5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

黒澤の傑作★「八月の狂詩曲」について語ろう

1 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 17:00 ID:OdQvcj3p
この映画好きな人いませんか?
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。

2 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 17:04 ID:ZAOnWFcS
正直、あの子供達ジョン・ウェイン知らないと思うのだが・・

3 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 17:07 ID:iBMf5Oyk
>>1
ラストのシーンは映画史に残る。泣いちゃったよ。
でもあのシーン撮るのにヘリコプターをあのお婆さんの役者さんの
前で飛ばしたらしい。
こういうところもさすが世界の巨匠・黒澤監督って感じ・・・

4 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 17:20 ID:fjPuQVER
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=813568

5 :この子の名無しのお祝いに:04/06/20 22:27 ID:/Tv6f0yK
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。
説教くさいとか、ケチつけたい人は他でやってくださいね。

6 :この子の名無しのお祝いに:04/06/21 09:44 ID:h8m3DpUm
ドナルド・リチー氏はこの映画の眼と原爆のミックス・シーンを批判してた。
想像力が貧困って。

7 : :04/06/21 14:55 ID:xuae4lPW
教育映画でしょ、これ。

8 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 02:50 ID:V0Q/Lpxn
原作のがよっぽどいい。
『まあだかい』も無惨。
これを「傑作」というのは黒澤に逆に失礼でわ。


9 :百鬼園:04/06/22 04:18 ID:WZx+gx0Y
>>8
『まあだかい』でしたっけ?

10 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 04:51 ID:kge4qU7Q
『もういいよ』
と比較すりゃ大傑作

11 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 05:47 ID:9RTzezig
この映画の本質は少女漫画なんだよ。

七人の侍や用心棒を見る目で見ちゃダメ。

12 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 05:52 ID:tuKwBCnN
>>9
「まあだだよ」では?

13 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 15:02 ID:yYsOnRon
リチャード・ギアが出てただけ。

14 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 16:05 ID:vZwEu/t1
デーモン小暮が絶賛していたぞ。


15 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 19:57 ID:4q8z/r7G
まだまだだよ

16 :8:04/06/22 23:30 ID:V0Q/Lpxn
あ、スマン。
百鬼園せんせの「会」と間違えた。
逝ってくるョ……。

17 :この子の名無しのお祝いに:04/06/22 23:58 ID:YekQPcco
寓話なんだよ。
それがわからない人が変なこといってるね。

18 :この子の名無しのお祝いに:04/06/23 12:56 ID:lsgxm4Yt
1はこの映画のどこをもって傑作ちゅうのかちゃんと書けば。

19 :この子の名無しのお祝いに:04/06/23 19:26 ID:yOf2pPh7
この映画一回二回観ただけだと駄作としか思えないけど、数を重ねてはまってしまうと、
恐ろしい影響力を持っている。一時期は観るたびに感動で全身が熱くなったな。どういう
メカニズムか解説は出来ないけれど、決して凡庸な出来のものではない。

20 :この子の名無しのお祝いに:04/06/23 21:28 ID:33Ay7Fo3
この映画はいーとことわるいとこと混在してるね。でも見終わったあと
すっきり爽やかだよね。
いーとこは(ry
わるいとこは(ry
ってことさ。

21 :この子の名無しのお祝いに:04/06/27 01:38 ID:f0VZxoiL
珍品。

22 :この子の名無しのお祝いに:04/06/27 01:48 ID:0fSLA03u
リチャード・ギア「アリと共演するのは嫌だ」

23 :この子の名無しのお祝いに:04/07/30 08:06 ID:RR1TuUBX
高校の頃初めて観たとき、ちいっとも駄作だと思わなかった。この映画の率直さと
真面目さを軽蔑するか否かで、この作品の見え方は変わってくる。

24 :この子の名無しのお祝いに:04/07/30 10:01 ID:9EsRBhpt
外国人記者
「南京大虐殺やパールハーバーのエピソードも入れて
                     バランス取るべきだ」


いいねえアホは

25 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 12:45 ID:WUfz5oLt
私はこの映画にエキストラで参加しました。
校庭で遊ぶたくさんの子供らの一人です。
あの小学校は私の出身校なのですが、
小学生の夏休みのときに撮影しました。
特に雨が降ってるわけでもないのに空模様にかなりこだわりがあるみたいで、
エキストラはみんな校舎で待機してたんですが、
一日目がだめ、二日目もだめでやっと三日目に撮影がされました。
三日ともエキストラ全員にお弁当やジュースアイスなどが配られ、
小学生だった私にもとても充実した日々でした。
当時プリティーウーマンのヒットで絶頂期だったリチャードギアも来てて、
女の教師が「サインねだったり喋りかけたりしたらだめ」と注意してましたが、
自分はちゃっかりツーショット写真とってて職員室に飾ってました。

最近また吉永小百合の「長崎ぶらぶら節」にエキストラで行ってみたんですが、
みんな朝早くから待機してるにも関わらず弁当も何も一切なしで、
待ち時間の間のフォローもなしでした。
ここで思った。
エキストラのフォローにも手を抜かない黒澤映画ってホントすばらしい!

26 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 12:50 ID:WUfz5oLt
補足ですが、
あの小学校は今はまだ在りますが、
もうすぐ少子化に伴う統廃合で、無くなります。
寂しいな〜。

そういえば今ちょうど原爆週間でタイムリーな映画ですよね。
私はこの映画でおばあちゃんちの「田舎の家ののどかな夏」
という雰囲気が大好きです。
そうめんのCMに出てきそう。

27 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 13:53 ID:BYNkDpbt
いい経験されましたね。
チット裏山市ですw



28 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 15:56 ID:nmOh3nJO
あのシーンの子供たちが出てくるのはちょっとわざとらしいんだけどね
黒澤監督の意図は非常によくわかります。
対位法的効果を狙ったんでしょう。
一発の原爆で命を奪われた子供たちとの対比。

いや、別にわざとらしくてもいいんですよ。
黒澤監督の祈りの気持ちが十分伝わってくるいいシーンです。


29 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 15:59 ID:nmOh3nJO
あのジャングルジム(撮影用に作った奴)も取り壊しですか?

30 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 16:03 ID:rA6eqw+Q
黒澤の映画の大半は嫌いだけどこの映画は好きという人いる?

31 :この子の名無しのお祝いに:04/08/03 17:47 ID:WUfz5oLt
あのジャングルジムは撮影終了後にすぐどこかに持ってったみたいです。


32 :この子の名無しのお祝いに:04/08/09 06:53 ID:mu2iSsL6
この作品、観ようか見舞いか迷っている。
スレが伸びてないって事は、作品の出来はいまいちってこと?



33 :この子の名無しのお祝いに:04/08/09 13:31 ID:fKQODzsc
こんなに素晴らしいとは思いませんでした。★★★★★
まじめな真摯な態度が画面いっぱいに広がっている映画だということです。
ちょっとの揺らぎもなく、遊びというか、変な下心のあるような映画ではないということです。
はじめのうちは「雷が落ちて心中した二本の杉の木」の話を聞かせれても子供たちは都会っ子、
ましてや生活スタイルは欧米様式、夜の怖さ、自然の恐怖は知りません。
基本はこの自然の恐怖にあると思うのです。
そして人間のいろいろな意識の衝突や出会いをさまざまな人を介して、いろいろな
角度から描写することで夏の彼岸前後の出来事をまとめて見た感じの映画なんですね。
老人の女性の一生の思い出がつづられる感じで関係ないようで
ひとりの日本人の戦後の生き方、さらに戦後を問わず日本人の女性の感じ方をうまく
子供たちを使って描いております。
最後に「幽体分離」するシーンを象徴的に描いてますが
(私はそう思っております)この辺は監督うまい。
孫たちが間に合うかどうか、とはらはらしながらみているのですが、そこに
シューベルトが流れます。なぜシューベルトか、わからないのですが、
それは薔薇がおばあちゃんだからでしょう。
「野中のバラ」これはおばあちゃん。
これで8月9日の日に孫が見たようにおばあちゃんはあの世でおじいちゃんに
出会えるでしょう。
そしてお兄さんにも。

この孫達がおばあちゃんを一番理解でき、アメリカ人も理解できたことが
とても美しい、素晴らしいドラマだと思います

http://dvd.e-provider.jp/asin/B00006RD6F.html

34 :この子の名無しのお祝いに:04/08/09 13:34 ID:fKQODzsc
今日見たんだけど
黒澤明の八月のラプソディー
日本の風景・田舎
戦争・子供・大人
アメリカ・日本
音楽
とにかく最高だから・・・。
http://64.233.167.104/search?q=cache:4Ig5Mpu-OTIJ:tar.seesaa.net/article/57073.html+%E5%85%AB%E6%9C%88%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC&hl=ja&lr=lang_ja

35 :この子の名無しのお祝いに:04/09/10 14:37:43 ID:MD+gJhrz
滝つぼで子供が水浴びをするシーンがあったと思うのですが、
ロケ地はどこだかご存知の方いらっしゃいますか?
黒沢作品は風景が心に残る事が多いです。

36 :この子の名無しのお祝いに:04/09/10 19:11:02 ID:dLH3KzBp
>>35
静岡県のどこか知らないが
「浄蓮の滝」
隠し砦にも登場したらしいよ。

37 :35:04/09/11 09:34:24 ID:Jo3e6H/9
>>36さん
ありがとう!すっきりしました。

38 :この子の名無しのお祝いに:04/09/11 14:36:16 ID:VSehZwcq
ギア「タイの滝のーぼり!」

39 :この子の名無しのお祝いに:04/09/11 22:16:42 ID:4X+H476p
この映画のラスト見て、黒澤監督ってやっぱスゲーと再認識した。
ああいうことできんの黒澤さんだけだと思う。

40 :この子の名無しのお祝いに:04/09/12 03:32:03 ID:UB9ZZxTB


               目

41 :この子の名無しのお祝いに:04/10/08 22:15:54 ID:/q6mzrPQ
あのデーモン小暮が一番感動した映画らしい。

42 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 00:58:40 ID:iqNv2uAC
金のかけすぎ。
どですかでんみたいな味わいがほしかった。

43 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 01:41:53 ID:MlLHKTXh
中原昌也もこの映画が好きらしい。

44 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 13:31:28 ID:7mLveM8f
>金のかけすぎ。

この映画の場合適切な予算っていくらぐらいなの?



45 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 16:01:17 ID:u5TkjJq/
>>43
中原って黒澤映画好きなの?

46 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 19:32:02 ID:MlLHKTXh
>>45
これと「どですかでん」「夢」の3本だけは好きらしい。モノクロ時代の作品は
全部嫌いだとか言ってた・・・どこまで本気か分からないけど。

47 :この子の名無しのお祝いに:04/10/23 22:52:53 ID:u5TkjJq/
>>46
中原って映画の趣味変わってるもんな。
シャマランが大好きとか平気で言うもんね。
まあ俺もシャマラン好きなんだけどね。
黒澤映画では「夢」が一番好きなんだけど人前で言うと
「え?そんなの好きなの?」って言われるから
「用心棒」が一番好きだってことにしてる。

48 :この子の名無しのお祝いに:04/10/24 00:16:07 ID:HvVK4xic
タルコフスキーに対するオマージュ映画。
特にノスタルジア

49 :この子の名無しのお祝いに:05/01/11 16:54:12 ID:IQXhUdg3
http://www.movie-faq.com/main-169.html
八月の狂詩曲(ラプソディー) (1991)
Rhapsody in August: 名無シネマさん :02/03/06 02:17 ID:ELlE5t1G
とっても恥ずかしい質問なんですが 「8月の狂詩曲」の最後で雨の中を走りますよね?
あれってどう言う意味ですか?


50 :この子の名無しのお祝いに:05/01/19 03:12:54 ID:KwjGN8U2
>>43
青山真治も大好きらしい。

51 :この子の名無しのお祝いに:05/02/20 16:40:45 ID:vadwjvoj


52 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 01:33:08 ID:Iw60uzey
ハリウッド映画に渡辺謙が出演してパールハーバーのことを英語で謝るみたいなもんか

53 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 02:21:42 ID:WvkRG/LK
あのジャングルジムってどうなんでしょ?
リアリティある?(モノ自体は作りモノらしいが)
戦時中、一般家庭から兵器作るのに鍋釜を供出させた時代にジムって・・・。
初日に観ましたがずっと疑問です。

54 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 04:57:08 ID:zh4vi+x3
>パールハーバーのことを英語で謝るみたいなもんか

映画ちゃんと見た?
原爆投下を謝ってはいないんだけどね。

>リアリティある?

あなたは「シンボル」という意味わかりませんか?

55 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 05:03:35 ID:1ga/my7N
>パールハーバーのことを英語で謝るみたいなもんか

これ不思議だね。
原爆投下を謝ってると受け取る人が少なからずいるな。



56 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 13:49:57 ID:F0EnijmU
人の話をきちんと聞けない人っているから。

自分の先入観で解釈して相手の言葉を自分の中で
捻じ曲げてしまうんだな。

57 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 14:27:13 ID:PLlAYcAO
>>49
話につまると王蟲がおしよせてきてヒロインが生き返るでしょ
あれですよ

58 :この子の名無しのお祝いに:05/03/03 14:30:56 ID:qXmEKbVo
これ最初見たのは小学生だったけど怖かったな・・・。
子供が無邪気に笑ってるシーンとかでも
田舎特有の薄気味悪い恐ろしさに
原爆の恐怖が重なってあの目が頭から離れられなった。
そして最後の終わり方にボーゼンとなった。
アレで終わりかよ、と。

59 :この子の名無しのお祝いに:05/03/04 18:09:00 ID:TCAKYb/0
クラークの問題の台詞。
「おばさん、長崎の人、なのに私たち気が付かない。
私たち悪いです。私たち悪かった。」

悪いといってるのは
おばさんが長崎の人だから
原爆のことでアメリカに対し複雑な感情があるであろうことは
容易に想像できたのに、そのことに思いが至らなかった
自分達の無思慮に対して。

60 :この子の名無しのお祝いに:05/03/06 18:49:13 ID:8DuW4Lkd
ギアは日系にみえないんだよ
そもそも日系人にわびてもらって嬉しいか、ばーさん

いっとくが長崎への投下は軍事的には必然性はなかった
ソ連の参戦にびびったホワイトハウスがあわてて落とさせたのだ

とはいうものの、この映画の反戦思想は正直かなりあやういところがあると思う
戦争はしょせん行為でしかない
そして行為というものは、行為を行なう主体があってうまれるものだ

清太や節子がいかにむごい死に方をしたとしても
それは原理的に反戦思想にはなりえないのだ
アフリカの土人のガキどものポスターをなんぼはりつけても
それは気の毒という感情以上のものはうみだせない

61 :この子の名無しのお祝いに:05/03/07 22:29:29 ID:kNQZ0b3P
まぁ、E.H.エリックみたいにどう見ても日本の血が見えないハーフもいるしなぁ。

62 :この子の名無しのお祝いに:05/03/08 10:54:15 ID:Vqi2PNkJ
日本語が『戦メリ』のろーれんすよりへたな日系二世

63 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/25(月) 15:07:56 ID:NFNugRc+
どうみても黒ン坊にしか見えないが
英語は全くしゃべれない日米混血児もいる。

「ホテル」というTVドラマに出てた女は母親は日本人だが
そういう風には見えなかったな。

>それは気の毒という感情以上のものはうみだせない

そこから何かがはじまるのではないの?

64 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/11(水) 03:30:30 ID:BozhcpM5
二本の杉の木のとこでいきなりガバッ

「そう来るか・・・」と思ったよ


65 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/11(水) 15:22:45 ID:ua+qtxXR
>そもそも日系人にわびてもらって嬉しいか、ばーさん

だから、原爆投下をあやまってるわけじゃないんだって。

自分達の無神経さに対しての謝罪。

66 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/11(水) 17:19:47 ID:99ZxSaCe
よかとですよ

67 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/11(水) 22:18:30 ID:DDcjXPia
この映画ラストシーンをほめる人が多いけど
「倶会一處」のシーンの薔薇の花を見つめて
微笑みあうクラークと信次郎
これが、マイベスト。

68 :この子の名無しのお祝いに:2005/05/16(月) 04:02:00 ID:8jeJGNao
リチャード・ギアが日系人に見えないという意見があるけど
ギアの顔ってよく観ると東洋的な顔立ちしているよ。

69 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 10:19:49 ID:2fsqMm/O
おばあちゃんの料理がマズくて食べられない子供達のシーンが妙に印象的

観る人によって感じ方は違うんだろうけど何かが心を打つ作品だと思う
うまく説明できないけど

たださんざんガイシュツだが、俺もラストシーンをどう解釈していいのか分からない

70 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 11:30:55 ID:YbHaCjfP
>>69
後期黒澤独特の、技術的・現場的には何か凄いことをしているしロケも丁寧だしカネも掛かっている
のだが、見せられる方は反応に困ってしまう映画の1本。

「これ全部作ったのかよ、このロケセットは凄いなあ」とか「この夜の情景は綺麗だなあ」
とか、上にもあったが天気待ちまでして絵を作ったのかすげーとか、そういう場所しか見所がない。
後は劇中は夏だけに、出てくる女の子のブラ透けとか、そんな所ばかり見てました。

正直、にっかつ児童映画の監督・スタッフなら、遥かに低予算で的確な映画を
造ったことだろう。

もちろん何か、何かに胸を打たれることは事実なのだが、このわからなさこそ
が魅力ということか?

71 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 13:21:56 ID:2fsqMm/O
>>70

そうなんですよね
その「何か」が自分でも分からない

72 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 18:38:00 ID:M53u/dWP
童(わらべ)は見たり、野なかの薔薇(ばら)。
清らに咲ける、その色愛(め)でつ、
飽(あ)かずながむ。紅(くれない)におう、野なかの薔薇。

逆向きに開いた傘は薔薇の花。
薔薇の花は、おばあちゃんの亡き夫への思い。

その前にいろいろ伏線はってあるし
そんなに意図不明な演出なのか?
あのラストシーン。
むしろ意味がよくわからないという人がいるのが不思議。

よくこの映画で聞く、変な感想に
「アメリカ人が原爆投下を謝るはずがない」というのもあるけど
本当に映画見てるとは思えないな。

73 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 18:42:38 ID:w6wzdQWt
おれはラストシーン見るたび涙が止まらないけどな
おのおばあちゃんは亡きうちのおばあちゃんそっくりだし
しかも長崎出身。いろんなことがだぶってしまう・・・

74 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/30(木) 18:44:30 ID:CQCoPBZ3
>出てくる女の子のブラ透けとか、そんな所ばかり見てました。

同士よ!
君と握手。

75 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/01(金) 19:25:06 ID:d49OGjYa
>逆向きに開いた傘は薔薇の花。
薔薇の花は、おばあちゃんの亡き夫への思い。

こういう暗喩がわからない人はどうしても出てくるだろうね。
野薔薇の文語体の歌詞を直感的に理解できない人もいるだろうし。

76 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 04:12:22 ID:fF/fdRUI
やっぱりラストなんだね。この映画は。俺もあのラストにはゾクッとした。
でも俺はそういう意味の暗喩には感じなかったな。

あの風は原爆による突風で、傘は婆さんの心。
婆さんの中にリアルに残っている原爆当日の心象を表現しているように感じた。

77 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 13:47:16 ID:ygun42mC
ヒーローインタビュー、スペーストラベラーズと並ぶ
人生のワースト3の一本。
不愉快な映画は多々あれど、画面を見ることに羞恥心すら
覚えたのはこの3本だけ。

78 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/20(水) 22:49:01 ID:cUJ4FPwM
>77
ふ〜ん。。
そうやってカッコつけるのもいいけど
結局、何が言いたいの?

79 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/21(木) 04:54:32 ID:x64h/WLn
>>77
おれは「免許がない」だったがな。人生最悪の映画は。
映画とも呼べんよあんなもん。
見て以来、舘ひろしまで嫌いになっちまった。

あと周防監督の作品もどうかと思う。
モノが変わるだけで中身は全部同じ。

80 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/23(土) 21:37:16 ID:V0lacWPb
子供達のセリフが凄く不自然なのが気になった。

81 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 21:37:13 ID:LJa1bt8Y
吉岡「長崎や秩父ロケで、ごはんとか、ずっと一緒に食べてたし、俺たちって、仲良かったよな。
でも、俺、北海道とか九州とか、地方ロケが多いんだ。なんか知らないけど田舎顔なのかな。」
鈴木「やっぱり!?」
吉岡「ナニ〜!」
鈴木「ウソです。九州の人とか、北海道の人とかやさしいでしょ。
  お兄ちゃん(吉岡)はそういう人だよ。」
伊崎「合宿は楽しかったけど、寂しい恐いとこでしたね。」
大寶「泊まったところが山の中だから、霊とかいるらして、霊感が鋭いお兄ちゃんとかみなちゃん(鈴木)が逢ったね。」
吉岡「そう。いろいろ逢ったけど、恐い話はやめよう。恐いから。」(笑)
大寶「クランクインしてすぐ、私が風邪ひいちゃって、みんなにうつしちゃったんだよね。ごめんなさい。」
伊崎「みなちゃんだけひかなかったよね。」
鈴木「日頃の行いってやつ!?」

82 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 21:38:09 ID:LJa1bt8Y
吉岡「長崎や秩父ロケで、ごはんとか、ずっと一緒に食べてたし、俺たちって、仲良かったよな。
でも、俺、北海道とか九州とか、地方ロケが多いんだ。なんか知らないけど田舎顔なのかな。」
鈴木「やっぱり!?」
吉岡「ナニ〜!」
鈴木「ウソです。九州の人とか、北海道の人とかやさしいでしょ。
  お兄ちゃん(吉岡)はそういう人だよ。」
伊崎「合宿は楽しかったけど、寂しい恐いとこでしたね。」
大寶「泊まったところが山の中だから、霊とかいるらして、霊感が鋭いお兄ちゃんとかみなちゃん(鈴木)が逢ったね。」
吉岡「そう。いろいろ逢ったけど、恐い話はやめよう。恐いから。」(笑)
大寶「クランクインしてすぐ、私が風邪ひいちゃって、みんなにうつしちゃったんだよね。ごめんなさい。」
伊崎「みなちゃんだけひかなかったよね。」
鈴木「日頃の行いってやつ!?」

83 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 21:39:39 ID:LJa1bt8Y
伊崎「風邪もつらかったけど、ボクは、監督のするどい視線に緊張した〜」
鈴木「私も。」
吉岡「みんな、監督のパワ〜には圧倒されたよな。
オレが苦労したのはオルガン。なかなかひけなくてさ。
ほかの3人はオルガンとか習ってたのに、引く役が引けないオレだもんな。『野ばら』と♪ジャジャジャジャ〜ンっていうのと、『猫ふんじゃった』の大特訓。
『猫ふんじゃった』は、しんちゃん(伊崎)が教えてくれたね。」
伊崎「エヘヘ」(と照れ笑い)

84 :この子の名無しのお祝いに:2005/07/26(火) 21:41:26 ID:LJa1bt8Y
吉岡「それと、しんちゃんには饅頭投げられたな。
たみちゃん(大寶)には突き飛ばされて、みなちゃんにはタックルされて、おかあさんには頭たたかれて、一応、ボクからだ張った演技したね。(笑)。でも、一番痛かったは、たみちゃんの突き飛ばし」
大寶「ごめんなさい。でも、アレは、、、、」
吉岡「突き飛ばされて尻餅ついたところが、ちょうど切りみたいなのがでててさ。そこで背中打って、セリフが出てこなくなっちゃって、声が裏返っちゃって『ちょっと待ってよ〜』だって〜」(笑)
鈴木「アレよかったよ。そこらへん、じっくり見て欲しいですね。」
吉岡「イヤ、あそこは流してみて!!」

85 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/06(土) 07:14:13 ID:hkpK8/++
誰か「>>81-84は出典を示せ」とか
指摘しないのかよ?
もう十日もたってるぞ…

話は変わるけど、「黒澤監督が軽薄な現代社会
(「平成の世の中」と言ってもいいが)を舞台に映画を撮ったんだなぁ」
と、まずはその勇気に感動しました。
内容についても、私は、いい映画だったと思います。

86 :この子の名無しのお祝いに:2005/08/06(土) 16:39:24 ID:VZ9jrWXN
>>85
どっかの掲示板にも貼り付けてあったけど
POTATO?とかいうアイドル系の雑誌に載った映画公開時の座談会らしい。

マジメをダサいとかいう感覚の人には受け入れられない種類の映画だけど
いかにも黒澤監督らしい真直ぐな視点で作られた気持ちのいい映画です。

リリィなんとかという表面上おしゃれを装って、不快なだけの中学生が
出てくる「リアル」な映画よりずっといいですよ。

87 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 07:04:48 ID:gXEXGxag
良い映画だと思うよ。もっともコアなファンにしか理解されないかも知れないが。

88 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 07:37:59 ID:AkAXDKim
なんでこの映画ってオープニングが松竹なの?
松竹製作ではないと思うけど?

89 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 15:54:15 ID:IFwL0EBi
なにが驚いたって、大寶智子が「おおはまともこ」じゃなくて「おたからともこ」だったこと。

90 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 01:50:23 ID:DGXu4ZB8
「八月の狂詩曲」は、黒澤のフィルモグラフィの中で大傑作とは言わないが、
十分佳作と言っていいと思う。



91 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/31(月) 01:59:52 ID:+4VeI6WE
子供たちの衣装がダサい

92 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/27(火) 10:01:00 ID:oI5242og
原作は面白かったよ。
映画は井川の演技で興ざめした。

93 :この子の名無しのお祝いに:2006/01/29(日) 02:55:43 ID:7hzCgTI0
メイキング映像に黒澤監督が撮影現場で書いた絵コンテをベテランスタッフが
若いスタッフたちに見せている場面があったんだけど、明らかにそのスタッフたちが
「下手糞な絵だな」みたいな表情をしていた。
見ててちょっと悲しくなったよ。


94 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/19(日) 06:39:25 ID:sMD8id97
明らかにいびつなのになぜかさわやか。もう一度みてみよう。

95 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/20(月) 01:16:13 ID:nVSoT4uS
長崎の再現シーンがなかった。

96 :この子の名無しのお祝いに:2006/03/20(月) 19:47:07 ID:hdF+GIFn
【winny】黒澤明の未発表の作品が流出http://news18.2ch.net/test/read.cgi/editorial/1142731497/

97 :ななしスクリーン:2006/04/25(火) 21:02:43 ID:Wfry9dzd
「どですかでん」と並ぶ異様なパワーの作品だよな・・
黒澤作品を順番おって見ていけば理解できるんだけど
いきなり見た人は違和感を感じるんだろうね。



98 :この子の名無しのお祝いに:2006/05/23(火) 02:23:47 ID:462kPf7x
黒澤伝説

「羅生門」
・雨に墨汁を混ぜて映像に凄まじい迫力を加える。
・世界で初めて森にカメラが入り太陽を撮影。
・屋根瓦を作るために焼きあげた瓦の数が4000枚、その1つ1つに「延暦寺十七年」と年号を刻む。
「生きる」
・市役所のセットに軽トラック3台分もの古い書類を運び込む。
・新品の壁、小道具に至るまで靴墨で汚しリアリティを出す。
「七人の侍」
・新人の俳優に歩くだけで朝から夕方までNGを出す。
・水車小屋を燃やすシーンでは4回も水車小屋を作り直す。
・地面を花で埋め尽くすために4tトラック15台分もの花を2週間がかりで植える。
・撮り直しの出来ない雨の戦闘シーンでは世界初の試みマルチカメラ方式で撮る。
・百姓の衣装を一旦土に埋め何日かして取り出しそれを束子で擦って古びた感じを出す。
・日常生活で衣装のどこが磨り減るかを再現するためにスタッフに家では衣装を着て生活するように指示。
「蜘蛛巣城」
・弓道の有段者数人を使って本物の矢を一斉に三船敏郎めがけて射さす。
・石油を細かく噴出させるアメリカ軍の特殊兵器で大量の霧を発生させる。
「どん底」
・衣裳部屋に古今亭志ん生を招き、役者とスタッフに「粗忽長屋」という古典を聞かせる。
「隠し砦の三悪人」
・3台のカメラを並べたリレー方式の画期的な撮影方法で戦闘シーンを撮る。
「用心棒」
・世界初の斬殺音、人体切断、血糊。
「椿三十郎」
・白い椿を黒く塗ることでモノクロでも赤く見せる。
・アフレコ時にも役者に衣装と日本刀を身につけさせる。
・茶室の狭さを出すために望遠レンズで撮る。
・椿屋敷の実物の木に2万個の造花を10日がかりで結ぶ。
・リハーサルの段階から役者は本物の日本刀を腰に差す。
「天国と地獄」
・撮影の邪魔になる民家を取り壊させる。
・エキストラの数を倍に見せるために壁を全部鏡張りにする。
・特急こだまを貸し切り8台のカメラを別ポジションで同時に回して撮影。
「赤ひげ」
・たった20秒の雪のシーンのために麩3000本と発砲スチロール250キロを使用。
・三船敏郎は白黒映画にも関わらずリアリティを出すためにヒゲを赤く染める。
・開ける予定の無い薬箱全てに本物の薬を入れる。
「デルス・ウザーラ」
・サーカス用のトラの眼が死んでるからと野生のトラを捕獲させる。
「乱」
・嵐のシーンを撮るために台風が来るまで何ヶ月も待つ。
・燃やすために4億円かけて城を建てる。
・5秒のワンカットのために9ヶ月もかける。

99 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/05(水) 21:54:02 ID:wqoLVE0Q
トリビアage

100 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/05(水) 22:47:46 ID:7uMfHL9U
100げっと?
蜘蛛巣城で本当に矢を射ったって、作り話じゃないか?ありえね〜

101 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/05(水) 23:24:50 ID:5uTEsqRS
見ていて痛々しかったという点では「ヒーローインタビュー」と双璧。

102 :この子の名無しのお祝いに:2006/07/15(土) 00:54:55 ID:e7yApsb2
デーモン小暮がこの映画に感動した理由の一つとして
幼少時代、広島に住んでいたからと言ってたな。

103 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/02(水) 21:35:42 ID:q+Nc0Tfm
この映画の純真素朴さ、童話のような絵本のような、
いやそれ以前の、画帳に描きつけた夏休みの日記
のような出鱈目さ、幼稚っぽさ。
ゆえに話は脈絡がないし、人物描写はデッサンが狂
っている、まことにいびつな作品である。
だが、そこがいい。
世界のクロサワが、童心に帰っている。

104 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 00:40:28 ID:qLQGYrkO
見るにふさわしい時期が近づいてるのであげ。

この時期に見たので、結構真面目に見れて色々考えさせられたな。
退屈なシーンも多いけど、最後まで見ると何か心に残るもんがある。
俳優目当てで見たつもりが、思わぬ拾い物。
とにかくおばあさんが、抜きん出て良い。リアル。

105 :正論派 ◆KtKsDuZC0Q :2006/08/08(火) 03:53:45 ID:dhuKBcYE

なんか批判も多いけど、そもそも黒沢をエンターティナーと見る時点で間違っていると思う。
で、アーティストと見るのも間違っていると思う。
アーティストにしては映画界を変えようってまでの意気込みは、どう贔屓目に見ても彼からは感じられないし。(結果論は別。あくまで志の問題で。)
で、僕は思う。
彼の場合、単なるオタク(偏執性)と呼んだ方が適切なんでは?と。

観客は黒沢の偏執振りを楽しめば宜しいだけでは?
何かのメッセージや面白さを期待するだけ無駄だと思う。

オレは「乱」や「夢(はじめの二本)」が好きだった。
評価する人間は少ないけれども、あの映像美は誰も作り出せないものだと思ったし、これは誰も否定出来ないと思う。
こういう楽しみ方もまさしく「映画」だと思うんだけどなぁ。

106 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 04:59:47 ID:7D3PqnyO
>>100
ほんまですぜ
撮影現場の記録写真もある
もっとも、三船さんより2〜3メートル離れたところに射ち込ませたらしいが

107 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 05:00:56 ID:7D3PqnyO
>映像美は誰も作り出せないものだと思ったし、これは誰も否定出来ないと思う

否定します。書き割りの映像美なんてつまらない。

108 :正論派 ◆KtKsDuZC0Q :2006/08/08(火) 06:30:32 ID:dhuKBcYE
>>107

>否定します。書き割りの映像美なんてつまらない。

困ったなぁ。
困ったちゃんに説明するのは面倒だけど、もう一度きちんと読んで。
オレは「誰も作り出せない映像美」だと言ったまでで、それを「誰も否定出来ないだろう」と言ったまで。
「その美しさを理解しない人間は居ない」とか、「その映像美に価値を認めない人間は居ない」とか言った訳ではないよ。
あくまで独創(パイオニア)技術(撮影技法)としての観点で語っているだけ。

どうしてかなぁ?
黒澤に限らず有名監督アンチのレスは日本語を解さない人間が多いんだよなぁ。
黒澤(有名日本人)が世界的な映画監督だから気に入らない→日本人の功績は認めない→日帝が居なければ我が韓国は、、、って論理と似ているよな。
日本語を理解してくれないのも同じだし。



109 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 16:10:30 ID:ychlrpnb
書き割りは舞台の背景画のことだけど
107は理解できてるのかなw


110 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/08(火) 19:41:55 ID:KQYvOJrp
単に「書き割り」という言葉が専門家ぽく聞こえるから
使っただけでしょう。

意味を理解して使ったとは思えん。

111 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/14(月) 03:26:35 ID:CjF5Xg5v
今見終えた
なんとも不思議な映画だったな。。。
始めのシーンで寝むくなりそうだったが何故か最後まで見れた
と言うか魅せられた。
ホント不思議な映画だ。。。

112 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/25(金) 21:41:23 ID:XokmypFH
映画は3,000本程度しか見ていませんけど、
見苦しい映画を一本挙げよと言われればこの作品ですかね。白痴向けでしょう。

113 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 22:30:14 ID:eYm0QEcZ
どのあたりが白痴に向いているのかわからない。
白痴はもっと映像的にわかりやすい面白さを求めるだろう。
まあこの作品は黒沢に興味がない人にはおすすめ出来ないのは事実。

114 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 23:29:07 ID:3rBXXCZk
黒澤が白痴になって撮った作品だからこそ価値がある。
詩人というのはある意味、白痴なのだが、この映画は
黒澤の詩人としての側面が最も露骨に表れているという
意味で、白痴であり詩的であり比類なき絵本のような映画
になっている。
黒澤=リアリズムの巨匠という先入見を捨てないとこの
映画の美しさは分からない。

115 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/26(土) 23:41:40 ID:rIZ8xhi8
>黒澤=リアリズムの巨匠
アクション映画監督に誰もこんなことは思ってないからw
チャンバラを撮ってればいいのに年を取ってエンタメから離れてグダグダになっただけ。

116 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 03:15:27 ID:wqE+AmQi
>>115

ハイハイ
さようなら。

117 :この子の名無しのお祝いに:2006/08/27(日) 03:22:57 ID:yRRch2I0
>>チャンバラを撮ってればいいのに

黒澤は「チャンバラ映画」なんて一本も撮ってないよ。

118 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/13(水) 06:31:52 ID:jEKG/Zw8
Youtubeにこの映画の予告編が置いてあった。
ttp://youtube.com/watch?v=roxp-YA4OAI

映画本編自体は好きな人、嫌いな人と意見も分かれるだろうが
この予告編だけは満場一致で「つまんねー」となりそうだ。

119 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 03:32:33 ID:hMXJaM5n
「生きる」は大嫌いだけどこれは好き。大島渚では「日本春歌考」がベストなのと似ているような。
言いたいことを詰め込んだ挙句、清順ばりのムチャクチャさに達した趣き。


120 :この子の名無しのお祝いに:2006/09/14(木) 07:09:23 ID:TwvzONrL
劇場公開時から既に何度も観ているが、当初は失敗作と
思っていたが、何度も観ている内にある意味で黒澤の
達観の境地が窺い知れる、佳作だと思います。

121 :この子の名無しのお祝いに:2006/10/07(土) 00:20:33 ID:HcgxnZA0
細部が突出し、要約不可能ないびつな感触を残す。
黒澤の新境地とも言える怪作。

122 :この子の名無しのお祝いに :2006/11/08(水) 20:48:48 ID:S7wc673+
半分ボケてるんだけど、子供たちに語り掛けるときに元教師らしい身振り素振り
を垣間見せるところがいい

123 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/02(金) 16:25:10 ID:b9UmuoCQ
アカデミー特別名誉賞を撮った後にこれを撮ったのが凄いよ
AERAとか当時ボロクソに言ってたけど俺は黒澤監督を改めて尊敬した

124 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/03(土) 21:09:28 ID:fGCdvgd3
これとか「生きものの記録」は反戦メッセージが強いから敬遠され気味だけど
映画として観てずいぶん面白いと思うんだけどな
「7人の侍」だって左翼映画なんて考えずに普通に楽しめるだろ?


125 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/05(月) 00:04:36 ID:LDdsAF+T
ギアの役、蛭子さんでも良かったと思う。

126 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/07(水) 19:34:54 ID:VWavlij0
86歳の婆さんに水ぶっ掛ける発想がすごい
カンヌで招待じゃなかったら主演女優は村瀬ばあさんだったに違いない

127 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/08(木) 07:44:58 ID:06EBPiOv
>>126
86歳ってほんと?

128 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/08(木) 14:51:57 ID:evXj8tHm
これはラストに流れる野ばらの児童合唱がいいんだな

129 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/12(月) 04:30:58 ID:l0pq9LAD
この映画観て以来、
強風で傘の裏表がひっくりかえると

「わーらーべーはーみいたありー」

の歌が頭ん中でリフレインするようになってしまった。

130 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 08:58:25 ID:RStq7CFL
この前、あらためてビデオ借りてきて見たんだけど、いいねぇ〜この映画。
黒澤の晩年の映画って映像美による「体験」なんだよな。

131 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 21:51:56 ID:X2K3AbZn
ブラジルとかソ連とか世界各地から犠牲者を追悼するオブジェが送られているのにアメリカが無い。
「当たり前じゃないの。原爆を落としたのはアメリカなんだから」
随分とストレートなことを言ってくれて、これがドナルドリチイには面白くなかったんでしょうね。
このセリフ、映画館で見たとき拍手してた奴がいた。
そいつは右なのか左なのかと考えたけど、どっちもいるなと思う。
しかし映画のあと、アメリカのどこかから慰霊碑を贈ってきたそうで、
長崎市が黒澤に感謝の手紙をよこしたらしい。
大臣でもだめなことを黒澤なら実現できるのだなと感心してしまった。


132 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 23:24:59 ID:l6Qv/q5W
>>131
>これがドナルドリチイには面白くなかったんでしょうね。
そうなんでしょうね、アメリカ人にはまったく不評だったようです。
ただ香港や中国人にも不評でしょうね。黒澤はエライ、でもこの映画でアメリカ人
や中国人の原爆の見方を変えられなかったのが残念です。

133 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/13(火) 23:34:49 ID:x5pg6r1Q
映画館で見た、普通に好きな映画
夏休み従兄弟たちと雑魚寝とか綺麗な田舎の風景とか、
衝撃のラストwも好き。

134 :この子の名無しのお祝いに:2007/03/19(月) 02:43:29 ID:1bVqkKcT
ツインピークスよりは好き。

135 :この子の名無しのお祝いに:2007/05/09(水) 10:15:21 ID:AXG/u+Nw
十代のころに観て以来、久々に見返した三十郎です。
傑作でした。
なんとなく、わけのわからない力のある映画だったなあということは
覚えていたのですが、それが何に支えられているのか、
見返していろいろ気づきました。

気づいたことを全部あげるときりがないのですが、
とりあえず小道具の使い方がすごくうまくて、無駄がないのに感心しました。

曲が変調してゆくオルガンとか、
蟻の行列が登ってゆく花とか、目玉の絵とか、
わざわざ映画のために作成させた溶けたジャングルジムとか、
黒澤清の「カリスマ」に出てくるような不気味な木だとか、
ラストシーンのおちょこになる傘とか、
それ自体でもすごく力を持っている絵なんだけど、
ドラマ全体の流れとシンクロするように、
全部計算ずくで配置されてました。

被爆体験そのものはすごすぎてとても画面に写すことができないから、
いろいろなオブジェとか自然現象を原爆のメタファーとして
画面に詰め込んであるのですね。
(「生きものの記録」と同じ)

一見ものすごく地味な映画なので、表面的な地味さに気をとられて
見過ごしてしまうところがたくさんありますが、
きちんと読み込んでいけばすごくいろいろなことを語ってくれる映画だと思います。

136 :この子の名無しのお祝いに:2007/06/24(日) 19:52:33 ID:e/yxD8aZ
ハンス・ユルゲン=ジーバーベルグはこの映画を映画史上ベストテンに挙げてるね

137 :この子の名無しのお祝いに:2007/06/24(日) 22:15:26 ID:pkNxz3nu
原爆を描くとアメリカの電波に操られてる人々から評価されないんだよな
「生き物の記録」もこれも過小評価されてる
そしてそのように評価されるであろうことも映画の中で語ってるよね
日本人に掛かっている政治的バイアスを俯瞰的に見ることが出来ないと評価がぶれそうな映画


138 :この子の名無しのお祝いに:2007/06/30(土) 03:15:12 ID:dKT+uz7f
百円でキネ旬買ったらこれのシナリオが付いてた
ラッキー

139 :この子の名無しのお祝いに:2007/07/16(月) 03:51:03 ID:V8NkzlU7
DVDで初めて見てみたけど、不思議な映画だ。
途中までクソつまらない筋書きなのにちゃんと見させるし、
最後のブラックユーモアを思わせるわらべはみたり……
また見なきゃならなくなった。今日はもう寝るが。

140 :この子の名無しのお祝いに:2007/08/29(水) 05:48:32 ID:3dWYzqOM
昨日、初めてDVDで見ました

全体として反戦を訴える映画なのかな?
にしては、雷が落ちて心中した杉の木だの、河童だの
あまり関係ないエピソードもあったりで・・・
結局は・・・いろいろあった夏休み、ってことでいいかな?
最後に強風の中みんな走るシーンは、私もわけがわかりませんでした。

ボロクソに言うつもりもないが、ものすごく感動したってわけでもない。
なぜだか、いろんなシーンが頭の中に残っていて・・・
なんというか・・・いろいろ思い出しながら考えてしまう
ちょっと他にはないタイプの変わった映画だった。

141 :この子の名無しのお祝いに:2007/08/29(水) 05:50:29 ID:otsA+mnW
豆乳首

142 :この子の名無しのお祝いに:2007/08/29(水) 09:57:25 ID:FqQ7+adz
あの戦争末期に小学校の校庭にジャングルジムがあるのはおかしい。

143 :この子の名無しのお祝いに:2007/08/29(水) 10:05:41 ID:tujR4UtZ
黒澤は清々しい程に大真面目。
さすがの映像感覚。
原作も面白い。
ただし井川はじめ大人達の演技がわざとらしすぎて
傑作になりそこねている映画。
ファンタジーだからこそリアルな演技が欲しかった。

144 :この子の名無しのお祝いに:2007/08/29(水) 21:03:58 ID:KrkOkqfs
>最後に強風の中みんな走るシーンは、私もわけがわかりませんでした。

童(わらべ)は見たり、野なかの薔薇(ばら)。
清らに咲ける、その色愛(め)でつ、
飽(あ)かずながむ。紅(くれない)におう、野なかの薔薇。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/nonakano.html
だよ

信次郎がクラークと一緒に薔薇の花を見て微笑むシーン
信次郎がクラークとおばあちゃんの握手を見て
「ぼく、なんだかとてもいい物見た気がするよ」も
ラストシーンへの伏線、というより
ラストシーンはこれらを集約して再現してみせて
くれるわけです。

おじいちゃんを助けるために暴風雨の中
飛び出したおばあちゃんの思い。
それは「反戦」とかそういうイデオロギッシュな主張とは
無縁な純粋な「思い」です。

風でおちょこになった傘は薔薇の花のメタファーであり
薔薇の花は「思い」のメタファーです。
この映画に、「反戦映画」なんて
無粋なレッテル貼りはして欲しくないです。

145 :この子の名無しのお祝いに:2007/08/29(水) 21:11:16 ID:KrkOkqfs
>雷が落ちて心中した杉の木だの、河童だの
あまり関係ないエピソードもあったりで・・・

この映画では
「見る」ということが非常に強調されてることに
気付きませんでしたか?

『八月の狂詩曲』は、展開上の唐突さはともかく、
全編を通じて、見えるものと見えないもののコントラストが
見事に描かれています。

しょうがない発言と八月の狂詩曲 佐藤清文
http://eritokyo.jp/independent/sato-col0093.html

146 :この子の名無しのお祝いに:2007/08/31(金) 12:02:27 ID:x6u6DKK5
なんか・・・”おばあちゃんとおじいちゃんを結ぶものがバラ”という
布石を見逃してしまったみたいでふ・・・。
どおりで、アリの行列が花まで続いているのは何だったんだろ?な訳です。

>全編を通じて、見えるものと見えないもののコントラストが
>見事に描かれています。
見事に描かれているハズのものが、全く見えなかった俺・・・気合が足りんかったか・・・。

ところでこの映画、長崎や広島の人が見ると、特別に感慨深いものがあるのかなぁ

147 :この子の名無しのお祝いに:2007/08/31(金) 16:26:31 ID:DrXbfsqE
ラストシーンで信次郎が頭から水溜りの中に
突っ込んでいって、再び立ち上がって走り出すところに
2回目の「童は見たり」の歌詞がかぶさる様に
編集されています。
「野薔薇」には2番の歌詞もあるのに一番の歌詞を
あえて繰り返しで歌わせています。
このあたりにも、黒澤監督が
「童は見たり」を強調してることがわかると
思います。


148 :この子の名無しのお祝いに:2007/08/31(金) 22:14:33 ID:vwCNIk5M
今日で八月も終わりだね

149 :この子の名無しのお祝いに:2007/09/01(土) 06:22:51 ID:rfIOoBLF
「7月のランデブー」との関連性は?

150 :この子の名無しのお祝いに:2007/09/02(日) 01:04:45 ID:ifZuxGWu
>この映画に、「反戦映画」なんて
>無粋なレッテル貼りはして欲しくないです。

何を勘違いしてんだか?・・・

151 :この子の名無しのお祝いに:2007/09/02(日) 03:09:19 ID:QofoqE+s
>>148
まだ観てないから八月に観ればよかったな
来年か

152 :この子の名無しのお祝いに:2007/10/09(火) 14:39:38 ID:qTiKzLEs
今まで見た黒澤映画の中で寝てしまったのはこの作品がはじめて

153 :この子の名無しのお祝いに:2007/10/25(木) 04:46:15 ID:/rmmAGC+
劇場で見た最初の黒澤映画だけど、
映像がとても綺麗で印象に残るシーンが多かった。
特に最後の雨のシーンなんかはよくわからないが涙が出てしまった。
周りの人たちも泣いてる人が多かったな。

154 :この子の名無しのお祝いに:2007/10/28(日) 16:21:00 ID:Fw3b0/Rn
>なんかはよくわからないが涙が出てしまった。

言語化できなかっただけです。
あなたは十分にわかっています。

155 :この子の名無しのお祝いに:2007/11/01(木) 03:52:32 ID:W6m+SWqR
原作でも孫がハワイに行きたいって言ってるの?

156 :この子の名無しのお祝いに:2008/01/07(月) 19:16:24 ID:boZrZ1S6
村瀬ばあさんはこの2年後に地方巡演中に急死されたんだってね
黒澤が水ぶっかけた時に亡くなってたらもっと伝説になってたなぁ
当時86歳だって・・・すげぇ

157 :この子の名無しのお祝いに:2008/02/02(土) 21:23:52 ID:vdSAauvJ
今日見た
自分がお婆ちゃん子だったので最初の婆ちゃんの作った飯を子供達に拒絶されるシーンや
ハワイ行きたいがために担がれる姿は見ててつらかったな
中盤の拝金主義の家族を叱るところも小気味良かったが
最後のあのシーンは感動出来ないばかりか傘が裏返り音楽がなった瞬間に何かガッカリしてしまった・・

158 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 00:57:20 ID:YCspbeW+
>>123につきるな。
スタンディングオベーションで名誉賞もらった直後に
「アメリカからの慰霊碑はないんだね」だもん。
喧嘩売ってるとしか思えない。
普通の感覚じゃできないよ。
コッポラとかルーカスから大金もらって、
影武者みたいな日本人にしか理解できないようなの作っちゃうところもすごいけどさ。

159 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 03:24:03 ID:i/SWZ9Kw
>喧嘩売ってるとしか思えない。

映画全部見てないんだね。

160 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 03:25:42 ID:i/SWZ9Kw
>喧嘩売ってるとしか思えない。

映画全部見てないんだね。

161 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/16(日) 22:05:44 ID:WbEoWCME
>>158
チョンは黙ってろこのカスが。

162 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/17(月) 23:31:47 ID:cnPZtBSS
>「アメリカからの慰霊碑はないんだね」だもん。
喧嘩売ってるとしか思えない。

アメリカのこと憎んでたのは昔の話。
今は好きでもないけど嫌いでもないと
おばあちゃんが言ってるよ。

163 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/18(火) 21:37:10 ID:1Z0Mf46w
>>159-162
ちょっとでもアメリカ批判のスメルがすると反発する輩
なんなの?こいつ

164 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/18(火) 21:58:26 ID:NRz7Lh2O
>>163
チョンはくたばれ。このカス野郎が。

165 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/18(火) 22:05:52 ID:1Z0Mf46w
アメリカ批判したら(別にしてないが)チョンにさせられちまう理由がわからないんだが

166 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 09:23:01 ID:xGgqdWab
高校の時この映画をリアルタイムで見てとても感動して、
黒澤という監督に興味を持つきっかけになったと同時に
映画というものの素晴らしさを改めて教えてくれた作品だ。


167 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/19(水) 16:26:01 ID:XL/bx/72
この映画
孫たちは「最初」、単純におじいちゃんを殺したアメリカが憎いという
反応をする。

むしろ、それに対しておばあちゃんは、諭す立場。
「戦争でアメリカ人も沢山死んだ」
昔は、アメリカを憎んだ事もあるが、今は違うと。

>喧嘩売ってるとしか思えない。

そういうのをきちんと見てたら
「喧嘩売ってる」ようには見えないが。

この映画はそういう憎しみの連鎖を断つことも
願ってるのにね。


168 :この子の名無しのお祝いに:2008/03/20(木) 02:59:03 ID:RgEVrWGO
>>164
いつもの奴だからスルーしろ。

169 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 18:39:29 ID:t6w6cMTV
黒澤好きならラストシーンはたまらんはず
ホームドラマ風味でもやっぱり雨降るのかと
婆さんでも走らすのかと



170 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 19:53:48 ID:s52c6hlJ
淀川先生「失敗ですね、最後の傘がひっくり返る所はいいけど、お説教が多すぎた」

同意のあまり禿げあがってしまった俺。

171 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/05(月) 20:52:55 ID:60kVaBVM
>>161>>164

なんでこいつアメリカの立場に立ってキレてるんだ?

172 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/06(火) 15:58:40 ID:8N2za+IA
淀川先生は嫌いじゃないけど、時々的外れな批評もするからな。

この映画って黒澤映画の中じゃ、別に説教臭くないけど。
淀川は「まあだだよ」は誉めてるんだよな

それだと、矛盾するよなw

「八月の狂詩曲」で説教くさいといってたら
「生きる」とか見てられないぞ。

「八月の狂詩曲」でケチつけるとしたら
シナリオの構成だろ。

173 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 21:39:40 ID:UyZJ9XMv
>>172
170が間違って書いてるね。
説明しすぎだってことは言ってたけど、説教多いなんて言ってないよ。
まあでも俺はそんなことは気にならなかったし、
素直にいい映画だと思ったけどね。



174 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/08(木) 22:36:52 ID:585MWbPl
要は彼にテーマを語らせると、観てる方が気恥ずかしくなるような作品が出来上がるという事。

175 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 01:46:20 ID:nmKfOIpY
俺は見てて気恥ずかしいなんて全く感じないね。
まあ感じ方は人それぞれだが。

176 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 08:00:08 ID:dMkq4E/x
見てて気恥ずかしいのは美しくとか日曜日とか

177 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 09:50:25 ID:BbJlFrAh
>>176
「素晴らしき日曜日」は、最後の場面は観ているほうが気恥ずかしく
なるけれど、映画全体としては一日の出来事なのに山あり谷ありで、
「ローマの休日」に似て、大いに愉しめる佳作だと思う

178 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 11:13:46 ID:t8BbY9Wn
ラスト、中北千枝子が観客に向かって話し掛ける有名なシーンは敗戦間もないあの頃の中では斬新なものだったんでしょう。当時のお客さん達は驚き、感動したに違いありません。
それぞれの時代に応じて映画の表現スタイルは変化していくもので、ましてあの頃を体験していない自分などにとっては想像上の世界。「日曜日」に限らず70年代以前の邦画は、ちょっと頭をリセットして観るようにしてます。

179 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/09(金) 18:51:39 ID:6js31x6n
>敗戦間もないあの頃の中では斬新なものだったんでしょう。

表現手法が斬新というよりもね

この映画を見ている観客達も似たような境遇だったんだ。
この映画で描かれてることは君たち若い人にはフィクションでしか
ないのかも知れないが、この映画の公開された時は
まぎれもない「現実」だったんだよ。

黒澤はそういう「現実」の中で生きてる若者たちを
励ましたくてこの映画を作ったんだと思う。

その思いが、あのスクリーンの向こうの観客への呼びかけに
なったんだ。

表現手法ではなく何を伝えたようとしたのかを
感じ取れないと映画を見る意味がないよ。

こういう映画を見る場合は、頭をリセットするよりも
当時のことをもっと知ることでより理解が深まる。

180 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/10(土) 12:11:45 ID:YE8lSA4J
↑いったいおまいはいくつなんだよ。出ましたお約束の知ったかぶり イカスぜぃww

181 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 22:24:08 ID:nSqfiy1X
何か小学生の作文読んでるような映画だな。私家板ならともかく、金とって見せるようなもんじゃない。

182 :190:2008/05/20(火) 04:35:38 ID:6htFt3GZ
675 :うんこまん:2008/05/19(月) 15:43:30 ID:nSqfiy1X
>>673
http://www.vixunu.net/geboimgs/unko2.jpg


Son of a bitch! You're MOTHER FUCKER!!

意味わかるかな?わかんねえだろな…


ガキ


676 :この子の名無しのお祝いに:2008/05/19(月) 16:21:16 ID:nSqfiy1X
>>673
きさまはメルヘンもといメンヘル板がお似合いだぜ さっさと逝け隣のベッドのババアとオメコでもしてろこの糖質120%チンポの我慢汁野郎


ID:nSqfiy1Xは真正の基地外。

183 :この子の名無しのお祝いに:2008/09/19(金) 20:41:19 ID:o96G2M/H
あげ

184 :この子の名無しのお祝いに:2008/11/02(日) 17:13:37 ID:kmpA7XMu
アリの撮影の待機でリチャード・ギアが激怒したそうだが、実際にどのくらい掛かったのかね?

185 :この子の名無しのお祝いに:2008/11/02(日) 23:20:35 ID:/5K7QT4H
>>184
時間待ちが長くてうんざりしたという程度だよ。

アリが列を作るようにアリエキスを用意したんだが
地面にしみこんで、効果なし。
コンクリートで地面の下を固めて
しみこまないようにとか
いろいろ大変だったみたい。

186 :この子の名無しのお祝いに:2008/12/05(金) 04:35:54 ID:83ZuQIU0
スタッフいわく「アリ地獄」

187 :この子の名無しのお祝いに:2008/12/06(土) 01:40:18 ID:HIQ3t3Md
アリで怒ったギアも撮影後フィルムを観て、
「こんなに素敵に僕を撮ってくれたのか!さすがクロサワだ!」と歓喜したそうだ。

188 :この子の名無しのお祝いに:2008/12/06(土) 18:15:48 ID:6WPIkwW4
>>187
ギアが不満だったのは、
撮影時に黒澤が自分を見ずに
エキストラの方ばっかり見てたからだよ。

普通の監督ならエキストラは助監督まかせだけど
黒澤は普通じゃないのでw

189 :この子の名無しのお祝いに:2008/12/06(土) 23:21:15 ID:mhm8FEYD
大スターのギアそっちのけでエキストラのほうばっかり
見てたいうのを聞いて、
黒澤さんはやっぱり凄い監督だなと思ったね。

190 :この子の名無しのお祝いに:2008/12/07(日) 07:15:21 ID:9rHXJqvk
ギアをエキストラで使えば良かったんだな。

191 :この子の名無しのお祝いに:2008/12/10(水) 15:59:20 ID:rrPO4UP2
撮影のとき今更役者同士の芝居なンぞ見ないよ。と。
赤ひげ のガキ死にそうなシーンなんか
音声の横顔観てたら
ホロっと泣いたのでOK出した、とか逝ってたな。
そこに至るまでテッテ的にリハしまくっての事だろうがね。

誰だっけHWスターが 
「兎に角俺なんだ!皆俺だけ観てくれ!こんな俺を!」
って病人集団だHWは・・・と言ってたなw
ギアもまた然り。

192 :この子の名無しのお祝いに:2009/01/17(土) 17:31:49 ID:oKzJjPn6
この前初めて見て結構よかった 単なる反戦映画というより世代間の戦争認識とか物の価値観の違いを一番描きたかったんだろうか
公開当初はリチャードギアが謝るシーンが誤解されたりカンヌで批判的な発言した評論家がいたとか、かなり賛否両論だったみたいだけど
今IMDBとか尼のレビュー読んだら結構アメリカ人でも誤解することなく映画自体のできを評価するまともな感想が多かったな

193 :この子の名無しのお祝いに:2009/01/19(月) 00:36:31 ID:JEthn/IQ
お前ら巨乳中学生が出てれば何でもいいんだろ?おれもそれでいいと思ってるし。

194 :この子の名無しのお祝いに:2009/01/19(月) 04:34:29 ID:HWa/pynv
そんなのお前だけだろ。

195 :この子の名無しのお祝いに:2009/01/19(月) 19:40:49 ID:IkXnzD0e
鈴木美恵のことかぁ〜!

196 :この子の名無しのお祝いに:2009/01/19(月) 23:21:40 ID:HWa/pynv
この映画封切当時劇場で見た。
映像がとても綺麗で印象深く、特にラストのシーンは胸を打ったな。
良い映画だと思うんだけど、世間では評価が低いのがとても残念。

197 :この子の名無しのお祝いに:2009/01/20(火) 03:32:13 ID:RAztX/Wd
鈴木さんはファンが大いんだよ。
「夢」「まあだだよ」
遺稿脚本の「雨あがる」にも
ちょっとだけ出てた。

見学に来てたう山田洋次の
寅さんにも。

198 :この子の名無しのお祝いに:2009/01/20(火) 16:32:48 ID:3bb2SxTU
どこかで見たことあると思ってたら
パパはニュースキャスターの愛くんだったんだね。

199 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/07(土) 11:12:04 ID:2/bfyHnX
まあ、アンチ黒澤は在の人が多いからね。
羅生門が賞を獲った時もマスゴミの在が黒澤叩きに奔走したし、外国から黒澤のことを
取材に来たジャーナリストに黒澤の悪口を吹き込みまくったりと、その工作振りは目を
見張るものがあった。

200 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/07(土) 16:16:32 ID:cu9SrCcV
はっきりいって、この作品はどですかでんに次ぐ大駄作

201 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/07(土) 18:35:44 ID:kQc45yb7
>>199
普通の日本人は「目に余る」って表現しますよ

202 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/07(土) 23:39:09 ID:X/jMyWEy
この映画不当に評価が低すぎるな。素晴らしい作品だよ。

203 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/07(土) 23:44:12 ID:9PUXg5ZR
>>199
>>201
爆笑した。

204 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/10(火) 15:33:57 ID:A7AvAFlq
映画は、まったく原作と違ったものとなっていた。試写会をみた村田氏は、
「別冊文藝春秋」に映画の感想を寄せた。題名は次のように記されていた。

「ラストで許そう黒澤明」

嫁いだ娘を母親が見て、そのあまりにも無残な扱いに愕然としたが、
最後の数分間のシーンがあったことで、「まあ、いいか」と思うことにした、と言う内容であった。
主人公の老婆が激しい風雨の中を、雨傘を逆さにされながらも前へ進む姿を映したもので、
これは村田喜代子の原作には一行もない、黒澤明監督が創作した情景であった。

205 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/13(金) 16:00:23 ID:afT+s5+U
>>204
原作にある。
黒澤自身が映画にしようと思ったのは
その場面が絵になると思ったから
と言ってるんだから。

206 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/14(土) 02:13:43 ID:k+QCv4oF
>>205
原作を読んでから書け



207 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/14(土) 16:31:26 ID:XV8PCwKe
>>206
黒澤のインタビューを読んでから
書けよw

208 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/15(日) 00:38:51 ID:phXdDSsb
>>207
あいかわらず読解力もない上に勘違いも甚だしい奴だな、お前は!
黒澤が原作で絵になると思ったのは雨の中を孫たちがおばあちゃんを追いかけていくところだけ。
おばあちゃんが激しい風雨の中を雨傘を逆さにされながらも前へ進む姿は完全に黒澤の創作。
原作を読んでみろ、孫たちがおばあちゃんを追いかけて雨の中に飛び出していくところで終わっている。
ほんの数行だから図書館か本屋で立ち読みしても普通の人間ならすぐわかる。
で、自分が間違っているとわかったら、ちゃんと謝ってくれるんだろうな?
待ってるぜw

209 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/15(日) 02:16:58 ID:vlfs0J9j
つまり「村田喜代子の原作には一行もない」というのは
間違いと認めたんだな。
結構、結構w

210 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/15(日) 02:57:27 ID:Dsof6DpY
実に見事な読解力ですな

感服致しました

211 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/15(日) 13:03:58 ID:pH5EzFW9
>>208は面白い人だなw

212 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/15(日) 18:15:32 ID:FYJF+hWn
>>208
原爆については原作には一行の記述もない。
これならわかる。
確かに、ラストシーンも厳密に言えば
原作に一行の記述もないという表現は間違いでないのかもしれないが
黒澤の
「雨の中を孫たちがおばあちゃんを追いかけていくところが絵になる」
と思ったという発言の趣旨をよく考えれば
変だということに気づけよ。
原作にインスパイアーされて、あの映像が生まれた。
それを、「原作に一行の記述もない」と断言してしまうのは
おかしくないか?
原作の文章がなければ、生まれてなかった映像だ。
俺が言いたかったのはそういうことだ。

213 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/15(日) 22:03:13 ID:gJI/oRI3
原作に一行もないというのはカサがおチョコになっても雨の中を前に進むとこでしょ。
>>204はいつも黒沢スレに黒沢を中傷するネタを張り付けてるピンポンダッシュ。
>>205はいつもトンチンカンなことをいう人。
間違ってたらごめんなさい、だって、そっくりだから。

気になるから図書館いったとき調べてくる。
てか原作読んだ人ここには誰もいないのw

214 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/16(月) 01:47:30 ID:NoIMHnGn
決めつけて謝るとか訳わかんね。

215 :204:2009/03/17(火) 23:43:37 ID:WAfRnKPs
黒澤関係のスレに書き込むのは初めてだし、中傷する意図もなかった
文章はコピペしてきたもの。あやふやな情報で混乱させてしまってすまない

216 :この子の名無しのお祝いに:2009/03/18(水) 13:52:14 ID:v/Kfg+2/
>>212
>俺が言いたかったのはそういうことだ。

ワロタ、腹イテーwww

217 :この子の名無しのお祝いに:2009/06/27(土) 14:27:19 ID:LJ9M6ZCs
なんで婆ちゃんハゲてんの?
河童なの?

218 :この子の名無しのお祝いに:2009/07/18(土) 21:52:00 ID:f0IKgMG/
【黒澤明】一番美しく【女子挺身隊】

63 名前:この子の名無しのお祝いに[sage] 投稿日:2009/07/17(金) 19:55:50 ID:aqSu8efK
>58
そんなに役者に問題ないだろ?
問題なのは黒澤が勝手に付け加えた、アメリカ人が原爆の事を土下座するシーンの違和感に尽きる。


219 :この子の名無しのお祝いに:2009/07/21(火) 23:29:31 ID:SgaWb06K
64 :この子の名無しのお祝いに:2009/07/18(土) 22:58:00 ID:kb8bHmD2
>>63
土下座してるシーンなんてないですが。


65 :この子の名無しのお祝いに:2009/07/19(日) 20:14:48 ID:0wm5xU87
ネトウヨ用語だと「土下座」とは「過去の戦争で行った残虐行為を詫びる事」という意味です。


220 :この子の名無しのお祝いに:2009/07/21(火) 23:33:03 ID:SgaWb06K
66 :この子の名無しのお祝いに:2009/07/20(月) 01:08:10 ID:gyz/x8Z5
あのシーンは原爆のことを謝っているのではない。
おばあちゃんは長崎の人なのに、原爆で家族に被害を受けた人がいることに気がつかなかった。
そのことでアメリカにこだわりがあってハワイに来れないことに気がつかなかった。
それを謝っているのであって、原爆を落としたことを謝っているのではない。


67 :この子の名無しのお祝いに:2009/07/20(月) 19:54:28 ID:BhvEvWmp
アメ公がそこまで親切な解釈をしてくれるかねぇ…


221 :この子の名無しのお祝いに:2009/07/23(木) 09:27:42 ID:hz5+eI01
ありもしないシーンを捏造した挙句に、開き直ってこの言い草。
脳味噌も根性も腐りきってる。
日本人なら恥ということを知りなさい。


私が言いたかったのはそういうことよっ

222 :この子の名無しのお祝いに:2009/08/10(月) 01:40:44 ID:RA0HUJuV
HACHIのギアのポスターを見てこの映画を思い出した。
レンタルして見たけど、子供のころ見たから不思議な感じだった。
ギアが謝ってるシーンが子供心にもそんな簡単なものなの?と当時思ったが
>>220で納得できた

223 :この子の名無しのお祝いに:2009/08/11(火) 19:57:10 ID:hJZBCHZB
>>アメ公がそこまで親切な解釈をしてくれるかねぇ…

原爆投下自体を謝罪してるわけではないというのは
米人の評論家がいってるわけだが。

以前のWikipedia英語版では、
その原爆投下謝罪ではないという点も含め
作品の評価について
中立的な観点もしめされてのに
今はもっぱら、正義の原爆投下にアジアで残虐行為を働いた
日本人がなにをいうかという記述にされてるw

224 :この子の名無しのお祝いに:2009/08/11(火) 20:47:29 ID:KNl5Wzvt
リチャード・ギアのベッド作るのにソファ繋げてたけど、
彼は実は180センチくらいじゃないかな。
お婆ちゃんや子供たちとのシーンは楽しかっただろうけど、蟻は大変だっただろうね…

225 :この子の名無しのお祝いに:2009/08/23(日) 00:19:54 ID:idIztLIm
すごい、このスレ、5年にもわたって続けられているんですね。
飯田橋の映画館で「まあだかい」と2本立てで観てからもう16年くらいたつか。
あのラストシーンがまた観たくて、
今日、ゲオで娘のアンパンマン借りるついでに借りてきて観た。
そういえば、この映画を他の人はどう受け止めているのだろうと気になって
検索したら、ここにたどり着いた。
自分と同じ解釈をしている人がいないので、ちょっと意外。
あれは象徴性に富んだ映画だったと思う。
今度、時間のあるときに自分の解釈をここであげてみたいが、
批判をくらいそうだなあ。

226 :この子の名無しのお祝いに:2009/08/25(火) 01:14:25 ID:f5cj2lTG
「まあだだよ」

227 :この子の名無しのお祝いに:2009/08/28(金) 20:39:20 ID:g86sbl1Q
>>1
説教くさいとしかwww
戦争もそうだが、醜い大人とか
老人世代になるとまた普通になるみたいだが、中年はあさましか

228 :この子の名無しのお祝いに:2010/01/12(火) 21:53:39 ID:E0aI5N9q
台湾映画の「海角七号 君想う、国境の南」でのラストシーンでも「野ばら」
の歌が流れるけど「ハ月の狂詩曲」へのオマージュかな? 台湾では大ヒット
の「海角七号」だけど「八月の狂詩曲」の両方見た人、どれくらいいるだろうね。
今は亡き、黒澤明が「海角七号」を見たら絶賛したか、それともラストシーン
に「野ばら」が流れるシーンを真似られたと怒っただろうか?

229 :この子の名無しのお祝いに:2010/01/20(水) 04:36:44 ID:oX2VeMQc
横尾忠則が言ってたんだけど、おばあちゃん家の屋根にボール投げる場面は
美術スタッフが苦労して作った屋根を何とか映したくて急遽あの場面を入れたらしいね

230 :この子の名無しのお祝いに:2010/01/25(月) 17:23:26 ID:ccY4glYB
>>131
実は知らない人が多いんだけど、原爆投下前に
こんな非人道的な兵器を世界で最初に使う国にアメリカが
なってはいけないと反対してた議員もいるんだよ。

ところが実際に使われると、その人達は口をつぐんだ。



231 :この子の名無しのお祝いに:2010/11/20(土) 19:56:23 ID:F7X9VmGE
女の子が二人とも巨乳だって、最後のシーンまで分からなかった。(´・ω・`)

232 :この子の名無しのお祝いに:2010/11/21(日) 19:57:47 ID:Uavj20BI
鈴木は確かにデブ巨乳だが大寶はそれほど(ry

233 :この子の名無しのお祝いに:2010/11/21(日) 23:19:42 ID:M6Rh3+np
>>232
ラストシーンでは結構揺れていた。


234 :この子の名無しのお祝いに:2010/11/21(日) 23:59:06 ID:NHX+vMSV
黒澤明って、雨好きだよね

235 :この子の名無しのお祝いに:2010/11/22(月) 19:40:01 ID:re0xvVFZ
鈴木は最近CXの昼ドラで見たが大寶は最近見ない

236 :この子の名無しのお祝いに:2010/11/22(月) 20:47:18 ID:4Pb+0EOE
4人ともいまでも俳優業やってるんだよね

237 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/01(火) 14:53:30.19 ID:jG/di2M5
>>230
アヘン戦争をイギリスが起こすとき、実は議会でも大批判の嵐で、わずか
一票差で戦争開始が決定されたそう。反対党の議員は、
この戦争は我が国の歴史上の大汚点となるだろう、と涙ながらに演説した。

イラン占領の初期、CIAがイランで受刑者を拷問によって情報聞き出してるのを
たまたま見かけたFBI要員が驚いて、そのCIAを現行犯逮捕しようとした。
上役やらの政治的判断で無理やり説得、抑え込んだらしいけど。

どんな狂った時代でもマトモな人が居ないわけじゃない、と思うと、少し勇気づけられる。

238 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/06(水) 00:38:19.06 ID:ISGCqFsl
日本映画専門チャンネルでやってるね

ラストのお祖母ちゃんを孫が追いかけるシーン までは何となく分かるんだが、
傘がおちょこになった瞬間に「野ばら」が流れ出すと言う演出意図が当時から分からなかった
あれはどういうこと?

239 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/12(火) 22:08:58.26 ID:pQwN4r1q
>>238
あれがモチーフだろ。
あの絵を撮りたいがために、色々と付け加えた。
4人の子供も、原爆も、リチャード・ギアも。

240 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/13(水) 20:30:33.58 ID:LnaxK8Ep
>傘がおちょこになった瞬間に「野ばら」が流れ出す
「演出意図」とかそういう作為的な理に落ちるモンじゃなくて、
「この場面は映画になる!」っていう確信があっただけだろ。

241 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/14(木) 04:46:10.65 ID:MPCyzNLw
>>238
お祖母ちゃんが子供が見た野に咲く美しいバラだからだよ。

「見る」というのがやたらと強調されてただろ?

242 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/17(日) 18:25:44.75 ID:FTJEO188
何となくわかった。「ピカ」の話は、つまり使われてるわけね
黒澤のこの頃の映画って、なんか不思議な映画が多いな…

243 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/17(日) 20:03:35.93 ID:hkCgRG2m
ラストシーンの前ふりとして一番わかりやすいのは
子供たちがクラークとおばあちゃんの握手するのを見た後に
野ばらを合唱するシーン。



244 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/08(日) 18:18:11.65 ID:O7aoladC
みんな黒澤の映画だからブーブー文句言ってんだな。
これが大林宣彦だったらみんな納得で誰も文句言わん。

245 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/09(月) 00:25:30.30 ID:e1frxU72
大岡昇平と埴谷雄高の対談を読んでいたら、村瀬幸子さんの名前が出てきた。

246 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/10(金) 19:03:56.69 ID:MSj4LeGS
この映画ラストがいいね。カッコいいというか。
シューベルトの野バラが最高に合ってる。
ところで「夢」のスレってあるの?
狐の嫁入りとトンネルの話がトラウマ・・・。

247 :名無シネマさん:2011/06/13(月) 20:56:33.31 ID:9TXqUWeZ
この映画ってこの時期、これからの時期にかけて見るのにはもってこいだと
思うけど何気に平凡な日の夜、もしくは退屈な日に一人、部屋で見てると
全体的にもどかしい切ない気持ちになんない?
とくにあの子供とギアが滝で遊ぶシーンとかなんともいえない思いに
なる


248 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/18(土) 09:49:12.82 ID:3ddIFKIp
>>246
『まあだだよ』〜後期・晩年黒澤全般スレ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1119283138/

249 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/06/29(水) 01:23:06.78 ID:OqiCRptr
子供の言うことがなんていうか...
みてるこっちが恥ずかしくなる
黒澤明の中の子供はあんなのなのだろうか
これがなければかなりの傑作だった
ラストシーンはかなりすごい

250 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/08(金) 21:24:20.89 ID:RIYPQwvZ
>>249
大人のセリフもストレートだけどな。
あの映画は大人も子供も単純化されて描かれてるわけで
黒澤の子ども観がどうのこうのという事ではない。
きわめてクロサワ的な世界観。


251 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/16(土) 19:26:48.20 ID:YH59O0hc
http://www.youtube.com/watch?v=8f7Qyc_zvY4&feature=related
さて ここで初心者の皆さんへの日本実写特撮作品の徹底比較紹介の時間です これはチャック丸出しセブン セットとか以前に異常にクタクタした 「スーパーロボット」 の造詣が凄いですw やばいですw

http://www.youtube.com/watch?v=lNSxvVVcK14&feature=related
因みにこれはレオのロボット回です 空襲シーンが素敵ですね 映ってないがサーリン星の爆撃もあります 着ぐるみの構造 
格闘シーンすら特撮じかけで撮影され このレベルまでくると着ぐるみの殴り合いを超越して 格闘すらSF的です

http://www.youtube.com/watch?v=PIf8GpfYsEI
これはセブンの回です 別の意味で超越しちゃってます セブンスタッフが言うにはこのケツタイツは 「宇宙の帝王」 らしいです

http://www.youtube.com/watch?v=6FWhruogm18&feature=related
山脈地帯は金無い特撮の代名詞と言われますが この回は初代マンスタッフしては草っパラでなく山が一つ作ってあるという努力の回です 一つじゃ山脈としては寂しいという突っ込みは無しで
へっぴり腰マンスタッフにしてはクタクタ二人羽織とのしょっぱい格闘も帳消しにする快挙と言えます これでようやく底辺ながらミニチュア特撮だ

http://www.youtube.com/watch?v=_alei3M4fOU&feature=related
因みに適当なティガの回です 同じ山でもクオリティが違います その山一つでもマンに分けて挙げてw どうでもよいですがこの回は基地外テロジャミラの五百倍ぐらい悲劇的な話です 

http://www.youtube.com/watch?v=iCtvYLc33GE&NR=1
人気怪獣のクタクタアントラー回 ぎゃぁぁぁ 世界に日本の技術レベルが誤解されてしまう

http://www.youtube.com/watch?v=vjuNKLBw-Hk&feature=related
新マンは古い作品故まだ少し微妙ところが多いですが 十分世界に見せて恥ずかしくない日本特撮かと思います MATも活躍してます

http://www.youtube.com/watch?v=PfhhRp_EIYg&feature=related
とうとう原っぱですら無い荒地特撮来ました これは「近所の空き地」ででも撮影したんでしょうかw 
他の作品の恐竜と戦車のジャンク品を繋ぎあわせて作った恐竜戦車ですが他の作品だけあってセブンのクタクタタイツ星人よりかかなり良いです
棒立ち警備隊に何の存在意義も感じないのですが まぁ予算削減の為でしょうね ここまで酷い特撮レベルとなると 「来る所まで来た」 感じです 

http://www.youtube.com/watch?v=tq4pGSUGNGw
最初に豚鼻が乙女走りでかけよる場面からして吹き出します 草原だけでなく荒い木も植えてありますね 頑張りました 酷く幼稚な会話も幼稚園児とかには分かりやすくて良いと思いますよw
しかし敵も味方もへっぴり腰過ぎて直視してると眩暈がしてきます こんなへろへろした動きでは折角の巨大特撮が台無しです 

http://www.youtube.com/watch?v=j8CLzmth2UU&feature=related
相変わらず自主制作並です 特に伝説の何の加工すらしてない 「ドラゴン花火」 は無敵です 将来特撮系に進もうと思ってる人は間違ってもこんなふうに数千円の火薬浮かすために数百円の花火使っては行けません
数十年後まで失笑されることになります しかしこんな酷い戦闘シーンでどれだけグダグダ間延び尺稼ぎしてるんでしょう 監督は頭可笑しいんじゃねーんでしょうか

http://www.youtube.com/watch?v=B5gq0bJkars&feature=related
これを見てセブンでも底辺なりに頑張ってる所があるじゃないかと そう思ったのならそれは 

「大きな罠」 

です

http://www.youtube.com/watch?v=aMcxt8G-89Q&feature=related
一度でもまともな特撮を見ればそんなことは口が裂けても言えなくなります 余りに 「非常識に質が低い作品」 を見ると 「感覚が麻痺して」 脳みそが腐敗してくるのを実感して頂けたと思います

http://www.youtube.com/watch?v=03xPe7Nvyfs&feature=related
因みにこの回は前後編でも特別編でもありません セブン二十話分以上の金と労力がかかってそうなのは言わない約束です

http://www.youtube.com/watch?v=djtsbkwJHZo
因みに幼稚園児が自主制作したウルトラマンです 可愛すぎます 和みます 


252 :この子の名無しのお祝いに:2011/11/26(土) 22:47:20.76 ID:tHYMUYFm
意外と名作だよな

253 :この子の名無しのお祝いに:2011/11/27(日) 00:41:27.73 ID:rgtDVJhz
リチャード・ギアが出てきてから面白くなる
爺ちゃん死んでからは神展開

254 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/02(金) 20:29:39.51 ID:ApNQCgUB
捕手しときます

255 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/04(日) 20:51:06.30 ID:pbqa7rMO
遊撃手しときます

256 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/06(火) 16:41:22.92 ID:hPchtNsn
時間のあるときに是非観てみて下さい。 → http://www.youtube.com/watch?v=zWPAktCuzK4
ネットの中では、「マスコミが真実を伝えない」ということは周知の事実で、
「9.11」「パールハーバー」「南京大虐殺」「3.11」・・の捏造はかなり知られて来ました。
知っているという人も断片しか知らない人がほとんどだと思います。
このシリーズは、それらの「本筋」を非常に分かり易く表しています。
一切の先入観を持たずに観ることをお勧めします。

257 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/08(日) 21:53:47.37 ID:/iWRYjDM
佳作

258 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/10(月) 16:14:08.27 ID:j8LFxsgy
モウロクした黒沢の駄作

259 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/10(月) 23:42:51.38 ID:AI/iMFe4
駄作厨の嫌がらせ キタ━━━━━━\(^◇^)/━━━━━━!!!

260 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/11(火) 02:41:03.66 ID:+uy0BvHj
晩年の黒澤の傑作だね

261 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/11(火) 23:29:43.48 ID:Z9u9skvp
黒澤信者ってほんとキモイな。
こんな駄作、黒澤以外が監督だったら誰の記憶にも残らないほどのゴミのような存在。
団塊以上のオッサンで中二こじらせた奴って、自身が誰にも相手されないからか
こういう自分だけが評価出来る理解出来るって妄想出来ちゃう糞作品を語って
悦に入るの好きだよなぁw 傍から見るとほんと自己満の馬鹿www

262 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/12(水) 02:08:09.83 ID:wxUCf0ve
 涙目顔真っ赤の駄作厨の嫌がらせ

   /''⌒\
 ,,..' -‐==''"フ + . .*
  ゜(n‘∀‘)η .+ キタワァ!!

263 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/12(水) 07:11:09.93 ID:XAByA63L
>>261
ちょっと頼みがあるんだけどさ、鏡の前に立って、自分の目をしっかりと見つめながら、

「他の全員が黒澤信者なんだと思い込んで、『ただ一人のアンチである俺がみんなの目を覚まさせてやる!』と必死になっていたこの10年間は何の意味があったんだろう」

と、はっきりと声に出して言ってみてくれないか。

264 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/12(水) 22:57:30.19 ID:1vO8WjzN
>>263
それ、別のところに俺が書いたモンだし、
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1323665240/680
俺自身は「八月の狂詩曲」は大駄作だと思ってるんだが。

「他人が書いた‘自分を馬鹿にしてるレス’」を、自分宛てのレスとしてコピーする自演って、一体何の意味があんの?

265 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/14(金) 03:01:16.88 ID:jzndteRD
>>263->>264
いいから出て行け。あんたがいるから、みんなが出て行ったんだ。
黒澤作品を一本も見てないくせに「マスコミで有名なんだから傑作ばかりに決まってる」
と思い込むだけならまだしも、
気が狂ってるせいで、「盲目信者ばかりの中で俺だけがアンチなんだ」と勘違いし、
なおかつ、自分のことをアンチだと勘違いしているのもかかわらず、
一人で必死になってスレッドを維持しようとしている。
単なるキチガイではなくて凄まじい多重キチガイだし、
同じキチガイでも物静かなキチガイだったらまだマシなんだが、
一人で必死に喋りまくってるキチガイだったらみんなが逃げ出すのは当たり前だ。
みんなが逃げ出したのは、あんたに論破されたせいじゃないよ。
あんたが気味悪いから、その気味悪さに耐えられなくなって逃げ出したんだ。

266 :264:2012/12/14(金) 03:23:31.12 ID:4Y8KDpHj
>>265
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1323665240/687

267 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/15(土) 11:16:01.66 ID:RP/Rv/pO
>>266
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1148157645/904

268 :266:2012/12/15(土) 15:56:43.68 ID:QOboHeVs
>>267
http://pics.dmm.co.jp/mono/movie/adult/13tt013/13tt013pl.jpg

269 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/16(日) 12:48:43.54 ID:AyZvYfL2
>>268
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1148157645/904

270 :この子の名無しのお祝いに:2013/09/01(日) 13:53:54.92 ID:66STGIH7
age

271 :この子の名無しのお祝いに:2014/02/18(火) 00:56:45.29 ID:3e103Ogu
of innocence

272 :この子の名無しのお祝いに:2014/02/20(木) 23:58:04.23 ID:/ZaJEXO7
ずっと気になってた作品だが
レンタルDVDで見つからなくてずっと先送りになってた
けどhuluにあったから満を持して観たよ
見終わってamazonやここのコメを読んで余韻に浸ってる
今後は土砂降りとおちょこな傘を見るだけで野ばらが頭の中に流れそう

273 :この子の名無しのお祝いに:2014/02/21(金) 01:10:09.51 ID:wFbHZ5WE
大先輩の村瀬幸子にエラそうに演技指導してたな、黒澤の死にぞこないがw
あ、もう死んでたかw

274 :この子の名無しのお祝いに:2014/03/08(土) 06:08:54.67 ID:hZ/myGuj
>>273
ちょっと頼みがあるんだけどさ、鏡の前に立って、自分の目をしっかりと見つめながら、

「他の全員が黒澤信者なんだと思い込んで、『ただ一人のアンチである俺がみんなの目を覚まさせてやる!』と必死になっていたこの10年間は何の意味があったんだろう」

と、はっきりと声に出して言ってみてくれないか。

275 :この子の名無しのお祝いに:2014/05/08(木) 20:14:11.46 ID:jUYwA1R5
age

276 :この子の名無しのお祝いに:2014/05/24(土) 22:38:12.56 ID:U8GtJNxw
傘がバサッと裏返って野ばらが流れ出した時になんか爆笑しちゃったんだけど、俺の感覚ずれてるんでしょうか

277 :この子の名無しのお祝いに:2014/05/30(金) 22:18:50.00 ID:3BhHVxiH
その通り。
お前の感覚はずれてずれてずれてずれまくってるんだよ。

278 :田中寛治:2014/06/01(日) 07:49:27.47 ID:3peAQT5+
「報告書」
松之栄保育園
敦賀西小学校
松陵中学校
敦賀高等学校普通科
駿台予備校京都校(1987〜1988)
学生番号 M89199(大阪国際大学 国際経営情報学部 2期生)
自衛隊番号 ME39−225605P
「護衛艦もちづき」(1992〜1994)
1994 カナダ アメリカ パナマ メキシコ
「護衛艦あぶくま」(1995)
「舞鶴警備隊」(1996)
身長156cm

「黒澤明」監督の「乱」の「映画研修生」に選ばれなかった連中は未だに「乱」を観て
いない。3時間のノーカット版がある。

「原田美枝子」「宮崎美子」「隆大介」の出演シーンがさらに多いのだ。

279 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/04(水) 23:48:57.89 ID:UkwxMHfw
>>276
劇場で見た時は吹き出した

280 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/10(火) 00:26:24.69 ID:IahoUyL9
>>276
大林宣彦や五社英雄なんかはあのシーンで号泣したらしいね。
ああいう演出が出来る黒澤はやはり天才だな。

281 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/10(火) 00:49:06.38 ID:NASpaMZs
ラストで許そう、黒澤明
村田喜代子
ttp://umedayoon.web.fc2.com/esse/rasutode.htm

282 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/11(水) 15:33:22.98 ID:qZ/y5fK/
こんな超絶駄作すら傑作だの名作だの崇め奉る馬鹿が涌くんだから大したもんだな>黒澤
まぁ黒澤が関わってなけりゃ誰一人として記憶に留めもしない糞なんだけど。

283 :田中寛治:2014/06/11(水) 20:05:04.83 ID:VNsabSmn
「黒澤明」監督は「最高傑作は次回作。」と言ったそうだ。

「乱」で3時間バージョンの一般公開を要求した。
「東宝」首脳陣は拒否したのである。

「北大路欣也」の「空海」の例を出しても拒否されたのである。
「空海」は途中休憩を挟んだ長時間だった。

284 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/13(金) 03:21:45.07 ID:kDThu6Uw
>>282
可愛そうに。
この映画を超絶駄作とか言ってる人間に映画を語る資格はないよ。

>>280
同じ試写会で当時の海部首相ですら目を涙で真っ赤にして
感動してたのに、>>282は海部ほどの感性も持ち合わせていないらしい。

285 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/04(金) 18:37:34.75 ID:uJ4Veapx
小原保は台東区三ノ輪の映画館で『天国と地獄』の予告編を観て
「自分でもやれるんでは」と吉展ちゃん事件を起こして死刑。

名古屋の木村修治は劇場公開から17年後の1980年11月7日東海TVの
「ゴールデン洋画劇場」で『天国と地獄』を観て女子大生を誘拐して殺して死刑。

新潟の山川真也も『天国と地獄』を参考にしてデザイナー折戸紀代子さん
を誘拐殺害して捕まり、獄中自殺

『天国と地獄』がなければ被害者と加害者6人の命はなくならなかった

黒沢明は6人に謝れ!

286 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/04(金) 19:53:02.56 ID:NQ9v/w1k
劇場で一回みただけだけど
印象は強い
ラストはある意味衝撃w

287 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/05(土) 00:14:22.52 ID:NMDGeshq
小原保が台東区三ノ輪の映画館で観た『天国と地獄』の予告編
https://www.youtube.com/watch?v=IG2IEOMS_J4

288 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/08(火) 19:08:23.22 ID:oUTVgAQH
子役の男の子けっこう有名だったけど
いなくなっちゃったね
中学生くらいの色白ポッチャリの子は
その後釣りバカなんかで見たな

289 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/08(火) 19:45:50.77 ID:LorwrUyJ
下別府勇か

290 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/07(木) 23:32:30.15 ID:c8elxaCF
鈴木美恵子も結構知名度のある子役で小学生の頃は可愛かったけど中学くらいから
ポチャッとしだして、この映画以降もどんどん太っっちゃったんだよねえ。
数年前までチョイ役で出てたけど彼女も最近全然見なくなった。

291 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/22(金) 06:44:39.01 ID:HmJbcYwg
最後に野バラが流れるのはいいんだが、
一体なんであんなコメディタッチな伴奏と歌い方にしたのか。
曲はいいのに、あの「伴奏」と「歌い方」だけが全く場面にそぐわない。
変なところにこだわるようだが、自分にとってはこの映画でそこだけが頂けない。
オルガンまたはピアノの伴奏でオーソドックスに歌わせて欲しかった。
小学校教師であったおばあさんの記憶でも、そうなるはずである。

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)