5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

溝口健二監督 part.4

1 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/22(水) 05:22:26 ID:l3WZDbbl
溝口健二監督
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1079967752/
溝口健二監督 part.2
http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1156968122/
溝口健二監督 part.3
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1189735437/

2 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/22(水) 18:17:07 ID:S0w3aByY
とにかく早死にしたのが残念。
サタジット・レイと並んでほしかった。

3 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/22(水) 22:51:37 ID:rGyWVv7O
「むかしの歌」なんか溝口に撮ってほしかったな。
石田民三版とは違ったムードのものが出来たと思う。

4 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/23(木) 12:21:26 ID:RBYYb/3H
テレビドラマデーマを検索すると
香川京子はテレビ版「むかしの歌」に出てるね。
溝口健二監督、香川京子主演の「花ちりぬ」とか「むかしの歌」
なんか傑作になったかも。

5 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/23(木) 22:58:41 ID:0CNtNExh
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群
もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群もりや症候群

6 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/25(土) 23:06:24 ID:JYNXcFjT
浪速悲歌 祇園の姉妹 西鶴一代女 雨月物語 山椒大夫 近松物語
 
 この六つだな

7 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/26(日) 01:18:59 ID:NqcNiINE
>>6
その六つの上に
「残菊物語」

8 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/26(日) 03:32:50 ID:lKsSNZS5
浪速悲歌と祇園の姉妹に出てくるメガネのスケベなおっさん。
好きです。

9 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/27(月) 00:01:13 ID:DyCx8qft
>>6
「雨月」と「山椒」は素朴な寓話風の話でそれほどとは思わない。

浪速悲歌 祇園の姉妹 残菊物語 西鶴一代女 近松物語

 この五つ


10 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/27(月) 01:52:35 ID:FFhBNaxq
俺なら

滝の白糸 残菊物語 西鶴一代女 雨月物語 山椒大夫

だけどな  祇園の姉妹は絶叫調の終わり方が観たかった

11 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/30(木) 21:06:13 ID:jgyMY++9
>>10
山椒大夫は無理の多い話だよ。厨子王が国守になって右大臣家の奴婢を解放
し山椒大夫を国外に追放したというけど、それはもともと国法違反で新しい
国守が赴任すれば逃亡した奴婢たちはすぐに捕らえられて元の身分に戻され
山椒大夫も大威張りで帰ってくるはず。話としては幼稚だと思う。

12 :この子の名無しのお祝いに:2010/09/30(木) 21:18:27 ID:yGzUwv0T
いいんだよ別に、新平家のような歴史物じゃないんだから。

13 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/01(金) 00:43:44 ID:3btld+Wf
残菊
祇園囃子
山椒大夫

この三つが好き

雨月は、ラストだけ素晴らしい

14 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/01(金) 01:29:20 ID:auTfDrmx
残菊 の評価が高いのはうれしい。
近年、海外でも雨月物語の次くらいに評価されているようだ。
ワンシーンワンカットといえば、西鶴一代女、ではなくなって
きたということか。

15 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/01(金) 09:21:14 ID:y8NQLRRr
俺はやはり近松物語

16 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/01(金) 12:04:24 ID:/nV51jCV
>>11
原作が、水戸黄門みたいな、
勧善懲悪めでたしめでたしって演目だから。
古典であって、リアリティを追求したノンフィクションじゃありません。
今昔物語、グリム童話、シェークスピアの話が幼稚って言っているようなもんで、
ちょっと筋の悪い切り込み方だと思う。

17 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/01(金) 12:56:14 ID:mO9cnzHN
勧善懲悪=幼稚 キリッ

18 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/01(金) 16:41:45 ID:ImAcoccN
山椒のラストで母親と息子が再会したシーンで母親の目を開かせるか
(鴎外の原作ではそうなっている)盲目のままにしておくかで議論が
あったが目が開いたのではリアリティがなくなるというので盲目のままにしたそうだ。
ギリギリのリアリティを表現しようとしたのかな。

19 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/01(金) 20:54:41 ID:n7DbDHdF
山椒大夫のラストカットはゴダールが引用したことで有名だな。
溝口健二は内容がぐたぐだになっているのも多いだけど、
終わり方は意外に立派。今の邦画作ってる連中に見せてやりたいよ。

20 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/01(金) 21:40:07 ID:3btld+Wf
>>18
溝口さんもギリギリ悩んだらしいけど、やっぱりそれは(目を開く)出来ないと決断したらしいね

21 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/02(土) 19:19:52 ID:g42r+Z8k
なぜ「楊貴妃」に対する評価が欧米で高いのかさっぱりわからん。

22 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/02(土) 19:31:34 ID:RKjsWRLC
高くないよ

23 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/03(日) 21:00:50 ID:4dlUS8kY
溝口がもう少し生きていたら市川崑の「鍵」みたいな映画を作って
いたような気がする。

24 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/04(月) 00:57:27 ID:lMD8rZwJ
いや、カラーで温泉あんま芸者とかああいうのをバンバン撮っていたかもしれない
そしてますます世界的評価があがる

25 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/04(月) 12:39:11 ID:xqcD5EFi
エロティシズム描写に関心があったのは事実だと思う。
彼が長生きしていたら香川京子なんか案外・・・。

26 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/06(水) 16:29:28 ID:wVeQsbwp
最近の邦画と比べたら終わり片下手だよ

27 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/06(水) 20:43:33 ID:vMbussC0
26>>
最近の邦画って作品はないがね。
具体的に代表例を挙げろよ

28 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/07(木) 20:19:52 ID:Mp3iMnNL
終わり方といえば模倣犯に決まってる

29 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/07(木) 20:55:54 ID:pMlC8v+0
ちゅどーーーーん

30 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/10(日) 08:49:09 ID:uqdkXN/N
山椒大夫


20年ぶりにDVDで見たら

冒頭の字幕がないんですね

ビデオにはあったのに

31 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/10(日) 09:49:30 ID:XmMgNE1I
女優の入江たか子に「楊貴妃」の撮影で執拗にダメ出し、罵声を浴びせ、廃業に
追い込んだ人物。その翌年あっけなく御陀仏。

32 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/10(日) 10:37:27 ID:lpvQhf0f
廃業してないからw

33 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/15(金) 12:55:05 ID:W192JKQG
メロドラマの巨匠だな

34 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/22(金) 08:07:54 ID:neMSjtsW
ほぼ全盛期に死んだ感があるのが、ほかの巨匠たちとやや異なる
まあ60年代を生きるのはなかなか大変だったかもしれぬが

35 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/22(金) 11:28:49 ID:NuycuRQn
小津は63年まで生きた。溝口も同じ頃まで生きて欲しかった。

36 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/22(金) 12:07:05 ID:5fPB+aWk
狷介な人格だから、訃報に接して、あゝ快哉と云う人も多かったんじゃないの?

37 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/22(金) 13:17:28 ID:sgnBIhch
妻を発狂に追い込んだ糞野郎か

38 :この子の名無しのお祝いに:2010/10/22(金) 21:26:33 ID:leFsHkwm
恩人である入江たか子に酷い仕打ちをした人間のクズだもんな。





39 :この子の名無しのお祝いに:2010/11/05(金) 14:54:09 ID:UcAcjEBC
溝口の奥さんて1979年まで生きてたんだね。
38年間正常な意識を失った病院生活か。

40 :この子の名無しのお祝いに:2010/11/06(土) 01:32:23 ID:FpLTB+lo
香川京子スレにあったけど「青銅の基督」を溝口に撮ってほしかったな。


41 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/09(木) 13:08:47 ID:MP9M9w8h
なぜ「近松物語」の知名度がもっと高くないのか不思議だな。

42 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/09(木) 14:51:48 ID:MV2R0DTQ
長谷川一夫が…

43 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/09(木) 15:07:52 ID:7WGbhA2Z
永田ラッパのせいでカンヌで受賞し損なったのが痛いな。

44 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/09(木) 19:13:45 ID:5DyWwPxg
近松とか祇園囃子とか一番いい映画は地味なのが多いね。

45 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/09(木) 19:41:30 ID:NQcHbYZx
ただ人格的には黒澤より欠陥が多かったみたいだね。

46 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/09(木) 21:03:16 ID:fDDF9Gji
女に背中切られてる時点で(ry

47 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/09(木) 21:17:19 ID:5Gc5Xwsn
黒澤だって女性に積極的だったら…

48 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/09(木) 22:24:53 ID:WBPkbgJ/
ヤクザとも多少関係があったみたいだね。徹底したヤクザ嫌いの
黒澤とは対照的。

49 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 00:47:29 ID:ihGPsyaR
黒澤は側近中の側近と何度も喧嘩別れしてんじゃん。

50 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 01:17:06 ID:AukFPYvb
香川京子がお気に入りだった点は共通してる。

51 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 10:48:49 ID:DIP56J3z
「雨月物語」は明らかに欧米人の異国趣味にうったえて受賞を狙った面があるね。
「山椒大夫」もかなり素朴な話でそれほどの傑作とは思わない。結局戦後の溝口の
二大傑作は「西鶴一代女」と「近松物語」だと思う。

52 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 11:02:35 ID:imLeYmfY
>>51
> 「雨月物語」は明らかに欧米人の異国趣味にうったえて受賞を狙った面があるね。

それは企画の話で、製作に入ってからはそんな邪念があるわけもない。

53 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 11:19:50 ID:DIP56J3z
溝口はベネチアで三回連続受賞したけどグランプリは取ってないよね。
衣笠貞之助や稲垣浩だってグランプリ取ってるのに。「地獄門」なんて
全く見かけ倒しの作品だよね。あんなのより「近松物語」の方が遥かに
グランプリにふさわしかったと思う。


54 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 12:21:26 ID:7ToRIUo2
とにかく早死にしたのが惜しい。考えようによってはこれからいよいよ
国際的に活躍しようとしていた時期に死んだ。あと十年は活躍できた年齢
だったよね。

55 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 13:31:58 ID:qWDSYlY5
>>53
風呂入れよキモオタ

56 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 18:30:42 ID:hNGObWPs
>>52
「雨月」をヴェネティアに出品したとき、溝口はこれで受賞出来なければ日本に帰れない
といってホテルで毎日仏に祈り続けたそうだ。やはり欧米人の異国趣味にうったえようと
する意図が絶無だったとは言い切れないんじゃないかな。

57 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 18:38:56 ID:imLeYmfY
媚びずに賞を取りたいタイプだろ。


58 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 19:55:31 ID:RnlkZI2k
媚びてもダメだった

59 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 20:13:39 ID:xP+WszMB
日本代表としての責任を、異国趣味のすりよりに摩り替えるのが朝鮮人の卑しい発想

60 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/10(金) 21:49:11 ID:PTFeEkZH
>>40
同意。ついでに香川京子の拷問シーンなんかも描いて欲しかった。

61 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/11(土) 11:08:03 ID:TighYrzW
溝口は勲章好きで紫綬褒章を受けたときは大喜びしたそうだ。
功名心が強い面もあったみたいだね。

62 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/11(土) 14:55:42 ID:MfHn415c
>>53
そんなことを言えば黒澤だって「羅生門」以後「影武者」まで30年間
あちこちの映画祭で受賞はしたけどグランプリは取っていない。
「七人の侍」も受賞はしたけどグランプリではないし、「天国と地獄」
にいたっては受賞さえしていない。一方では「地獄門」なんてのがグランプリ。
賞とはそんなもの。

63 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/11(土) 17:31:25 ID:uzJ0tIwz
逆にたけしなんか賞獲っちゃったせいでおかしくなった。

64 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/11(土) 20:15:28 ID:cIvaiCwo
「地獄門」は初めから大映が異国趣味で受賞をねらって製作した作品。
佐藤忠男によると衣笠自身が「これがグランプリというんだから驚いた」
と語ったそうだ。もっともさすがに衣笠は客観的に見ていたというべきか。

65 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/12(日) 11:42:27 ID:psK0tRY2
「雨月」は溝口にとって少し不本意だったらしい。
はじめ溝口は小沢栄が水戸光子なんかにおかまいなしにどんどん出世して行く
という結末にしたかったんだが大映がそれでは観客に受けないといって無理に
ああいう結末にしたらしい。ヴェネティアの映画祭に出品した時はグランプリ
が空席で「雨月」が銀獅子賞一位だったというので「雨月」が実質トップと言わ
れたけれど別面からいえば「グランプリには値しない」と考えられたということ
だよね。確かに小沢があんなに簡単に出世をあきらめるなんて甘いね。


66 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/12(日) 13:45:12 ID:LdbY2M4T
考えてみると小沢にしてみれば水戸光子が身を落としているのを知ったからと言って
出世をあきらめる理由がないね。「お前には苦労させた。これからは侍大将の妻として
贅沢な生活をさせてやる」と言うことも出来たはず。あの結末はかえって不自然。

67 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/12(日) 13:47:52 ID:PomFLy5v
しかし武術を嗜んでないしなあ。
知略というタイプでもない。
続けるのは無理があるぞ。

68 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/12(日) 14:00:37 ID:LdbY2M4T
しかし小沢があんなに簡単に回心するよりも水戸光子を犠牲にして無理に
背伸びしてある程度まで出世した挙句馬脚をあらわして失脚なんてことに
した方が面白かったんじゃないかな。


69 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/12(日) 21:07:21 ID:MqK0vMOH
「雨月物語」は意に反した結末にさせられるし、「近松」は永田の失言で受賞を逸するし
大映のために溝口は意外に損をさせられているね。

70 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/12(日) 21:12:46 ID:MqK0vMOH
脱線するけど大映が倒産したとき、破産管財人の弁護士は大映の経理が
メチャクチャなのにびっくりしたそうだ。ワンマン社長の永田には誰も
逆らえなかったのかな。

71 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 00:33:43 ID:WoY9cJSv
「西鶴一代女」は新東宝だったよね?


72 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 02:36:02 ID:+aE6dyhb
>>71
新東宝だね。当時のカネで四千万円かけたそうだ。公務員の初任給が6500円
という時代だから相当の大作だったことがわかる。ところが興業は惨敗、新東宝
は大打撃を受けた。国内での評価もかろうじてベストテン九位。それがベネチア
で受賞したというので一挙に名誉挽回、溝口も戦後の低迷期を脱して国際派監督
ということになった。
ついでにいうと当時新東宝の新進女優だった香川京子を脇役でもいいから
この映画に出してほしかったな。

73 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 06:18:25 ID:WUEstMob
児井英生プロデューサーの自主制作で、
新東宝は配給をしただけなので、新東宝は特に打撃を受けていない。

74 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 10:29:21 ID:5iq+ytJT
田中純一朗の「日本映画発達史」によると、この映画は児玉英生と新東宝が
提携して製作したもので興業は惨敗したうえにその興業収入も日活への借金
返済にあてられたので新東宝は4600万円の製作費のほとんどが欠損になる
ほどの打撃を受けたとあるが・・・・。

75 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 11:11:30 ID:zEYRifP7
ベネチアが余計な事をしやがって

76 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 15:05:12 ID:+solRTTn
ところで興業は惨敗しベストテンでも九位程度だった作品がどうして国際映画祭に
出品されたの。国際映画祭に出品される作品ってどのように決定されるの?


77 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 16:28:56 ID:dorhYr4g
>>74
「提携して製作した」んだろうけども、製作費は児井持ちだよ。
かなり赤字だったけど、単独で溝口をプロデュースしたことは、
(小津「宗方姉妹」溝口「武蔵野夫人」プロデュースは、
それぞれ新東宝、東方の契約プロデューサ時代)
自分のプロデューサとしての信用にかなり寄与したと言っている。

新生日活は1954年に製作開始なんだけど、
1952年の「西鶴一代女」の興業収入が日活の借金返済に消えるとは、
一体どういう性格の借金なのだろう???

児井自身は本当に大打撃を受けて、3年間映画を作れなかった。
監督協会企画の日活配給「月は上りぬ」まで。



78 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 16:49:31 ID:GnWy8L4R
>>77
>一体どういう性格の借金なのだろう???

新東宝は資本力が弱いので製作本数が足りないときは日活から旧作映画の
新版を買ってそれを配給していた。その未払い金がかなりあったらしい。

79 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 17:15:54 ID:dorhYr4g
じゃあ「西鶴一代女」は全く関係ない話だね。

80 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 17:36:28 ID:DCEI8ag0
そんなことはないさ。「西鶴一代女」の興業収入は全部未払い金を払う
ため日活に取られちゃったんだから。新東宝は「西鶴」が大ヒットすれば
未払い金を払ってなお余りが出ると期待していたんだろうがそうならずに
大赤字になったわけ。

81 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 17:38:18 ID:dorhYr4g
「西鶴一代女」の興業収入で未払い金を全部支払えたならいいじゃない。
借金増えたんじゃないんだから。黒字だ。

82 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 18:28:50 ID:NKHQkAmu
それでもなお未払い金が残っていた。もちろん製作費の回収なんかできない。
それほど興業は惨敗だったわけ。


83 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 18:41:39 ID:dorhYr4g
>>82
> それでもなお未払い金が残っていた。

日活への支払金は、「西鶴一代女」の興行成績となんの関係もない。


84 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 20:31:59 ID:NKHQkAmu
>>76
そういえば「青銅の基督」も国内の評判はあまり良くなかったし
ベストテン入りもしてないのにカンヌに出品されている。
誰がどうやって決めるんだろう?

85 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 20:41:38 ID:dorhYr4g
「青銅の基督」は松竹の偉いさんの肝煎りの製作。

86 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 20:52:29 ID:NKHQkAmu
「青銅の基督」は溝口にやらせたかったな。渋谷実よりはまともな作品になった
のは確実。「雨月」じゃないが欧米人の関心を引きそうな題材だしカンヌで受賞
したかも。

87 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 21:01:25 ID:Bb9o+28Y
西鶴は作品的には評価されたけど、興行的には大失敗だったわけだな。



88 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 21:05:39 ID:dorhYr4g
児井さんの復帰危ぶまれたからな。
ただし失敗は興行的じゃなくて、製作的な物。
日本はブロックブッキング強いから、配給が強くて、儲かる。

89 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 21:45:13 ID:a9U9mKiD
>>86
溝口に香川京子の磔シーンを演出してほしかったな。
出来ればカラーで。

90 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/13(月) 22:33:34 ID:a9U9mKiD
>>88
新東宝は配給網そのものが弱体だからね。
大作映画をヒットさせるのはもともと無理だったのかもしれない。

91 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 02:21:14 ID:3NqdxBoq
「雨月物語」の製作費が2500万円だったそうだ。
それに比べて「西鶴一代女」の4600万円というのは確かに巨額だね。

92 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 07:14:07 ID:OLiNyh8K
ダリ風「雨月物語」ってのがどんな風になったのか見てみたいな
それやると賞は取れなかったんだろうけどw

93 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 10:48:02 ID:zmFzbd6C
西鶴は倉庫借りて撮影所作ったからな。

94 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 12:28:40 ID:jyg9LsBy
溝口は商業主義と妥協するところがあるね。黒澤の「完全主義」なんてこと
は言わなかったし、小津みたいに「俺は年に一本しか作らない」なんてこと
も言わなかった。「楊貴妃」なんてくだらないのもあえて作ったし。

95 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 13:08:32 ID:FJKuWoNf
どうでもいいから外の空気吸えよ

96 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 13:59:12 ID:zmFzbd6C
川口松太郎だったか、津村秀夫だったか忘れたが、
「溝口は社長は無条件でえらいものと信じていたようなところがあった」
というようなことを言っていたな。
売れるために媚を売るというのではなくて、
社長命令の題材や方針に逆らわないことがあった。
指揮系統、仕事分担がかっちりしているところがあるな。
黒澤みたいに大道具の手伝いしたりはしないし。

97 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 14:46:26 ID:F7+s2dnS
誰かが溝口について「反戦映画を作るような人ではなかった」と言ってた。
黒澤は「悪い奴ほどよく眠る」で政財界の腐敗を批判したけど溝口があんな
映画を作るなんて想像できない。

98 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 17:08:43 ID:TISHwr3b
しかし「近松物語」は痛烈な封建制批判の映画ともいえる。

99 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 21:02:58 ID:q1g1IqXy
封建制批判と戦争批判はまったく別のこと。

100 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 21:45:17 ID:PeJ8GaUZ
「権力批判」という点では共通しているともいえる。

101 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 22:31:33 ID:kWL4cFwL
封建制批判も戦争批判もリアルタイムじゃないと
狭い意味での権力批判になっているかどうか微妙なところがある。

102 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 22:56:32 ID:q1g1IqXy
権力を批判して、戦争を起こせという人たちもいるので、
権力批判と戦争批判も別問題。

103 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/14(火) 23:44:57 ID:PeJ8GaUZ
溝口は戦前も浪華悲歌なんてのを作ってるし社会の矛盾に全く無関心
というわけでもなかったんだろう。ただそれがただちに権力批判と結びつくか
という問題はあるな。一方では勲章もらって喜んだりしてるわけだし。
社会矛盾がただちに権力者の責任ではないという考えもありうるかもしれん。
封建制は悪かったが近代の権力者はやむをえず戦争をしたのであって同列に
論じることはできないと思っていたのかも。

104 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 00:33:59 ID:ASyozK+e
1945年以前の世界では国家間に戦争がおこるのは当然という発想
があったのを想起すべきだ。奴隷制度や封建制は悪であり批判される
べきだが戦争は自然現象のようなもので当然のことという価値観があった。
(少なくとも当時の日本人はそう考えていた)。溝口はまさにそのような
時代に人格形成をした人間だった。そうかんがえれば溝口が「山椒」や
「近松」で奴隷制や封建制を批判しても反戦映画は作らなかった理由も
わかるんじゃないかな。

105 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 00:48:46 ID:dPaswIZ8
しかし、戦後に雨後の筍のごとく作られた反戦映画の監督達は戦前に教育受けた世代だよね

106 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 01:22:03 ID:vYLq6Lda
そういう事については個人差があるよ。戦前でもマルクスにかぶれる奴もいたし
戦後チャッカリ転向した者もいる。戦前の溝口は戦争というものについていわば
平均的日本人並みの認識をもっていて戦後も基本的には変わらなかったという
ところじゃないかな。戦後も新東宝なんかは山本五十六や山下奉文を美化した
映画を盛んに作っていたし結構ヒットしていた。それを監督したのは戦前の教育
を受けた連中。

107 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 01:38:07 ID:vYLq6Lda
阿部豊は戦前からの古い監督だったが彼が「雨月物語」とおなじ53年に
作った「戦艦大和」は戦争を「感動的」に描いて大ヒットした。

108 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 12:22:00 ID:P+o8R1GL
戦後の溝口の代表作といえば「西鶴一代女」「雨月物語」「山椒大夫」「近松物語」
ということになるけど「西鶴」「雨月」「山椒」は所詮はフィクションという印象
をうけるけど「近松」には強烈なリアリティがあるね。封建制の時代には実際に
こういうことがあったろうなと思わせる説得力がある。そういう意味で俺は「近松」
こそ戦後の溝口の最高傑作と考える。永田の失言さえなければ・・・・・。


109 : [―{}@{}@{}-] この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 15:45:46 ID:IPRQjLsK
>「西鶴」「雨月」「山椒」は所詮はフィクションという印象

そう?
近松物語もいかにもな話だけど。好きだけどね。

110 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 16:01:06 ID:oqaDT1Mm
偶然偶然が嘘みたいに重なって窮地に追いつめられるところ
なんて如何にも浄瑠璃や歌舞伎の世界だよね

111 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 17:16:06 ID:zazUSRvF
亡霊が出てきたり奴婢から逃げ出してきたばかりの男がいきなり国守になるよりはリアルだろう。

112 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 17:56:10 ID:A1DrFDtA
近松は好きだけどリアリティがあるほど優れてるという理論には賛同出来ない

113 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 19:33:24 ID:m0NYfvoy
そんなことをいえば「天国と地獄」だって犯人に犯行を再現させるなんて不自然だし
「七人の侍」にしてもそんな物好きな武士が七人もいるかということになり映画なんか
作れなくなる。少し常識からはずれたストーリーだからこそ映画になるともいえる。

それに偶然がかさなって意外な結果になるというのは現実の社会でもあることだが
亡霊が出てくるなんて現実の社会ではありえない。

114 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 19:46:14 ID:3YjsKcNU
天国と地獄も七人の侍も普通に現実離れしてるし
観客の大多数もそう思ってるだろ。
つまり、現実離れしてようが優れた映画は優れてるってこと。
雨月物語や山椒大夫だって一緒だろ。
雨月物語のオリエンタリズムに引っ掛かって大絶賛してた外国の批評家連中は
「何てリアリティのある傑作なんだ!!」などと言ってたのかどうかってことよ。

115 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 20:14:05 ID:m0NYfvoy
現実離れにも程度の差がある。観客にはじめから「こんなことはありえない」と思わせるような程度の
現実離れと「もしかしたらこういうこともありうるかも」と思わせる程度の現実離れだ。
「雨月」や「山椒」は現実離れの度が過ぎていて悪くいえばお伽話になっている。
それにたいして「近松」は一応「もしかしたらありうるかも」と思わせる範囲内ではある。
そうなるとやはり感銘の程度も違ってくる。

116 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 20:45:33 ID:iHWp0KWm
お伽話の何が悪いの?
西鶴一代女や雨月物語や山椒大夫の場合は
寓話性はむしろ魅力であり武器だと思うけどねぇ。
亡霊の出て来ない雨月物語の何が面白いんだよ?

117 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/16(木) 02:00:33 ID:0B6x819z
「雨月」は森雅之を中心に京マチ子、田中絹代によって展開される寓話的部分と
小沢栄、水戸光子によって展開されるリアルな部分とによって構成されている。
森を中心にした寓話的部分は寓話として割り切ればいいが、小沢と水戸による
リアルな部分が単純すぎて(つまり小沢があまりにアッサリ出世を断念するので)
全体に印象を弱めている。グランプリを狙うならどちらか一方に絞るべきだった。

118 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/16(木) 02:12:04 ID:0B6x819z
ついでに言うとなぜ京マチ子のようなお姫様が森のような一介の百姓
をそんなに気に入ったのか少し不自然。森を本職の職人で若いが腕前
を注目されていたなんてことにすればよかった。

119 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/16(木) 02:22:33 ID:Anh0NMQS
最終的には並のグランプリ作品より断然高い史的評価を得てるんだがw
雨月、山椒は分かりやすく美しい映画だから通気取りの奴が叩きたがるんだよな

120 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/16(木) 11:32:11 ID:wQU6CH7p
ところで溝口と田中絹代の関係っていろいろ言われているけど真相はどうなの?
喧嘩分かれした理由って何?

121 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/16(木) 14:56:11 ID:+7kTYvou
「楊貴妃」見たけどあまりの愚作ぶりに呆れた。
溝口の経歴にキズがつくような作品。

122 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/16(木) 23:21:08 ID:909GQoCh
楊貴妃は日本人の役者が演じてるからリアリティがないし、
溝口にしては演出も凡庸だし、見ていて本当につまらなかった。


123 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/16(木) 23:34:18 ID:909GQoCh
>>117
モーパッサンの原作を混ぜたのは失敗だったな。

124 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/18(土) 13:16:52 ID:6wH9lPHO
カイエ・デュ・シネマっていうフランスの雑誌(ゴダールのような人も執筆しているそうだ)
の編集長が「楊貴妃」に強い印象を受けたといっていたがどこが良かったのかサッパリわからん。

125 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/18(土) 13:50:57 ID:a9A+tHJD
外人の方が作品を見る目があるんだろうな

126 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/18(土) 14:15:37 ID:Xj93NcLF
「楊貴妃」は本当に凡庸。バストショットの羅列で、演出にヤル気が感じられない。
弟子の新藤兼人さえも「ある映画監督」(岩波新書)の中でボロクソに言っていた。

127 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/18(土) 15:04:35 ID:zQGSbFVJ
権威に弱い溝口だから社長の永田の要求で渋々演出を引き受けたんじゃないかな。
それにしてもフランス人があれを賞賛するとはな。
フランス人の芸術センスもかなり怪しくなってくるな。

128 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/18(土) 15:15:51 ID:Xj93NcLF
フランス人みなが「楊貴妃」を称賛したわけでもあるまいし。
短絡的にひとからげにしようという発想がどこから生まれるんだろう。

129 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/18(土) 15:21:23 ID:T2itL6OO
ペーパー・ムーンの監督も楊貴妃絶賛してたな
>>127
永田さんは溝口が生きてたら三隅研次にやらせた釈迦も
溝口にやらせるつもりだったらしいね。
どう考えても溝口には合わないと思うけど・・・

130 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/18(土) 17:45:58 ID:hxUL2iP2
溝口が長命していたら傑作も作った反面、大映商業主義のために駄作も
作ったような気がするな。

131 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 11:56:06 ID:lKws/KHc
溝口はそれほど会社のいいなりになっていたわけではない。
「新平家物語」のとき大映は鶴田浩二を主人公役にしようとしたんだが
溝口は「新しいスターを育成することも必要」と言って新人だった市川雷蔵を
起用した。雷蔵にとって溝口は恩人。

132 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 16:33:37 ID:/XVK4lQV
>>118
不自然なくらい不釣り合いだから、溺れてしまうんじゃないw
なに言ってるのよ。
そこそこの美貌だったら、一晩遊んで帰るって。

133 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 16:38:13 ID:/XVK4lQV
>>120
溝口が絹代が監督になるのに反対した。
よかれと思って反対したのだろうが、
「絹代の頭では監督はできません」とやってしまった。
それから死ぬ直前に絹代が見舞いに行った時まで、
一度も会わなかったそうだ。
だから四、五年は会ってないことになる。

134 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 16:39:42 ID:/XVK4lQV
>>121
「楊貴妃」を撮っている最中に「監督は転ける時も、
うまく転けなければいけない」と助監督に言ったのは有名な話。

135 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 17:29:01 ID:NVWVM0rS
楊貴妃は女性の勝利や宮本武蔵よりはマシだろう

136 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 20:23:08 ID:tuz39Jxa
「楊貴妃」はベネチアに出品されてるね。こんな作品で受賞するつもりだったのかな。

137 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 20:33:10 ID:kFsIaFAr
>>134
ただの言い訳にしか聞こえないが、「有名な話」といわれても・・・?

138 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 21:55:15 ID:/XVK4lQV
>>137
ごめん、意味がわからん。
なんで俺が言い訳する必要あるの...

139 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 22:16:55 ID:3Ec3pjdl
>>136
雨月物語のように異国趣味が受けると思って出品したんだろ。

140 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 22:39:07 ID:Pz55Eyrw
「地獄門」なんて異国趣味だけでグランプリだからな。

141 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 23:05:52 ID:kFsIaFAr
>>138
こちらこそ全くもって申し訳ない、「溝口監督の発言」が
映画の出来の悪さの言い訳にしか聞こえない、という意味。

142 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/19(日) 23:41:52 ID:/XVK4lQV
言い訳もなにも、身内の話だし、
出来の悪い映画作ることだってないわけじゃないし。
ダメそうだってわかってもベスト尽くすって話。
言い訳とか意味がわかんね。

143 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/21(火) 17:51:10 ID:CaIMG1o3
>>124
オリヴェイラは楊貴妃が一番好きな作品だと言っていたな

144 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/21(火) 18:24:29 ID:QEtz5VvS
とにかく「楊貴妃」は不思議に欧米人の間に人気があるよね。
溝口自身は「楊貴妃」についてどう思っていたんだろう?

145 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/21(火) 23:39:14 ID:DZsLD2o6
転けたと思っていた。
中国人にも評判はよくない。

146 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/22(水) 03:22:10 ID:dM5OYTY2
溝口って自作について語るタイプではないよな
俺が知らんだけかもしれないが

147 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/22(水) 11:51:41 ID:rkCxtvek
作品というものはうんこと同じ。
創作というのはうんこを出すようなもの。
過去の排泄物について嬉しそうに語るような趣味はない・・・

みたいなこと言ってたらしい。

148 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/22(水) 13:21:49 ID:6lvRpRqQ
成瀬巳喜男が1961年ごろ「映画とは一回的性格のもので一度上映されれば
それで消滅するもの」という意味のことを言ったそうだ。ビデオやDVDが普及
するまでは映画人自身の中にもそう考えている人がいたということだね。
溝口も成瀬と同じように考えていて昔の映画の事をあれこれ言っても無意味
と考えていたのかもしれない。

149 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/22(水) 15:54:25 ID:HTs0j8a2
ヴェーラの特集には誰も触れない...w

150 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/22(水) 16:49:13 ID:ITuPYY7X
だって、実は溝口には何の興味もない精神異常者がほとんど一人で書いてるんだから。

151 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/22(水) 17:59:19 ID:/afUfiM9
「近松」は永田の失言のためカンヌで締め出しくらったけど急遽
カンヌでの出品を取りやめて同年のベネチアに出品というわけ
にはいかなかったかな(カンヌ映画祭は4月、ベネチアは8月)。
・・・少し虫がよすぎるかな。


152 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/22(水) 19:01:19 ID:+oAW8lvX
賞なんて取り逃がしても後世に高い評価を得る作品はあるし、
近松は外国人には分かりにくい話なのかもって思う。
>>148
映画は一回きりというのが当時の日本映画界の一般的スタンスだったとすると、
戦前の日本映画の残存率が壊滅的なのも分かるような気がする。

153 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/22(水) 23:13:09 ID:h27mlK6e
>>148
けど成瀬は邦画専門の名画座の並木座に出資したり、寄稿したりしてるから、あまり額面通りに受け取らない方がいいかも。シニカルな物言いの人なので。
戦前は思っていた可能性もあるけど。
松竹なんか大船に移転する時フィルム焼いたらしいから。

154 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/22(水) 23:14:52 ID:h27mlK6e
>>149
みたいのがない。


155 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 07:19:13 ID:SHFqiw3r
>>154
『近松』『雨月』『西鶴』『白糸』『残菊』が嫌いなんですね。

156 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 11:57:34 ID:X5woxKCR
>>152
>近松は外国人には分かりにくい話なのかもって思う。

封建制の時代にはどこの国でも同じような悲劇があったんじゃないかな。
そういう意味では近松はむしろ普遍的な問題を取り上げていると思う。

157 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 12:04:11 ID:A7WRRK2/
恋愛関係にもなってないのに心中しようとするのは外人には理解不能なんじゃね?
あの重要な転回点が理解出来なきゃ作品全体の評価にも作用すると思う

158 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 12:15:35 ID:LTndKbge
確かにあの心中シーンは映像としては美しいが話としては不自然だね。
長谷川一夫が香川京子に自分の感情を打ち明けるのにもう一工夫ほしかったな。
たとえば香川京子がまず一人で自殺を図ってそれを止めようとした長谷川が
思わず自分の感情を口走るとか。

159 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 12:43:56 ID:Pz9WMx9J
そもそもあのシーンは「心中」かな。あくまでも女主人の香川京子が自殺
するのであって長谷川は召使いとしてその「お伴」をするというものだ。
たとえていえば上司と部下が追いつめられて上司が「俺はもう死ぬ」と言った
とき部下が「私もどうせ捕まれば死刑ですからお伴しましょう」と言い出した
ようなものだ.そう考えればそれほど不自然ではないよ。

160 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 14:30:38 ID:KjE3RBXN
日本人の感覚からしたら特に不自然さはない。
あそこでおさんが茂兵衛を引っ張る形になるのはドラマ的に必要。
しかし「磔は屈辱だから死ぬ」「ならば私も」という流れには文化的な壁はあると思うわ。

161 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 14:59:42 ID:z3Goegta
>>160
磔は非常な苦痛を伴う処刑方法でどこの国の人間も嫌がるだろうね。

「忠実な従者が殉死する」という観念なら外国にもあると思う。
ましてや長谷川の場合、どうせ自分も磔なんだし。

162 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 15:16:57 ID:WAXcP21g
本来は奥方の下僕じゃないしなぁ。
ましてや心中だと密通の濡れ衣をより確証たらしめることになってしまうし。
何にしろ近松が海外で地味なのは心中場面が原因かどうかはともかくとして、
何かしら日本と欧米では感覚のずれがあるんだろうと思うわ。
多分西鶴もね。

163 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 15:29:29 ID:Z4c2vALv
あの心中場面でおさんが恋に目覚めるのは映画オリジナルだったはず。
原作だと勘違いしたまま本当に行為に及んじゃってそのまま逃避行に入るんだよな。
原作のままだと感情移入が難しいし、おさんの心の変化を
描くあのあの場面は良い改変だと思う。

164 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 15:35:26 ID:Z4c2vALv
江戸時代ものは社会制度が関わってくるから
前提知識のない外国人には分かりにくくなるんじゃないかな?
歌舞伎や浄瑠璃は映画化されると大体は現代人の感性に合せて改変されてるからね。

165 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 15:39:59 ID:UdizyC3T
>>162
>本来は奥方の下僕じゃないしなぁ。
 この点は従来長谷川が香川に特別の感情を持っていたということで説明できると思う。
 ただあのような形で自殺すると世間は本当に不義があったと思い込むだろうね。
 この点は弱点だな。なんとかストーリーを工夫できなかったかな。

166 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 15:47:09 ID:pjyTewvu
どうせ死ぬなら同じってことじゃない?
不義が既定になってるとやっぱり物語的に弱いし、
恋愛を成立させるならあの場面がベストだよ。
元々溝口は多少の整合性の犠牲は厭わない人だし、
近松はその溝口作品の中では破綻が少なくまとまってる方だと思う。

167 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 15:48:02 ID:pjyTewvu
164=166
すまん。回線変えたのでID変わった。

168 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 17:04:19 ID:Wotvapkx
>>158の者だがこんなシーンはどうかな。

香川が懐剣で自害しようとする。慌てて後ろから香川を抱きすくめて
懐剣を奪い取る長谷川。
香川「なぜお前は私が死ぬのを邪魔するのか」
長谷川(思わず答える)「茂兵衛はずっと前から奥方様をお慕いしておりました」
香川(驚いた口調で)「エエ!」
   しばらくおいてから
香川「お前の言葉で死ねなくなった」


169 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 17:43:53 ID:llmWcaW+
うーん・・・
やっぱりあれでいいと思うわ
湖の映像は抜群に美しいし

170 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/23(木) 22:39:14 ID:hSAMG+Qg
他人が作った作品の一部だけを弄くるのはバカでもできるわw

171 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/24(金) 11:06:29 ID:JC0JvPR+
>>168-170
>>157だが俺のせいでややこしい話になってすまなかった・・・。

172 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/25(土) 09:31:09 ID:Km/rkj0l
>>171
気にすることはない
>>168はあちこちのスレで映画のセリフを自分の好みに変えている
香川京子オタだからw

173 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/25(土) 14:12:12 ID:Qp46NNjR
溝口はストーリーにキズがつくのは承知の上で湖の映像美の方を選んだんじゃないかな。
キズといっても全体からみれば小さなキズだし。

174 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/27(月) 15:19:04 ID:WbjdzMt1
黒澤の「天国と地獄」だって犯人に犯行を再現させるとか新聞に虚偽の報道を
させるとかキズだらけだよ。溝口の「近松」にもキズはあるがこれまで映画化
された近松の中では最高傑作であることは事実。

175 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/28(火) 05:13:37 ID:pLhkKZaP
>>113-114とか何でお前はいちいち黒澤のことを引き合いに出すの?
そうしないと溝口の良さを語れないわけ?

176 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/28(火) 06:34:32 ID:mBSxGx4Y
【薪割り流を】七人の侍13人目【少々】
620 :この子の名無しのお祝いに[]:2010/12/28(火) 05:07:50 ID:pLhkKZaP
いいから失せろよ糞尿

溝口健二監督 part.4
175 :この子の名無しのお祝いに[]:2010/12/28(火) 05:13:37 ID:pLhkKZaP
>>113-114とか何でお前はいちいち黒澤のことを引き合いに出すの?
そうしないと溝口の良さを語れないわけ?

サスペンス大傑作 黒澤明「天国と地獄」5
211 :この子の名無しのお祝いに[]:2010/12/28(火) 05:19:34 ID:pLhkKZaP
だからあんた、一体何がやりたいの?
何が目的なんだ。

【明日】七人の侍13人目【みんな死ぬんだべ】
53 :この子の名無しのお祝いに[]:2010/12/28(火) 05:20:52 ID:pLhkKZaP
だからあんた、一体何がやりたいの?
何が目的なんだ。

177 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/28(火) 14:23:35 ID:3zlHwELS
溝口は戦後長い間低迷していた。世間には「溝口なんてもう古い」という人もいた。
それが52年8月にベネチアで「西鶴」が受賞したというので一遍に自信を取戻し
世間からも再評価されるようになった。傍目にも風格がついてきたそうだ。
・・・・それから4年で没。

178 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/28(火) 17:01:50 ID:UIx48bdF
「女性の勝利」みたいなのは例外として、
世間で言われてたほどは低迷してない。

179 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/28(火) 18:27:08 ID:7fiyOlsJ
今井正の「夜の鼓」とくらべても溝口の「近松」の方が優れている
と判断せざるを得ない。

180 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/28(火) 18:40:01 ID:8uLsaXrT
溝口作品を見たことない馬鹿がずっと一人で書いてるだろ
>>176を含めて
朝六時代に映画板にいるのは例の馬鹿だけだ

181 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/28(火) 20:02:01 ID:UIx48bdF
>>179
今井の「夜の鼓」もいい映画だけどな。
まあ溝口の最高クラスの映画と比べると完全に負けるけど。

182 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/29(水) 06:37:13 ID:rBvUWZb9
やっぱり糞尿の仕業だったか。


113 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 19:33:24 ID:m0NYfvoy
そんなことをいえば「天国と地獄」だって犯人に犯行を再現させるなんて不自然だし
「七人の侍」にしてもそんな物好きな武士が七人もいるかということになり映画なんか
作れなくなる。少し常識からはずれたストーリーだからこそ映画になるともいえる。

それに偶然がかさなって意外な結果になるというのは現実の社会でもあることだが
亡霊が出てくるなんて現実の社会ではありえない。


114 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/15(水) 19:46:14 ID:3YjsKcNU
天国と地獄も七人の侍も普通に現実離れしてるし
観客の大多数もそう思ってるだろ。
つまり、現実離れしてようが優れた映画は優れてるってこと。
雨月物語や山椒大夫だって一緒だろ。
雨月物語のオリエンタリズムに引っ掛かって大絶賛してた外国の批評家連中は
「何てリアリティのある傑作なんだ!!」などと言ってたのかどうかってことよ。

174 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/27(月) 15:19:04 ID:WbjdzMt1
黒澤の「天国と地獄」だって犯人に犯行を再現させるとか新聞に虚偽の報道を
させるとかキズだらけだよ。溝口の「近松」にもキズはあるがこれまで映画化
された近松の中では最高傑作であることは事実。


183 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/29(水) 15:33:13 ID:IgK7Uj5u
その114書いたの俺なんだが、糞尿って何?

184 :この子の名無しのお祝いに:2010/12/30(木) 22:03:43 ID:psusfobv
お前のことだろ

185 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/05(水) 18:15:00 ID:0b/Sihg0
アマゾンで溝口の大映作品集1が70%offで売ってるんだけど買い時かな?

186 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/06(木) 15:37:51 ID:qPTUs6X0
そりゃ買いだろ。
定価でも。

187 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/06(木) 16:23:45 ID:KP/wjuo+
何年か前香川京子がテレビに出てきたとき、「最近溝口監督のDVD発売のキャンペーンで
忙しい」と言ってたな。溝口作品を代表する女優で存命者というと香川京子と若尾文子
ぐらいしかいないというとこかな。

188 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/06(木) 21:17:43 ID:9M8Kkl4m
>>181
今井の「夜の鼓」と溝口の「近松物語」を見比べてつくずく感じたんだが
やはり黒澤、溝口、小津というのは図抜けた存在だと思う。

189 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/08(土) 13:27:34 ID:TMnYYPGY
「近松物語」は102分の作品だけど35日間で撮影したそうだ。
いわば平均的な日数かな。黒澤や小津がやたらに時間かけたのにくらべると
効率的だし周囲の事情も考えてるね。成瀬も仕事は速かったそうだが巨匠
といってもいろいろだね。

190 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/08(土) 14:19:49 ID:g4CEet/O
小津は撮影は短い。
いつも定時に終わり、ひと月くらい。
脚本練るのに時間がかかってる。

溝口は作品によって違う。


191 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/08(土) 14:41:37 ID:kDPiSKTV
脱線するけど小津が「彼岸花」を撮るとき山本富士子を大映から35日間
借りたそうだ。大体それぐらいの撮影期間だったということかな。
ところで溝口も山本富士子も同じ大映にいたけどなぜ溝口は山本を使わな
かったんだろう。

192 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/08(土) 14:51:54 ID:g4CEet/O
山本はマネージャーがいたから、いろいろうるさかっただろうし、
山本が衣笠萌えだったことも影響しているんじゃないだろうか。

193 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/08(土) 19:51:32 ID:m/V1rB2r
結局晩年の溝口が最も気に入っていた女優というとやはり香川京子なのかな。
「大阪物語」にも出てたし。

194 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/08(土) 20:22:41 ID:WjyZorl8
西鶴の若お春は香川あたりにやらせて欲しかったな
いくら白黒でも絹代の十代役は無理が・・・

195 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/08(土) 21:09:04 ID:3Cllw8Q4
>>194
西鶴一代女を香川はないだろ。
あれは身持ち悪くて、落ちていく女の話だよ。

196 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/09(日) 11:25:17 ID:pVAdaUJw
「近松物語」のラストの引き回しのシーンで長谷川一夫の顔が大写しされているが
溝口はは本当は香川京子の顔を大写ししたかったそうだ。しかしあの映画は大映
だし長谷川は大映の大スターなのでやむを得ず長谷川の顔を大写ししたそうだ。
「近松」当時の香川京子はデビューしてからまだ4年という新進だったという
こともあったかもしれない。このエピソードからみても溝口は香川京子を相当
気に入っていたんじゃないかな。

197 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/09(日) 13:43:22 ID:1PM4jhD1
「近松物語」のクレジットを見ると冒頭に長谷川一夫が単独で出てきて
次に香川京子と南田洋子が並んで出てくる。ところが6年後の「疵千両」
では冒頭に長谷川と香川の名が並んで出てくる。香川の俳優としてのランク
がそれだけ上昇したということだね。

198 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/09(日) 13:49:00 ID:DxJXPAkj
何が楽しくてこんなことやってんだか
遊びに行けばいいのに

199 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/09(日) 15:31:06 ID:ZP8x20kU
>>195
原作はそうだが映画は違うだろ

200 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/09(日) 16:26:29 ID:NHz7887o
「歌麿をめぐる五人の女」なんかを見ると(といってもスチール写真を見ただけ
だが)たしかにエロティシズム描写には関心があったように思う。
溝口があと十年生きていたら香川京子なんか脱がされていたかも。

201 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/09(日) 17:22:09 ID:3L4Mha8U
香川ストーカーも死んだらいいね

202 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/09(日) 21:59:17 ID:v00ckqQR
溝口作品に、顔がしゃくれて長い、くりぃむしちゅーの有田に似た役者さんがよく出ているのですが、なんと言う人でしょうか?

『噂の女』では「僕は能が苦手でねえ」という客、
『祇園囃子』では、若尾文子の舌噛み事件を再現する客、
『山椒大夫』では、”人買いを禁ず”の札を引っこ抜く山椒大夫の子分

をやっていました。

203 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/10(月) 13:32:05 ID:g4pBC6I3
伊達三郎さんでしょう、たぶん。

204 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/10(月) 15:31:36 ID:U21/RHnE
伊達三郎という人は雨月物語にも出ているらしいね。
ある武将の家臣の役だそうだがそれ以上のことはわからない。

205 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/10(月) 17:43:11 ID:EubBuLjz
伊達三郎は雷蔵とか勝新の映画にも必ず出てくるよ

206 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/10(月) 21:51:17 ID:lZfmD6wn
wikipediaに伊達三郎についての記事が出てるよ。
それによると近松にも出たらしいけどどんな役をやったんだろう。

207 :202:2011/01/11(火) 00:33:57 ID:9+XZyQfw
>>203-206
ありがとうございます。この人です。
時代劇のほうが得意だったようですね。
2chの時代劇板にスレがありました。

208 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/11(火) 12:52:57 ID:h0BdXzB3
大映京都の人でしょ。
大映京都が時代劇中心だから。
雷蔵みたいなスターは、大映東京の作品もでるけど。



209 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/12(水) 21:52:16 ID:9a6bX6Gq
imdbのreviewerによるランキング

1 - Sansho^ dayu^ (1954)
2 - Chikamatsu monogatari (1954)
3 - Ugetsu monogatari (1953)
4 - Saikaku ichidai onna (1952)

1位と2位が逆転すると、オレのランキングと同じ


210 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/13(木) 11:55:07 ID:YXXpwZMt
>>210
全く同感。むしろ「山椒大夫」の評価がそんなに高いのが不思議。
あれはかなり素朴な民話風の話だよね。
「雨月物語」も民話風だが寓話に徹しているのでそのように割り切れる。
「山椒大夫」はその点中途半端になっている。

211 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/13(木) 12:08:44 ID:TBKtKKXU
レスアンカー先を間違えた
>>210>>209

212 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/13(木) 13:34:09 ID:ruk+QXOb
みんなそんなに細かく区別して映画を見てないよw
基本的に面白いか詰まらないかだけ。

213 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/13(木) 17:06:17 ID:hDwU8QmP
個人的な好き嫌いを作品の優劣に無理やり当てはめてるだけに思えるな。
要は他人には説得力がない。

214 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/13(木) 23:27:04 ID:3mrUfXlr
2006年が没後50年だったわけですね。
もう少し早く、溝口に目覚めていればよかった。
生誕150年まで生きていられる自信が無い。

215 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/14(金) 13:18:36 ID:jyf0GGzR
「金閣寺」を撮る予定もあったらしいね。
市川崑の「炎上」も名作だけど、溝口だったらどうなっていただろう。

216 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/14(金) 14:16:47 ID:JjEfotk3
同じ金閣寺の炎上が陰に陽に題材に使われている映画でも、
水上の「五番町夕霧楼」とか「白蛇抄」の方が溝口向きじゃないだろうか。
「金閣寺」は若い僧侶の頭の中の動きが中心で、女性がちょっと弱いので。

217 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/14(金) 21:15:20 ID:hYXM6MZ+
やはり「青銅の基督」を作ってほしかったな。

218 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/15(土) 08:34:06 ID:bkjHQwPN
正月に「噂の女」「お遊さま」レンタルしてからはまってる
カメラの宮川一夫って人が出てきてからの、50年代の田中絹代とのコンビ作品は全編が幻想的で音楽的でBGVみたいだ

40年代の「夜の女たち」も、けっこうおもしろかったけど、雰囲気がぜんぜん違ってた
もっと前の「歌麿をめぐる〜」とか「女優須磨子の恋」なんかは、見るかどうか迷い中
先に50年代の、田中絹代作品以外を見るべきかどうか・・


219 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/15(土) 13:06:51 ID:6agoXvi6
>>218
見る順番間違ってるぞ。
まず近松、山椒太夫あたりの王道から見ろ。

220 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/15(土) 16:18:05 ID:Etry5CEO
見る順番w

221 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/15(土) 20:44:42 ID:oQ3CYBnn
田中絹代、田中絹代っていっているのに、
西鶴一代女とか、雨月物語を勧めずに、
近松物語、山椒太夫を先に勧める人ってなんなの?

まあ成瀬や小津の田中絹代作品を勧めるよりはすれ違いでなくていいが。


222 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/15(土) 21:42:16 ID:dlYEiyui
低迷期の「夜の女たち」は、溝口か田中絹代がなんか賞もらってたよね。
キネマ旬報の賞だったかな。
もしそうなら「ヒットしなかったけど、名作」っていうことなのかなw。
俺もけっこう好きな作品(田中絹代の顔以外は)



223 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/16(日) 22:00:15 ID:Fa29jEnc
ヤマト並みのCGで惑星大戦争が見たい。
森田健作がキムタクで浅野ゆう子が黒木メイサ。
池部良が山崎努で。

224 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/18(火) 03:25:05 ID:e7Pc3E1G
なぜ山椒大夫は香川京子を妾にしなかったんだろう。かえって不自然。

225 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/18(火) 04:32:22 ID:iNQvxpNb
他にいくらでも妾がいるからだろう。

226 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/18(火) 06:37:17 ID:ADpBjDpd
山椒太夫の兄妹や母子のテーマは溝口作品の中でも
特に普遍的に感情に訴えかけるものを持ってると思うけどな。
要は泣ける映画ってことでさ。
海外サイトでの評価が高いのは別に不思議には思わないね。

227 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/19(水) 05:50:42 ID:i5FMSaUZ
久しぶりに覗いたが、カガキョンヲタうざいw

228 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/19(水) 12:59:15 ID:f1/jOTXJ
山椒大夫は長澤まさみでリメイクを見てみたい

229 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/19(水) 17:47:18 ID:Txi2yR4H
>>228
厨子王をやらせんの?

230 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/20(木) 14:57:37 ID:K8tD6hpI
山椒大夫は理屈で見る映画ではないね。
面倒なことは考えずに感情移入しながら見る映画。

231 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/20(木) 22:11:42 ID:v2sxof1j
溝口ファンで中島みゆきファンって多そうだな
中島のやってる「夜会」では「雨月物語」「山椒大夫」をベースにしたものを上演してるらしい
「雨月物語」をモチーフにしたNHK「雨月の使者」のテーマソングを書いたのも中島

近松からインスパイアされた「新曽根崎心中」って曲はなかなか名曲だった

232 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/22(土) 00:01:59 ID:W5g1fFll
西鶴って、レンタルDVDにならないのは新東宝だから?

233 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/24(月) 14:25:24 ID:QqWq4qyf
そういえば西鶴には三船敏郎が出てたな

234 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/25(火) 11:00:17 ID:vwOI0y4i
志村喬も出てたな。

235 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/25(火) 19:40:49 ID:yo65nKzD
出てねえよ、志村喬は。

236 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/25(火) 21:18:13 ID:lOMS6XQS
考えてみると溝口の晩年の四大傑作はいずれも時代劇だね。
「浪華悲歌」みたいな映画も撮ってほしかった。

237 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/27(木) 12:13:29 ID:K+TkdLHq
晩年と言えば欧米では赤線地帯も結構評価高いらしいね

238 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/27(木) 12:14:36 ID:Tw7z/r9j
国内も評価上がってるよ、公開当時に比べると。
もうちょっといいプリントはないのかね。

239 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/28(金) 10:11:11 ID:CNC4aAZ8
依田以外のライターともっと組んでほしかった。
小津がほとんど野田高梧としか組まなかったのは別に惜しくないが(悪い意味じゃなく)、
溝口は勿体無かった。
赤線地帯やマリヤのお雪が好きなんで、しみじみそう思う。
依田と組んだ傑作群はむろん凄いんだが、もっといろんなバリエーションに
膨らむ余地があったんじゃないかって。

240 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/28(金) 11:55:55 ID:E/iz8ga+
新藤兼人あたりも書いてるよ。没になったけど。
一本立ちする前の没事件が有名だけど、
新藤が一本立ちしてからもポシャってる。


241 :この子の名無しのお祝いに:2011/01/28(金) 20:25:40 ID:CNC4aAZ8
「これはドラマではありません、ストーリーです」事件ねw
戦後、成長した新藤兼人とも組んでほしかったな。むろん単独脚本で。
戦後になって、新藤が溝口と仕事をしたのは、
他の人が書いた脚本のリライトだけだよね。

242 :この子の名無しのお祝いに:2011/02/13(日) 22:23:12 ID:HxKLrs+z
山椒大夫(さんしょ・だゆふ)、近松物語、雨月物語を見直した。

さんしょ・だゆふでの湖畔の人売りババアは相変わらず殺してやりたい気持ちになった。
まぁ、そうでなくても山賊や海賊に惨たらしい目に合わされた可能性が高いにしても断じて許せん!



243 :この子の名無しのお祝いに:2011/02/17(木) 00:05:58 ID:T+WUcqFX
あの時代に女と子供だけで旅をするなんて不用心だな。

244 :この子の名無しのお祝いに:2011/02/17(木) 19:57:07 ID:K/5QZ8za
買主の方は買った奴婢の元の身分を知って一族から身代金を取ろうなんて考えなかったのかな。
・・・・ナンセンスな疑問か。

245 :この子の名無しのお祝いに:2011/02/17(木) 21:26:30 ID:AgbXm22x
海やねん、外は。あんたと二人きりやないか。

246 :この子の名無しのお祝いに:2011/02/17(木) 21:39:01 ID:8ZsAOxb7
>>244

それを知ってか知らずか、あの兄妹は身の上を決して打ち明けなかった。
といっても、いまさら知った所で取れるものなぞ有ったのだろうか。


247 :この子の名無しのお祝いに:2011/02/17(木) 21:50:31 ID:5TeN1Dwz
奴婢は所有物は全てとりあげられるはずなのに父親の形見の仏像(これが
身分を証明することになった)を持っていたというのも不自然だな。
アラ探しをするようだが。

248 :この子の名無しのお祝いに:2011/02/22(火) 02:47:41.50 ID:wn6V1oPH
説教節も鴎外の小説もそうだったんだからそこは仕方ないじゃん
観音様のご加護とでも思っておくしかない

249 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/02(水) 07:11:01.70 ID:mGhpWxSU
場末の小さいレンタル屋で、西鶴一代女のビデオを発見して
ちょっと驚いた。
ビデオだとレンタルはあったのね。

250 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/02(水) 20:32:28.04 ID:lcG/g3wF
ツタヤにはないだろうな。

251 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/03(木) 01:55:50.04 ID:PYUHt1Sb
「武蔵野夫人」の日本と韓国版の廉価DVDを両方観たが韓国版の方が状態が良かった。


252 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/06(日) 14:44:08.13 ID:boT+j/Z8
雨月物語、初見
もっと観念的で難解で、救いようの無い物語かと勝手に思ってたが、
そんなことは全然なく、めちゃめちゃ分かりやすい話だった。
もっとバッドエンドかとも思ったけど、意外とそうでもなく、
子供の方は幽霊じゃなくて本当に良かったと、ホッと胸をなでおろしたw
田中絹代の方はすぐ分かったが、子供も絶対そうだと思ったんで。
小沢栄が出世しながら、あっさり武士を捨てて京マチコとよりを戻したのも、
結構救いがあったな。正直、ちょっと拍子抜けだったけど・・・。

253 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/06(日) 14:46:35.51 ID:boT+j/Z8
あ、京マチ子じゃなくて、水戸光子だった。

254 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/06(日) 20:45:45.66 ID:siXSWvf5
Talking Silents 2「折鶴お千」「唐人お吉」
このDVDってやっぱ画質悪いの?買わないほうがいい?

255 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/06(日) 21:24:24.79 ID:Z0bkAOkL
画質が悪いものは内容が良くても買わない主義なら買うべきじゃない。

256 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/06(日) 21:56:11.98 ID:siXSWvf5
そうですか。やめときます。

257 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/21(月) 21:10:35.72 ID:77CViZDR
山椒太夫の冒頭の「これはまだ人が人として目覚める以前の物語である」って、やっぱり
欧米向けに公開する時に、この映画が現代の日本の人権感覚をそのまま反映していると
誤解されるのを避けるために挿入された物なのかな。

258 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/22(火) 03:17:41.10 ID:eo1KC6a0
観れば欧米人にも普通に近代以前の話ってわかるでしょう。




259 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/22(火) 09:42:15.19 ID:EhAt9d/G
>>258
>見ればわかる
そうは言いきれないよ。
当時は日本なんてどこかの未開国ぐらいに思っている欧米人
が沢山いる時代だったからね。マジな話「日本に電灯があるのか」「日本に大学かあるのか」
と真顔で訊ねられたという時代だぞ。

260 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/22(火) 12:44:31.77 ID:RP+rmizy
どっちかというと戦後民主主義的建前への
エクスキューズという気がする

261 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/22(火) 13:16:00.48 ID:3kWW/BQX
>>259
それは無教養な人の話でしょ。
第二次世界大戦の後に、日本が近代化されてないと思っているなんて。
ちょっと不案内だったで済む話じゃないからね。
むしろ今よりもよく知られていたとしても不思議じゃない。

262 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/22(火) 14:41:55.27 ID:6mOwmmRi
芹沢光治良という作家の作品が50年代にフランス語に翻訳出版された
ときフランスの作家から「日本にも近代文学なんてあったのか」と言われた
そうだ。俺もかなり前だがあるフランス人が「アメリカのおかげで日本に義務
教育が定着した」と書いているのを読んだことがある。
60年代になってもあるソルボンヌの教授は日本は戦後英語を国語にしたと
思いこんでいたそうだ。63年に「天国と地獄」がヨーロッパで上映されたとき
「日本のような未開国であんな科学的捜査が行われているはずがない」と言われた
そうだ。そんな程度。そういえば60年代になってもイギリスの教科書には「現代
日本の風物」として人力車が描かれていたそうだ。
70年代になってもフランスの労働組合の幹部は日本について「文盲の労働者が
信じられないような低賃金で働いている国」というイメージを持っていたといわれる。
戦争があったのに不思議にさえ思うがそれが真実。

263 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/22(火) 14:51:03.87 ID:10OlgXOK
>>262
あ〜長い。
そういう無知な奴の発言がインパクトがあって記録に残っただけで、
そんな風に勘違いしてない欧米人もたくさんいたよ。

264 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/22(火) 19:17:08.79 ID:EhAt9d/G
しかし相当のインテリの中にも>>262みたいな誤解をしている人がいるとすると
庶民においておやだな。
やはり誤解を避けるための手を打つ必要はあるな。

265 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/22(火) 19:25:14.27 ID:EhAt9d/G
書き忘れたが映画の冒頭に「これは一千年間語り継がれてきた物語である」
という字幕を入れればそれだけで誤解を避けられると思う。

266 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/22(火) 21:19:08.86 ID:aqoonLWP
>>258
昔話だと理解してくれるかどうかと、その人権感覚が当時由来の物なのか現代由来の物なのか
分離してくれるかどうかは別だよ。
80年代ぐらいの映画でもトンデモ日本描写なんて当たり前だし、50年代なんて言ったら当時の
日本理解なんて相当幼稚な状態だったと思う。
かなり前ではあるけど、「チート」に出た早川雪洲が人妻の背中に焼き印を押す演技をして
国辱俳優の扱いを受けた例もあるし、「国辱」問題はかなりセンシティブな問題だったんじゃ
ないかなあと想像している。
>>265
それだと人権問題について言ってるのか伝わらないし、単に物語の古さを誇っているようにも見える。

267 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/23(水) 03:31:31.09 ID:mti+pRlD
黒澤や小津のDVDには日本語字幕がついてるのに
なんで溝口のDVDにはついてないの?

268 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/23(水) 03:38:24.25 ID:00Kqum2u
あほらしい、衣装で昔話ってわかるでしょう。

269 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/23(水) 08:21:11.23 ID:pZrmjRaz
>>268
80年代になってもオランダ在住の日本人は「一般のオランダ人の日本観はひどものだ」た嘆いていた。
江戸時代と大差のないイメージだったらしい。
しかも「おしん」がオランダでも放映されたのでそのようなイメージがますます
強くなったらしい。

270 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/23(水) 11:03:32.97 ID:37FmiB8V
>>268
もうちょっと読み込んで下さい。

271 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/24(木) 12:32:45.00 ID:NEqUDskp
溝口は戦後の低迷してから「西鶴」で「金の鉱脈」を発見したとい感じだな。
「雨月」も「山椒」も「近松」もある意味で同じ系列の話だよね。
「雨月」や「山椒」も傑作だけど始めから国際賞を意識していた事が感じられる。
その点「近松」にはそういうわざとらしさが感じられないね。俺は晩年の溝口の
最高傑作は「近松」だと思う。

272 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/24(木) 14:23:43.57 ID:zfJDLE+7
近松は長谷川一夫が…

273 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/24(木) 19:50:02.60 ID:RCgSgKhg
溝口健二は長谷川一夫を使うことが出来た。
一方、黒澤明は勝新太郎を拒否した。

274 :267:2011/03/25(金) 04:42:05.92 ID:bEiHUwde
おーい 
無視すんなや

275 :267:2011/03/25(金) 04:44:24.77 ID:bEiHUwde
成瀬のDVDにもちゃんと日本語字幕がついてるぞ

276 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/25(金) 12:37:10.00 ID:ILXrAQte
同じ会社から出してるんなら比較しようもあるけどな

277 :この子の名無しのお祝いに:2011/03/30(水) 12:51:23.44 ID:av1XGOHq
BSプレミアムで「祗園の姉妹」放送するって

278 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/03(日) 23:51:01.77 ID:aJNBYoSx
溝口は大映だからDVDは角川だろ。
字幕入れてるのは東宝だけじゃないの?それも巨匠だけ。

279 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/10(日) 22:34:00.77 ID:eZclwWFn
しかし山椒太夫のあの花柳喜章という俳優さんの五頭身 あれみた欧州の
映画関係者は心底驚いたのではないかなと思う。
オレも最初見た時びっくりしたもん あの人がなんであんな大役もらえたのかが
不思議。 身長155センチ位? まー、ナイナイ岡村と思えばいいのかな?

280 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/10(日) 22:53:48.92 ID:4ohWkp9O
彼は花柳章太郎の息子。溝口は花柳に義理があって息子を起用したって話だ。

281 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/11(月) 01:18:36.28 ID:oS5ZfWhW
せめて戦前作品くらいは字幕付けて欲しいよな
浪華悲歌とか聞き取りにくくて仕方ない。

282 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/11(月) 09:57:33.64 ID:0SDtl180
溝口の作品は男優の方は手抜きな感じがする。ヒロインを引き立てたいからだろうけど。

283 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/11(月) 16:15:01.94 ID:iKQg6CEG
脇は、進藤英太郎、柳永二郎、山村聡とか凄い。
主演は、会社事情で旧劇の人、採用することが多いな。

284 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/12(火) 23:59:37.53 ID:JJcuMl9u
「山椒大夫」の厨子王役はデビューしたての市川雷蔵に
演ってもらいたかったぁ…
まぁないものねだりだけど。
香川京子の兄があんなヘンチクリン(失礼)なんて
ありえんやろ。

285 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/13(水) 12:22:23.85 ID:+ShmDzZ4
雷蔵と香川京子は「大阪物語」で共演してるよ。
「大阪物語」はもともと溝口が監督する予定でキャストまで決まっていたのに
溝口が急逝したので吉村公三郎が監督した。溝口がもっと生きていたら溝口作品
で雷蔵と香川京子の共演が何本も見られたかも。

286 :この子の名無しのお祝いに:2011/04/17(日) 17:57:44.68 ID:z25bEi00
香川スレに帰ってくれないか
邪魔

287 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/04(水) 21:15:12.69 ID:KbQ53ql4
新平家が放送されたというのに…

288 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/05(木) 21:11:34.78 ID:3zQWQYFZ
新平家物語は創価学会の池田名誉会長が若き日に
恩師である戸田先生に連れられて見た思い出深い映画だそうです。

289 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/06(金) 05:01:18.03 ID:Z5VlzQ1o
>>287
正直あんまり思い入れがないんだよな、新平家には。

290 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/06(金) 12:26:50.57 ID:eERZj431
雷蔵がミスキャストだな。
まあラッパに言われて起用したんだろうが。

291 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/06(金) 12:59:19.02 ID:SFJxmDlj
>>290
違うよ。会社側は大スターの鶴田浩二を起用させたかったんだけど
溝口が無名の雷蔵でOKしないと監督降りるぞと抵抗して雷蔵になったんだよ。

292 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/06(金) 23:00:40.98 ID:MTifgEYp
見たかった気もするな。
溝口演出の鶴田浩二。

293 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/07(土) 23:43:05.99 ID:2IZnXgUh
?291
前年にデビューして主演作もあり梨園からの転身でもある雷蔵が無名ってことはないでしょ。
新人ならまだわかるけど。


294 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/08(日) 23:27:54.39 ID:EFrXBhJ6
>>293
“無名”ってところは“新人”と置き換えてもらっていいよ。
書き込む時にイージーに使った表現だから。

正確には溝口は「海のものとも山のものとも分からない新人」と評している。

295 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/08(日) 23:29:44.01 ID:tZI5314+
溝口先生のお言葉は、文字通り解釈しないほうがいいのではw

296 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/08(日) 23:40:57.41 ID:EFrXBhJ6
文字通り解釈しないってのはどの部分の事か分からないけど
いずれにせよ、鶴田浩二は青年清盛役に使いたくなくて、
雷蔵を起用したのは確かなんだからそれでよくない?

297 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/09(月) 03:18:21.62 ID:EM0D6PjF
鶴田浩二の青年清盛役。たしかに似合わない。

298 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/14(土) 09:50:11.51 ID:Vd0AyS2u
三國は溝口に呼ばれて衣装チェックまでしたのに、ラッパの鶴の一声で下ろされたらしいが。

299 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/14(土) 22:45:02.48 ID:rX1IvJbM
溝口映画に出れるというので喜んで京都に行ったら
監督が衣笠に代わっていてがったりしたという、
高峰秀子の話が彼女のムックに載っていたかど、
「新・平家物語」の続編は最初溝口で撮る予定だったの?


300 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/14(土) 23:15:48.75 ID:FWcHSNyd
成沢さんが脚本だしそうだったんじゃないのかね。

301 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/15(日) 22:59:33.25 ID:xD6R/21R
じゃなんで降板したのかな?
またラッパが変な音出したとか?

302 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/23(月) 18:19:52.61 ID:9+Dcb8R3
ところで溝口の奥さんって何時頃まで生きてたの?
「ある映画監督の生涯」によれば75年にはまだ生きてたらしいが。

303 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/23(月) 21:04:04.93 ID:k8JH7ZSw
長門裕之が死んだので思い出したけど、『近松物語』の南田洋子さんは可愛かったな

304 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/24(火) 08:47:08.40 ID:JPxTMS6K
>>302

1979年まで

305 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/24(火) 16:24:37.90 ID:m3b4fRxo
韓国では特に評価が低い監督。


306 :この子の名無しのお祝いに:2011/05/24(火) 17:36:05.47 ID:CbeLJA69
韓国ではイム・グォンテクに似てるとか言われて結構関心高かったんじゃなかったか?

307 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/02(木) 20:11:17.01 ID:Sgp7nSFP
溝口健二監督の幻の名画「浪花女」は川口松太郎が脚色して何度か舞台で上演されていたんだね。
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/stage/trad/20110228-OYT8T00639.htm
http://www.shochiku.co.jp/shinpa/pfmc/100603/


308 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/05(日) 17:46:05.07 ID:qsaLyE1n
宮本武蔵が見てみたい。
溝口があの物語をどう映像化しているのか興味津々。

309 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/06(月) 17:28:32.02 ID:f9XucyWr
>>308
「宮本武蔵」はどうしようもない駄作だよ。
溝口もまったくやる気なしだし。あれなら「名刀美女丸」の方がよっぽど面白い。

観る機会があれば是非観てみる事を勧めるが期待はしない方がイイよ。

310 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/06(月) 22:16:33.82 ID:9oHkEaId
へぇ。駄作なのか。
それならそれでどういう駄作ぶりなのかに興味が沸くな。
まさか巌流島がないとか?

討入りなしの「忠臣蔵」は溝口的解釈で結構面白かった。
あのセットだけでも見る価値があった。


311 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/22(水) 07:05:28.77 ID:sD2WzjVN
「唐人お吉」 溝口健二監督 出演:梅村蓉子
http://www.youtube.com/watch?v=_XFBfpL269k

312 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/22(水) 09:21:13.37 ID:f7H3CJG8
チョンは書き込むなよ

313 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/24(金) 12:06:59.71 ID:Pw/8R72Q
中国では黒澤、溝口、小津、成瀬なんて全然知られていないそうだ。

314 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/24(金) 13:07:02.72 ID:GdGDgdhz
支那人も背伸びして書き込まなくていいよ。

315 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/24(金) 20:25:13.42 ID:g+DHnHDg
今日はじめて山椒大夫を劇場で見たんだけど最初にテロップがあってびっくりした
しかもなんか後年付け足された感じで綺麗だったし
あれはどういう経緯のものなの?

後西鶴一代女も最初に最近の東宝マークを白黒にしたようなものが付いてたんだけどあれもなんなの?

316 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/24(金) 21:44:42.15 ID:/cPULSNq
西鶴は児井プロと新東宝の製作だったが、後に東宝が買い取った。


317 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/25(土) 12:27:50.60 ID:JQjUCOJk
>313
シナ人の事などどうでもいいが
確かにシナには佐藤純弥や木下恵介の方が影響を与えてる

318 :この子の名無しのお祝いに:2011/06/25(土) 20:04:31.96 ID:6rncDCDt
チャン・イーモウの「HERO」とか「羅生門」の影響が強いって指摘されてた覚えがあるけどな

319 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/01(金) 20:35:52.22 ID:h58ATVqO
蓮實重彦、山根貞男編「国際シンポジウム溝口健二」という本を読んだ
ビクトルエリセや香川京子、田中徳三の話とか面白かったが
この本、最後の
木下千花とかいう人物のありきたりな左翼まるだしの低俗な文章には呆れた
そこだけ残念な本

320 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/01(金) 23:18:22.72 ID:iAIMUGgB
あのシンポジウム行ったんだけど、
井口奈己の話が思いがけずなかなか面白かった。
それと若尾文子のついさっきあった話のような気持ちのこもったひとり語りが楽しかった。
香川さんは山根のインタビューを受ける形の話だったけど、
若尾さんは一人語りだった。それがすごくよかった。
あれは文章では伝わらないと思うので、書いとく。

321 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/02(土) 05:27:57.60 ID:7lQKBBsN
〉あれは文章では伝わらないと思うので、書いとく

って言われても何も伝わらないだろw

322 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/02(土) 14:01:09.19 ID:HPsEOYJG
頭はよくなさそうだw

323 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/03(日) 01:37:55.35 ID:S+jhsZak
見透かされてるのよ、多分
お前のレベルと人格が…

324 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/13(水) 18:36:28.61 ID:mjappYWj
成瀬巳喜男さまは溝口健二よりも評価されていいと思う。
雨月物語?
あんな長いだけの拷問映画なんかより、成瀬巳喜男さまの「女が階段を上る時」のほうが100倍面白いわアホウ!


325 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/13(水) 19:38:09.34 ID:mf4Mw0dA
雨月は長くないだろ
まあ、雨月も女が階段も両方ともつまらないけど

326 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/13(水) 21:53:33.17 ID:sXCKhpj6
「女が階段を上る時」なら溝口の現代物と較べないとね。


327 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/14(木) 04:42:06.21 ID:l2THz2rO
溝口の現代ものって知って言ってるだろw
それじゃあ成瀬の圧倒的勝利じゃないか。

328 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/14(木) 19:36:09.04 ID:LJ/8t5qH
「女が階段を転げ落ちる時」

溝口にはこれがふさわしい。

329 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/15(金) 01:37:01.36 ID:c5pH3isZ
浪華悲歌、祇園囃子、赤線地帯辺りは十分成瀬の作品と張り合えると思うけど

330 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/17(日) 16:11:03.19 ID:UYI1TJH9
成瀬の方が実力が上なのはまあ否定しようのない事実だな

331 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/17(日) 16:20:16.80 ID:QHJXBR05
近所のツタヤには小津、黒澤、成瀬、木下、市川、今井、川島、山田
その他監督らの作品は置いてあるが
溝口健二の作品は一本も置いていない。

332 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/17(日) 19:55:04.57 ID:02uNEEwx
溝口は時代劇よりも現代劇のほうがいい


333 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/17(日) 20:24:46.59 ID:ybYw58UB
溝口、成瀬はどっちも好きだな。
古典監督では海外の監督も含めて一番好きな部類に入る。

334 :この子の名無しのお祝いに:2011/07/17(日) 21:51:22.37 ID:SXmW6rrw
>>331
俺のよく行くTSUTAYAには溝口は何故か全部置いてある。



335 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/05(金) 12:50:42.05 ID:6XWD0P5q
>>319
北米の映画研究スタイルだとアレがデフォルト
右翼っぽい研究者とか逆にあり得ない

336 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/07(日) 03:52:37.06 ID:b6uPzbOz
山椒大夫、雨月物語、近松物語
どれも絵の雰囲気は最高に良いな

内容は正直微妙だけど・・・・

337 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/07(日) 13:21:17.91 ID:bY7/+pwG
>>335
普通にいるけど…
イギリス、フランス、アメリカなどに。

338 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/08(月) 01:58:06.98 ID:ELg5+wNq
旅と書物と取材ノート/溝口健二(2)−関東大震災を受け、京都の撮影所へ
   ◆ 福田和也/溝口健二、日活向島撮影所跡地

週刊現代(2011/08/27), 頁:13



339 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/09(火) 22:50:56.82 ID:WT3gmkaJ
西鶴一代女てわざわざ西鶴の名を題名に冠してるのに
西鶴とは全然別物なんだよなw
西鶴の研究者が西鶴一代女を見て、西鶴はこういうものだと
誤解してる外人が沢山いて困ると嘆いていた。


340 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/10(水) 01:49:23.90 ID:5xShKtjb
基本的に西鶴に興味ある外国人なんていないと思うけどね。

341 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/10(水) 15:01:24.66 ID:xSQrWntN
溝口初心者です。戦後の代表作を6、7本観たんですが、感じたことを二つほど。

・一見、暗鬱なムードの画面が多いけど、そこで行われる会話は、
 親切すぎるほど分かりやすくて、ちょっと説明的に感じるぐらい。
 小津はもちろん、黒澤作品よりもさらにセリフが直接的で分かりやすい。
 これで、文芸作品的なとっつきにくいイメージが吹き飛んだ。

・一度「No!」ときっぱり言いきった人間が、感情的に我慢できなくなったりして、 
 「やっぱりYES!」って、シーンをまたいだりせず、すぐその場で
 心変わりする(本音をさらけ出す)場面が多いと思った。
 これって意外と他の監督の映画では、そう頻繁にやってない気が。
 大抵は、心変わりを描く時は、シーンをまたがせるんで。

342 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/10(水) 21:42:43.32 ID:qRfOP4oq
西鶴の作品なんて現代の一般的日本人にとっては決して面白いもんじゃないから大幅改変も仕方ないわな

343 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/11(木) 17:36:16.68 ID:K5VTPu/Q
雨月物語しか見てないけど、これみよがしのクレーン撮影が目障り。
作為的に感じられて不自然。
絵巻物を見るようにという意図らしいが、映画は映画であって
絵巻物じゃないから、そこが違和感を感じる原因なんだろう。


344 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/11(木) 19:10:38.16 ID:A/hWIVCS
単に宮川のキャメラワークが趣味じゃないってだけの事だろ

ってか絵巻物云々の理由は意味不明。

345 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/11(木) 22:24:02.30 ID:cGfc4L0F
新・平家物語はもっとダメだろうな

346 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/11(木) 22:27:31.37 ID:9rZSGpEc
「絵巻物」というのなら「西鶴一代女」がその表現にぴったりだと思う。
もちろん、これはよい意味で。

「西鶴―」は数奇な運命に翻弄される女の一代記もので、珍しい題材ではないが、
かかる女の一生を、まるで絵巻物を見るように描いた映画は他にないと思う。
この映画、公開当時は日本ではそれほどの高評価を受けず、諸外国で賞賛された
らしいが、さもありなん。
洋画はカットつなぎで物語を進行させる作品がほとんどなので、まるで映像が絵巻物の
ように流れていく映画というのを、西洋人は「西鶴―」で初めて見て驚嘆したのではなかろうか?

「絵巻物的映画」といえば、アンゲロプスの「旅芸人の記録」にも通ずるものがある。


347 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/12(金) 01:09:17.61 ID:rSkHklsi
>>343
いろんな本を読むと、その時期に外国の評価を意識してたフシがあるから
その あ ざ と さ が気になるということじゃないかな。
おれは大好きだけれども。

348 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/12(金) 02:59:38.54 ID:u42nib37
雨月はエピローグが残念。
それまでの、あの幽玄な映像を見せていた監督と同一人物とは
とても思えないような陳腐な演出。
墓の前でガキが手をあわした瞬間、溝口を殴り殺したくなった。


349 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/12(金) 11:23:24.99 ID:u1+t190H
>>341
心変わりシーンか…考えたことなかった。とてもおもしろい観かたですね!
セリフのわかりやすさは脚本家が誰なのか、録音の手際はどうか、など
監督以外の不確定要素あり。戦前の作品は聞き取れないの多いよ〜!!


350 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/12(金) 14:40:44.98 ID:JdTn95si
「小津さんは自分の好みの中でしか仕事をしなかった。その上、好みを自分で知りぬいていた。だから幸福だったでしょう。
しかし、溝口さんは一生自分がなにをやりたいかもわからず、ただ、無茶苦茶に頑張った。
苦しい一生だったと思います」

大島渚ってやはり頭のいい人だとこの発言で思った。

黒澤の「羅生門」にも教訓が出てくるけど「雨月物語」の教訓との違いは
監督がそれを信じてること。
「雨月」の教訓は「羅生門」がベネチアで受賞したから、その真似して
無理矢理入れ込んだ印象しかない。


351 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/12(金) 14:48:02.75 ID:JdTn95si
田中徳三が雨月物語で助監督やってた時に
溝口の子役の扱いがあまりにひどいのでその子の母親に泣き付かれて困ったと
いってた。

溝口は子供は嫌いだし、関心も全くなかったと思う。
実際、雨月物語見ても、子供への愛情などかけらも感じられないのは
ある意味見事だ。


352 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/12(金) 14:49:14.73 ID:nR8tg5uX
雨月に教訓なんて出てくるか?

353 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/12(金) 20:08:28.44 ID:HsPuJCfv
>>350
教訓とかなんとかって読み間違えてると溝口の映画はまったく理解できないだろうね。

ってか理解が付け焼き刃すぎる。

354 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/12(金) 22:00:29.25 ID:i+txBukL
俺は雨月の感想なんて、田中絹代カワイソス・・・でも子供の方は生きててよかった!!
これからは幸せに暮らせよ・・・だったな。
教訓なんて考えたこともなかった。

355 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/13(土) 00:26:09.05 ID:7Pl1tKa7
初見のとき、京マチ子の目がイっちゃってる場面がいくつかあって、ほんとにスゲエなあって思ったよ。
マチ子さんは赤線地帯も格好良くて素敵でした。

356 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/13(土) 18:30:11.93 ID:EunCsoxp
>>257
人が人として目覚める以前の物語とか大真面目にやっちゃうところが
溝口の痛いところだ。
今の人間もめざめてなんかいないのに。
山椒大夫に変なメッセージ性付け加えてかえっておかしくしちゃってる。

たまに「終身雇用は日本の文化」という論者がいるが、綺麗な一面だけ取り上げて見せるのは
フェアではない。同じように「ピンハネ、中抜き、弱者の徹底した排除は、
世界に誇る日本の美しい文化」
と宣伝されることをおススメしたい。

「ピンハネ」は日本の美しい文化である (2/2) : J-CAST会社ウォッチ
http://www.j-cast.com/kaisha/2011/08/10104034.html?p=2

357 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/13(土) 23:56:28.29 ID:NKtQTP28
普通のレスと見せかけて強引にスレ違いの話題に持っていくのも
美しい文化なのか?

358 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/13(土) 23:59:04.93 ID:w0422ZWC
今度はメッセージせいか…

359 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/14(日) 04:42:13.17 ID:fgP4jeWk
「これはまだ人が人として目覚める以前の物語である」

単純に昔々の話である、ってことでしょう。
そんなに深い意味はないと思う。

360 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/14(日) 12:50:16.09 ID:BzC0RKjw
人買いの非道さを言ってるだけでは?

361 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/14(日) 12:55:46.53 ID:LpfFgRCo
女と子供だけの長旅は危ないお

女と子供だけで野宿するのはもっと危ないお

あやしいババアが親切にしてくれると絶対危ないお

教訓ならいろいろあるおw

362 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/14(日) 14:48:09.70 ID:AAlnev8y
西洋人の目を気にした、なんて説があるようだが、
西洋だって結構な長い歴史だぜ奴隷制度。

363 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/14(日) 18:38:56.54 ID:8A1CDRgI
香川京子を山椒大夫がいたぶるシーンは必要だったね。
「いやじゃ、いやじゃと言っておるが、下の口は正直によだれをたらしておるぞ」
「おおー、さすが生娘じゃ、良く締め付けおるわ」

364 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/14(日) 20:35:33.78 ID:G1lwTkba
台無しだよw

そういえば、祇園囃子で芸妓たちが憲法を学ぶシーンがあったね。
ちょっとした違和感を感じたが、海外向けの状況説明かもしれないね。
まあ、どっちにしたって溝口作品への評価は不変です。


365 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/14(日) 21:47:04.09 ID:AAlnev8y
西鶴の序盤で三船が、
「身分などなくなり、自由に恋をできるような世の中に〜」
とか言って斬られるけど(細かい部分はちょっと違うかも)、
ここは正直苦笑い。これも海外の目を気にしたのかね?
現代の価値観を持った人物を出して不自然って批判されている、
近年の大河ドラマじゃないんだからw

まさかこの後も、こういうティストが入ってるのかって思ったけど、
全然違ってホッとした。

366 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/15(月) 11:27:36.58 ID:t4+ld5b7
>>365
海外と言うより戦後すぐの民主主義の影響では?

367 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/15(月) 15:04:00.81 ID:EMuvVphJ
だから、日本は民主国家になりましまたよ〜
日本人がそういう思想を理解してないわけじゃないですよ〜
っていうアピールに聞こえる。
昭和28年なら、別にGHQにそういうシーンを入れろって
命令されたわけではないと思うが。

368 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/15(月) 16:26:25.35 ID:jXm4msMz
本来そういう作品ではないのに、「傾向映画」ぽい部分が無理矢理入ってくるから
違和感が出てくる。
溝口には芸術的センスの良さは感じるけど、「教養」はあんまりない人だと思う。




369 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/15(月) 17:09:20.12 ID:78nCEZJP

こう暑いとニワカが湧いて困るな。

370 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/15(月) 17:42:16.31 ID:78/2GOKl
そんなに敷居を高くする必要はない

371 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/15(月) 18:38:21.00 ID:EMuvVphJ
まったくだ。自分では何も語らんくせにな。

372 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/15(月) 22:21:50.26 ID:ZaGduUV0
なんか溝口がここまでボロクソ言われるのも珍しいな
普通は2ちゃんでも神格化されてるのに

373 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/16(火) 14:14:47.27 ID:eiy6hFyS
>>372
ボロクソになんかいわれてないだろ。
溝口にもおかしなところはあるよねというだけ。

黒澤明も溝口の西鶴一代女みたいな映画が本当の芸術だ
自分なんかとてもかなわないと
持ち上げる一方で、溝口さんの映画に出てくる侍は変だよねwww
て馬鹿にしてた。

374 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/16(火) 16:10:57.55 ID:CSdVESuf
まあ溝口の映画って内容は正直微妙だからな

375 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/16(火) 16:38:59.94 ID:m7ohrH9H
>>365
身分違いの恋は源氏物語にも出てきますし、
身分違いの恋が許されない世を嘆く話は、
題材になってる江戸中期の浄瑠璃でも定番です。
(武家の人間を登場人物にするのはご法度だったけど)

376 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/17(水) 04:50:31.04 ID:8Vdrl4Y/
小津・成瀬は画面が緊密すぎて観てて疲れる。
黒澤は力が入りすぎて疲れる。
その点、溝口は一番自然。



377 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/17(水) 10:45:33.72 ID:nMvFzB/a
>その点、溝口は一番自然。

これは釣りか?


378 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/17(水) 23:37:31.96 ID:i8a8NljH
疲れない映画なら断然木下恵介だと思うけど。
成瀬・小津も疲れないけどな。
黒澤は10倍疲れて何回も見る気がしない。
溝口の疲れ度合いは5倍くらいかな?

379 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/18(木) 01:54:37.48 ID:/qRP9ziX
木下は疲れないけど後に何も残らないな
黒澤は疲れるけど、結構見返したくなるな。

380 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/18(木) 12:58:37.29 ID:lypLTodg
大島渚「小津さんは自分の好みの中でしか仕事をしなかった。その上、好みを自分で知りぬいていた。だから幸福だったでしょう。
しかし、溝口さんは一生自分がなにをやりたいかもわからず、ただ、無茶苦茶に頑張った。
苦しい一生だったと思います」



381 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/18(木) 14:02:49.16 ID:NXCxL1I0
むしろ溝口の映画のテーマは一貫してるじゃん。
女が運命に翻弄されて苦労する映画。
最後の「赤線地帯」もそうだった。

382 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/19(金) 02:06:46.55 ID:taM5moYt
>>350
雨月は永田の命令で仕方なしにハッピーエンドにしたんじゃなかったか?
特に弟夫婦がよりを戻すことに溝口は御不満だったとかいう話。

383 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 【東電 53.2 %】 :2011/08/19(金) 05:41:12.57 ID:kpvNrUzg
「浪花女」見てみたい!

384 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/20(土) 02:43:43.06 ID:lp5t7BZB
>>382
永田に屈したのか。
溝口にガッカリだな

ブレードランナーをハッピーエンドに変えたリドスコなみの変節やな

385 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/20(土) 02:58:34.88 ID:U1HtXZlf
映画じゃよくあること。



386 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/20(土) 06:58:34.21 ID:ZHLGuKk4
ああ、どうりで簡単によりを戻ったわけだ。
男も女もお互い、あそこまで距離が離れて、それでも元サヤって
甘いなって思ったが。
特に男の方にしてみれば、もともと持ってた野心のまま成り上がりかかってる最中で、
元女房への無償の愛でもないかぎり、野心を捨てて元鞘に戻る
メリットはあまりないんだが。

387 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/20(土) 09:58:18.06 ID:pmIZD7yt
ゲド戦記でアレンの父殺しがよくわからないのと同じことだな。
Pの横やりで脚本が壊れるw



388 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/20(土) 21:19:15.37 ID:KpuyDZyC
ラッパを擁護するわけではないが、ラストはあれで良かったと思うよ。
あれで小沢と水戸夫婦がヨリを戻したことで幾分救われる。
観客に後味の悪さを与えたくなかったのだろう。
これはさすがラッパの慧眼というべき。

389 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/21(日) 21:17:13.56 ID:3xzDhTkn
雨月物語のVHSソフトの裏の説明に女郎屋で小沢と会った水戸光子は自殺とあったから最初はそうだったんだろうな

390 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/21(日) 21:26:18.80 ID:XuDTIGmb
原作は・・・というか、原典はどうなの?

391 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/22(月) 23:02:32.40 ID:1xwi1lW2
雨月はラストの変更以前にもラッパに脚本没にされたらしいね。
最初に溝口が要求したダリ風の雨月物語とかいうのが。
依田と川口と三人でアイデア出し合ってたら、悪ノリしすぎてかなりヘンテコな脚本になったとか。
ちょっと読んでみたいけど。

392 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/23(火) 14:48:28.24 ID:Wv6prUja
川口松太郎みたいな三流と組んで仕事しなくてもいいのにな。


393 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/23(火) 15:50:43.86 ID:pe4SA05R
川口は得意の原作窃盗だけなんじゃないの?

川口「この脚本を元に原作を書くけどいいね?」
依田「はい」


394 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/23(火) 22:14:55.31 ID:3pLFVf8G
永田ラッパは毀誉褒貶の激しい人物だが、なんと批判されようと
溝口健二に傑作を創る場を与え続けたことは事実。

この事実だけで十分評価に値する人物。

395 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/23(火) 23:58:18.87 ID:mqRJRj3a
永田って、黒澤の羅生門を「こんな暗くてつまらねえもん売れるか阿呆!」
ってボロクソだったのに、海外で賞取ったとたん
「羅生門はわしが育てたキリッ」って言い出して
黒澤が「あんたの存在がリアル羅生門だ」
って呆れたんだっけ?

396 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/24(水) 01:49:44.45 ID:q+DOf7jB
でも、そんな暗くてつまらなそうな作品に大きな門まで作ってあげたのも永田

397 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/24(水) 12:42:07.97 ID:BmPQm7zf
>>395
試写の後に永田の語ったのは「なんやよーわからん話やな」

>>394
しかも新興と大映と会社変わってもだからね。


398 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/24(水) 22:58:50.18 ID:pmHrmx/H
永田のラッパをまともに聞いてはいけない。
だいたい、製作者で興行の責任者ともあろう者がいくら作品を
ボロクソに言ったところで、本当に駄目だと思うのなら脚本の
段階でボツにしているよ。
事実そうして日の目を見なかった映画はゴマンとある。

黒澤や溝口をなじるのは彼らの才能を永田が認めていたからこそ。
まぁやんちゃな息子たちをボロカスに言う親父の感覚かな?
「ある映画監督の生涯」を見ると、永田が溝口をきちんと評価していた
ことがよく判る。黒澤も同様。

なんだかんだ言いながら日本が誇る映像の世界遺産とでも言うべき
「雨月物語」や「羅生門」などなどを両監督に作らせた永田は、
批判される部分もあるものの、やはり傑出した映画プロデューサー。

399 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/24(水) 23:03:37.27 ID:BmPQm7zf
羅生門プロデュースについては、森岩雄、本木荘二郎の力も大きい。
任しとけと引き受けた永田の功績も大きいけれど。

400 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/25(木) 06:52:30.25 ID:ijyK4GlL
溝口健二もヤクザ系の人と付き合いあったらしいね

401 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/27(土) 18:15:54.57 ID:wrN/CS25
ないほうがおかしい。吉永小百合だって付き合い程度はあるだろう。

402 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/27(土) 22:26:06.20 ID:rQFpfPpn
>>398
羅生門のベネチアでの受賞がなかったら
雨月も山椒大夫もなかっただろう。

403 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/28(日) 19:39:56.24 ID:UwpiBW7W
>>402
それ言ったら、そもそも永田がOKしなきゃ「羅生門」もなかったわけで
ベネチアうんぬんも何もなかったわけだ。
「わけがわからん」とか文句言いながらもあれだけの作品を作らせた
永田の偉業に変わりはない。

404 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/28(日) 23:54:23.75 ID:BJ6Hyf6j
どうせ過疎ってるし永田議論を続けるのは構わんが、
とりあえず口汚い言葉は使わず紳士的に議論しろよ。

405 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/29(月) 19:05:31.65 ID:3KqEqXcO
>>403
ベネチア出品はわざわざ来日して
出品作品探しだし、しぶる永田を説得し
ようやくプリント1本提供させて
自費で英語字幕付けてくれたイタリア人のおかげ。



406 :この子の名無しのお祝いに:2011/08/29(月) 23:12:06.39 ID:3wS2S5K0
どうも論議が噛み合わんなぁ
では「羅生門」がベネチアに出品しなかったらどうだったのか?
仮定の話をしてもあまり意味がないと思うが、映画自体の
素晴らしさに変わりはないわけで、その傑作を作らせた永田
というプロデューサーをきちんと評価すべきという論旨だよ。

ベネチアの賞は、それはそれで意味があったのだろうが、
別に受賞しなくても映画自体の価値に変わりはない。
永田はその言動や思想的背景から毛嫌いする人が多いが、
映画ファンとしては、数多くの傑作を生み出した名プロデューサー
を感謝の意を持って讃えたいと思う。

407 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/01(木) 12:32:28.30 ID:sEFdvT7l
雨月物語よかったのですが他にオススメは何ですか?
これ1本しかみてません。

408 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/01(木) 14:58:15.18 ID:5uQ0vyEn
まずは西鶴か山椒

409 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/01(木) 17:18:28.32 ID:A5tw5/7o
408の次は残菊かな

410 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/01(木) 23:54:32.84 ID:8HKLlKK7
祇園の姉妹だろ

411 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/02(金) 00:36:04.86 ID:PFT1sEjF
いやいやここは「浪花非歌」で

412 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/02(金) 05:21:46.85 ID:EGwBdBtX
近松と言いたいが、これ観たらある意味で頂点を見てしまった
ことになるから、5、6本目に観るのがいいな。
頂点ってのは、作品としての最高傑作って意味じゃなくて、
観終わったあとの胸が締め付けられる感じとか。

413 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/02(金) 12:16:13.43 ID:o2pjnpox
>>411
悲やろ
歌に非ずってなんだよ

414 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/02(金) 12:56:05.64 ID:F+xr5tlu
>>407です。

レス下さった方々ありがとうございます。
観てみます。

415 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/02(金) 13:16:49.06 ID:qoATkcuy
隣町の文化ホールで土日溝口健二特集やる。
ラインナップは、
西鶴一代女、雨月物語、近松物語、 山椒大夫。
自分は西鶴と雨月を見ようと思うけど、近松も捨てがたいし。
四本ともまだ見たことはなく、どれにしようか迷ってるところです。


416 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/02(金) 15:03:55.03 ID:WJ7mhw4N
近松は見た事ないなら絶対見れ
えろいぞ

417 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/02(金) 22:58:38.92 ID:FAePhyi9
近松ものって、冒頭に必ず事件の暗示があるのな

418 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/11(日) 22:09:58.54 ID:tHdWOq8B
「雨月物語」と「近松物語」を比較してうんぬんする意見が
散見されるので一言いっておこう。

映画的完成度は「雨月物語」の方がはるかに高いと思う。
映像美の素晴らしさは撮影監督の宮川一夫の力も大きいが、
なにより日本独特の「幽玄の世界」をあれほど見事に
映像化した映画は、まさに空前絶後と言っていい。

「近松物語」も傑作だと思うが、これは近松の世界を実に
うまい語り口で映像化したもので、映像自体の神秘性が
堪能できる「雨月物語」とはそもそも別次元の映画。

「近松物語」では長谷川一夫の円熟味のある演技が光るが、
「雨月物語」では、幽玄の世界に迷い込んだ森雅之の演技が
素晴らし過ぎて驚嘆の一言に尽きる。

長谷川一夫の計算され尽くした演技に対して、森雅之は
恐怖感を抱きながら亡霊に惹かれていく男の揺れ動くさまを
ものの見事に演じ切っているところが凄い。

森は舞台出身にも関わらず、映画では舞台とは全く違う演技を
見せた稀有な俳優といえる。
間違いなく日本映画史上最高の俳優と断言できる。

「雨月物語」は森雅之と田中絹代という最高の俳優が、
最高の撮影監督の映像で、最高の監督のもとに作られた
奇跡的な作品であることは間違いない。

419 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/12(月) 21:14:00.13 ID:RUHil742
「ちんこかちかち」まで読んだ

420 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/12(月) 22:13:48.34 ID:Y8ghVt0+
森も計算し尽くしてるって。

421 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/14(水) 23:34:33.43 ID:PAOCgAPQ
計算し尽くしてあの演技ならなおすごい。
さすが、溝口御大からタバコに灯を付けてもらった
唯一の俳優だけのことはある。

422 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/15(木) 11:39:38.35 ID:ErlLMyLe
森はどんな役やっても、地でやってるとしか見えないんだが、
タイプ全然違う役でもそうだから、演技なんだと分かる。



423 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/16(金) 00:40:10.97 ID:gdSDd1K/
どのシーン出タバコつけてもらったんだろうな
背中に文字書いたのばれたシーンかな
個人的には着物を嬉しがる絹代を妄想するシーンが好き

424 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/16(金) 01:00:19.49 ID:p1KR+kBP
ラストシーンじゃなかったかな。
死ぬ前に「死に顔を人に見せてはいけない」と遺言したらしい。

425 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/16(金) 21:49:48.96 ID:yq1enCmx
>>423
「ある映画監督の生涯」見れ

426 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/21(水) 05:38:27.89 ID:U5NKoQN4
森さんが憎い!とかいうのだっけ

427 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/23(金) 11:17:39.20 ID:trcvI6YD
日本名作映画集、ブックオフの105円〜250円コーナーに移動してるな。
三連休はさらに割引してるから買い集めたい人には嬉しいね。

428 :この子の名無しのお祝いに:2011/09/23(金) 21:42:56.41 ID:F5HbmA6b
西鶴はそのシリーズで買ったな。250円でw
数年前、レンタルのVHSを探すのに、あれだけ苦労したのに・・・

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 22:07:05.11 ID:l4056Dzc
11. 武蔵野夫人 COS-025
 監督:溝口 健二
 主な出演者:田中絹代 森雅之 山村聰 進藤英太郎 轟夕起子
 公開年:1951年  モノクロ  収録時間:88分
 監督が替わって、演じる役柄が違うとこんなにも別人になりうるのかと改めて田中絹代という女優の凄さを見せつけられた作品である。

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 22:07:34.03 ID:l4056Dzc
12. お遊さま COS-026
 監督:溝口 健二
 主な出演者:田中絹代 乙羽信子
 公開年:1951年  モノクロ  収録時間:95分
 「細雪」などで著名な谷崎潤一郎文学の映像化であり、京都を舞台にしていることもあって、背景にさりげなく桜並木を配置したりと絢爛豪華な作品でもある。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 22:07:56.37 ID:l4056Dzc
13. 祇園囃子 COS-027
 監督:溝口 健二
 主な出演者:木暮実千代 若尾文子 浪花千栄子
 公開年:1953年  モノクロ  収録時間:85分
 「赤線地帯」など、女性が中心の特殊な社会を題材にした映画を得意にした溝口健二監督が、京都の花街・祇園を舞台に、そこで暮らす人々を描いた人間ドラマ。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 22:08:18.27 ID:l4056Dzc
14. 雨月物語 COS-028
 監督:溝口 健二
 主な出演者:京マチ子 森雅之 田中絹代 小沢栄太郎 水戸光子 
 公開年:1953年  モノクロ  収録時間:97分
  1953年度のヴェネチア国際映画祭で、監督の溝口健二がサン・マルコ銀獅子賞に輝いた作。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 22:09:15.87 ID:l4056Dzc
5. 西鶴一代女 COS-050
 監督:溝口健二
 主な出演者:田中絹代/山根寿子/三船敏郎
 公開年:1952年  モノクロ  収録時間:137分
 井原西鶴の「好色一代女」をもとに、溝口健二が構成を練り、依田義賢が脚本を書いた「雨月物語」と同じ後世の映画監督たちに多大な影響を与えた溝口健二監督作品。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/26(月) 22:09:57.92 ID:l4056Dzc
6. 雪夫人絵図 COS-051
 監督:溝口健二
 主な出演者:山村聡/浦辺粂子/加藤春哉
 公開年:1950年  モノクロ  収録時間:86分
 船橋聖一が「小説新潮」に連載した小説の映画化、滝村プロの滝村和男が製作、溝口健二が監督した作品である。

435 :この子の名無しのお祝いに:2011/10/01(土) 12:39:53.72 ID:WhkGo26r
初心者です。
祇園の姉妹よかったのですがちょっと違和感もあったので
検索したところ本来90何分かのがフィルムが無くなって
ビデオ化されてるのは60何分しか無いのですが
もう完全版を見ることは出来ないのですか?

436 :この子の名無しのお祝いに:2011/10/11(火) 01:32:23.79 ID:Yafy0r3h
ttp://www.theyshootpictures.com/aintnobodys.htm

「Sisters of the Gion」というタイトルなのに「祇園囃子」の写真が使われている。

437 :この子の名無しのお祝いに:2011/10/22(土) 12:31:22.29 ID:Yt6x14d7
>>435
廉価>>431 http://unkar.org/r/rmovie/1197987126

438 :この子の名無しのお祝いに:2011/11/14(月) 22:26:02.65 ID:iVrJeLC+
祇園の姉妹は一般公開された時にはもう検閲で数分カットされてたはず

439 :この子の名無しのお祝いに:2011/11/22(火) 21:29:34.86 ID:yLcP09zx
雨月物語の水戸光子っておばさんになってからのイメージと
全く違うよね。
あんなエロかったとは意外だった。

440 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/03(土) 17:30:20.11 ID:qMql6b01
溝口映画を9本程観たのですが、他にオススメありますでしょうか?
見た9本では
近松物語
祇園囃子
残菊物語
山椒大夫
噂の女
西鶴一代女
雨月物語
お遊さま
新平家物語
の順に好きです。

441 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/03(土) 20:45:41.90 ID:FkKeZTsJ
浪華悲歌
祇園の姉妹
赤線地帯
は必ず観ないと。

442 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/03(土) 20:50:57.61 ID:j6TVg88o
>>440

「浪華悲歌」
「祇園の姉妹」
「瀧の白糸」は外せないよ。


443 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/03(土) 22:12:34.22 ID:zT6MkStc
「雪夫人絵図」がいいよ。

ラストの山の上、朝もやの中の夫人

444 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/04(日) 11:39:35.37 ID:6d2UeiU1
有難うございます。
『浪華悲歌』『雪夫人絵図』、気になっていたので見ようと思います。
祇園の姉妹は来月BSで放送するみたいなのでそれを見ようと思います・・・

445 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/05(月) 09:33:10.97 ID:sXlDIfJH
「折鶴お千」もいいね

446 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/14(水) 00:19:50.87 ID:kjREfclB
いや時期的には「忠臣蔵」だろ

447 :この子の名無しのお祝いに:2011/12/16(金) 12:24:48.74 ID:VGVPfllz
元禄忠臣蔵・前篇(後編はまだ見てない)もおすすめ。ラストの別れのシーンが素晴らしい。
自分のベストムービーの一つである「近松物語」のラストシーンに通じるものがある。

448 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/07(土) 23:27:23.74 ID:CqVDwiCF
うちの近所のツタヤ、「赤線地帯」がエロ映画のコーナーに置いてあるぞ。

449 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/07(土) 23:35:18.06 ID:0MPj7bjp
Vシネマのお色気コメディー路線のような感じがしないでもないw

450 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/08(日) 11:49:12.18 ID:NAxSPZVr
マチ子の登場シーンが
そツタヤの検閲に引っかかったのではないかと

451 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/10(火) 00:19:15.43 ID:hdyTXpRD
タイトル忘れたけど
お母さんと娘が出会うシーンが連続で二回流れるのあったよね

452 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/23(月) 23:08:20.41 ID:LNaaLuFa
元禄忠臣蔵のあとの
戦中の作品は観てないのだけど、
観た方がいいかな?

453 :この子の名無しのお祝いに:2012/01/24(火) 12:39:49.48 ID:rUBWeyUE
元禄忠臣蔵のあとの戦中の作品は
山田五十鈴主演の「名刀美女丸」くらいしか見たことない。
1時間くらいの映画だし、とくに必見というわけでもないが、暇ならどうぞ。


454 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/02(木) 10:22:50.33 ID:1qNJB+xB
雨月物語のblu-rayがeurekavideoから出るそうだ。今年の四月らしい。
criterionよりも向上した画質を期待。

455 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/06(月) 10:42:02.94 ID:i3JYABa0
ゴーゴリの「外套」ってたしか雨月物語? の種元のひとつだよね?
読んでみたけど共通点がハッキリしない。
奪われた外套→奪われた具足をさがす、ってとこだけなのかな

456 :この子の名無しのお祝いに:2012/02/19(日) 10:40:25.27 ID:/puTR+I1
>>455
自己レス。BSで雨月物語再見してやっとわかった。
「具足が欲しくて欲しくてたまらない」小沢エイタロウさん演ずる野心家の男の
こっけいなエピソードの積み重ねが、外套ゲット経緯を下敷きにしてるわけね

457 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/03(土) 13:38:31.90 ID:gS8tgGzf
武蔵野夫人見たけど川をとらえたショットがめちゃくちゃ綺麗だった。
惑星ソラリスの冒頭を思い出させる様な。タルコフスキーはこの映画見てたんだろうか。

458 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/03(土) 17:04:29.18 ID:oX6ay1j6
ハケだね。国分寺周辺にまだ少し残ってるよ。

459 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/03(土) 17:46:53.72 ID:FkFjEhTO
赤線地帯結構良かった
多々良純ワロタw

460 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/03(土) 23:49:00.63 ID:yKRiGEWt
結構どころじゃないだろ
遺作なのがほんとうに残念

461 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/04(日) 00:23:54.70 ID:uwV+Gmd0
あれが駄作と言われてた時代があったのが驚愕!

462 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/04(日) 16:00:22.53 ID:cyn8niIs
>>459
え〜多々良純出てたの?
2回見たのに思い出せない…

463 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/05(月) 00:30:28.43 ID:HI9w2CWI
>>462
布団屋じゃなかったっけ。
調べればわかるんだろうが、大人気ない気がしたから、記憶で書きました。

464 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/06(火) 10:46:43.92 ID:QRtIatMJ
時間のあるときに是非観てみて下さい。 → http://www.youtube.com/watch?v=zWPAktCuzK4
ネットの中では、「マスコミが真実を伝えない」ということは周知の事実で、
「9.11」「パールハーバー」「南京大虐殺」「3.11」・・の捏造はかなり知られて来ました。
知っているという人も断片しか知らない人がほとんどだと思います。
このシリーズは、それらの「本筋」を非常に分かり易く表しています。
一切の先入観を持たずに観ることをお勧めします。

465 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/07(水) 20:38:17.30 ID:WQlZs4aE
黒澤はやり尽くして死んだ感じだし小津はあれ以上やってもそんなに清張みたいなものはなかったと思うが、成瀬と溝口はまだ成長途中って所で死んじゃった感じだなあ
特に溝口

466 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/12(月) 00:18:35.79 ID:OZZBhvj2
>>460
あー、大阪物語が遺作だと思い込んでたわ・・・

>>462
公務員の役だったかな
食堂で若尾とばったり

>>463
布団屋(ニコニコ堂)は十朱久雄では?

467 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/14(水) 00:24:02.40 ID:TShrRZ9X
雨月物語で若狭が踊りながら歌っているのって何て歌か知っている人いますか?
源十郎が目覚めた後廃墟でさまよう時にもバックで流れていたやつ。
歌詞が知りたいんだけど、なかなか聞き取れなくて…。

468 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/23(金) 01:27:22.38 ID:wz9ZXpqM
敬遠していた武蔵野夫人を観た
やっぱ、薄味というか、物足りない 西鶴の方が数倍いい

469 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/25(日) 01:45:43.98 ID:opf6SWPc
川辺を2人で歩くシーンだけはちょっとよかった>武蔵野夫人

470 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/30(金) 00:41:51.14 ID:BBCW13BX
雪夫人と武蔵野夫人
木暮は芦ノ湖で、絹代は青酸カリで…
やりきれないが、唯一の救いは両方とも\380だったこと


471 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/30(金) 14:13:10.24 ID:D3O6YRGa
そういえば、「噂の女」の久我美子・田中絹代と三角関係になる人間国宝が
亡くなったね。

472 :この子の名無しのお祝いに:2012/03/30(金) 15:52:12.36 ID:iYuvAhB+
溝口は大映事情の旧劇系男優主役がウィークポイントだったね。

473 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/01(日) 21:53:37.77 ID:woTOWxHk
>>472


474 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/04(水) 02:09:46.41 ID:wdPpHA7I
依田さんて「祇園の姉妹」を書いたとき29歳で、なんとまだ童貞だったとか。
芸者遊びも知らないだろうに、毎日弁当持参でお茶屋に通って取材したとか。
溝口監督と子弟関係だったけど、もう一人前の年齢、キャリアになっても、
溝口は依田を小僧扱いして、それは溝口の死まで続いたとか。
ボロクソのダメだしで、5回6回の書き直しは当たり前。
同業の脚本家が「あんなに従順になることはないだろ?」と言っても、
「わては爬虫類や、どんな目に合うても食らいつくんや」と答えたとか。

475 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/11(水) 21:38:55.46 ID:YWisZZFk
駄作として名高い「楊貴妃」見た。
中国が舞台の作品なんだから、
こんな時くらい進藤英太郎出てこなくてもいいのに、
いきなり出てきてワロタ

476 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/14(土) 08:39:50.87 ID:n6a0f25j
楊貴妃はボグダノビッチが絶賛してて驚いたな

477 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/14(土) 19:24:47.01 ID:xW/ql+Ix
ボグダノさんのほうが日本人の感性より優れているのだろう

478 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/15(日) 10:35:12.56 ID:xNm29diI
中国じゃなくて架空の国の話としてみれば、
日本人や中国人も楽しめる。

479 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/21(土) 04:33:12.22 ID:n8j3MMSM
Talking SilentsってDVD、これって台湾の製品なの?

480 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/22(日) 15:44:26.52 ID:W6jY6voY
違うと思う
字幕は中国語とか韓国語とかついてるようだが

481 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/22(日) 20:48:03.17 ID:V0McRKAr
http://www.digital-meme.com/jp/our_products/dvds/index.html
ここじゃないの?
昔から弁士ドサ回り興行しているラインナップだよね。

482 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/22(日) 23:01:53.30 ID:Xrs/ma5P
>>480
>>481
ありがとう
なんかやたら安くヤフオクに出てたから商品紹介読んでみると「台湾正規品」と書いてあったので気になり、聞いてみた次第です。
日本版とパッケージが一緒だったから、台湾でも同じ製品を出してるってことなのかな?

483 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/22(日) 23:06:59.90 ID:V0McRKAr
そりゃそのために字幕入れてんでしょ。
たぶん非正規の逆輸入品。
最近、日本人相手の通販やってる中国人、台湾人、韓国人も多いし。

484 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/24(火) 08:58:40.66 ID:PRodtC29
弁士の声のオンオフが出来ないのは個人的に納得いかないな。
苦手なんだよね活弁てさ。
でも日本の無声映画は本編字幕もフィルムの痛みや字体のせいで読むのに時間が掛かることが多い。
弁士の字幕よりも字幕の字幕こそ入れて欲しいと思う。

485 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/28(土) 11:43:36.04 ID:LZOE/Ta/
昔の映画はトーキーも台詞聞き取り辛いから字幕あった方が助かるよな
黒澤や小津のDVDには日本語字幕もあったけど、溝口のはなかった

486 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/28(土) 13:11:45.14 ID:JZ+QAaw5
弁士こそ日本が誇るべき芸能だ

487 :この子の名無しのお祝いに:2012/04/29(日) 18:18:53.23 ID:b0hzYyZI
日本が誇るべき芸能だとわかってはいても能や三味線音楽が苦手な奴はいるだろう?

488 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/03(木) 05:42:15.53 ID:1Hmuk5qv
オレ邦楽は苦手だから、
西鶴や雨月、山椒大夫なんかのっけからげんなりする。
赤線地帯の黛の現代音楽もめんくらったけど。



489 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/04(金) 01:05:50.28 ID:h95d+bxs
そりゃ、邦楽だけ聞かされりゃウンザリするかもしれないけど、時代劇の
BGMとしてべつに違和感ないだろ。

490 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/06(日) 19:31:00.19 ID:uo5hL27X
俺は弁士なしの方が好きだなあ。音楽だけで十分。むしろ音楽も要らない時も多い。
小津のサイレントが、音楽なしの無声でも見れたのが驚いた。会場も爆笑だった。

491 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/06(日) 21:01:51.19 ID:RZluzaq9
五月八日の「新平家物語」BS放映が楽しみです。
蓮実重彦さんが語った「木暮実千代」の謎がひとつここに。
最高の色香のある名女優木暮さんと溝口監督、
監督が亡くなったとき、木暮さんはわたくしの映画人生も終わったと名言を吐いた
木暮さん!田中絹代ソフィアと木暮実千代エロスが溝口監督の理想のバランス
にあったということ。蓮実さんは木暮さんに溝口は救われたとも言い切っている。
日本に生まれてよかった。


492 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/06(日) 21:04:25.82 ID:5Yj4mtHV
新平家の木暮はギリギリだけどな。
あわや暴走球と言っていいコスチュームw

493 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/06(日) 22:36:25.19 ID:bg2rMsqx
新平家は内田吐夢ぽい

494 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/06(日) 22:40:53.02 ID:5Yj4mtHV
そういや、BSで放送するにあたって、色の調整はするのだろうか?
今使われているプリントはかなり退色していると思うけども。

495 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/07(月) 16:12:04.37 ID:bMBSglrh
去年放映したのの再放送じゃないの?

496 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/08(火) 05:27:51.55 ID:4+ZU7eZ0
新平家再放映は視聴率で苦戦中の大河のてこ入れかな?
↓昔書き込んだエピだけど初見の方のご参考までに

雷蔵初のヒット作となった「新・平家物語」の撮影時(昭和30年)。
平清盛のごつい鎧を華奢な雷蔵に着せようと手こずる衣装係に
ねちねち文句をつける溝口。さらに雷蔵本人に向かって;
(以下そのまま引用)
「雷蔵君もそうです。ちゃんと着るように努力するのです。
 夕陽が沈んでしまったら、このシーンは撮れないのですよ」
 この時突然、これまで無言だった雷蔵が大きな声でタンカを切った。
「やかまし言うなーい。今日お日さんが西へ沈んだら、明日は東から
 出てくるわーい。明日撮ったらええやろう」
 これには森本(マネージャー)があわてた。
「坊ちゃん、なんてことを、溝口先生に」
 どんな大スターにも口答えなんかされたことのない溝口は、虚をつかれた。
「な……な……なにを言う」
 小さな声で口ごもり、それきり黙ってしまった。
 雷蔵はもう爽やかに微笑んでいた。
(引用終わり)
大監督として撮影所に君臨していた溝口は56才、死の前年。雷蔵24才の時のこと。

引用元: 田山力哉著 教養文庫刊「市川雷蔵かげろうの死」
〔発行元の社会思想社がつぶれたため絶版だけど古本で探す価値あり〕
あまりにも印象的すぎるwあの眉毛のエピも読み応えあり!

497 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/08(火) 10:24:45.13 ID:kIv2eNJ2
溝口監督に間に合わなかった、佐久間良子は悔しがったとききます。

もし溝口が長生きしたら、木暮さんはもちろん、田中、京、浪花、香川、若尾は使ったと思いますね。
赤線の後が大阪物語だったし。浪花と香川は予定されてましたし。

もしかなり長生きしたら新藤さんみたく、大竹しのぶとか起用したかしら?
大原麗子を起用しても面白かったかなあと思ったりします。

米国オスカー栄誉賞は当然だったでしょうし。



498 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/08(火) 21:38:21.46 ID:bPJ9OcZL
長生きしたら新藤みたいにボンクラ作品残し続けたかもね

499 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/09(水) 07:59:34.49 ID:NcxU06oS
溝口が佐久間良子みたいな大根女優使うわけないだろ

500 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/09(水) 09:50:06.31 ID:J5OZ9bYa
佐久間はアバスレ感が強すぎてダメだろw

501 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/12(土) 15:11:15.92 ID:GMwWZjxE
それ以前に東映の俳優は使えない

502 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/12(土) 18:00:24.89 ID:RtgwgEg7
だけど木暮さんは松竹だったわよ、新平家では。

503 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/12(土) 18:15:24.71 ID:YxqsbNGH
東映はちょっと特殊だし、五社協定以前からやってる人は融通がきくケースが多かったし、
木暮さんには猪狩さんという優秀なマネージャーがいた。

504 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/12(土) 18:25:02.23 ID:dqf1nwUm
>>497
アカデミー賞より三大映画祭ののほうが誉れは上だよ

505 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/13(日) 00:56:57.84 ID:cU8mr7mZ
大原麗子なんて、佐久間良子よりさらに大根じゃん

506 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/14(月) 04:32:47.56 ID:5nnuf+0z
ただ、三大映画祭でもヴェネチアは凋落ぶりがよく語られるよな

507 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/15(火) 15:51:42.94 ID:q/wL8dIG
「雨月物語」の廉価DVD観てるんだけど0:51:30あたりで
「私は、あの声を聞く度に・・・・・・」て音声が消えちゃってるんだ
京マチ子はなんて言ったの?

508 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/15(火) 16:29:06.06 ID:gsI0boep
>>507
正式版も同じ所で声が消えてるよw

509 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/15(火) 16:48:40.98 ID:q/wL8dIG
そうですか残念
さんくす
「あの声を聞く度にか・・・」まで聞こえるような
「悲しくてなりません」かなと予想

510 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/15(火) 20:37:28.85 ID:Lvu2XwQl
>>498
神藤は若いときからボンクラ作品しか撮ってない。
溝口御大と並べるなど、失礼すぐる。



511 :この子の名無しのお祝いに:2012/05/15(火) 21:50:30.03 ID:FJDZ66k0
>507
確かに。
何か言ってるようだけど、声が消えてる。
ようつべの英語字幕で確認しても、
Whenever I hear his voice -で終わってる。

512 :この子の名無しのお祝いに:2012/06/02(土) 00:03:42.66 ID:jVifQNZm
>>507
正規版DVDには特典画像に当時の予告編が入っていて、
そのシーンの別テイクが収録されている。
____________________________

私はこの声を聞くたびに身体が震えるのです…
呪いの声です…
断ち切れぬこの世の執着の声…
ああ…抱いてください…
____________________________

ここでは「あの声」でなく「この声」と言っている。
両者を比較すると、やはり本編は不自然。
予告編バージョンの方が良いように思える。

溝口は、説明的過ぎて余計と判断したのかもしれないが。

513 :この子の名無しのお祝いに:2012/06/02(土) 00:23:00.87 ID:Nq8eaFsK
どう考えても余分。演技すれば済むこと。

514 :この子の名無しのお祝いに:2012/06/03(日) 20:14:14.10 ID:f1jx+ilE
なにかしゃべっているのにセリフが聞こえないから不自然に感じるんだろうね。
編集でカットしたからなのかな?
素人には予告バージョンで良さそうにも思えるが、芸術家のこだわりなのかも。

515 :507:2012/06/07(木) 00:18:48.42 ID:2tU2T6ba
>>512
おおぉぉ!ありがとう!
最初は「身体が〜」かなとは思ったんだけど、火照るとかうずくとかしびれるだとしっくりこないし
震えるもそのあとのせりふがないとやっぱりいまいちしっくりこない気がしますね
疑問解決すっきりしました^^

516 :この子の名無しのお祝いに:2012/06/25(月) 22:55:42.96 ID:F69qzdfL
さすが正規版DVDだね

わたし\380の見てるけど、そんな細かいとこまで気にならない…

517 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/09(月) 19:01:19.62 ID:5r0UP5VF
あげ

518 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/18(水) 21:48:55.81 ID:1osvD9Gg
赤線地帯借りた。
京マチ子
うまい。

519 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/19(木) 07:32:55.39 ID:+DKhQ6IA
>>518
「赤線地帯」の三益に匹敵する森の映画での演技って一体何なの?
これ一本で完敗じゃないの?

520 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/20(金) 02:19:24.41 ID:ppvxVDCy
森って誰? 森雅之のこと?

521 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/20(金) 07:43:06.85 ID:vOuEMOfj
森光子?

522 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/20(金) 12:32:38.47 ID:UJ8LjaK9
やっと「残菊物語」観ました。
ここでは色々教えてもらって参考になってます。
よかったですが今まで観た中では
「雨月物語」「祇園の姉妹」の方がよいです。
「山椒大夫」はもひとつでした。
VHSのレンタルで観たのですが音悪すぎでした。
DVDなら音いいですか?
(黒澤作品のDVDでも音の凄く悪いのがあったので)

次は「西鶴一代女」を観ます。
もう入手済みです。


523 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/20(金) 13:09:36.04 ID:x59p4ev+
>>522
>残菊物語
自分も今dvd見てる。
戦前のは映像が今一で残念。

524 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/20(金) 14:32:44.67 ID:B7f7ZQoG
>>522
VHSよりはいいけど、もともと悪いから。

それから黒澤の映画は録音が悪いというより、
セリフの勢いを滑舌より重視してる採用してるから、(古いのはほぼアフレコです)
聞き取りにくい人が多いようです。

525 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/21(土) 17:14:12.95 ID:2AvdZs5F
黒澤のDVDはその辺配慮して日本語字幕のオンオフ機能入ってるね

526 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/21(土) 20:53:32.44 ID:AD06W8D6
廉価版で「武蔵野夫人」見終わった。
いい映画だね。

でも音悪すぎ。。
特にセリフの音声が全体的にキーが高くなってしまっていて、
場合によってドナルドダックみたいに聞こえるww
アフレコも、もうちょっとマシにできなかったの?て感じ。
廉価版だからか、保存状態のせいか、それともそもそも録音技術の問題か。

527 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/22(日) 12:42:03.24 ID:C8DYTWXn
>>524

情報ありがとうございました。
色々勉強になります。

528 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/23(月) 05:10:33.92 ID:Kv2vuDS5
雨月物語は能、近松物語は歌舞伎という印象。
雨月の映像は幽玄で美しいけど、京まちこの演技が欧米人には衝撃だったと思うな。
首の動かし方や仕草、リアル能面が映像の中で動いて
あの所作は、西洋人には新鮮だっただろうし。
西洋女優にとっては、初めて見る演技技法に見えたと思う。

529 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/24(火) 08:41:30.89 ID:w29mOgOZ
楊貴妃見て損したような気がする。

530 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/24(火) 19:30:08.19 ID:ygbCJAOi
楊貴妃はタイトルから中国歴史大作という印象をもってしまうけど、
まあ中国版ローマの休日くらいな感じ見とけばいいように思う。


531 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/25(水) 08:22:48.96 ID:oXxKxT9H
溝口健二監督 作品
ツタヤに置いてある程度のポピュラーな作品ならかなりyoutubeにあるよ。
画質悪いが。
西洋人みたいだ。
theeventsofherlife

532 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/26(木) 11:48:21.41 ID:z8i9T6sR
楊貴妃は金をかけたコントだと思えばいいよ

533 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/26(木) 22:21:08.59 ID:n0AO2vBr
ようつべで「マリアのおゆき」見た。
画像も音もガタガタだけど、傑作。

元禄忠臣蔵、新平家、楊貴妃などの大作ものではもひとつだが、
こういう小品に佳作が多い監督だな。

溝口+山田五十鈴の作品、もっと作ってほしかった。

534 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/26(木) 23:38:01.93 ID:F9F7zBV/
金は問題じゃないからな。いい映画作りに。

535 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/28(土) 07:49:53.64 ID:wi0hOS0r
>>531
英語の字幕つきか。
英語圏でも好きな人はいるのか。

536 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/28(土) 13:02:54.52 ID:tm096YgR
VHSの時代にレンタルビデオ店で英語字幕版をみかけたことが
あるから需要はあるんじゃないの。

537 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/28(土) 21:31:21.75 ID:q6+rrXiy
祇園の姉妹を見たけど、祇園の売春?システムがよくわかりません。

お座敷で宴会してるところに行くとカネが貰えるのはわかるけど、
なんでいきなり客が姉妹が暮らしてるところに来るんですか?
そういうのもOK?
あと仕切ってるオババに宴席があるけど着物がないとか
言われるのは、どういうシステムなんですか?

538 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/28(土) 22:32:43.27 ID:CVY6tMlL
客というは古澤はんのこと?
あれは元旦那だから置屋に出入りできる。客は無理。

芸妓にしても、芸者にしても、女郎にしても、
いつもいつも商いばかりじゃ張り合いがないから、
いろいろと晴れ舞台が用意してある。
踊ったり、演奏したり、花魁道中したり。
当然、より着飾ればより晴れがましい。

ただそれには金がかかるし、またかかるようにしてある。
だから新しく旦那を持って旦那に金を出してもらわないといけない。
旦那を紹介すれば当然その紹介者にもお金が入る。
だから晴れ舞台にはお金がかかってもらわないと困るし、
お金がかからないような晴れ舞台は商い的に許さない。

山田五十鈴はとぼけた受け答えしているけど、「着物がなあ」と言ってるのは、
「お前の姉さん、空いてるやろ、旦那もらえ、私もいっちょ絡んで稼ぎたいわ」
といっているのに等しい。あそこの場面で一転暗雲たれこめてきてる。
それは当時だれでも知っていることだけど、
この映画は暴露的に描いたということで一悶着あった。
芸妓が芸を磨いていることは確かだけど、祇園(乙部)も遊郭と何も変わらないということを描いた。

539 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/29(日) 07:44:12.85 ID:BCg+j0Qt
>>538
何で、そんなに詳しいの?
戦前生まれ?

540 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/29(日) 10:46:13.49 ID:K0l/jBXe
>>538
ありがとうございます m(_ _)m
旦那じゃないと、住まい訪問はダメなんですね
着物は自分で旦那を口説くなりして調達しなければならない
けっこう厳しいですね

541 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/29(日) 18:13:19.09 ID:q8w8ubYh
有名監督では特に生真面目というか堅物というか
ユーモアのセンスが感じられないイメージですが
コメディや笑える映画やシーンってありますか?

542 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/29(日) 18:43:00.51 ID:GdmgAXfs
>>541
元禄忠臣蔵での松の廊下がクソリアリズムと言われるほど広いところかな
一種の喜劇ですわ

543 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/30(月) 12:33:05.67 ID:OcLPrN1H
それ、音声が悪くて、ボリュームあげても聞き取れない。

544 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/30(月) 13:05:49.41 ID:cTtVRfxv
現代ものの作品では喜劇調の場面も結構あると思うが
時代物の西鶴や近松でも男たちの滑稽な姿が描かれる場面があったはず

545 :この子の名無しのお祝いに:2012/07/30(月) 16:21:53.83 ID:DQE5HhOq
戦後のたいていの作品で進藤英太郎が演じる役どころは、
かなりコメディっぽいノリがあるように思いますよ

546 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/01(水) 11:11:36.37 ID:S2HoBV+D
戦前の浪華悲歌や祇園の姉妹だってコメディっぽい場面あるよな

547 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/01(水) 13:41:44.86 ID:0gWt6aO/
祗園の姉妹でおもちゃに苦情に行ったはずなのに、
たぶらかされて帰ってきた時、
嫁にあれこれ疑われたりね。
進藤の言い訳がフェードアウトしてて狙ってるとわかる。

548 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/12(日) 00:49:31.68 ID:hBtgs1Ip
「映画なんて一時間や一時間四十分で人間を何人も描けやしないんだよ。せいぜい描けるのは三人です
ね。映画で社会を描くなんて草履の裏から足掻くようなもんだよ。」(溝口健二集成より引用)

549 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/12(日) 00:55:25.46 ID:hBtgs1Ip
「社会なんて本に書いた方が早いよ。何も目で見せるこたぁない。ただ、人間をまるごと描く
ことでそういうものを感じさせればまた別だ。まるごと描いた人間がどういう時代にどう生き
ていたか。その時代にはそうしか生きられなかった人間の喜怒哀楽をまるごと活写するんです。
だから時代劇なんてものはない。全部現代劇なんだ。」(同上)

550 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/20(月) 21:30:24.89 ID:7ob12P+I
残菊物語みた
よかった

ある映画監督の生涯 溝口健二の記録で森赫子(カクコ)さん出てますね
いきなサングラスのおばさんだって思ったら、
失明されてたんですね

でも声とか発声のしかたが映画そのままだったから驚いた

551 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/27(月) 13:42:14.76 ID:/PivxF4Y
雪おのヤリマ
見た。
youtubeで。

552 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/28(火) 20:06:52.95 ID:++m+xSiz
解説とかを読んでからでないと、いきなり低画質で見ても
何が何やらわけわからん。
>雪おのヤリマ

553 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/29(水) 11:43:40.28 ID:0537a+6Y
>解説とかを読んでからでないと

自分はそれはしない
先入観無く作品に触れたいから。
音楽でもクラシックなんかの聴く前に解説有りまくりは???

だからそんなに低画質ならyoutubeのは見ないのが○

554 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/29(水) 14:38:32.79 ID:bUyZR0id
解説とか先に読まないと
ちゃちな戦争場面らしいのから始まっているが
それが何戦争なのかも、すぐには分からんわ。

自分ははじめ、幕末の騒乱かと思った。

555 :この子の名無しのお祝いに:2012/08/29(水) 14:48:45.72 ID:wQ/fMKiZ
横レスですが、結局はどの戦乱か分かるし、
分からないまま見ていても問題ない作りなのでは?
まあ最初は分からないことを前提とした物語にはなってないので、
どっちでもいいとは思いますが。

556 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/04(火) 03:50:46.40 ID:KfpIxnVY
「赤線地帯」観たが溝口っぽくないな

557 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/04(火) 07:32:11.02 ID:dWEbFx9U
そうか?
どこが?

558 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/04(火) 22:42:36.19 ID:KJDXF2/1
群像劇風の現代劇って意外と少ないんじゃないか?

559 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/05(水) 07:32:30.96 ID:I1L7MioC
初めて聞いた。

560 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/06(木) 04:39:19.52 ID:turlVqUf
「残菊物語」観ました
お徳さんの声が印象的でした

561 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/06(木) 07:21:36.48 ID:otL74gSx
梅村容子さん?

562 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/11(火) 12:55:32.28 ID:5vnbOG6t
>>561
森赫子(モリカクコ)でしょ。

”残菊物語は花柳章太郎と森赫子でなきゃダメだね”

昨日みた岡本喜八の「江分利満」でこんなセリフがあって、
ちょっとワロタ

563 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/12(水) 01:27:05.91 ID:dkiekXAq
UK版のブルーレイボックス買った人いる?

564 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/12(水) 07:37:35.29 ID:/40AXn8Q
ユナイテッドキングドムUK
のブルーフィルム

565 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/14(金) 08:02:32.35 ID:fZP9QIaR
>>560
残菊物語というフィルムの魅力の何割かは、
お徳さんのあのキュートすぎる声によるところが大きいと割とマジで思う
最初の若旦那!の第一声でもう惹きつけられたわ

566 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/14(金) 13:19:18.40 ID:XsCMUYf3
まあ昔の女優さんの声は高めですよね。
時代と共に低くなって言葉遣いも男っぽくなってくる。

567 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/14(金) 19:57:24.97 ID:SZWonJjU
渋いコメント

568 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/15(土) 06:14:31.91 ID:gKTSnHSY
絹代さんが二重あごの不美人なおばさんにしか見えないのにヒロイン役で作品に集中できない…
すごい女優ということは理解できても、視覚がついて行けない
絶景の美女に見える目があったらもっと楽しめるのになぁ

569 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/15(土) 08:11:25.30 ID:zmIA1o4Q
つまらないコメント

570 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/15(土) 09:31:01.70 ID:dEIq/No4
作品はどれ?

571 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/15(土) 20:12:14.91 ID:WhJ1Avt3
西鶴一代女の前半部分は俺もちょっとキツかったな
声もおばさんくさいし

572 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/15(土) 23:47:16.88 ID:bzQ/MU0I
トーキーになってからのデビューだと仮定すると声が悪いので
主役女優になれたか疑問

573 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/22(土) 00:15:24.90 ID:pp3W5hqc
>>572
サンダンカンでは声にしびれたけどなあ。むしろあの声聞きたさに見る感じで
>>571
他の映画でも若作りさせられてたけど、見ててストーリーと違う所でハラハラするんだよねw

574 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/22(土) 00:40:29.28 ID:5hmrYum6
というか、田中絹代はトーキーになっても、声がいいので生き残った代表例。
そもそもトーキー第一作に出演しているのだ。

575 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/22(土) 01:29:25.17 ID:pp3W5hqc
>>573
サンダンカンじゃなくてサンダカンです///orz

576 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/22(土) 07:55:45.56 ID:4NgIW1ME
>>574
ふーん

577 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/22(土) 15:23:05.52 ID:D4mdMX7g
絹代はイモ臭い

578 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/23(日) 01:47:25.52 ID:mvXUQoK7
音楽が両方とも伊福部昭なので、
「サンダカン」と「サンダ対ガイラ」がごっちゃになって困る。

579 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/23(日) 07:34:40.35 ID:FbnIMxow

いくらなんでも、それはないでしょw

580 :この子の名無しのお祝いに:2012/09/23(日) 08:42:02.32 ID:E0Bkqdql
いつから絹代スレになったのかなあw

581 :この子の名無しのお祝いに:2012/10/13(土) 20:33:58.32 ID:kHI3zdHh
youtubeに戦前の古いのがいくつも上がってるのでうれしい。
成瀬
小津
その他大勢
のも

582 :この子の名無しのお祝いに:2012/10/15(月) 07:52:11.19 ID:NMfthxxv
溝口健二 - ふるさとの歌/Kenji Mizoguchi - The Song of Home(1925)
589 回再生
まで上がってる。
あいがたや。

583 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/16(日) 13:30:34.02 ID:Ae02xM3h
三田のTSUTAYAには黒澤明コーナーしかない。
小津&溝口健二作品はあるけど、バラバラに陳列。

地元のTSUTAYAは、黒澤明と小津作品はまとめて陳列されてるけど
溝口健二作品は一作もない。
嘆かわしいことだよね。
日本三大巨匠と言われているのに
成瀬三喜男コーナーはあるとゆうのに(;_;)

584 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/16(日) 14:47:47.74 ID:J/zwWNY9
地方自治体の図書館の開架書架から古典文学作品がなくなってるのに、
TSUTAYAには置いてあるというのは素晴らしいこと。

585 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/16(日) 16:40:56.79 ID:P1iJFxq1
うちの近所の図書館は開架から日本美術全集という大型本のシリーズが消えて
代わりに韓国五千年美術全集とかってシリーズというのが並んでた・・・
いくら韓流ブームだろうとさすがにこれは違うだろうと思いました・・・

586 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/17(月) 03:01:14.05 ID:5sjo83S9
うちの近くのTSUTAYAにも3大巨匠の内溝口健二のコーナーだけない
大曾根辰夫のコーナーはあるのに

587 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/17(月) 15:21:33.48 ID:co3jfja7
この日本三大巨匠の作品を多くの人が一通り見た場合、誰が一番人気なんだろう?
黒澤明の場合、ハリウッド関係で注目された♪とゆう利点があるから
今でも語られる。

他の二人にはそれがない。賞は取ったけど

588 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/17(月) 16:16:11.88 ID:fkIFg19B
アクション娯楽映画、例えば椿三十郎、があるから黒澤だろう。

娯楽映画抜きで勝負すると、どうだろうな?
やっぱり「生きる」のある黒澤じゃないか?
黒澤の映画はやっぱりキャッチーだから。
村上春樹みたいなもんで。

589 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/18(火) 02:37:12.90 ID:wjgaOL7p
知名度通りに黒澤>小津>溝口じゃない?
残念だけど最近の人への受けという点では溝口は少々厳しそう

590 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/22(土) 20:39:06.62 ID:WQhfGBCo
溝口はダウナー系で発掘されれば需要あると思う。

591 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/23(日) 08:30:27.46 ID:lNkU3y0g
>>589
戦隊ヒーローもののキャラクター造詣になぞらえれば↓な感じ
根っから明るくおのれを疑う事を知らない黒澤≒アカレンジャー
上記に対するカウンターパートとしてのアナザウェイ的美学≒アオレンジャー
どちらにも与さない孤高のアルチザン≒通好み≒ミドレンジャー

592 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/23(日) 08:31:50.98 ID:lNkU3y0g
>>591
自己レスすいません。上から黒澤〜小津〜溝口です

593 :この子の名無しのお祝いに:2012/12/23(日) 20:28:06.00 ID:SEx3kCoW
松本人志「大日本人」ハリウッドでリメーク!

594 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/01(火) 22:24:58.06 ID:h7/AtXni
雨月の頃の京マチ子と付きあいたい

595 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/12(土) 13:37:15.92 ID:pjXe7UsO
武蔵野夫人DVDがブックオフで105円だった

596 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/12(土) 17:06:29.40 ID:Ek6LwUv7
>>587
10年に一度発表、英国機関誌「サイトアンドサウンド」が史上最高の映画を公表するが、
2012年がその10年目。
小津の「東京物語」が古今の名作・傑作を抑えて、第3位だ。「晩春」が15位。
ちなみにベスト10は

1.1958『めまい』(アルフレッド・ヒッチコック)
2.1941『市民ケーン』(オーソン・ウェルズ)
3.1953『東京物語』(小津安二郎)
4.1939『ゲームの規則』(ジャン・ルノワール)
5.1927『サンライズ』(F・W・ムルナウ)
6.1968『2001年宇宙の旅』(スタンリー・キューブリック)
7.1956『捜索者』(ジョン・フォード)
8.1929『これがロシアだ(カメラを持った男)』(ジガ・ベルトフ)
9.1927『裁かるゝジャンヌ』(カール・テオドール・ドライエル)
10. 1963『8 1/2』(フェデリコ・フェリーニ)

597 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/12(土) 22:48:05.21 ID:6DJ5MR0E
>>596
投票者を監督に限ると「東京物語」が一位だよ。
http://explore.bfi.org.uk/sightandsoundpolls/2012/directors/

598 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/13(日) 10:04:08.69 ID:hDtzChU9
>>596
ハスミ一派やシネフィルの連中がいかにも好きそうな作品ばかりだなw

599 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/13(日) 11:52:04.15 ID:aby2rqOJ
まあ実際いい映画ばっかり。
入っているのがおかしいと思える作品がない。

600 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/13(日) 15:09:09.16 ID:yWAlorBZ
ミゾケン

601 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/14(月) 08:57:42.11 ID:SYBLzfaZ
>>598
つまり批評家には絶賛されてるけど
一般人には糞つまらん退屈な作品ばかりということかなw

602 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/14(月) 14:18:09.74 ID:5zjlkH3r
公的なランキングは無難になりがち

603 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/14(月) 14:50:29.14 ID:xZhjHNke
市民ケーン(笑)

604 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/15(火) 10:10:57.78 ID:yvyKU7x0
ヒッチコックは「裏窓」が最高傑作だと思うんだがなぁ・・・
グレースも異様に美しいし

605 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/15(火) 11:47:38.93 ID:Dxc9jzoZ
このスレ案外レベル低いのかも

606 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/15(火) 15:30:48.95 ID:SGRiAS/1
「サイトアンドサウンド」が史上最高の映画を発表して50年になるが、
2012年は初めて市民ケーンが1位から2位に転落した年。
ガイジンさんはなぜか市民ケーンが好き。

607 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/15(火) 15:35:59.59 ID:SGRiAS/1
ついでに書くと、東京物語は
1992年・・・3位
2002年・・・5位
2012年・・・3位
「東京物語」評
「その技術を完璧の域に高め、家族と時間と喪失に関する非常に普遍的な映画をつくり上げた」
だそうだ。

608 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/15(火) 18:45:29.04 ID:uLcHViuv
高校の時に初めて東京物語観て、観た時点では大して感銘受けなかったけど、
その数か月後に祖父の葬儀でリアル東京物語の状況を目撃して少し怖くなった記憶があるなぁ

609 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/15(火) 18:46:30.54 ID:uLcHViuv
>>606
ゲームの規則もこの手のランキングでは根強いよね

610 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/16(水) 20:02:27.25 ID:BawgupK2
それにしては「天井桟敷〜」が入ってないな

611 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/16(水) 20:54:21.52 ID:FA/WFMXM
天井桟敷や第三の男が入るのは一般のランキングだよ

612 :坂東玉袋郎:2013/01/21(月) 19:20:51.99 ID:pcgOa3EF
雷蔵清盛

613 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/22(火) 01:20:46.66 ID:UYl2JYOC
第三の男と天井桟敷はともに73位。

11位 戦艦ポチョムキン(1925/ソ連)エイゼンシュテイン  12位 アタラント号(1934/フランス)ジャン・ヴィゴ
13位 勝手にしやがれ(1960/フランス)ゴダール      14位 地獄の黙示録(1979/アメリカ)コッポラ
15位 晩春(1949/日本)小津安二郎            16位 バルタザールどこへ行く(1966/フランス、スウェーデン)ブレッソン
17位 七人の侍(1954/日本)黒澤明            17位 仮面/ペルソナ(1966/スウェーデン)ベルイマン
19位 鏡(1975/ソ連)タルコフスキー           20位 雨に唄えば(1952/アメリカ)スタンリー・ドーネン
21位 情事(1960/イタリア)アントニオーニ        21位 ゴッドファーザー(1972/アメリカ)コッポラ
21位 軽蔑(1963/フランス、イタリア)ゴダール      24位 羅生門(1950/日本)黒澤明
24位 奇跡(1955/ベルギー)ドライエル          24位 花様年華(2000/香港)ウォン・カーウァイ
27位 アンドレイ・ルブリョフ(1966/ソ連)タルコフスキー 28位 マルホランド・ドライブ (2001/アメリカ)リンチ
29位 ストーカー(1979/ソ連)タルコフスキー       29位 SHOAH ショア(1985/フランス)クロード・ランズマン

614 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/22(火) 01:22:45.92 ID:UYl2JYOC
31位 タクシー・ドライバー(1976/アメリカ)スコセッシ  31位 ゴッドファーザーPARTII(1974/アメリカ)コッポラ
33位 自転車泥棒(1948/イタリア)デ・シーカ       34位 サイコ(1960/アメリカ)ヒッチコック
34位 キートンの大列車追跡(1926/アメリカ)キートン   36位 サタンタンゴ(1994/ハンガリー、ドイツ、スイス)タル・ベーラ
36位 メトロポリス(1927/ドイツ)フリッツ・ラング    36位 ブリュッセル1080(1975/ベルギー、フランス)シャンタル・アケルマン
39位 甘い生活(1960/イタリア)フェリーニ        39位 大人は判ってくれない(1959/フランス)トリュフォー
41位 大地のうた(1955/インド)サタジット・レイ     41位 イタリア旅行(1954/イタリア)ロッセリーニ
43位 気狂いピエロ(1965/フランス、イタリア)ゴダール  43位 クローズ・アップ(1990/イラン)キアロスタミ
43位 お熱いのがお好き(1959/アメリカ)ワイルダー    43位 プレイタイム(1967/フランス)ジャック・タチ
43位 ゲアトルーズ(1964/デンマーク)ドライエル     48位 映画史(1998/フランス)ゴダール
48位 アルジェの戦い(1966/イタリア、アルジェリア)ポンテコルヴォ 50位 街の灯(1931/アメリカ)チャップリン

615 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/22(火) 01:24:10.15 ID:UYl2JYOC
50位 雨月物語(1953/日本)溝口健二           50位 ラ・ジュテ(1962/フランス)クリス・マルケル
53位 北北西に進路を取れ(1959/アメリカ)ヒッチコック  53位 裏窓(1954/アメリカ)ヒッチコック
53位 レイジング・ブル(1980/アメリカ)スコセッシ    56位 M(1931/ドイツ)フリッツ・ラング」
57位 山猫(1963/イタリア、フランス)ヴィスコンティ    57位 黒い罠(1958/アメリカ)オーソン・ウェルズ
59位 キートンの探偵学入門 (1924/アメリカ)キートン  59位 バリー・リンドン(1975/イギリス)キューブリック
59位 ママと娼婦(1973/フランス)ジャン・ユスターシュ  59位 山椒大夫(1954/日本)溝口健二
63位 野いちご(1957/スウェーデン)ベルイマン      63位 モダンタイムス(1936/アメリカ)チャップリン
63位 サンセット大通り(1950/アメリカ)ワイルダー    63位 狩人の夜(1955/アメリカ)チャールズ・ロートン
63位 スリ(1959/フランス)ブレッソン          63位 リオ・ブラボー(1959/アメリカ)ハワード・ホークス
69位 ブレードランナー(1982/アメリカ、香港)スコット  69位 ブルーベルベット(1986/アメリカ)リンチ
69位 サン・ソレイユ(1982/フランス)クリス・マルケル  69位 抵抗(1956/フランス)ブレッソン

616 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/22(火) 01:25:30.58 ID:UYl2JYOC
73位 第三の男(1949/イギリス)キャロル・リード     73位 太陽はひとりぼっち(1962/イタリア、フランス)アントニオーニ
73位 天井桟敷の人々(1945/フランス)マルセル・カルネ  73位 大いなる幻影(1937/フランス)ルノワール
73位 ナッシュビル(1975/アメリカ)アルトマン      78位 チャイナタウン(1974/アメリカ)ポランスキー
78位 美しき仕事(1999/フランス)クレール・ドニ     78位 ウエスタン(1968/イタリア、アメリカ)レオーネ
81位 偉大なるアンバーソン家の人々(1942/アメリカ)ウェルズ 81位 アラビアのロレンス(1962/イギリス)リーン
81位 ミツバチのささやき(1973/スペイン)エリセ     84位 ファニーとアレクサンデル(1982/スウェーデン、フランス、西ドイツ)ベルイマン
84位 カサブランカ(1942/アメリカ)カーティス      84位 ざくろの色(1968/ソ連)セルゲイ・パラジャーノフ
84位 グリード(1924/アメリカ)シュトロハイム      84位 牯嶺街少年殺人事件(1991/台湾)エドワード・ヤン
84位 ワイルド・バンチ(1969/アメリカ)サム・ペキンパー 90位 ピクニック(1936/フランス)ルノワール

617 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/22(火) 01:27:09.29 ID:UYl2JYOC
90位 アギーレ/神の怒り(1972/ドイツ)ヘルツォーク   90位 天国への階段(1946/イギリス)マイケル・パウエル
93位 第七の封印(1957/スウェーデン)ベルイマン     93位 アンダルシアの犬(1928/フランス)ブニュエル
93位 イントレランス(1916/アメリカ)リフィス      93位 ヤンヤン 夏の想い出 (2000/台湾、日本)エドワード・ヤン
93位 老兵は死なず(1943/イギリス)マイケル・パウエル  93位 トゥキ・ブゥキ/ハイエナの旅(1973/セネガル)マンベティ
93位 不安は魂を食いつくす(1974/西ドイツ)ファスビンダー93位 悲しみは空の彼方に(1959/アメリカ)ダグラス・サーク
93位 たそがれの女心(1953/フランス、イタリア)オフュルス 102位 波長(1967/カナダ、アメリカ)マイケル・スノウ
102位 暗殺の森(1970/イタリア、フランス、西ドイツ)ベルトルッチ102位 旅芸人の記録(1975/ギリシャ)アンゲロプロス
102位 午後の網目(1943/アメリカ)マヤ・デレン      102位 彼女について私が知っている二、三の事柄(1967/フランス)ゴダール
102位 ツリー・オブ・ライフ(2011/アメリカ)マリック  102位 イワン雷帝(1944/ソ連)エイゼンシュテイン
102位 去年マリエンバートで(1961/フランス、イタリア)アラン・レネ

618 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/22(火) 06:50:39.72 ID:/VYhW9U2
日本の監督で入ってるのはやっぱり小津、黒澤、溝口のBIG3だけか

619 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/22(火) 19:56:48.19 ID:pX5k0jpm
24位の花様年華と48位の映画史に驚いた

620 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/23(水) 00:42:13.81 ID:3d2SnU39
狩人の夜の方が驚き
もともとこういうランキングに入る映画じゃないはずだが。

621 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/23(水) 06:08:46.05 ID:dntg0ZR2
110位
レディ・イヴ(1941/アメリカ)スタージェス      忘れられた人々(1950/メキシコ)ブニュエル
黄金時代(1930/フランス)ブニュエル         ビリディアナ(1961/スペイン)ブニュエル  
赤ちゃん教育(1938/アメリカ)ホークス        パフォーマンス/青春の罠(1970/イギリス)キャメル
さすらいの二人(1975/イタリア)アントニオーニ    A Canterbury Tale(1944/イギリス)パウエル               
少女ムシェット(1967/フランス)ブレッソン      博士の異常な愛情(1964/イギリス、アメリカ)キューブリック
吸血鬼ノスフェラトゥ(1922/ドイツ)ムルナウ     赤い靴(1948/イギリス)パウエル
極楽特急(1932/アメリカ)エルンスト・ルビッチ    悲情城市(1989/台湾)ホウ・シャオシェン
アマルコルド(1973/イタリア、フランス)フェリーニ   リバティ・バランスを射った男(1962/アメリカ)フォード
天国の日々(1978/アメリカ)テレンス・マリック

622 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/23(水) 06:29:55.12 ID:dntg0ZR2
127位
生きる(1952/日本)黒澤明               突然炎のごとく(1962/フランス)トリュフォー
ドゥ・ザ・ライト・シング(1989/アメリカ)リー     アウト・ワン(1990/フランス)ジャック・リヴェット
小城之春(1948/中国)フェイ・ムー           トロピカル・マラディ(2004/タイ、フランス、ドイツ、イタリア)ウィーラセタクン
河(1951/フランス、インド、アメリカ)ルノワール      パルプ・フィクション(1994/アメリカ)タランティーノ
若草の頃(1944/アメリカ)ヴィンセント・ミネリ    ラルジャン(1983/フランス、スイス)ブレッソンフェイ・ムー
赤い影(1973/イギリス、イタリア)ニコラス・ローグ    トリコロール/青の愛(1993/ポーランド)キエシロフスキー
アニー・ホール (1977/アメリカ)ウディ・アレン    セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974/フランス)リヴェット
アパートの鍵貸します(1960/アメリカ)ワイルダー    最後の人(1924/ドイツ)ムルナウ
二十四時間の情事(1959/フランス、日本)アラン・レネ
144位  
欲望(1966/イギリス、イタリア)アントニオーニ      オズの魔法使(1939/アメリカ)ヴィクター・フレミング  
独裁者(1940/アメリカ)チャップリン          低開発の記憶(1968/キューバ)トマス・グティエレス・アレア
田舎司祭の日記(1951/フランス)ブレッソン       恋する惑星(1994/香港)ウォン・カーウァイ
生きるべきか死ぬべきか(1942/アメリカ)ルビッチ    こわれゆく女(1974/アメリカ)ジョン・カサヴェテス
ナポレオン(1927/フランス)アベル・ガンス       女と男のいる舗道(1962/フランス)ゴダール

623 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/23(水) 06:47:41.08 ID:dntg0ZR2
154位
となりのトトロ(1988/日本)宮崎駿        隠された記憶(2005/オーストリア)ミヒャエル・ハネケ
シャイニング(1980/イギリス)キューブリック   惑星ソラリス(1972/ロシア)タルコフスキー
黄金狂時代(1925/アメリカ)チャップリン     オーソン・ウェルズのフォルスタッフ(1966/スペイン、スイス)オーソン・ウェルズ
忘れじの面影(1948/アメリカ)オフュルス     逢びき(1945/イギリス)デヴィッド・リーン
孤独な場所で(1950/アメリカ)ニコラス・レイ   黒水仙(1947/イギリス)マイケル・パウエル
コンドル(1939/アメリカ)ハワード・ホークス   吸血鬼(1932/ドイツ、フランス)ドライエル
炎628(1985/ロシア)エレム・クリモフ       遠い声、静かな暮し(1988/イギリス)テレンス・デイヴィス
叫びとささやき(1972/スウェーデン)ベルイマン  ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984/アメリカ、イタリア)レオーネ

171位
キング・コング(1933/アメリカ)クーパー     ヴェルクマイスター・ハーモニー(2000/ハンガリー、ドイツ、フランス)タル・ベーラ
スター・ウォーズ(1977/アメリカ)ルーカス     汚名(1946/アメリカ)ヒッチコック
グッドフェローズ(1990/アメリカ)スコセッシ   ヒズ・ガール・フライデー(1940/アメリカ)ホークス
月世界旅行(1902/フランス)ジョルジュ・メリエス シェルブールの雨傘(1964/フランス、西ドイツ)ジャック・ドゥミ
成功の甘き香り(1957/アメリカ)マッケンドリック カインド・ハート(1949/イギリス)ロバート・ハーメル
タブウ(1931/アメリカ)ムルナウ         大地(1930/ソ連)アレクサンドル・ドヴジェンコ

624 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/23(水) 07:01:58.47 ID:dntg0ZR2
183位
残菊物語(1939/日本)溝口健二         大人の見る繪本 生れてはみたけれど(1932/日本)小津安二郎
怒りの葡萄(1940/アメリカ)ジョン・フォード   パリ、テキサス(1984/西ドイツ、フランス)ヴェンダース
無防備都市(1945/イタリア)ロッセリーニ    奇跡の海(1996/デンマーク)ラース・フォン・トリアー
フェイシズ(1968/アメリカ)カサヴェテス    E.T.(1982/アメリカ)スピルバーグ
音楽サロン(1958/インド)サタジット・レイ   侠女(1971/台湾)キン・フー
英国に聞け(1942/イギリス)ジェニングス    イレイザーヘッド(1977/アメリカ)リンチ
怒りの日(1943/デンマーク)ドライエル     シン・レッド・ライン(1998/アメリカ)マリック
過去を逃れて(1947/アメリカ)ターナー     悪魔のいけにえ(1974/アメリカ)トビー・フーバー
渦巻(1945/イギリス)パウエル         カンバセーション…盗聴…(1974/アメリカ)コッポラ
ブルジョワジーの秘かな愉しみ(1972/フランス)ブニュエル

625 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/23(水) 07:14:59.80 ID:dntg0ZR2
202位
西鶴一代女(1952/日本)溝口健二         浮雲(1955/日本)成瀬巳喜男
道(1954/イタリア)フェリーニ          千と千尋の神隠し(2001/日本)宮崎駿
マンハッタン(1979/アメリカ)ウディ・アレン    5時から7時までのクレオ(1962/フランス、イタリア)ヴァルダ
鉄西区(2003/中国)ワン・ビン          エルミタージュ幻想(2002/ロシア、ドイツ、日本)ソクーロフ
話の話(1979/ソ連)ユーリー・ノルシュテイン   戦火のかなた(1946/イタリア)ロッセリーニ
街角 桃色の店(1940/アメリカ)ルビッチ     三つ数えろ(1946/アメリカ)ハワード・ホークス
Killer of Sheep(1977/アメリカ)バーネット    ワンダ(1971/アメリカ)バーバラ・ローデン
ドイツ零年(1948/イタリア)ロッセリーニ     影の軍隊(1969/フランス)メルヴィル
ソドムの市(1975/イタリア、フランス)パゾリーニ  我輩はカモである(1933/アメリカ)レオ・マッケリー
たぶん悪魔が(1977/フランス)ブレッソン     ニーチェの馬(2011/ハンガリー、フランス、)タル・ベーラ
皆殺しの天使(1962/メキシコ)ブニュエル     ラヴ・ストリームス(1984/アメリカ)ジョン・カサヴェテス

626 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/23(水) 07:22:52.17 ID:dntg0ZR2
235位
秋刀魚の味(1962/日本)小津安二郎      ピアノ・レッスン(1993/オーストラリア)ジェーン・カンピオン
風と共に去りぬ(1939/アメリカ)フレミング  メランコリア(2011/デンマーク)ラース・フォン・トリアー
カリガリ博士(1920/ドイツ)ヴィーネ      あの家は黒い(1962/イラン)フォルーグ・ファッロフザード
赤い河(1948/アメリカ)ハワード・ホークス  時計じかけのオレンジ(1971/イギリス)キューブリック
断絶(1971/アメリカ)モンテ・ヘルマン    The Thin Blue Line(1989/アメリカ)エロール・モリス
大樹のうた(1959/インド)サタジット・レイ  怪人マブゼ博士(1933/ドイツ)ラング
荒野の決闘(1946/アメリカ)フォード     ふたりのベロニカ(1991/フランス、ポーランド)キエシロフスキー
ケス(1969/イギリス)ケン・ローチ      トリコロール/赤の愛(1994/フランス、ポーランド)クシシュトフ・キエシロフスキー

627 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/24(木) 16:16:59.59 ID:7WxfeHG1
>>620
いや、むしろ常連じゃないか?

628 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/24(木) 17:57:10.21 ID:+vuP3hdI
ウオルトディズニーがひとつも入っていなくて、トトロと千と千尋が入っているのが笑える。

629 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/25(金) 12:44:50.40 ID:M0waHsa7
数年前にもイギリスの雑誌が企画した世界アニメ史上のランキングとかで
白雪姫を抑えてトトロが1位になってたよな。
何だかんだ言ってパヤオはすげえわ。
アニメだけど5人目の巨匠と言っていいくらいかもしれん。

630 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/25(金) 13:08:40.95 ID:fiWfNTN5
小さな恋のメロディが入ってない

631 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 02:36:03.43 ID:NlF/gYZe
アニメは今や日本の重要な文化資源だからなw

632 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 02:40:19.14 ID:NlF/gYZe
追伸

しかしながら、「となりのトトロ」とかいう漫画が(まだ見たことないのでゴメンw)
「残菊物語」や「生まれては見たけれど」や「西鶴」や「浮雲」や「秋刀魚」の上に来ているのは承服できないw

633 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 11:35:06.58 ID:12OVUluO
成瀬が三大巨匠と並ぶ評価を受けるようになってから結構経つ気がするが
この順位を見る限りだとまだまだ世界的な認知度は高くないのかな?

634 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 11:58:41.66 ID:Q30c2dKL
エンターティメントだからたくさんの人が見てその分投票も増えるというのは、ヒッチコックや黒澤と同じ構図だからそれほど目くじら立てることもないのでは?
溝口の一番ポイント稼いだ作品よりも上なら、監督や批評家の投票したランキングとしては狂ってるとしかいいようがないけど。

635 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 13:46:41.98 ID:pjuxmek/
市民ケーン外して小さな恋のメロディ入れろよ

636 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 13:49:31.76 ID:qjP0zs7b
宮崎アニメやジブリに何の興味も無いし
それ自体を悪くいうつもりは無いが
「いくつかは観ていて当たり前だろ」
という世間の風潮が我慢ならない。

637 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 15:32:54.19 ID:J41zW0ER
『赤線地帯』の女たちがみんな個性的だったな。
特に若尾文子のふてぶてしさが。
最後の新入りの娘が、客を呼び込みの時の黛敏郎の音楽がなんとも
妖気がだったよっていたな。

638 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 18:34:42.36 ID:BOQNpiiN
赤線地帯のポスター
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Akasen_chitai_poster.jpg

菅原謙二が大きな扱い。
クレジットでも、女たちと並んで最初だっけ。
脚本の段階ではもっと重要な役だったのかな?

639 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 19:33:01.77 ID:uR40cLni
若尾のメイクや衣装も本編とは感じが違うな
菅原は博子からマチ子に乗り換えた人か?

640 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 19:49:10.72 ID:pjuxmek/
京マチ子って帝国ホテルに住んでるんだっけ?

641 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 19:58:59.51 ID:Q30c2dKL
栄公(菅原謙二)はミッキーを連れてきたチンピラ女衒だよ。

642 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 20:06:42.55 ID:Q30c2dKL
チンピラ女衒だから、ミッキーを連れてきた経緯を書くか、
やすみを他へ転職させようとするくらいしか、膨らませようない気もするな。

643 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 20:07:26.39 ID:uR40cLni
あ、その人か
すげーチョイ役だった

644 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/26(土) 20:09:33.99 ID:Q30c2dKL
>>638
クレジットスレに貼られたところだが、そう。

645 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/27(日) 19:29:44.76 ID:0ufG/vm8
あの小暮実千代がO脚で歩く後ろ姿なんて他の出演作で見た事ない。それにしても赤線地帯のセットは
すごい!

646 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/27(日) 21:28:55.96 ID:OQQUoPBF
あれ吉原ロケじゃないの?細かいタイルのカフェー建築も作ったのか?

647 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/27(日) 21:47:22.78 ID:sJnKhh7t
スカートでもヒョコヒョコがに股
しかも猫背だからスタイル悪く見えて残念だった

648 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/28(月) 10:47:36.58 ID:cmQd+UzG
木暮さんが年齢も踏まえて脱綺麗どころをした作品だな
京さんは赤線で引きの演技を覚えたとおっしゃっていた
他の女優の見せ場では奥の方にいる

649 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/28(月) 19:45:46.68 ID:TCxbzE1j
『赤線地帯』で不思議なのは、小暮実千代のストーリーだけが、終わっていないこと。
若尾:抜け出す
京マチコ:親と絶縁
三益:子と絶縁で狂う
町田博子:結婚の夢破れる
小暮実千代は旦那の自殺を食い止めるだけ。以前と変わらない生活が待っている。

650 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/28(月) 21:31:08.46 ID:cmQd+UzG
どうなんだろうね
ダメ旦那が逝けば子供と住み込みで衣食住はとりあえず確保できるかと

651 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/29(火) 00:25:24.93 ID:f9l0es81
ハナエにまたいらしてね〜♪なんて言われたいもんだ。
赤線プレイがしたいw

個人的に一番幸せになってもらいたいが
そこら辺の後日談も欲しかった
あの時代じゃ、職はもちろん寡婦になって再婚も難しそうだが
太客捕まえてうまいことやるしかなかろうな

652 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/29(火) 22:59:02.84 ID:g/T4j5Ty
ハナエさん「またいらしてねぇ〜」の後
ゆめ子さんに息子が来てる事知らせに行った時、薬指ケガしてて布かなんか巻くんだよね

あれ、何なのかな?客にプレイで噛まれたのか?

653 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/29(火) 23:26:09.66 ID:HlGMiJHA
あかぎれかと思ったが斬新な視点だな。夜中に興奮させんといて w

654 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/29(火) 23:58:27.88 ID:kLTljutn
メガネの小暮実千代

655 :この子の名無しのお祝いに:2013/01/30(水) 20:59:43.35 ID:brmIUA/m
小暮実千代が亭主と一緒に中華そば食べに行くでしょう。そこで亭主の為に結核の薬を買わなくちゃな
らないやりとり、そして赤ん坊を抱きながら自分のそばも亭主にあげるシーン。女の「哀れさ」や「い
とおしさ」がしっとりと描かれる。ああいうのが「溝口」の女ですよ。「祇園囃子」でも若尾文子の為
嫌いな男に身を任せる。ゆっくり足袋を脱ぐでしょう。増村とは違うよね。

656 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/07(木) 19:53:01.07 ID:Gqw21Ek+
赤線のサービスって本番以外なんだろな

657 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/07(木) 20:48:37.66 ID:7u+bgVcf
いやいや、当然本番ですがな

658 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/07(木) 21:36:58.37 ID:P9G8nGQ7
というか、赤線廃止される前に、個室風俗でセックス抜きのやつなんてあったの?
吉原で花魁相手の時は、一回目はお酒飲むだけだったらしいが。

659 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/08(金) 19:52:43.53 ID:w76W863p
基本的にはないだろうな
エロ映画館とかストリップ劇場に「コキ屋」とか「抜き屋」みたいなのが出没する事はあったらしいが
スケッチブック盛ってるのが目印だったとか

660 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/08(金) 23:18:18.70 ID:dnU+uHrb
実千代級の赤線嬢がいるとこなら経験したかったw
69とか無論ありますよねえ

661 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/09(土) 06:41:00.10 ID:Xzw4gY57
>>660
お嬢様の頃のなら完璧ですよ

662 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/09(土) 11:15:26.82 ID:hwtAr5ac
ハナエも草臥れたエロさがあってよかったけどな〜
2タイプ楽しみたい

663 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/09(土) 16:14:45.40 ID:NE5OFZNE
密室の売春は昔は珍しくもなんともないからな。
ストリップは戦後までないけども。
額縁ショーが騒がれたくらいで。

664 :この子の名無しのお祝いに:2013/02/19(火) 23:22:43.67 ID:blW3gVI1
ttp://www.47news.jp/CN/201302/CN2013021901002379.html
ドナルド・リチーさん死去 日本映画を欧米に紹介

黒沢明監督や小津安二郎監督らの作品を欧米に紹介した
映画評論家ドナルド・リチーさんが19日午後1時26分、東京都文京区の病院で死去した。88歳。
米オハイオ州出身。葬儀は故人の遺志で行わない。
喪主は友人の水島文夫(みずしま・ふみお)氏。

終戦直後の1946年に来日。
進駐軍の新聞や米国の新聞で小津や溝口健二らの作品を紹介した。
ニューヨーク近代美術館の映画部門主事も務め、
日本映画の海外上映などに協力。自らも実験的な短編映画を手掛けた。

著書に「映画のどこをどう読むか」「黒澤明の映画」「小津安二郎の美学」など。

2013/02/19 22:33 【共同通信】

http://img.47news.jp/PN/201302/PN2013021901002389.-.-.CI0003.jpg

665 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/09(日) 02:01:40.52 ID:dSLQr8Qb
過疎ってるね。早く字幕付きでリマスターされたDVD発売してくれ。

そしたら買う。

666 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/09(日) 05:25:55.53 ID:BZ/kV/Pi
今時DVDとか。
Blu-rayだろ。

667 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/10(月) 23:05:56.36 ID:GnMAHYoq
まさか「折鶴お千」がようつべでupされてるとは…
中国語の字幕がうざいが、しかたないか。

この映画、とにかく山田五十鈴の美しさが光ってる。

溝口+山田五十鈴は何本か見たけど、
彼女がもっともきれいに撮れてるのは、これ。

668 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/11(火) 16:52:34.22 ID:4VQZhdQq
かなり昔の映画だから削除されることはない?

ところで「サイタマノラッパー」の監督は溝口映画の熱烈なファンらしいね。
本屋で映画関連のムック本を読んで知った。

669 :この子の名無しのお祝いに:2013/06/14(金) 22:07:28.56 ID:dpymtnru
「赤線地帯」

若尾文子の「奥様サービスしますわよ」ってセリフが気になった。

670 :この子の名無しのお祝いに:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:pvbMQYCj
監督の文章を集めた新刊が出てた

671 :この子の名無しのお祝いに:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:ltgAmj62
残菊は先読みすると、外れることないほどベタベタだけど、不思議と感動する
今となってはありきたりなプロットだけど、元祖がこれなのかな

672 :この子の名無しのお祝いに:2013/09/13(金) 04:54:08.15 ID:InEsfYKL
>>669
京マチ子の
サービスしすぎるな、お里が知れる、に吹いた

でも、赤線地帯は京マチ子が主役に見えないね

673 :この子の名無しのお祝いに:2013/10/15(火) 18:13:51.40 ID:o0mJWAmj
著作集買った
けっこうぶ厚いな

674 :この子の名無しのお祝いに:2013/10/16(水) 01:33:02.21 ID:Rfr3/DYZ
ああいうの読んでると失われた作品が観たくなるなぁ

675 :この子の名無しのお祝いに:2013/10/17(木) 09:14:21.58 ID:f0fJcVhX
11/2(土)より大阪・九条シネヌーヴォにて
【『雨月物語』より60年 特集上映 溝口健二と女たち】

676 :この子の名無しのお祝いに:2013/10/26(土) 23:58:51.36 ID:471vVwts
ブルーレイで出すとき日本語字幕を付けてくれ

677 :この子の名無しのお祝いに:2013/10/27(日) 15:05:59.67 ID:DOOkLcFD
古い邦画には字幕いるよなぁ
個人的にサイレントにもオリジナル字幕以外に新規に字幕付けて欲しいと思ってる
昔の字幕は読みにくい

678 :この子の名無しのお祝いに:2013/10/29(火) 01:26:12.09 ID:vbkFjut9
祇園囃子の冒頭シーンで女性のもの売りが何か言ってるんだけど
「ナントカはいりませんかぁ〜あ?」のナントカの部分がわからない
リンス?アイス?
だから字幕大賛成

679 :この子の名無しのお祝いに:2013/10/30(水) 00:36:09.59 ID:j7IPzumA
>>678

英語字幕

http://www.youtube.com/watch?v=U1XvjXIxY-c

680 :この子の名無しのお祝いに:2013/10/30(水) 02:14:56.77 ID:nmr32u1i
>>679
ありがとありがと!!
虫売りの声だったのね、よく見たら虫かごもってるわな

ttp://www5.ocn.ne.jp/~yuyuc/gionbayasi.html
に助監督のエピソードが載ってた
ギスっていうのか、、、

681 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/13(水) 19:35:12.01 ID:6OfSdbHR
「巨匠たちの輝き〜歴史を創った芸術家たち〜」
 毎週(水) よる10:00〜10:54
 ★13日放送は「恐怖の映像美/アルフレッド・ヒッチコック『サイコ』&
  溝口健二『雨月物語』」。ゲストは「リング」などホラー映画を数多く
  手がける映画監督の中田秀夫さんです。
→ http://www.bs-tbs.co.jp/kyosyo/

682 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/13(水) 20:18:26.70 ID:g4y7sD8S
雨月以前にサイレントで三作ほど幽霊物やってるらしいね
どこかで見つからないものか・・・

683 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/16(土) 21:05:28.28 ID:AL1KTd7h
赤線地帯でおでん食う時に辛子たっぷり付けてるの見て以来
おでんには辛子たっぷり付ける癖が付いてしまった

684 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/23(土) 20:21:11.22 ID:fwWaoZd+
先日シネヌーヴォではじめて溝口の映画をみました。
一日で西鶴一代女、雨月物語、山椒大夫の3本。いずれも「柵越え」です。
バース、掛布、岡田の3打席連続ホームランなみです。

685 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/24(日) 09:29:24.28 ID:cKwVbJBP
>>684
若い人?
体力あるね

686 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/24(日) 12:31:15.63 ID:N2ORS5Wf
若い人が阪神の3連発ネタなんて言うのか?

687 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/25(月) 21:38:18.77 ID:9QcN6yrC
>>684
その3連発の後に、「近松物語」っていう場外ホームランがあったんだけど、ちゃんと見届けたかい?

688 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/25(月) 23:11:14.85 ID:TRkPV4o4
>687 しっかり見届けました。
香川京子さんは所作も含めてすごく魅力的でした。
あの、滞空時間の長い美しい放物線は・・・



田淵や

689 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/25(月) 23:24:19.65 ID:3pH2OeGK
溝口晩年の4作品は、モーツアルトの39番、40番、41番の交響曲みたいなものだな

690 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/27(水) 18:43:57.68 ID:lwXmoI30
英EUREKAのこのタイトル
http://www.amazon.co.uk/Late-Mizoguchi-BLU-RAY-Masters-Cinema/dp/B00EZT3KYA/ref=sr_1_1?s=dvd&ie=UTF8&qid=1385545140&sr=1-1&keywords=Kenji+MIZOGUCHI
はお安いのではないか?
リージョンBがひっかかるが。

691 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/29(金) 21:15:27.68 ID:Qi3CAT/r
>>689
三大じゃ例えとしてあれだから四大と言われる個人作の芸術作品思い出そうと思ったけどなかなか思い浮かばないな
二大三大五大だったら沢山思い浮かぶんだが・・・

692 :この子の名無しのお祝いに:2013/11/29(金) 21:29:10.62 ID:7aTDBIq8
四大悲劇とかね

693 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/01(日) 05:13:07.68 ID:2IBPsY8b
>690
確かに安いがここまで寄せ集めるとなんだかなあ。

694 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/01(日) 17:21:22.83 ID:d1bvFcD0
ブルーレイ8作品なのにディスク4枚ってのもちょっと気になるぬ

695 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/04(水) 01:46:20.67 ID:MfnS2ZM2
かぐや姫の物語
これ溝口健二だったらどう撮ってたかな

696 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/04(水) 12:59:54.07 ID:YyRYEO7U
かぐや姫の物語があまりにひどすぎた

西鶴一代女を見直すことにする

697 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/08(日) 22:08:05.97 ID:ml8WAuR8
五大なら

西鶴一代女・山椒大夫・近松物語・祇園の姉妹・浪華悲歌

オズや内田吐夢などのクロウトどころが激賞した「祇園の姉妹」が30分近く欠落しているのが残念すぎるのだが、
その30分がどんな内容なのかどこにも書いてないのはなぜ?? 誰か知らないのかな?

「雨月物語」は溝口にしてはツッコミが浅くて落ちる。賞狙いの恥ずかしい作品。

698 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/09(月) 19:07:24.48 ID:uq90L3g4
残菊物語も入れてほしいの

699 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/09(月) 19:54:02.31 ID:ptnHXtx3
溝口はサイレント時代から日本的な題材で欧米受け狙おうみたいなこと言ってる人だし
戦後の時代物をエキゾティシズムだ賞狙いだと否定的に言う人もいるけど、
そういう俗な部分も含めて溝口だし、あんまり神経質になる必要もないと思う
制作の背景や経緯を気にしすぎて素直に作品を楽しめないのは勿体無い

700 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/11(水) 20:33:45.54 ID:v7nSsPOH
ツッコミが浅いところが問題なんじゃね?

701 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/12(木) 04:56:46.64 ID:sm/uDvGD
島津と増村は残菊絶賛
依田と川口は浪花女押し
浪花女が残ってないのが惜しまれる

702 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/13(金) 02:32:09.45 ID:QCi5WEd6
溝口の最高傑作とも言われてるんだよな
どこかからネガかプリントひょっこり見つかったりしないかな

703 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/14(土) 09:10:27.72 ID:am919Wey
浪花女は二種類の評価があったみたいね
残菊よりは落ちるという評価と、溝口の代表作だとする評価と
芸道三部作では芸道一代男だけ評価が低いようだけど

704 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/14(土) 11:45:07.84 ID:pPdIgrKC
残菊も悪くないけど、滝の白糸の延長線上にある作品で話がストレートだな。
西鶴やら山椒やら祇園の姉妹やらの比ではないように思う。

705 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/14(土) 16:26:27.71 ID:w9m+Vw9b
良さが違うから比べるのが間違い

706 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/14(土) 22:31:39.53 ID:aDcdIZpa
話がストレートってのはどういうことなのかよく分からないが
それは作品の価値を落とすような要素なのか?

707 :704:2013/12/15(日) 20:37:54.72 ID:OD+AsLGL
ストレート=葛藤が薄い

708 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/15(日) 22:09:56.88 ID:ThZIis8r
にいさん、わかってねえなあ

709 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/15(日) 22:41:16.44 ID:O7U8vbwo
葛藤が濃いか薄いかだけで映画を評価してたら
良い映画をたくさん取り逃がしてしまって勿体無いよ

710 :704:2013/12/17(火) 21:31:13.29 ID:tAFMc3X0
女は最初から最後まで自己犠牲という名目の基に尽くす、という自分に甘んじている女。
男は最初から最後までお膳立ての上で立身出世を図るだけの男。

西鶴やら山椒やら祇園の姉妹やらの比ではないでしょ。

711 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/17(火) 22:23:16.63 ID:uBFmF66R
男がヘタレなのはいつもの溝口でしょ。
女の方は、名目とか自分に甘んじてるとかじゃなく
実際に身も心も犠牲にして男を立てたじゃないか。
あれで自分に甘んじてるんだったら、
具体的にどうしてたら満足だったんだい?

712 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/18(水) 01:16:18.64 ID:6oh4G4UX
704の理屈だと近松物語や雨月物語も大したことないと思ってそうだな

713 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/18(水) 19:14:31.56 ID:7is3i/2g
複雑な心理描写を求めてるってことなら溝口よりも成瀬の方が向いてるかもね

714 :704:2013/12/18(水) 23:43:50.12 ID:/6nNKG4R
>>711
[女は最初から最後まで自己犠牲という名目の基に尽くす、という自分に甘んじている女]
この地位にずっと甘んじてるんだろ?w はじめからおわりまで「女の自己犠牲の上に乗っかっている男」だけのひねりのないストレートな映画。
溝口崇拝者の俺でも、残菊よりは「夫婦善哉(豊田四郎)」の方が上だと思うよ。

>>712
近松は西鶴やら山椒やら祇園の姉妹やらに比べると少しスマートすぎるようにも思えるが、芸術的完璧さという点では抜きん出ている作品。
雨月は演出もカメラも一流だが「物欲・権力欲・色欲の虚しさ」という大上段に構えたよくある安全な解答の中で、そこから突き抜けることもなく無難に仕事をこなしているだけの、溝口にしては物足りない作品。

715 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/19(木) 13:39:12.61 ID:icRR8wq9
ストーリーのテーマ性と道徳性にこだわりすぎだな

716 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/19(木) 23:43:23.21 ID:opn77J/l
雨月物語は説教臭くてダメだな。
モーパッサンの原作を混ぜたのは失敗だったと思う。

717 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/20(金) 03:20:37.53 ID:8OCtVb27
山椒大夫の方が説教臭いだろ

718 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/20(金) 20:08:17.27 ID:DE1jc1gF
話がストレートだから駄目→×
「ストレートな話を大傑作に仕立てあげる溝口の力量が凄い」が正解

719 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/21(土) 20:43:22.94 ID:CAd6xAMl
残菊物語が大傑作??

目は確か?

720 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/21(土) 20:47:56.03 ID:mk2udOwS
老眼じゃが頭は確かじゃ

721 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/21(土) 22:30:42.18 ID:6VawsvV/
晩年の溝口が最も氣にいっていた女優というと
やはり香川京子なのかな?

722 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/22(日) 14:13:37.00 ID:gqknDdIs
>>720

頭も相当くたびれてそう。

723 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/22(日) 16:07:32.33 ID:odKXtNjY
>>719
お前は自分自身の鑑賞眼を異常に過大評価しすぎだな

724 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/23(月) 01:26:26.40 ID:px4c7x1r
過大評価もなにも、残菊物語は溝口の中で中の上レベルだろ。

725 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/23(月) 09:50:01.84 ID:cY7v2Vo/
ある意味凄い作品だと思いますよ<残菊物語

726 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/23(月) 16:10:47.52 ID:3Rut1UX1
>>724
お前の中ではそうなんだろう

727 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/23(月) 20:06:21.48 ID:d7Pvkn9W
評価を他人に押し付けちゃいかんね

728 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/24(火) 03:14:00.20 ID:z7l/gmPi
残菊はあんな長回しにこだわる必要があったのか
適当に割った方がよかったと思うよ

729 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/24(火) 14:14:08.32 ID:j0vobU7d
自分の拙い感想をわざわざ発表して叩かれたらこれ幸いと粘着するパターンか

730 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/24(火) 18:45:29.17 ID:bfwNHtbj
残菊は長回し主体だけど終盤になると切り返しショットが増えるという指摘がなかったっけ?

731 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/29(日) 15:52:20.31 ID:b71cTWcy
残菊がマイナーな指摘をされると、ムキになる残菊厨がいるw

732 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/30(月) 00:12:57.51 ID:XplmXfg7
残菊ってマイナーか?
むしろ公開時から一貫して溝口の代表作の一つと言われ続けてるんじゃないか?

733 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/30(月) 17:56:59.60 ID:ZGxn1emo
公開時を知ってるのかw

734 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/30(月) 19:45:21.96 ID:yK2stEPo
>>732
残菊が溝口のマイナー作品ということではなくて、マイナーな評価をされると、ということだろw

735 :この子の名無しのお祝いに:2013/12/31(火) 19:21:40.40 ID:R3VXTLyJ
んだ

736 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/01(水) 10:25:49.34 ID:1fTJ21by
マイナーな評価って何?
少数派意見ってこと?

737 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/02(木) 11:37:28.61 ID:QlNEjEif
残菊物語(39)
公開時、キネマ旬報年間ベスト10の第2位
ちなみに、英国サイトアンドサウンドのオールタイムベスト2012年版では183位

738 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/02(木) 18:44:28.71 ID:fhlfjnJu
サイトアンドサウンドは2002年版だと24位だったからかなり順位下がったな
IMdbだと山椒大夫の点数が高い

739 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/04(土) 19:38:59.17 ID:NoDuxWsE
そりゃ山椒と残菊比べたら山椒の方がずっといい。

740 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/04(土) 23:17:29.85 ID:IzmYDbWj
戦前のは残ってないからな
見られる分で評価するしかない
元禄忠臣蔵だって悪くないと思うぞ

741 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/05(日) 00:08:32.47 ID:K+CNQTKB
>>740
クソリアリリズムと叩かれていたぞ

742 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/05(日) 02:48:51.29 ID:wKigMoqt
はいはい他人の評価が大事
あなたの評価なぞどうでもいいです

743 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/05(日) 18:20:43.76 ID:K+CNQTKB
>>742
時代劇の色気という本の著者の評価だがw

744 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/06(月) 21:43:21.19 ID:pZeSW5l/
つんつらつんの〜つんつらつん♪

745 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/07(火) 15:10:59.59 ID:OndPMVUb
滝の白糸の復元最長版のDVDはいつ出るのか

746 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/09(木) 11:45:18.64 ID:PgvsVaSz
残菊というのは、盛りをすぎた頃に咲いた菊の花だと思っていたら
冬の歳時記を読んでてそれは勝手な思い込みだったことを知った
正しくは【寒さゆえに咲いたまま枯れ残った菊=冬の季語】だそうで…

そう思うと、またいっそうの情趣深いタイトルですね >残菊物語

747 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/19(日) 20:02:04.07 ID:u4a+vDE9
スレチを承知で書くが、
小津・溝口が天才だと言った清水宏ってそんな大したもんか?

おれには
小津・溝口>他の監督>清水にしか見えん。

748 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/20(月) 23:16:11.86 ID:f5j5uwqA
ストーリーやテーマを中心に見てしまう評価軸では清水の作品の良さは分からんよ

749 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/20(月) 23:52:25.68 ID:zDKtHYG7
何を偉そうに

750 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/21(火) 18:56:29.30 ID:/toYVlQd
山中貞雄も清水に傾倒して「小津は名人、清水は天才」と評してたらしいな

751 :22:2014/01/21(火) 22:34:42.44 ID:qnXMnqn9
清水って大したもんじゃないだろw

風の中の子供を見たが、嘘がある。特に子供の泣くところなど、あんな時にあんなふうに子供は泣かない。嘘だと思った。
この程度のいい加減なこしらえものしかできない監督なんだと思った。

752 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/21(火) 22:40:58.19 ID:ht647BUF
若いころは、成瀬がいいとか小津がいいとか言うが、最後は清水宏に落ち着く

753 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/22(水) 06:07:47.00 ID:FNtY0CkL
清水宏は達者な演技が大嫌いだった人だから
彼の作品の出演者に上手い演技や自然な演技なんて求めようがないのは当然

754 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/22(水) 06:14:47.83 ID:FNtY0CkL
>>740
トーキーに限れば評価が高かった作品は大体残ってるんじゃね?
失われたのは浪花女くらい?
まあリアルタイムの世評はアテにならないことも多いから、
他にも傑作はあったのかもしれないけど

755 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/22(水) 18:24:46.73 ID:njIbFNf5
>>754
山椒、雨月、近松、西鶴他がいいのは認めるよ
しかし、戦後作を認めず残菊が一番という意見には賛成しないね

756 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/22(水) 22:20:34.18 ID:8jhjBiFV
>>753
誰も演技のことなど言ってない。清水の演出家としての感性がたいしたことないと言ってる。

757 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/22(水) 22:54:51.30 ID:FNtY0CkL
お前にとっては、だろ?
残菊評にしろ清水評にしろ自分一個の印象論が普遍的価値基準たり得ると思い込める自信家っぷりが怖い

758 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/23(木) 20:23:45.38 ID:VdPhQtSM
溝口健二は映画界に入る前〈大正7,8年頃でしょうか)一時期、
華族の妾だった姉の屋敷で生活していたとされています。屋敷は
東京 品川にあったようです。私、その土地に住んでいますが、
古い地図を見ても、屋敷の所在がわかりません。判明したら、
皆さんに報告致します。

759 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/23(木) 21:14:10.29 ID:SYPdjuwP
>>757
そりゃお前のことだと思われ

760 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/25(土) 16:52:49.75 ID:9HllkjdW
何か伸びてると思ったら妙なことになってたのね

761 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/25(土) 20:40:37.12 ID:rnjWzel+
>>755
残菊その他の戦前作品を押す人でも、戦後作品を認めないというほど極端な人は滅多にいないと思う
時代物嫌いの人はたまに見るが、そういう人は祇園囃子や赤線地帯は褒めてる場合が多い

762 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/25(土) 21:23:41.66 ID:BVKTzImx
ノエル・バーチは後期作品全般に批判的だった

763 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/26(日) 00:03:05.39 ID:sjt/rDWJ
5月に初dvd化、何本か出るみたい

764 :この子の名無しのお祝いに:2014/01/29(水) 19:51:35.52 ID:mcANFR2j
スーザン・ソンタグのお薦めが「祇園の姉妹」と「残菊物語」と何故か「わが恋は燃えぬ」

765 :この子の名無しのお祝いに:2014/02/20(木) 00:49:35.85 ID:xJGDlmbs
TSUTAYAに西鶴一代女があった。まさかレンタルされるとは…

766 :この子の名無しのお祝いに:2014/02/26(水) 11:52:36.87 ID:e+Daumad
西鶴一代女の国内版DVDは目くそ鼻くそのような物だ。
クライテリオンBDを絶対手に入れるべき。
http://www.criterion.com/films/27705-the-life-of-oharu

767 :この子の名無しのお祝いに:2014/02/27(木) 08:02:56.59 ID:j8OwrVgF
自分の言葉で評価してみろよ
評論家の受け売りはいらないんだよ

768 :この子の名無しのお祝いに:2014/02/28(金) 08:33:30.29 ID:MnHmt11H
何言ってんの?

769 :この子の名無しのお祝いに:2014/03/02(日) 10:13:32.55 ID:hQ0rP28a
評論家と言えばこの前本屋行ったら溝口関連の新しい本が出てたな
結構分厚いやつ
映画音響論?とかいうタイトルで中身は全部溝口論
パラパラ見ただけで詳しい内容は分からん

770 :この子の名無しのお祝いに:2014/03/02(日) 16:52:07.78 ID:JL2gdN5D
溝口は劇伴の設計も天才的だよね
西鶴一代女の冒頭、廃墟をとぼとぼと歩く田中絹代の後姿に音楽が挿入される
タイミングとか完璧だもんな
ヌーベルバーグの連中が特に溝口を評価するのはそういった所も大きいんだろうな

771 :この子の名無しのお祝いに:2014/03/02(日) 21:54:15.36 ID:19FId1pv
西鶴で零落したお春が大名の子の加護が通るのを見送る場面で音が消えるんだよな
あの演出にはゾクっとした
長回し&無音で緊張感が倍増し

772 :この子の名無しのお祝いに:2014/03/03(月) 00:41:30.80 ID:x7dfquHL
いたって普通じゃんw

773 :この子の名無しのお祝いに:2014/03/04(火) 14:39:30.37 ID:NR1l7AwA
クライテリオン版をマスターにした西鶴のBD出してくれんかな

774 :この子の名無しのお祝いに:2014/03/18(火) 07:21:01.94 ID:u6imL0qy
溝口の墓参りしたい。
ゴダールのように。。

775 :この子の名無しのお祝いに:2014/03/27(木) 01:11:49.36 ID:dCLS2gcR
滝の白糸の最長版のDVDは出ないのか
折鶴お千もちゃんと映像修復したやつ出して欲しい

776 :この子の名無しのお祝いに:2014/04/06(日) 00:37:49.56 ID:3UdDslUh
145 :この子の名無しのお祝いに:2014/04/05(土) 00:36:53.20 ID:RosiutPP
赤線地帯 street of shame
当時流行のマンボにのってマンボズボン姿で登場
不良テイストむんむん
「うち、ヴィーナスや」映画の象徴的存在にして
衝撃的登場シーン

777 :この子の名無しのお祝いに:2014/04/08(火) 18:47:32.71 ID:Z44jeK2G
777で大開運。

778 :この子の名無しのお祝いに:2014/04/11(金) 23:55:44.93 ID:Tz9IRs/G
?

779 :この子の名無しのお祝いに:2014/05/10(土) 19:46:19.44 ID:Pv6/FEXV
赤線地帯、山椒太夫、楊貴妃、雨月物語、祇園囃子 溝口監督は本当にいい作品が多いと思う

780 :この子の名無しのお祝いに:2014/05/11(日) 11:43:23.65 ID:962H1gJ3
楊貴妃はクエスチョン

781 :この子の名無しのお祝いに:2014/05/21(水) 21:42:18.95 ID:d/gx5Pzp
Late Mizoguchi廃盤になちゃったんだな。買っておけばよかった残念。

782 :この子の名無しのお祝いに:2014/05/22(木) 08:13:21.46 ID:4eXJBcKD
http://www.amazon.co.jp/Late-Mizoguchi-1951-56-Blu-ray-Import/dp/B00EZT3KYA
¥ 100,809より

金持ち乙

783 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/05(木) 21:19:42.54 ID:wMXPFg+E
山椒太夫や雨月物語とか原作を凌いで溝口の山椒太夫、溝口の雨月物語となってる作品はインパクトが強いと思う

784 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/06(金) 13:23:11.30 ID:b7VL16k8
西鶴も近松も原作とは大分違うな
当時、古典文学の学者から「古典の冒涜者」と非難を受けたなんて話もある

785 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/06(金) 20:39:20.89 ID:WKPI584h
マリアのお雪をblu-rayで発売してくれ

786 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/08(日) 22:39:25.90 ID:rPKZr63h
元の画質が悪いから
変わり映えないのでは?

787 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/19(木) 21:48:03.61 ID:ZgHJyVNj
新平家物語の評価が低いのは何故?あれはすごい

788 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/19(木) 22:41:37.98 ID:S+SMYrcv
木暮実千代のオッパイが?

789 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/20(金) 05:59:46.97 ID:lgMn8Qse
それもすごいけど全体的に。
当時の経済まで掘り下げて、その上で清盛の決起を描いているのではないかと。
ま序破急の序だけだから、カタルシスはないし、それは仕方ないけど作品に込められている気概みたいなものは尋常ではない要に思える。
西鶴とかよりも

790 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/20(金) 19:16:41.63 ID:xk7SmL9h
冒頭や僧兵の決起の場面なんてさすが溝口って感じ。

791 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/23(月) 06:26:39.61 ID:Fd+PjeTS
789ですがちなみに自分は戦前だと祇園の姉妹、戦後は近松と新平家を推したい感じです。
あ、田中絹代さんが嫌いなわけじゃありません…。歌麿の田中絹代さんは最高です。

792 :この子の名無しのお祝いに:2014/06/24(火) 07:34:18.62 ID:uq4s6PWk
帝おも膝まづいてお迎えをする神輿であるぞ∧_,,∧
                       /\. (`・ω・´) /ヽ
                    | ● ⊂   ⊃ ● |
                    ヽ/@/   く \ /     _____
                       (ノ⌒ヽ)           ̄ ̄ ̄ ̄
         ____     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ̄    ̄ ̄ ̄     // -_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-  = ―         ____
                 / / -_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_\          ̄ ̄ ̄ ̄
               /,, / ― ― ― ― ― ― ― ― ― = ―
   ___         (。'。、。@,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。,。@           _____ ̄__ ̄ ̄
    _ ̄ ̄ ̄      ∩ヽヽ∩ヽXXXXXXXXXXXXXXXXXX/  ∩
               i||i   i||i |;;;;;;;;;;||::::::¥ ||¥::::::||::::::::::|    i||i        _____
                 |  |;;;;;;;;;;||::::::¥ ||¥::::::||::::::::::|                  ̄ ̄ ̄
     頭をさげーい  |  |;;;;;;;;;;||::::::¥_||¥::::::||::::::::::|  頭をさげーい
          ∧_,,∧∧_,,∧ ===†††††††¶┌┐¶†††††† ∧_,,∧ ∧_,,∧               
  □二□二(・ω・´)(・ω・´) 二二二(  二二二二二二(・ω・´)(・ω・´) 二二二|  ( :: _.   ∧_,,∧
        ⊂ 三⊂ 三= ( ::             ⊂ 三⊂ 三=(   ⌒  ::    ̄ ̄ (・ω・`;)三=
         (   (     = (  ::(  ⌒ '⌒::   (    (    \=  (  ⌒ ' ⌒::  ⊂ ⊂\三=
          し⌒丶し⌒丶 )  (⌒' ⌒'        し⌒丶 し⌒丶 )   ( ⌒' ⌒'     し⌒丶)三=

793 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/04(金) 21:58:07.04 ID:yM635pb4
名刀美女丸にもう少し脚光を当ててもいい。
あれは溝口監督がエンターテイメントに振った珍しい作品

794 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/05(土) 09:59:27.37 ID:KznyKEUE
楊貴妃や平家もじゃね?

795 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/05(土) 17:34:53.92 ID:NgivmMYM
新平家は間違いない。神作。ただ衣笠貞之助の地獄門が新平家の価値を下げているのかもしれない。
ちょっとかぶる。質は段違いだが。

796 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/06(日) 18:52:28.98 ID:k0wpK4Ih
永田は生きてれば釈迦も溝口にやらせるつもりだったそうだw

797 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/07(月) 23:30:41.97 ID:D/xg+mDj
永田は溝口巨匠にとってプラスだったのかマイナスだったのか

798 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/08(火) 17:55:33.77 ID:5QaXcscG
マイナスもあるけど総合的にはプラスの方が大きいかもな

799 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/08(火) 23:09:29.06 ID:EUuuzWBB
溝口監督は性格に難があって周りを困らせたんだろう 溝口監督の映画にはダメな男がよく出てくるけど、もしかしてそういう人物達に溝口監督自身が投影されてたりするのかな?

800 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/09(水) 09:02:33.86 ID:G0OuKxbN
田中絹代も脚本家の依田さんも、溝口とぶつかり合っていい作品を作り上げていったのだ。

今はフェミニズムやら組合やらマスコミやらがうるさくて、サラリーマン化した作りて、なあなあな現場じゃいい作品はできるはずはない。
プロは勝ちて和すもの。

溝口は文字通り、命を削って作品を残したと言える。

801 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/09(水) 22:41:36.68 ID:kcexhS0X
>>800
完全に同意。
ガチで魂をフィルムに焼き付けてると思う。
あんな人はいない。
大島渚とか今村昌平とかでも届いてないと思う。

802 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/20(日) 22:18:45.34 ID:FCOlUOeT
溝口監督作品が一番インパクトが強いと思う

803 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/27(日) 22:32:41.72 ID:79OyM58q
宮本武蔵好き?

804 :この子の名無しのお祝いに:2014/07/28(月) 21:35:43.17 ID:0igTECNG
溝口監督好きなアニキたちぜひ宮本武蔵を!つべでみれるっす!
どっかの神が5月くらいにアップしてくれたみたいで。
評判悪い宮本武蔵、全然いけててびっくりした。
ただ名刀美女丸とかと同じで、刀で切るシーンでズバ音のBGMをつけないので、そこだけが妙にしょぼく見えるっす
絹代先生はかなり良い時期だと思います。

805 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/09(土) 12:45:35.06 ID:5UvlnfX5
ところで溝口監督の「日本橋」はもうどうやっても観る手段ないのですかね。
淀川さん曰く市川崑監督の日本橋30点溝口監督120点だそうで。
市川崑監督の日本橋おもしろかったんだけどなー

806 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/09(土) 13:41:27.97 ID:IZ1RgxD9
>>800-801
>今はフェミニズムやら組合やらマスコミやらがうるさくて

別にそんなの何も関係ないよ。特に組合がどうのって何のことやら? 今の撮影所の
労組なんかに何の力があるの?

戦前〜50年代の日本映画界に溝口のような完全主義者のワガママを許す制作環境が
たまたまあっただけだね。

807 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/10(日) 18:36:34.03 ID:a0u4RPr6
同じ鏡花原作の滝の白糸と折鶴お千の素晴らしさを見ると
溝口の鏡花物でも代表作に挙げられてたという日本橋には期待と妄想を膨らませてしまうなぁ

808 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/10(日) 20:58:24.40 ID:KdkACwRO
>>807
まさに。
いや自分は「折り鶴お千」の方は未見なのですが。
あと溝口健二著作集の中に「日本橋」あたりの記述が結構多くて、溝口巨匠の中でも大きな存在の作品だったのかと想像します。

809 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/12(火) 20:44:41.83 ID:6YZaFYyW
どうやってID変えんのか教えてチョンカレーwww

810 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/13(水) 04:32:09.73 ID:njLIZQ8o
>>805
十分面白いでしょう、市川版「日本橋」

811 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/16(土) 19:05:05.93 ID:gLT/dR8D
裸で馬乗りになるシーンがあるから高評価w

812 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/24(日) 07:03:55.78 ID:7b/1qK2V
監督の命日ですね。黙祷

813 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/24(日) 21:59:41.49 ID:lDnraEgh
赤線地帯が溝口監督の遺作となったらしいけど、最後までいい作品を作り続けたんだな

814 :この子の名無しのお祝いに:2014/08/25(月) 23:59:46.94 ID:FylYFaV9
溝口健二のぐう畜エピソードで打線組んだwwwww
http://orpheus.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1407966576/

815 :この子の名無しのお祝いに:2014/09/18(木) 20:50:03.02 ID:hWoFa1Wv


816 :この子の名無しのお祝いに:2014/09/22(月) 02:43:31.56 ID:HgFNGFfg
近松やるね

817 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/05(日) 22:51:05.61 ID:j8GS98tu
近松物語見てきた。
実に実に美しい。こんな素晴らしいものが劇場で見られる幸せよ。。
もっと多くの人に見てもらいたいわ。

818 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/07(火) 10:32:31.71 ID:8w7UUl/r
伝説の映画美術監督たち×種田陽平 

発売日: 2014/10/24 \ 5,076

スタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」を始め、三谷幸喜監督「清須会議」(2013 年)や
大ヒットした台湾映画「セデック・バレ」(2013 年)、
クエンティン・タランティーノ監督「キル・ビル Vol.1」など、
海外でも活躍する美術監督・種田陽平が
“伝説の美術監督"13人へのインタビューをまとめた書籍。
アニメーション映画監督 高畑 勲との日本のアニメ映画創世記の貴重な対談も新たに収録する。

かつて独自の文化を築き、世界にも多大な影響を与えた日本の映画美術。
その黄金期を支えた美術監督の貴重な証言を通し、
失われつつある技術、ノウハウ、哲学などを現代に引き継ぐインタビュー集。
美術監督という作り手から見た「もう一つの映画史」を立体的に提示する。

【本書で紹介する美術監督】(敬称略)
1│木村威夫 東京流れ者/ツィゴイネルワイゼン など
2│横尾嘉良 野獣の青春/セーラー服と機関銃 など
3│間野重雄 白い巨塔/盲獣/あゝ野麦峠 など
4│水谷浩 元禄忠臣蔵/源氏物語/西鶴一代女 など
5│西岡善信 座頭市/鬼龍院花子の生涯 など
6│朝倉摂 薔薇の葬列/桜の森の満開の下/夜叉ヶ池 など
7│池谷仙克 歌麿/陽炎座/写楽 など
8│竹中和雄 日本一の裏切り男/ダイナマイトどんどん など
9│井川徳道 十三人の刺客/魔界転生/緋牡丹博徒 お竜参上 など
10│森田郷平 にっぽん・ぱらだいす/砂の器/八つ墓村 など
11│村木与四郎 用心棒/乱/日本沈没 など
12│ワダエミ 乱/プロスペローの本/HERO など
13│ダンテ・フェレッティ 薔薇の名前/アビエイター など

※キネマ旬報の連載
『Listen to the Movies 映画美術は語る 種田陽平が聞く美術監督インタビュー』
(2006 年4月下旬?2007 年11 月下旬掲載)をもとに大幅加筆修正。

819 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/07(火) 21:58:38.17 ID:y95xcTGi
溝口は水谷浩のベストの仕事は「噂の女」だと発言してた覚えがある
確か水谷の愛人が死んだ直後だったとかで
「あいつは精神的に参ってる時ほどいい仕事をする」とかなんとか

820 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/09(木) 03:55:51.33 ID:guwCejNh
噂の女そんなにすごかったっけ?美術の最高の仕事は元禄忠臣蔵あたりに感じるけどもう一度見直そうかな。
>>817
みたみた。池袋。あれは最高、

821 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/11(土) 00:02:13.16 ID:1/L+VvLY
元禄や近松のような華麗さじゃなくて
演出に地味に寄与するような意味での「いい仕事」だったんじゃね?

822 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/23(木) 05:42:40.16 ID:lTeWZ6mt
赤線地帯の若尾文子が糞すぎて笑える
あれを「女性は強い」って評するレビューばっかでなお笑える
強いんじゃなくてただの詐欺だろw

823 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/23(木) 06:58:58.15 ID:U9+hp9VR
慰安婦なんて皆あんなもの。

824 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/23(木) 20:31:15.01 ID:tlaIt+3y
あの時代に女が発揮できる「強さ」ってあれくらいしかできなかっただろ

825 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/23(木) 20:53:18.72 ID:ydKNCOuI
たまに「強か」を「つよか」って読むやついるよな

826 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/24(金) 20:29:56.04 ID:39Cuf9iQ
ご、強か…

827 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/24(金) 23:40:17.06 ID:gZPU35nY
ごうか

828 :この子の名無しのお祝いに:2014/10/29(水) 19:03:42.81 ID:dIF+NQKu
き、強か

829 :この子の名無しのお祝いに:2014/11/12(水) 21:34:17.90 ID:XlpslEH0
書籍『溝口健二著作集』予告編(PV)

https://www.youtube.com/watch?v=gefhBoF_EZw

の最初の映画(女性が塀に梯子をかけて登るシーン)
タイトルは何でしょうか?

不勉強ですみません・・・・。

830 :この子の名無しのお祝いに:2014/11/12(水) 23:30:55.68 ID:XT+lwPMJ
「夜の女たち」(1948年)の田中絹代だよ。
実際にあった売春婦(パンパン)の収容施設が撮影で使用されて、
この撮影を見学していた売春婦がこれを真似て施設を脱走したという話も。

831 :この子の名無しのお祝いに:2014/11/13(木) 12:46:56.08 ID:iEo7ePih
ビリー・パンパン

832 :この子の名無しのお祝いに:2014/11/13(木) 13:52:13.64 ID:VBATIGl5
>>830
ども、ご教示いただきましてありがとうございます。

833 :この子の名無しのお祝いに:2014/11/14(金) 07:35:14.12 ID:8bZ3VQ5Y
売淫婦
売笑婦
hooker

834 :この子の名無しのお祝いに:2014/11/15(土) 12:24:19.69 ID:QQi19Yno
「夜の女たち」の田中絹代さんは絹代さん上位の演技だと思うんだけどなあ。
キャットファイトがマジだし。
ただあの映画は出産シーンが異様にしょぼい。冗談みたい。
あれは時代が許さなかった表現なのだろうか。

溝口監督ってたまに異様にしょぼい描写があるのが謎。
「歌麿をめぐる〜」のアフレコとか一部ニコニコ動画レベルのやつとかある。
史上随一くらいの凝り性の監督なのに謎。

835 :この子の名無しのお祝いに:2014/11/15(土) 18:15:43.31 ID:t+gHc6tD
自分の知らないことを作ろうとするとパニックになる人だから by 増村

836 :この子の名無しのお祝いに:2014/11/16(日) 12:22:54.69 ID:IDpJIhaj
個人的に山椒大夫の脱走場面もちょっと「ん?」ってなるな
その後の安寿入水のシーンが神懸かってるので余計に

837 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/03(土) 13:08:38.04 ID:EtwddFG5
「愛怨峡」はアマゾンでたっかいDVDを買うしかないのだろうか。
いつまでたっても溝口先生完全制覇出来ない。

838 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/03(土) 13:14:46.70 ID:sWaxVCLo
つべにあるやつ見たらいいよ

839 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/03(土) 13:43:24.75 ID:EtwddFG5
>>838
つべにあるんですね、ありがとう。

840 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/06(火) 13:11:04.93 ID:VPh7WNr5
愛怨峡は楽天レンタルにもありますよ

最近「近松物語」を見たんですが、茂兵衛が逃げて女がもへ〜いて叫びながら追いかけるシーンに震えました

841 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/08(木) 22:40:20.82 ID:lSWkOAiN
ちょっと遠くのツタヤ入ったら「武蔵野夫人」があったので、おお、と思って借りた。
しかし、調べてみたら近くのツタヤのどこでも置いてあったみたい。
そんなメジャーな作品でもないのに、いつのまに…

842 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/12(月) 12:48:40.03 ID:b5R8I7Cz
「武蔵野夫人」は一般的に溝口監督暗黒時代とされる時期の後半ですね。
後年おばさんキャラになる轟ゆきこさんがまだ超美人の頃っすね。(あれ見た後すぐに洲崎パラダイス赤信号みてびっくりした)
武蔵野夫人で受け入れられないところがあって。
絹代さんが青酸カリ飲んで死ぬとき、あざとくがっくとやって医者が「ご臨終です」と言うシーン。

髑髏が出て来ておばあさんが死んでしまうんだっけ…。あの葬式ラッシュののへんの時間軸の飛ばし方は溝口監督の実験だったのだろうか。
森雅之さん山村聡さんといった脇はさすがっすけど。
キャメラの玉井正夫さんはやはり成瀬組の方が良い仕事してますなあ。

もう一回見てみよう。

843 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/20(火) 17:24:04.00 ID:Z8fxBS2A
共に四大巨匠と呼ばれる黒澤や小津、成瀬と比べて、
現存する作品が少なすぎるのが残念

844 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/21(水) 23:15:56.11 ID:qoCHarCo
日活の倉庫火災があったからな

845 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/22(木) 21:08:01.43 ID:H3vYRLvX
世間が黒澤に持ってるイメージの一部は本当は溝口のものだと思うんだけどね

846 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/25(日) 21:33:00.55 ID:NXpWEB0s
「天国と地獄」で黒澤が撮影に邪魔な民家の屋根を壊させたってエピソードがあるけど
あれって実際は黒澤が命じたわけじゃなくてスタッフの判断でやったらしいね
溝口が「あの家が邪魔だからどけろ」と命じたエピソードと混同されて伝わったのかも

847 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/25(日) 21:51:56.54 ID:yCKGETgb
新平家物語で雑草の生え方が気にいらなくて、華の先生呼んで全部植え直せ!ってごねたエピソード好き。
楊貴妃では上海の水を持って来させようとしたとか。
田中絹代に三百何回アフレコやらせたとか、祇園囃子でフレームの端にちょびっと映る棚の湯のみが気に入らなくてずーっとOK出さなかったとか

848 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/27(火) 00:03:12.58 ID:P1p/YD+1
日活の戦前映画の残存状況は本当に酷いよな
伊藤大輔や山中貞雄も壊滅状態だし
松竹は日活やマキノに比べるとかなり残ってる印象
まあ松竹でも斎藤寅次郎や野村芳亭のように壊滅してる人もいるけど

849 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/28(水) 08:53:04.13 ID:tdOHLlFy
斎藤寅次郎は人気がありすぎてあまりに繰り返し上映されたせいでプリントが擦り切れてしまったそうだ
逆に小津は評論家受けは良かったが興行的にはイマイチだったから保存状態が良好らしい

850 :この子の名無しのお祝いに:2015/01/28(水) 09:01:36.37 ID:5AszCKow
四大巨匠という単語がいかにくだらないかが分かるね

851 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/02(月) 01:47:56.61 ID:xa7MjT0i
実際木下惠介とかもでかい存在だと思うし、だけど実際の所、世界的には黒澤、小津、溝口なんだろうなあ。
4大巨匠とかくくっちゃうと確かに、これから黄金期の日本映画探索する人はそれ以外見なかったりするかもしれない。

852 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/03(火) 15:07:47.21 ID:FqyDILcm
ぶっちゃけ映画関係者や研究者、マニア以外の
一般映画ファンの感覚だと黒澤、宮崎が二大扱いだろうな

853 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/03(火) 18:09:47.63 ID:svqecax9
近所の映画好きの八百屋の親父が言うには有名映画監督と言えば黒澤明と木下惠介を指すらしいね
溝口は知らんかったし、小津と成瀬は良さがようわからんと言ってた
宮崎に関してはマンガの人か?とか言ってた
ちなみに74歳

854 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/03(火) 19:06:35.82 ID:s0dXtaaN
マキノ・稲垣・山中

855 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/03(火) 19:22:23.37 ID:4iUBuijG
現代に於ける知名度なら黒澤明、山田洋次、宮崎駿がトップ3だろうね
芸人としての知名度が大きいたけしは除外

856 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/03(火) 19:30:08.29 ID:fmaT9KhO
俳優のベストテンみたいなのでも黒澤映画の出演者が基準みたいなね
溝口映画だったら雨月物語しか知らない

857 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/03(火) 19:38:46.41 ID:0ZDnDiZf
もちろん人によるが、洋画にそこそこ詳しいおっさんでも、溝口成瀬なんて誰?って感じだった。

858 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/03(火) 20:22:05.56 ID:7MlEResW
>>854
普通の映画ファンのほとんどはその3人を知らないよ
年輩者でもどうだか

859 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/03(火) 20:32:11.80 ID:IPHD+6QE
誰もが知ってる映画タイトルは七人の侍と二十四の瞳ぐらいだな

東京物語ですらも知らない人は多い
浮雲、雨月物語は知らん奴がほとんど

ましてや鴛鴦歌合戦、無法松の一生、人情紙風船は

860 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/03(火) 21:42:33.97 ID:OeEVNiSO
ごめん鴛鴦歌合戦知らないわ

861 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/03(火) 22:05:08.01 ID:orLen3G4
一週間で撮り上げたと言われる早撮りのミュージカル(オペレッタ)時代劇だけど凄い面白いよ
ハリウッドのスクリューボールコメディの名作に遜色ないコメディ映画だと思う

862 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/10(火) 11:48:23.12 ID:aNMhRmLU
新平家がBSでやってたな。そのうち祇園囃子もやるぞ

863 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/10(火) 14:07:16.71 ID:hf8N02x/
新平家は企画物だからイマイチ
祇園囃子は悪くない

864 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/11(水) 02:10:46.96 ID:ECr/rGjM
DVDかってもうたんや
後悔してないけど

865 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/15(日) 00:06:56.62 ID:vZ13w2y2
新平家がイマイチっていう人多いけど、あれかなりの作品だと思うけどね。

866 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/15(日) 03:11:53.90 ID:5gK/0nxl
新平家は溝口自身も会社命令でイヤイヤやったから力が入ってないんだよな

867 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/16(月) 04:03:53.12 ID:RDo/8snC
力入りまくってると思うんだけどなあ。
あの映画の中の蛇塚の呪いで白血病になったというのは信憑性高い。
久我美子の屋敷の前のシーンで出て来る石の遺跡のやつ。

868 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/16(月) 11:11:55.74 ID:G4HWS6FJ
んなわけないだろ
迷信とか信じてる奴に本当の映画の良さはわからないよ

869 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/16(月) 18:41:06.77 ID:GN4Eqb2W
>>837
溝口先生を完全制覇など無理だよ
失われたフィルム多いし
嗚呼 淀長も絶賛した
狂恋の女師匠が観たいなぁ

870 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/16(月) 21:53:59.42 ID:uK6cfzKv
つーかまじで浪花女が見れないのは異常なことだよ。田中絹代と溝口健二の初コンビが見れないなんて本当に国宝に落書きのレベルだ。

871 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/16(月) 22:14:51.84 ID:qrfWf6Ec
現存作品に限定するなら映像ソフトと動画サイトだけで制覇可能?

872 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/17(火) 07:47:56.75 ID:Rw1nw8kf
「藤原義江のふるさと」はDVD出てたかな?

873 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/17(火) 23:32:27.32 ID:Qm1fCwSG
しかし溝口の残した名作は国宝に指定すべきだな

874 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/18(水) 21:11:10.71 ID:QboPr64f
日本政府は映像遺産の保存意識が恐ろしく低いからな
国立のフィルムアーカイブの予算はフランスの100分の1以下という有り様だし

875 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/18(水) 21:57:06.81 ID:Jf+dyavt
そりゃフィルム量が桁違いだし

876 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/18(水) 22:19:12.17 ID:pNtgvW+Y
量が膨大なら保存せんでええのか?

877 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/18(水) 22:20:46.20 ID:syAHd8Go
まず国宝は黒澤と小津だろ
次にマキノかな
その後に溝口、成瀬、山中かな

もしかして山田洋次のほうが早いかもw

878 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/18(水) 22:22:46.45 ID:pNtgvW+Y
基準がよく分からん

879 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/18(水) 22:42:41.36 ID:Jf+dyavt
>>876
逆、特に戦前作品は残ってないの
フィルセン所蔵フィルムもたった65000

880 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/18(水) 23:13:03.41 ID:5edjCP5V
日本だけじゃなくアメリカのサイレント映画だって結構消失している(フォードとか)
正直映画の芸術的地位が低かった時代だからその辺はしょうがないところもある

881 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/19(木) 07:10:33.84 ID:1lFR8J2W
>>877
映画史的、文化史的重要性なら黒澤、小津、溝口、松之助あたり
資料的価値なら戦前の記録映画類かな
後者は既に重要文化財指定されてるフィルムもあったはず

882 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/19(木) 10:52:52.66 ID:IuZ3I+PP
黒澤と小津だろうね
溝口は庶民的じゃないから国民の支持を受けづらい

883 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/19(木) 11:12:15.82 ID:m9UPp2uo
小山内薫とか村田實とか

884 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/20(金) 17:32:58.02 ID:TCY7BChM
小津が庶民的で溝口が違うってのは意味が分からない
どっちも今では映画オタクしか観ねーよ
そもそも国宝や重文の認定に国民の支持なんてほぼ関係ないし

885 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/20(金) 18:03:39.37 ID:hqqEm/nW
もっと地上波で放送せにゃあかんて

886 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/20(金) 19:47:09.09 ID:RcwCFUBm
小津は一般的でしょ
普通に知られてる
無名な溝口とは違うよw

何なの溝口ヲタってw

887 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/20(金) 19:59:29.29 ID:UyXemG0M
日本での映画監督の知名度は黒澤、木下惠介、山田洋次、ビートがS級、小津、成瀬、マキノ、深作、大林あたりがA級、増村、鈴木清順、大島渚あたりがB級
溝口は鈴木則文とかと同じでC級だな
知名度的にはトラック野郎が文化財になれば溝口作品もなるんじゃん

888 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/20(金) 20:00:53.26 ID:hqqEm/nW
アホか

889 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/20(金) 20:25:11.92 ID:VBcDvNzR
溝口オタが必死
てか溝口監督なんてそんなもんだと思う

890 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/20(金) 20:33:48.03 ID:SkHj1GxR
溝口は今の世の中じゃマイナーだからね

891 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 08:31:52.49 ID:VLIMVw4T
何だ、IDコロコロ変えるバカは?

892 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 11:21:04.35 ID:cJ/8zAgN
私の周りの映画好きも溝口健二は知りませんね。

893 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 13:11:44.44 ID:GxRmX6g3
現代日本で映画に興味ある者なら誰もが知ってる日本人監督なんてのは
黒澤、宮崎、山田、たけし、三谷、大島くらいのもんだ

894 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 13:29:42.78 ID:MHZEfzN9
うちのお母さん68歳は小津安二郎や成瀬巳喜男は知ってたけど、溝口健二や増村保造は知らないと言っていた
でも小津安二郎は嫌いだけど、成瀬巳喜男は好きだと言っていた
ちなみに普通のおばあちゃんだよ
昔日生のおばちゃんやって一人で俺と弟を大学まで出してくれた
容貌も中北千枝子に似ているかな
ありがとうお母さん

895 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 13:50:17.10 ID:dgKvM1+q
書いててむなしくならない?

896 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 13:58:29.43 ID:dgKvM1+q
>>879
フランスのシネマテーク・フランセーズの所蔵フィルムも確か15万本とかだよ
単純比較すぎるかもしれないけど、15万本の保存修復に500億円かけてるフランスと
6万5千本に4億円の日本ではやっぱり力の入れようが違う気がする

897 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 14:02:03.03 ID:UUNsPp8X
無能な安倍とかが一国の首相になれるような衆愚な国に何ができるのよ
早く日本も熟成した国家にならなきゃな

898 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 14:03:38.30 ID:cJ/8zAgN
>>894
ちょっと感動した
私んちも母子家庭だったから

899 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 14:20:26.82 ID:rjGSR50W
フィルムだけにそんなに出してるフランスが異常なだけのような気も
あのイタリアだって文化財全般に出てる国費の総額で15億ユーロ

900 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 14:33:08.03 ID:yfNJ66YT
フランスはまあ映画誕生の地だからそれだけ熱を入れるのは理解出来る

901 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 14:47:19.84 ID:KTrmMcyf
何だ、IDコロコロ変えるバカは?

902 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/21(土) 22:53:03.55 ID:e5X9vaIC
>>896
500億ってCNCの総予算じゃないの?

903 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 03:11:18.99 ID:k7IZ0/4T
意外と「噂の女」とかいいですね
あと「浪華エレジー」

904 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 03:12:47.09 ID:k7IZ0/4T
あゝ、西鶴一代女を忘れてた

905 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 12:25:22.31 ID:uzy/6pze
溝口を知らないとかジャップの文化的民度は低いな

ジャップに溝口は勿体ない

906 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 13:30:50.76 ID:CDCVvOIh
溝口ってそれほど魅力的か?
西洋に媚びてるだけのチンドン職人にしかみえないが
過剰評価だよ

907 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 16:31:03.42 ID:4EHBOquG
溝口監督の時代劇は確かに外人評論家に媚びている作品が多い
溝口監督は権威主義者だから賞とか協会長職とかが欲しかったんだろうね
悪いことじゃないが、カッコ悪い

908 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 19:34:27.51 ID:vr2RGvUS
>チンドン職人
言いえて妙w

909 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 19:53:28.29 ID:jXkm530N
>>905
同時期の大衆娯楽に徹した職人監督の方が魅力がある

910 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 20:39:40.19 ID:z337BCr7
マキノや山中に劣等感があったんかな?
肩の力を抜けよと言ってあげたかったわ
世界の評価より日本の評価

911 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 21:06:39.77 ID:Znudfby9
時が経ってしまえば、賞狙いの作品も興行的成功狙いの作品も大差ない
評価されるべきものは現在でもされ続け、忘れられるものは忘れられる

912 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 21:09:37.57 ID:E9Mqhuok
溝口作品は世間一般じゃ忘れ去られてるよね

913 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 21:42:23.19 ID:krfT7nr2
雨月あたりはまだ残ってるんじゃ?

914 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 21:43:42.07 ID:krfT7nr2
あと山椒太夫あたりも有名なんじゃ

915 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 22:26:18.01 ID:XY/1x/Ts
>>910
日本国内の評価なら戦前から普通にトップクラスだったのでは?
ていうかなんでマキノや山中に劣等感?

916 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 22:49:43.98 ID:ifqmoF17
山中はともかく、マキノはいわゆる活動屋
今でいう三池や堤のような一部からは軽蔑の眼差しを向けられる存在だよ

917 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/22(日) 23:10:25.27 ID:HzrOnTdm
何故急にアンチが張り付き出したんだ?

918 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/23(月) 10:44:15.08 ID:ojKh/Ifm
↑何故急にIDコロコロが張り付き出したんだ?

919 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/23(月) 12:19:47.67 ID:HftyXuB6
>>917
何かのレスが気に障ったんだろ

920 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/23(月) 13:16:45.83 ID:ojKh/Ifm
何だ、IDコロコロ変えるバカは?

921 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/23(月) 23:22:17.59 ID:vs+KSxr9
>>881
確か、重文認定フィルムは紅葉狩と楠公訣別の2本
前者は現存最古の日本映画、後者は即位以前の昭和天皇が映画撮影を見学した際の記録映画

922 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/23(月) 23:36:25.87 ID:ZgIeQp7/
安倍には映画ごころなんてないよなw

923 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/24(火) 12:03:53.90 ID:RwSB3f8M
安倍の愚策に皇室が反旗を翻したな
安倍は不敬な奴になる前に考えを改めたほうがよろしい
溝口もあの世でそう思っているよ

924 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/27(金) 20:35:08.26 ID:/TuB9AO7
黒幕は国賊小和田

925 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/28(土) 11:03:24.59 ID:TiF8WXxK
溝口は左寄りだろ
もし生きていたら安倍なんて大嫌いだよ

926 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/28(土) 13:26:44.64 ID:t8A0E5oJ
>>902
調べなおしみたがそうかもしれない
勘違いすまない・・・

927 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/28(土) 16:51:42.91 ID:z8nR1rSQ
>>925
ネトウヨになる要素大有り

928 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/28(土) 20:16:20.15 ID:psr8GUR1
溝口はネトウヨか
そりゃ黒澤に嫌われるよな

929 :この子の名無しのお祝いに:2015/02/28(土) 21:49:40.24 ID:HMuI0vL2
近松物語は傑作です

930 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/01(日) 11:31:37.94 ID:0vzkSXGw
もへー

931 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/01(日) 20:43:52.75 ID:l4wWYhme
いや溝口監督は日本大好きだよ。
日本のやり方で日本の美を表現しようとしてるし。
女性の自立を描いたりしてるから左っっぽくみえるのもわかるけど。

932 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/01(日) 20:51:07.15 ID:E194YfqG
ちんどん職人

933 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/01(日) 21:21:37.74 ID:TovgbqGY
>>932
しょせん溝口なんてそんなもん
本人もそう望んでいるよ

934 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/01(日) 21:24:34.41 ID:KZC1duwr
>>931
ネトウヨって日本を好きだといいながら日本の実態をちゃんとわかっていないおバカさんだろ
溝口先生とは違うよ
溝口先生が生きていればネトウヨなんていちばん嫌いな人種
ネトウヨなんてキチガイでしょ

935 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/02(月) 00:34:45.07 ID:wqsr/Gzl
溝口もまたキチガイであった

936 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/02(月) 00:52:29.55 ID:Rm9tnafi
大抵の一流監督なんて多少なりとも狂人みたいなものだ

937 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/02(月) 04:21:08.59 ID:tWpOgIh7
ネトウヨはキチガイじゃないよ
ネトウヨは頭が足りないだけ

938 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/05(木) 14:48:11.69 ID:ZmSgOvqu
荒らされてるなあ

939 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/05(木) 14:54:27.92 ID:BPJ85AhO
こいつって小津に対する劣等感が凄いよな
溝口ヲタも小津ヲタ叩きが凄いし
どっちにしても黒澤には勝てないな

940 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/05(木) 15:38:04.13 ID:9gegDkfJ
深作欣二がいちばん偉大だよ

941 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/05(木) 20:46:46.44 ID:CKZN7/O5
溝口先生は小津先生とは仲良かった。
黒澤にとって溝口先生は先人。黒澤が監督デビュー前脚本の審査とかしてた。

942 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/05(木) 20:55:22.34 ID:K4UINnlw
今村昌平から見れば溝口のリアリズムは虚構だと言ってたんだっけ
今村は川島の弟子だから重喜劇しかできなかったけど

943 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/06(金) 19:30:52.51 ID:J4ne1+FU
2015/3/6 19:10現在(単位:円)
120.04 - 120.06
▲ + 0.25 ( + 0.209% )

944 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/07(土) 17:55:05.51 ID:2HqZLQQP
今村がバカなんだよ。リアリズムとリアルを履き違えてるから。

945 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/07(土) 19:04:59.55 ID:jSQvY5RE
元禄忠臣蔵でのリアルがクソリアリズムと叩かれたと

946 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/07(土) 20:19:09.19 ID:c0gFI0Fr
溝口が現代で撮るなら女優陣は誰を使うだろう。

947 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/08(日) 13:34:45.41 ID:r6oCLQUa
それは田中絹代、山田五十鈴、木暮実千代といった女優陣に今の女優なら誰が当てはまるかということか。
山田五十鈴のような演技力の持ち主はそう簡単には現れないだろうし。
田中絹代のように役に没頭して作品に突撃する人間もなかなかいない。
木暮実千代的なポジションならいるかもしれないけど、木暮実千代さんも相当クレバーだから。
なんとなくだけど蒼井優とか、溝口演出にも耐えられそうな気がする。

948 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/08(日) 16:45:33.68 ID:hQMmnMNo
三、四十代でそれなりに実績のある女優というと、
松嶋菜々子、中谷美紀、宮沢りえ、広末涼子、寺島しのぶ…
うーん、画面がもたん。
若手では、二階堂ふみなんかが、上手くいけば昔の左幸子とか若尾文子みたくなれそうな予感。

949 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/08(日) 19:04:56.99 ID:wwa74MDD
宮澤りえに惚れそうだな

950 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/08(日) 22:31:29.05 ID:vwkEwCEf
>>946みたいなやたら今に置き換えたがるやつ出てくるな

951 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/08(日) 23:00:38.52 ID:PQbJX+bY
>>941
黒澤と溝口は早坂文雄の早逝の件でいざこざがあった
黒澤は木下恵介との対談で溝口のことを「お師匠様みたいなもの」と発言してるので
映画作家としては尊敬してたんだろうけどね

952 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 01:23:59.31 ID:Wzcyyo5d
>>950
置き替えることができないんで僻んでるのか
悲しい奴だなw

953 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 01:27:46.99 ID:LIyLIcGR
>>951
お師匠さんって言うのは小馬鹿にしてるだけ
彼の本読んでればわかるよ

954 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 01:30:59.06 ID:/9CcNLZE
木下惠介も溝口を無能扱いしてたんだっけ
小津にもあんたは弟子を作れないからと駄目出ししてたな
黒澤は成瀬は尊敬してたな
どうせ木下も成瀬好きそうだし

955 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 01:43:01.65 ID:vzB6D0Z9
さすがに無能扱いはしないだろ
好きか嫌いかと言ったら木下は嫌いそうだけど
溝口に影響を受けているのは増村保造ぐらいだよ
そんな彼も黒沢のほうが数倍好きそうだし

956 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 02:26:09.47 ID:8meTNpVA
基本、黒澤贔屓なんだけど、どの映画もけっこう退屈な部分があるよな
あと、女優の魅力が今イチだろう

957 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 03:04:00.42 ID:60KjumNg
基本的に、溝口も小津も黒澤も、
国内より海外の巨匠に評価されている印象がある

958 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 08:02:46.33 ID:zD5cB6G9
>>953
1952年の対談で黒澤、木下ともに声並べて「今年のbP作品は溝口さんの西鶴」と言ってたが
小馬鹿にしてる????

959 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 10:50:58.96 ID:Z0qqM8Xi
吉村公三郎最強

960 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 11:03:15.54 ID:d7SzUkeB
いや、山本嘉次郎こそ名匠

961 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 21:05:20.02 ID:q86eJb2G
黒澤監督は溝口先生の葬儀で助監督呼んで「君たちは幸運なんですよ。僕も出来れば助監督で付きたかった」とまで言ってるからね。
木下恵介との関係は判らないけど。
溝口監督自身も黒澤監督のことをめっちゃ評価してたし、木下組のことも認めていた筈。
当時の監督達は日本映画の発展について本気だったからそんな敵対してばかりじゃなかったみたいだよ。
溝口健二著作集とか見るとその辺がよくわかるし、日本映画を牽引していたのは溝口小津あたりだってわかる。

962 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 23:19:35.52 ID:nA34mgf9
成瀬、小津、溝口のところを通って来た俳優はみっちり鍛えられてるから指導の手間が掛からない
みたいなことも言ってたはず>黒澤
溝口が小津と黒澤のことを強く意識してたってのは依田義賢も書いてるね
成瀬作品はあんまり好きじゃなかったみたいだが

963 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 02:27:03.32 ID:DwVcUif8
溝口には増村
成瀬には山本
木下には松山
川島には今村

黒澤と小津にはまともな弟子はおらんよなw
ある意味2流だな

964 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 08:47:31.25 ID:3/GbKVzK
人材育成という基準でいくなら牧野省三と島津保次郎の2人が群を抜いてるんじゃ・・・

965 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 09:12:24.21 ID:WuZghk5X
>>964
4大巨匠しか目がいかない奴はほっとけ

966 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 10:54:34.03 ID:7LCaSXkL
4大巨匠や3大巨匠という言葉がなかったら溝口監督なんて一般社会から忘れさられてるかも

967 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 11:33:36.60 ID:ZPX5XYRS
欧米にそんな言葉はないだろ
でも別に忘れられてはいないな

968 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 11:49:32.29 ID:rskHhRKl
欧米?
日本のことだよ
会社や大学の同輩に溝口って言っても誰もしらないし

969 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 12:07:21.54 ID:ZPX5XYRS
まあそりゃ古い映画に興味ある人しか知らないだろうな
でも程度の違いはあれ昔の映画監督なんてみんなそうじゃない?
黒澤だけは例外としてもさ
日本で知らない人がいない古典映画監督なんて外国人含めても黒澤、チャップリン、ヒッチコックくらいだと思う

970 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 12:12:05.55 ID:y3QfC7RT
「溝口って知ってる?」
って聞いてまわってんのかw

971 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 12:20:24.95 ID:ZPX5XYRS
まあ正直なところ一般知名度なんてどうでもいい話だしな

972 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 12:39:34.00 ID:u/m8HGok
忘れられた監督だよ
まだ小津のほうがチヤホヤされている
才能の差だろw

973 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 12:47:50.07 ID:4zGueNPz
小津映画が好きといっても話に上るのはいつも晩春以降の作品ばかり
東京物語や秋刀魚の味を以前見たことがあるというのが大半

974 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 12:55:25.29 ID:QPPKPrQ3
結局映画的にレベルの高い欧米で然るべき評価を受けていれば、
その程度が多少落ちる日本で無視されようが全く問題はない

975 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 13:10:48.94 ID:DceFCrCD
まあ正直なところ日本じゃ溝口健二なんてどうでもいい話だしな

976 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 13:16:29.94 ID:u/m8HGok
>>973
溝口の場合は西鶴一代女や雨月物語すらも見たことないのが大半
いや、名前すらも知らないんじゃねえ

>>974
海外でもここ10年は黒澤、小津に知名度、評価ともに引き離されているよな
ニューヨークやロンドンな

977 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 13:22:34.36 ID:wUKsoVV3
溝口の傑作は近松物語か祇園囃子だよ

978 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 14:18:49.13 ID:rN/4TkMM
残ってる作品が少ないのが惜しまれるな
30ぐらいでしょ
木下監督で50ぐらい?
小津監督で40ぐらい
成瀬監督は60以上かな
黒澤監督も少ないけど生きてるのが大きいね

979 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 14:32:03.15 ID:D0z/5W7C
まあ黒澤はもちろん小津に比べてもここ最近は影が薄いってのは事実だな
でもその影が薄い監督に対して何でここまで必死になってアンチ活動やってるんだろう?

980 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 14:35:36.53 ID:rN/4TkMM
凝り杉なんだよね
外人が見てもよく分かんないでしょう
黒澤さんみたいにおおざっぱなThis is サムライ!みたいな方が
外人には理解しやすい

アンチの意味は分からないね
もう死んだ人disってもしょうがないしね
まあ暇つぶしでしょう

981 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 14:40:46.87 ID:D0z/5W7C
悪い
あんたに言ったんじゃないよ

982 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 15:03:23.98 ID:mzonn9Q8
懲りすぎとかじゃなくて溝口的な情念の世界みたいなもんが外人に限らず日本人にも敬遠されがちなんだろう

983 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 15:03:57.49 ID:rN/4TkMM
いいんですよ

わたしも暇つぶし

984 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 15:50:10.66 ID:kRik766u
山椒大夫が好き。
正直、全体的なバランスはいまいちなんだが、印象的なシーンが多い。
香川京子って、思ってた程の女優にならなくて残念。

985 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 16:15:50.60 ID:YyiuBdbC
蒸し返すようだが新平家物語の評価の再考を…
あれはすばらしいものだ

986 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 16:25:36.07 ID:5hXaatWD
市川雷蔵がイマイチだったね
監督としては人気狙った意欲作だったが

987 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 16:31:06.63 ID:YyiuBdbC
985だけど、スクリーンのド迫力は随一だと思うんだけどなあ。
色彩とか含めて、ものすごいクオリティに感じるのだけど。
市川雷蔵はあそこからどんどんのびていったんだよねえ。

988 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 18:40:59.65 ID:pB3nTCMf
今じゃテニス世界ランキング5位という

989 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 20:27:56.47 ID:tOPmfpVc
カメラワークはすごかったが退屈だ。
鏡が割れ僧兵が…の辺りはかなりすごい。

990 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 20:39:34.17 ID:OczQcpJC
カメラワークだけなんだよね
それも宮川さんの
宮川さんと言えば小津安二郎の浮草は粋だった

991 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 21:01:25.09 ID:rN/4TkMM
あの大映で撮ったやつでしょ
小津さんの中で一番好きな奴だわ

992 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 21:19:11.94 ID:jKTS5VdU
大駄作の定評がある楊貴妃も色彩とカメラワークだけは凄いな

993 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 21:19:42.90 ID:1agcug2I
おれも浮草が一番いいな。小津先生では。
あれ?浮草といえば中村鴈治郎って溝口作品出てたっけ?「ある映画監督の生涯」でインタビューしてた気がする

994 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 21:22:36.08 ID:u/m8HGok
それは杉山だろ
ちょっと従来の溝口作品とは違和感

995 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 21:32:31.53 ID:Upt3Ph+N
>>993
芸道一代男(1941)に出てるみたいね
初代中村扇雀として

996 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 21:35:44.54 ID:rN/4TkMM
小津さんは、家の中かセットの中ばっかりで立ったり座ったりするだけ
だから、見てて飽きるんだよね
その点、浮草は割と動きがあって解放感があって良かった
東京物語も尾道のシーンと、熱海だっけ、温泉に行ったとこは良かった

997 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 21:36:00.50 ID:+p2RmE3g
杉山とは宮川との初仕事以前から組んでるけどな

998 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 21:45:27.45 ID:u/m8HGok
でもちょっと違うよな
宮川さんには及ばない

999 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 21:47:27.78 ID:VHpU/Idd
溝口は宮川のおかげで有名になったんだな

1000 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/10(火) 21:48:58.11 ID:1JMpS/eM
1000なら大映復活
角川でなくて
永田ラッパ最高
若尾文子最高

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

228 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)