5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

木下恵介監督 総合スレッド [転載禁止]©2ch.net

1 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/06(金) 14:51:46.82 ID:ufVRAd3x
スレ復活

2 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/06(金) 14:53:05.87 ID:ufVRAd3x
一応過去スレ的なもの
http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1072622220/
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1158241017/

3 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/08(日) 20:37:22.23 ID:O356DKS/
どうせまたホモネタで埋めつくされるにきまってるのに・・・

4 :この子の名無しのお祝いに:2015/03/09(月) 00:10:28.02 ID:Rl5yqIqB
映画「はじまりのみち」 大戦中の実話に登場、古民家「桐生織塾」(群馬・桐生市)
http://www.sankei.com/premium/news/150308/prm1503080009-n1.html

5 :この子の名無しのお祝いに:2015/04/07(火) 20:17:55.92 ID:faf4GfMt
復活おめでとー
でもネタがない

6 :この子の名無しのお祝いに:2015/04/07(火) 20:44:06.94 ID:C76dp+z0
国民的映画?の「喜びも悲しみも幾年月」の直後に「風前の灯」作ったのが凄い
本当はこっちが作りたかったとばかりに生き生きと自虐ネタでパロディw
こういうシニカルな感覚はゲイならではって感じで好きだわ
高峰秀子もこういう役の方があってるし

7 :この子の名無しのお祝いに:2015/04/07(火) 21:01:40.26 ID:NKoGEwGP
http://img3.douban.com/view/note/large/public/p141355972-45.jpg
キノクロ

8 :この子の名無しのお祝いに:2015/04/14(火) 11:48:29.83 ID:+HxL8qUn
『春の夢』 オールドミスの久我美子が佐野周二と意気投合後、嬉しさのあまり飛び上がって
 くるっと身体を捻った後、メガネを壊してしまうところ。「木下恵介もこんなにコミカルでおちゃめな演出をするんだ、あの時代で。」と意表をついた。
『日本の悲劇』望月優子の最期のシーン。あれはインパクト大きい。この映画を見て以来、望月優子=日本の悲劇の可哀想な母親と私の中では定着してしまっている。

9 :この子の名無しのお祝いに:2015/04/26(日) 23:52:13.18 ID:c2PU/A/s
キノケイ

10 :この子の名無しのお祝いに:2015/08/22(土) 19:30:29.80 ID:geVOEkRP
2

11 :この子の名無しのお祝いに:2015/09/05(土) 21:25:22.17 ID:46iYvWj6
おれは純情すだな

12 :この子の名無しのお祝いに:2015/09/05(土) 23:19:03.61 ID:Q5nvQ5vw
もう再評価はないだろうね
来るんだったらとっくに生誕100年とかで来てるもの
こうやって忘れられて行くんだろうこの天才は

13 :この子の名無しのお祝いに:2015/09/06(日) 02:01:05.51 ID:Mo7+i2Qc
>>12
あんたが何も知らないだけ。
http://www.shochiku.co.jp/kinoshita/

ずっと評価され続けてるし。

14 :無名画座@リバイバル上映中:2015/09/06(日) 04:35:48.16 ID:KD8MH3ns
「二十四の瞳」録画したままほったらかししてる、やたら長いんで
今見てホントに泣けますか。それとも今では少し退屈な作品ですか

15 :この子の名無しのお祝いに:2015/09/06(日) 08:53:50.62 ID:RZ4D/Bal
童謡「七つの子」をこれでもかと流しっぱなしにしてちょっとくどいね

16 :この子の名無しのお祝いに:2015/09/06(日) 08:57:33.29 ID:Mo7+i2Qc
>>14
傑作。

ただし、安直なお涙チョーダイではなく、地味な場面が淡々と続くので、見るには相当な体力が必要。
観客の興味をつなぐ為のサービス場面は一切ない。
いまの作品だったら5分程度でスピーディに描くエピソードも、倍の10分以上を掛けてジックリと描いてたりする。
自宅でTVモニターで見てると他の事に気を取られてしまいがちなので、本当は映画館で見るのが望ましい。

ただし、ここから先は個人的意見なんだけど、
自分は最初10代の時に見てボロボロ泣いて、その後20代の時に見直したら、
この映画において‘日本人’がまるで戦争被害者であるかのように描かれている事に違和感が感じられて仕方なかった。
その違和感は、いまも続いている。
勿論、この映画で描かれた庶民たちが日本のファシズムとの関係においては被害者にあつたことは間違いないけど、
「徴兵された教え子たちが戦地でやった事」は加害以外の何モノでもなかったはず。
木下が映画化したくて松竹と喧嘩までしてその末に退社する事になってしまった企画「戦場の固き約束」は、
その点について補完する意義を持つはずだった。
木下が「庶民=戦争被害者」などと単純に考えていたワケではなかった事は、「死闘の伝説」を見ればわかる。

17 :この子の名無しのお祝いに:2015/10/25(日) 04:07:28.56 ID:xSQ9w3s3
木下恵介 「三島さんのような頭のいい人が、もっと国の政治に対して発言してくれたらいいと思うんだけど。
どうして我関せずみたいな顔をして一言も発言しないんですか。小説家だって日本の運命の中で生きてるんでしょう。
だったら、こうなって欲しいという願いはあるはずじゃあないですか?」

三島由紀夫 「小説家ってね、そんなことはどうでもいいんだ。日本の国がどうなろうと、小説家が書くこととは別のことだからね、僕が書きたいことはさ」

18 :この子の名無しのお祝いに:2015/10/25(日) 04:10:35.77 ID:xSQ9w3s3
木下恵介は、『戦場の固き約束』と言うシナリオ集の中で、1951年にパリで出会った三島由紀夫が語った、『小説家は日本の国がどうなろうとどうでも良いんだ』と言う言葉を回想して、自分自身の映画作りは、
「日本の社会の、その中に生きる人々の日常生活を描く映画監督としては、自分も一緒に悩み、一緒に幸せになりたいのである」「私は、やむにやまれぬ気持ちで、『戦場の固き約束』を書き、『女たちの戦場』を書いてしまう」と語っています

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)