+牧浦+星川
が最高でしょうね

239 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/27(金) 21:43:52.88 ID:Fe6U8srq
韓国では特に評価が低い監督
韓国ではこの程度では一流監督とよばれない




240 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/28(土) 07:23:23.88 ID:eGvRD1o4
そんなこと・・・



一向に かまわない



241 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/28(土) 09:15:43.97 ID:Ntm4Nwcg
【切腹】小林正樹【人間の條件】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1071879353/908

908 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/27(金) 21:45:52.67 ID:Fe6U8srq
韓国では特に評価が低い監督
韓国ではこの程度では一流監督とよばれない

242 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/29(日) 04:56:52.15 ID:OFDeiOZl
韓国では特に評価が低い監督
韓国では一本撮ったら次は撮らせてもらえない




243 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/29(日) 11:11:05.16 ID:PMfomb5b
火星では特に評価が低い監督
土星では一本撮ったら次は撮らせてもらえない
金星ではこの程度では一流監督とよばれない

244 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/29(日) 22:23:15.86 ID:Viug/yc0
どうした?誰かにイジメられたか?

まあ、ここでスッキリして、明日から頑張れよ。

245 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/08(水) 20:03:23.86 ID:kfypk73K
韓国って外国の古い映画とか見れるのか?

246 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/16(木) 16:16:10.96 ID:C+daGSHa
剣三部作

247 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/17(金) 18:59:28.41 ID:piE4QOFh
深作欣二監督がこの監督には勝てないと絶賛してたとか

248 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/18(土) 06:15:11.66 ID:ciRtEjjH
方向性が違う気がするが。まあ確かに、あの緊張感は深作には出せない。

249 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/26(日) 23:29:22.39 ID:2DCCfmfe
市川雷蔵の眠狂四郎シリーズが最高だよ。
女性では到底出ない男性雷蔵の美を
見事に表現している。

250 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/30(木) 20:01:04.83 ID:c8x3cguL
>>249
「勝負」は確かに狂四郎シリーズでは最高だよね

251 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/06(水) 21:09:16.71 ID:K2Cbs6SW
>>246
「剣」三部作とよくいわれるが、実際「剣」の出来はそんなに良くないと思う
映像は奇麗だがストーリーがどうにもヘンだしラストは蛇足

252 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/12(火) 21:21:56.73 ID:thF5l1EI
先日のNHKの番組で藤田まことが出ていて
一番印象に残った監督としてこの人を出してたね

253 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/15(金) 08:52:37.32 ID:spTK7nN8
タランティーノが子連れ狼をリスペクトしてると言ってたが
スプラッタシーンだけしか似ているところがない

最近キルビルを見てそう思った

254 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/15(金) 13:40:41.56 ID:gnMloSdT
刀を鏡のようにして、背後からの攻撃を察知するシーンとか

255 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/15(金) 16:02:22.84 ID:Gjw0Nk1M
>>253
キル・ビルは修羅雪姫なんで。
レザボア・ドッグスみたいなハードコアな感じの映画も作ってるよ。


256 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/13(土) 20:44:08.57 ID:OKjJXHS2
溝口、市川、増村、吉村、三隅と全盛期大映は凄いな
女系家族が最高傑作やな

257 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/04(日) 08:40:10.97 ID:2gDubHbR
>>202
昨夜のNHKラジオで話してた。
“一番お世話になった監督さん”だと。

「もう大映の経営が傾いているのに、『最後の道楽や』と言って作品
(『姉いもうと』『なみだ川』『雪女』)を作ってくれた。
私の主演では客が入らないのに」


258 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/04(日) 09:09:18.81 ID:e9aWoqg7
怪談雪女郎は徳三だろ

259 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/04(日) 19:19:53.73 ID:FuSOZvb2
藤村志保と三隅監督とは確かに相性がよかったよね

田中監督の「怪談雪女郎」も好きだけれど

260 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/07(水) 14:49:48.63 ID:CUswrAdS
藤村志保と言うと、個人的には「新撰組始末記」で演じた
ちょっと地雷女入ったヒロインがインパクト大。
ラストでぽつんと置いてけぼりにされてる姿が妙に印象に残っています。
 
天知茂演じる土方歳三もカッコ良かったなぁ。

261 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/07(水) 15:00:10.68 ID:AF3VmkHx
藤純子が大映にいたらどうだったかな。

262 :この子の名無しのお祝いに:2011/10/23(日) 20:21:23.75 ID:gMUPRErF
「斬る」、久しぶりに観たけれどやはり素晴らしい、名作
日本の時代劇の頂点のひとつだな


263 :202:2011/11/08(火) 23:44:07.83 ID:iBCR2SFo
>>257
ありがとうございます。
『姉いもうと』『なみだ川』は、三隅監督作品としては異色というのか、
こういった言い方が適切か分かりませんが、あまり会社の臭いがしない
感動作だったと思います。 晩年の残虐描写のシャシンもあり、これらも
あり、でいいんじゃないでしょうか。

264 :この子の名無しのお祝いに:2011/11/15(火) 19:52:19.02 ID:4iyk3cIP
必殺仕置人

265 :この子の名無しのお祝いに:2011/11/16(水) 13:28:39.74 ID:IDeR960B
>晩年の残虐描写

>>262 の「斬る」では血こそ出ないものの敵役が縦に真っ二つになるシーンが
あるから、残虐描写に対する許容は元々あったのかもね。

266 :この子の名無しのお祝いに:2011/11/30(水) 18:56:28.06 ID:uqSyLcGS
三隅監督"THE LAST SAMURAI"
http://www.youtube.com/watch?v=ThDXlNochsw

↑でジャージ着てるのが三隅監督ですね

267 :この子の名無しのお祝いに:2011/11/30(水) 21:34:52.55 ID:kmyL+Ahh
>>265
あのシーンは残虐性よりケレン味を感じて少し笑ってしまった

268 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/02(金) 00:27:25.47 ID:vbnsHdlY
「狼よ落日を斬れ(’74)」でも一刀両断
キャストを見ると高橋英樹、緒方拳、近藤正臣、西郷輝彦、田村高廣
と誰が主演となってもおかしくない
緒方拳・田村高廣は必殺シリーズで、高橋英樹はおらんだ左近で
監督と接点あり、近藤正臣は当時は斬り抜けるで、西郷輝彦は江戸を斬るで主演

269 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/02(金) 01:40:30.57 ID:a9UEE9VU
『斬る』の人体真っ二つシーン、予告編ではまったく違うカットなんだよな。予告編のほうが見せ方がいいんじゃないか。

270 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/09(金) 23:54:23.52 ID:KDhXD1oj
ガンコと言いつつ、社員監督として作品の幅は非常に広い。

271 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/10(土) 16:48:59.26 ID:e1EEXrJ4
結末を知らずに「狼よ…」を観た。てっきり主人公は壮絶な最期を迎えるのだと思っていたら…


272 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/11(日) 00:32:29.28 ID:Fiax36Lb
釈迦並みの予算で普通の(?)時代劇大作を撮って欲しかった

273 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/11(日) 14:26:35.60 ID:f3WYo0Qa
「桜の代紋」
後に引くけど、後味は悪くない
もちろん爽快ではない
不思議な力のある映画

274 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/13(火) 23:57:49.65 ID:rMMN6FyP
座頭市あばれ火祭りでの
風呂場での殺陣と森雅之の極悪ぶりが最高

275 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/16(金) 22:02:07.17 ID:vOXkNHf5
時専の雷蔵の話見たけど当時の大映スタッフが勢ぞろい
撮影の富士郎出てたが健在だね

276 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/21(水) 21:37:01.98 ID:emSLhciN
>>259
緒方拳も

277 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/26(月) 23:23:15.45 ID:spV4aHh5
あげ

278 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/27(火) 00:17:25.94 ID:cPkfWB77
あげ荒らし通報しました

279 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/27(火) 06:05:10.82 ID:Pq6mSkmK
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16529183

280 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/14(土) 21:01:58.58 ID:4hzBID6Y
新撰組始末記見たい

281 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/14(土) 21:05:38.51 ID:4hzBID6Y
あと必殺仕掛人も
秋風二人旅は面白い

282 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/16(月) 10:20:01.77 ID:2txyBv2i
三隅監督お気に入りの天知茂が一人二役やったやつね
三隅監督で天知主演の時代劇映画見たかったな
天知茂も三隅監督の作品ならノーギャラでも出たかったと言ってたとか

283 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/17(火) 22:32:07.16 ID:fKiTfbun
森一生
三隅研次
田中徳三

腕前から言ったらこの順番でいいのかな?

284 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/18(水) 01:32:17.01 ID:x12G2Ljl
三隅>>田中=森(ここは好みによる) だろう

ちなみに自分は田中作品が一番好みw
  

285 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/18(水) 23:31:57.53 ID:+F5CbTsN
森さん多作だからなぁ
テキトーな作品が多いよな
好きな監督だけど

286 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/04(土) 20:10:17.36 ID:I8rSUHia
>女系家族が最高傑作やな
ゆうつべに予告編出てるけどなかなか面白そうな感じ
近日見てみたいと思う

287 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/08(水) 10:18:35.41 ID:dn+8bhuP
仮に三隅監督が存命であったとして
今の時代だとどんな俳優を使いたいかな?

288 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/08(水) 20:13:56.73 ID:DBGTw4ks
>>283
大映好きで、増村・三隅信者のつもりなんだけど
この前、大魔神全3作をまとめて観たら、
明らかに、安田公義(第1作)>三隅研次(第2作)>森一生(第3作)だった
狂四郎での諸作も手堅いし、安田公義あなどりがたし!

289 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/08(水) 20:27:49.79 ID:yQBe2/vN
安田公義、テンポが少しゆるいけれど
絵作りが大変奇麗、というか日本画のように構図がいい
テレビ時代劇なんかも撮っているけれどとてもうまいよ、自分も好き

290 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/10(金) 04:26:23.03 ID:YurVzHLu
大魔神はガメラのように対等の敵も出てこないから、2作目以降は正直きつい。

291 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/10(金) 05:15:08.70 ID:oTelO2D3
大魔神シリーズ

一作目はかわいい高田美和
二作目はきれいな藤村志保
最終作は「女と男はつまらん、子供が好きやから子供でやらしてくれ」という森一生監督によって、子供たちが主役に据えられるw

292 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/10(金) 14:33:39.40 ID:FhgxM0Yl
三隅監督としては、志保さんを磔にすることで
モチベーションを保ったんじゃないか?

293 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/10(金) 20:46:18.67 ID:fqk9K9cH
三隅研次監督のコメディ映画ってあるんだろうか?

田中徳三監督はコメディ得意だったけど

294 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/10(金) 23:48:18.77 ID:p9jUycgu
野坂昭如原作の「とむらい師たち」とか撮ってるけど、
ブラックコメディって感じで、ストレートに笑える作品じゃない
「御用牙」「桜の代紋」なんか、笑える場面も多いかな

295 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/11(土) 09:20:47.34 ID:X/UqJuNw
レスありがとう。
「御用牙」は笑えるというか、もうヤケッパチさを感じてしまうw

296 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/01(木) 20:02:08.22 ID:8ZmXEXon
>今の時代だとどんな俳優を使いたいかな?
難しいな
今は殆どいないかも

297 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/02(金) 22:14:56.54 ID:ZLEQ9AJq
豊悦?
真木蔵人?

298 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/03(土) 23:12:57.06 ID:irzxEKTw
求む、現代の雷蔵・天知茂・藤村志保

299 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/06(火) 08:54:15.27 ID:CojB7yQR
時間のあるときに是非観てみて下さい。 → http://www.youtube.com/watch?v=zWPAktCuzK4
ネットの中では、「マスコミが真実を伝えない」ということは周知の事実で、
「9.11」「パールハーバー」「南京大虐殺」「3.11」・・の捏造はかなり知られて来ました。
知っているという人も断片しか知らない人がほとんどだと思います。
このシリーズは、それらの「本筋」を非常に分かり易く表しています。
一切の先入観を持たずに観ることをお勧めします。

300 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/07(水) 20:12:27.25 ID:0xjo+Vhc
300

301 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/26(月) 16:24:27.14 ID:hYbWUy1f
>狼よ落日を斬れ
一通り見たけどNHK大河の総集編見てるような感じだった
ただ、近藤正臣演じる伊庭八郎が秀逸
田村高廣の殺陣と高橋秀樹と緒方拳のラストも素晴らしい

302 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/16(水) 01:57:42.80 ID:euQ7KHZX
あげ

303 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/19(土) 14:45:13.71 ID:pwX8OeeP
毛利郁子の『執念の蛇』と言う蛇映画を撮って居ましたね。

304 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/25(金) 19:46:43.95 ID:c8yJKdCL
「斬る」をみた。
万里昌代の乳首、少しだけ見えたか?

305 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/08(日) 22:44:55.23 ID:/iWRYjDM
あげ

306 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/21(土) 14:05:03.63 ID:flJZBmm1
人間のクズやお払いスゲーわ

307 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/24(金) 20:06:57.26 ID:kEwntGt9
あげ

308 :この子の名無しのお祝いに:2012/10/06(土) 04:34:25.30 ID:Cjv7nOxo
何だかんだで監督としては一番だね

309 :この子の名無しのお祝いに:2012/10/06(土) 07:30:28.09 ID:JApVHf5y
とにかく映像美がすばらしいね

でも、大変奇麗な紙芝居を見ているみたいで
それぞれのシーンのつなぎ目がおかしいところが多々あるのがあまり好きではない

あと、全体的に人を見る目がクールな感じがする

310 :この子の名無しのお祝いに:2012/10/06(土) 14:52:04.77 ID:PYN8Nm6e
 「サブと市捕り物控え」を監督した時、僕は枚数を出来るだけ少なくし、映画的に作ろうと思った。絵は止め
て、ガンガンキャメラワークと音楽と音でね。その時新聞に「座頭市」の監督の三隅研二さんの記事が載って
いた「いやぁ実はね、アニメがバカにならない」って。「サブと市」についてのことだったのだけれど......要する
に真っ黒ベタの画面の中で、刀がバッと斬る。それは刀を見せないで、光だけが走って、そこから血が流れ
だす、といった手法を僕は引っ張り出した。そういうのを三隅さんが見て、座頭市を撮る時に役に立ったと言
ってた。それが実際にはどう役に立ったのかはわからない。インスピレーションだけの事かもしれない。で
も、そういう見えない(影響しあえるような)関係が実写とアニメにはあったよね。
 いまはなくなっている。

http://www.dgj.or.jp/feature/article/000363.html

311 :この子の名無しのお祝いに:2012/10/10(水) 02:11:27.56 ID:j7G5vJLl
日本映画専門チャンネルの無料放送で『雪の喪章』を観た
映像は美しいし若尾文子も素晴らしいけど三隅監督じゃなきゃいけないという内容とも思えなかった
文芸映画の巨匠が大作として撮ったほうがもっと良かったかも

312 :この子の名無しのお祝いに:2012/10/10(水) 20:57:01.08 ID:/kp2niMP
あまり膨らますことのできない地味な話だったから、
三隅監督でよかったと思う

313 :この子の名無しのお祝いに:2012/11/19(月) 19:44:03.58 ID:7LKAvl9H
必殺シリーズの原点はこの人と深作監督

314 :この子の名無しのお祝いに:2012/11/19(月) 19:49:49.20 ID:L/SuQQal
当初、藤田まことの演技をボロクソにけなしたんだよな
けど、藤田まことさんが、そのことを
凄く感謝してるみたいで、なんか感動したエピソードだ

315 :この子の名無しのお祝いに:2012/11/20(火) 14:36:26.93 ID:9ZoQ+d72
そんな演技は東映でやれって言われたとかw

316 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/01(土) 15:29:31.64 ID:e+Tw6ooh
しごかれた反面、この役は大事にやれば一生やれる役になるからとも言われたらしい。

317 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/22(土) 18:37:59.12 ID:cnsnAzI8
若山・勝新兄弟が主人公の時代劇によく出てる
鬼一法眼や賞金稼ぎは今見ても面白い

318 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/22(土) 22:22:52.63 ID:DIrERkUi
日本語が変

319 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/11(金) 18:46:18.10 ID:aNjHOnG0
剣鬼いいね
短い時間だったが数時間分の映画を見た感じになれた

320 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/12(土) 07:51:24.05 ID:CxccP/4R
執念の蛇…蛇女優、毛利郁子の蛇映画も監督してる。

321 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/13(日) 22:01:09.60 ID:MLX0A8S/
東京、神田神保町の名画座で2013年2月に特集上映
大映京都の二枚看板、田中徳三と三隅研次
ttp://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/images/program/tanakamisumi/tanakamisumi_sche.pdf

322 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/15(火) 03:46:34.44 ID:1SWG/pMr
東映で何でもいいから撮って欲しかった。

323 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/15(火) 07:42:49.67 ID:s2d+UOIC
映画はないけど、若山富三郎に乞われて『賞金稼ぎ』のテレビシリーズを撮ってるな。
これが唯一の東映作品か。

324 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/15(火) 19:00:55.05 ID:RBWR8fl4
>>321
おー、嫌いな映画館だから行かないけど、企画は素晴らしい!

325 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/19(土) 15:59:33.32 ID:FsdZbjzR
今久々に仕留人見直してるけど、やっぱりかっこいいな

326 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/27(日) 09:21:08.04 ID:EePI0Ddw
あまり好きではない林与一の「鼠小僧次郎吉」もよかった
ほんと無駄がない

327 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/27(日) 13:51:27.92 ID:gGQEG4GS
田中徳三と三隅妍次か…
三隅は必殺シリーズ初期を、田中徳三は初期から後期までを支え続けたな。

328 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/17(日) 11:28:41.22 ID:/ETddRM7
>>321
企画はいいけどラインナップがちょっとよくわからんw

田中監督の「乞食大将」は見たいぞ

329 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/25(月) 00:13:20.81 ID:uerRVyUE
>>321
土曜日、「女妖」を見に行きました。
すげー盛況。たぶん、ほぼ満員だったんじゃないか?
映画の内容は正直パッとしなかったが。
>>328 の方がいうように
三隅の特集作品ならもっと良い作品あるんだがな
まぁ、こういう特集あるならもっと見に行くぜ

330 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/27(水) 06:12:36.63 ID:/LbQDJvf
どうして必殺仕掛人のパイロット担当が三隅じゃなくて深作監督だったんだろう?
深作は当時まだ大御所という感じじゃなかったと思うけど

331 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/27(水) 11:35:29.23 ID:MNAQSF+N
深作は60年代後半に松竹で何本か映画を撮ってるからそのラインだろう
たしか「恐喝こそわが人生」のDVDの特典の松竹プロデューサーのインタビューで
その辺の話にもちょっと触れてる

332 :この子の名無しのお祝いに:2013/03/07(木) 14:51:04.32 ID:Qs5vQ+mX
ただし当時の必殺スタッフ・キャストの証言から察するに、
当時は三隈監督の方が格上とスタッフも俳優も思っていたようだ
藤マコも石原カメラマンも三隈のエピソードの方を思い出深く語る
深作は仁義なきの直前で才気溢れる若手、三隈は座頭市や狂四郎もやった時代劇といえばこの人!の巨匠ってとこだろう
松竹時代劇は、実質倒産した大映のスタッフが流れ込んだ大映時代劇みたいなもんだから、三隈・田中徳三がメインなのはまあ当然か

333 :この子の名無しのお祝いに:2013/03/10(日) 16:55:52.18 ID:8zLEoL/O
三隅と田中ってお互いにどう思っていたのかな?

334 :この子の名無しのお祝いに:2013/03/18(月) 17:55:59.25 ID:kc3HNZ1M
さあな。でも田中徳三は酒飲みで、飲みにいくために定時に撮影を終わらせる早撮り監督だったらしい。で、おなじく酒飲みの勝新と組むと、朝まで酒を飲んでそのまま一緒に撮影所へ、ということも多かったらしい。
その逆に、三隈は酒が飲めなかったらしい。

335 :この子の名無しのお祝いに:2013/03/18(月) 20:30:12.05 ID:lC47nERI
三隅のコーヒー好きは有名。

336 :この子の名無しのお祝いに:2013/04/29(月) 15:49:24.84 ID:PBJ6Pmow
釈迦は結構面白いね

337 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/12(水) 18:38:42.00 ID:sQwDJP8j
>>336
釈迦厨ハケーン!!!

338 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/23(日) 16:32:36.48 ID:zLDMvPgx
鬼一法眼
「火炎の街道」「青い目の少女」「夜盗と花と子供たち」
最高ですな

339 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/23(日) 16:40:52.70 ID:K+V0aUOs
>>332
>松竹時代劇は、実質倒産した大映のスタッフが流れ込んだ大映時代劇みたいなもん

美術(太田誠一など)はそうだけどそれ以外のパートは基本違うでしょ。

>藤マコも石原カメラマンも三隈のエピソードの方を思い出深く語る

藤田は「仕掛人」に出てないから当時は深作とは直接には会ってない。
後に映画版「必殺W」では組んでるけど。

340 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/23(日) 16:41:55.10 ID:K+V0aUOs
>>332
あ、もちろん監督は大映の人が多かったけどね。

341 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/26(水) 11:54:37.13 ID:UGWuBv1k
>>339
深作監督は演出はしてないものの仕置人の企画には参加してなかったっけ?
まあそれでも仕置人の時には藤マコと顔を合わせてないかもしれないけど

342 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/26(水) 17:33:42.41 ID:aRulOVj+
>>341
深作は仕置人の企画会議には出ていたが他の仕事が忙しくて代わりに紹介したのが
工藤栄一だったとされている。

確かにその際に藤田と会っていた可能性はなくもない。

343 :この子の名無しのお祝いに:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:avR8znzT
剣鬼が好き

344 :この子の名無しのお祝いに:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:4zl10Akg
座頭市といえばこの監督だけど
映画監督の北野武氏は
この監督の映画(座頭市以外でも)を参考にしてたのかな?

345 :この子の名無しのお祝いに:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:OwSgxsID
なんで以外なのか

346 :この子の名無しのお祝いに:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:miSopxbY
勝新・雷蔵以外で三隅映画によく出てる俳優といえば?

347 :この子の名無しのお祝いに:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:AyKcUYe+
若山

348 :この子の名無しのお祝いに:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:5ygCgeKx
天知茂

349 :この子の名無しのお祝いに:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:OnXLjVp4
志保

350 :この子の名無しのお祝いに:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:VFFgp05T
作製社會式株映大

351 :この子の名無しのお祝いに:2013/09/05(木) 03:59:19.19 ID:g86R+VsY
本郷功次郎(大菩薩峠、釈迦)
伊達三郎

352 :この子の名無しのお祝いに:2013/09/05(木) 18:16:56.73 ID:jQm8jQhP
「銭形平次捕物控 美人鮫」での羅門光三郎の扱いに泣いたw
あの方、戦前や戦後直後では主役や準主役のポジションだったのに。

353 :この子の名無しのお祝いに:2013/09/05(木) 20:22:34.72 ID:ZeXMiY4R
羅門光三郎と羅生門綱五郎は同じ人ですか?

354 :この子の名無しのお祝いに:2013/09/08(日) 15:10:04.53 ID:UxGXsSXt
毛利郁子

355 :この子の名無しのお祝いに:2013/09/14(土) 22:38:13.98 ID:LUypflUv
脇役なら
加藤嘉、江幡高志

356 :この子の名無しのお祝いに:2013/09/24(火) 01:34:57.79 ID:4IbeagKx
また今年も9月24日が巡ってきましたね

357 :この子の名無しのお祝いに:2013/09/28(土) 19:34:27.72 ID:EazVBlHs
>>356
座頭市を見たよ。血煙り街道。
いつも泣かされる。

358 :この子の名無しのお祝いに:2013/10/10(木) 22:13:22.86 ID:4i2XQXVs
時専で大菩薩峠OA

359 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/04(月) 13:26:32.02 ID:aBt5Z8QG
必殺仕掛人第四話、最高にカッコ良かったです。

360 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/28(土) 13:11:58.00 ID:bjcF9+9L
大みそかは剣三部作でも見ようかな?

361 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/29(日) 09:39:16.85 ID:qlSeEJhm
斬る 静か過ぎる
剣鬼 佐藤と一緒に行けよ
剣 プライド高すぎ

362 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/02(木) 20:17:11.14 ID:+03wr0Oo
桜の代紋
大滝秀治があり得ないぐらいの悪役演じてるのにびっくりした

363 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/02(木) 22:30:52.29 ID:ORKfFqrx
無印必殺仕置人の最初の悪役が秀治だったな

364 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/25(土) 12:25:01.30 ID:Cs/XMPZ3
座頭市
・血煙り街道・・・言うまでもなく最後の殺陣に尽きる
・喧嘩太鼓・・・殺陣の音楽いいね
・あばれ火祭り・・・キャストの豪華ぶりが素晴らしい

365 :この子の名無しのお祝いに:2014/02/13(木) 12:10:22.10 ID:dDEK2KJp
剣鬼いいね

366 :この子の名無しのお祝いに:2014/02/13(木) 16:33:35.56 ID:Ixt9xtjS
「女系家族」「婦系図」
文芸映画も上手いね
市川崑なんかと比べても娯楽に徹してる分見やすくて面白い

367 :この子の名無しのお祝いに:2014/05/12(月) 21:08:13.98 ID:AKTKYvfA
age

368 :この子の名無しのお祝いに:2014/05/20(火) 23:46:51.52 ID:bcG1MTDP
「斬る」
子連れ狼や必殺よりいい
大映だと溝口、市川崑レベル

369 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/17(火) 00:04:59.64 ID:SGBhJ4Ex
森田富士郎氏死去 「大魔神」「利休」撮影監督
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140616000014

http://fbcdn-sphotos-g-a.akamaihd.net/hphotos-ak-xfa1/t31.0-8/10296429_777183115637182_644971609488152661_o.jpg

370 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/17(火) 00:39:22.45 ID:5UlVUnpT
亡くなられたか
監督の勝新さんと衝突したこともあったとか

371 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/18(水) 11:38:59.08 ID:XSLbcQW2
三隅〜あの世三隅〜
あの世三隅ブラインドはあ〜

372 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/03(木) 01:36:04.91 ID:HtiuXQU+
三話演出を担当した『おらんだ左近事件帖』  BSフジで放送中
一つは放送しちまったけど

ttp://www.bsfuji.tv/top/pub/orandasakon.html

373 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/24(木) 03:19:50.11 ID:Sb31/POE
『木枯し紋次郎』唯一の監督回「和田峠に地獄火を見た」(脚本・菊島隆三)
ラストの長楊枝垂直射出に意表をつかれた

374 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/23(土) 13:52:18.73 ID:OzfgEaCa
おらんだ左近事件帖
三隅らしいのは三本のうち一本だけだった

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)